前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

函館記念 出走馬前走診断

前走診断
07 /16 2020
7/19(日)に函館競馬場で行われる函館記念(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤジャスタ評価B
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
6着
スタートから積極的に押して行き、
1コーナーで折り合いを欠いてしまい、
位置取りを落としたのがもったいなかった。
その後は馬群の中で落ち着いて走れており、
マズマズ走れていた。
直線はキレは無かったが、最後までしぶとく走れていた。
復調の気配を感じられるレース内容。
人気の無いうちに、追いかけてみてもいいかもしれない。
カウディーリョ評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
4着
スンナリと好位につけたが、かなりのスローペースで、
やや窮屈そうな走り。
折り合いを欠くことは無かったが、終始抑え込まれていた。
それでも道中は我慢ができており、
直線でも脚を使えていたが、上がりだけの競馬で、
前に逃げ切られてしまった。
能力的には問題無さそうなので、
スムーズな競馬ができればすぐに勝てそう。
スズカロング評価B
20/7/11
函館芝2000m
五稜郭S(1600万)
7着
好位の内目を追走。
ゆったりとした流れで、いい手ごたえで追走できていた。
直線で前の馬の間を狙おうとしたが、
壁になってしまい、ブレーキ。
再度アタックを試みるも、後ろの馬と同じタイミングで、
ごちゃついてしまい追い出し切れず。
やや不完全燃焼の競馬。
追えていれば上位進出できていたように見え、
次走見直してもいいかもしれない。
トーラスジェミニ評価B
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
1着
スタートを決めてハナを奪い切る。
競ってこられることも無く、
マイペースでスローに持ち込んでの逃げ。
コーナーで加速していき、直線も最後までしぶとく走り、
押し切って勝利。
自分の形に持ち込むとやはり粘り強く走れている。
同型馬不在の時は注意しておきたい。
ドゥオーモ評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
9着
いつも通り後方に構える競馬。
後方外目を走り、じっくり脚を溜めていたが、
かなりのスローペースで厳しい位置取り。
コーナーでのペースアップにややついていけず、
後手を踏む形になり直線も見せ場なく大敗。
展開が向かなかった点もあるが、
ペースの変化にも対応できなさそう。
一本調子のレースでないと難しいかもしれない。
ナイトオブナイツ評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
8着
中段からの競馬で流れに乗って走れていた。
3コーナー辺りから上がっていき、
直線で追い出しを開始するも伸びが見られず。
前残りの展開だったので、かわせないのは仕方ないが、
後続に差されてしまい、不甲斐ない結果に。
いつもよりポジションが前だったが、
ペース的には問題無いはず。
年齢的な衰えが出てきているのかもしれない。
ニシノデイジー評価B
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
18着
スタートはマズマズで、行き脚がついて好位の外目を追走。
ちょっと行きたがりすぎた感じはあるが、
久々積極的な競馬ができていた。
終わってみればシンガリ負けではあるが、
直線入ってすぐ一杯になっており、距離が長すぎた印象。
展開も厳しかったので、着順は度外視でも。
内容自体は着順ほど悪くなかったので、
距離短縮でそろそろ走ってきそうな感じはある。
バイオスパーク評価B
20/5/16
京都芝1800m
都大路S(L)
2着
スタート良く、好位の内目を追走。
逃げ馬を見ながらいいリズムで運べていた。
直線では一瞬先頭に立つも、差し返されて惜しい2着。
敗れたものの最後までしっかり走れており、
初めてだった重馬場を問題無かった点は評価できる。
レースセンスも高そうなので、
このレベルでも十分通用しそうな感じ。
プレシャスブルー評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
3着
中段やや後方に構え、直線大外に出して、
上がり最速の脚で良く追い込んでの3着。
開幕週の馬場を考慮すれば、
外から良く追い込んできたと思う。
良馬場で力を最大限発揮できたのかもしれないが、
いまいち狙いどころがわからないタイプの馬。
今回の結果はあまり評価しすぎない方が良さそう。
ベストアプローチ評価B
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
6着
2年ぶりのレースで後方から進める。
スローで追走は問題無かったが、
厳しい位置取り。
コーナーで外から上がっていき、
良く伸びてきていたが最後は息が上がってしまい、
上位には食い込めず。
それでも久々ということを考えれば上々の内容。
一度叩かれて息が持つようになれば、
これぐらいの相手なら十分通用するはず。
マイネルファンロン評価C
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
12着
スタート直後に両隣の馬に挟まれ、
後手を踏む厳しい立ち上がり。
中段ぐらいまで上がっていくが、
不良馬場の割にペースも速く、展開も厳しかった。
直線でも外に出して追い出すこの馬らしからぬ競馬。
全くいいところが出せていなかった。
鞍上は丹内騎手の方が合っていそうな感じ。
普通に走れれば、
OPレベルなら通用するだけの力はありそう。
ミスマンマミーア評価C
20/6/14
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
9着
この距離はやはり短かったようで最後方からの競馬。
流れに乗れず、やや追走に苦労していた。
3コーナーから押していくも、なかなか位置を上げていけず、
直線も切れ味は見せていたが、流れも悪かった。
もっと長い距離の方が競馬はしやすそうな感じ。
2400mぐらいは欲しいので、
牝馬限定戦はあまり良くないかもしれない。
ランフォザローゼス評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
15着
半年ぶりのレースで馬体を大きく増やしており、
初めての1400m戦。
条件が全くかみ合っていないような感じだったが、
流れにはマズマズ乗って走れていた。
直線はついていけなくなってしまったが、
度外視でも良さそう。
中距離に戻ればもっとやれるはずだが、
本調子には戻っていないような感じで、
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
レイエンダ評価C
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
10着
全体的に行き脚がイマイチ。
折り合いは問題無かったが、直線もあまり伸びてこず、
先行集団から離されてしまい、完敗の内容。
重馬場はあまり得意な感じは見られなかった。
良馬場の方が良さそうで、枠も内目がいいかも。
条件が噛み合えば、まだまだやれるはず。
レイホーロマンス評価C
20/6/14
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
13着
大外枠からのスタートで中段外目につける。
内の馬場がまだいいので、単純に距離ロスの多い競馬に。
それでも流れに乗って走れていたが、直線で失速。
流れに乗せる競馬はあまり向いていないような感じ。
後方からの決め打ちの方が一発の可能性はありそう。
レッドサイオン評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
7着
中段内目につけ、距離ロス無く流れに乗って運べていた。
道中の雰囲気は良かったが、
コーナーのペースアップでやや置かれてしまい、
直線はなだれ込むだけになってしまっていた。
休み明けで馬体を大きく増やしており、
本調子で無かったのかもしれない。
叩いてからの方が上積みが見込めるので、
次走の巻き返しには注意しておきたい。

前走良かった馬は無し。
トーラスジェミニが前走勝利していますが、展開の助けもあってのもの。
今回も展開次第になりそうです。
逆に展開が合わずに負けてしまっているような馬も多数。
展開次第で多くの馬にチャンスがありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

函館2歳ステークス 出走馬前走診断

前走診断
07 /16 2020
7/18(土)に函館競馬場で行われる函館2歳ステークス(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

カイザーノヴァ評価B
20/7/11
函館芝1200m
2歳新馬
1着
終始頭の高い走りで、やや折り合い面に難がありそう。
道中は後方から進め、4コーナーで強引に馬の間に割り、
外の馬を弾き飛ばして直線追い出し。
良くない騎乗ではあったが、直線鋭く伸びて勝利。
距離はここが限界そうな感じで、
気性面の成長が欲しいところ。
グレイトミッション評価B
20/6/7
東京芝1400m
2歳新馬
1着
少しフワッとしたスタートで中段馬群の後ろにつける。
行き脚は悪くなく、4コーナーでは外から捲っていき、
先行集団に並びかける。
直線脚色が鈍ることなく、
最後までしっかり伸びて差し切り勝ち。
切れる感じでは無いが、長くいい脚を使え、
今後に期待できる内容。
ディープエコロジー評価B
20/6/28
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートが速く、外枠から果敢にハナを切っていく。
道中のペースはやや速く、
2,3番手にピッタリついてこられたが、
落ち着いて走れていた。
直線は多少脚色が鈍ったものの、後続を凌ぎきって勝利。
時計は平凡だが、先行力は高そうな感じ。
展開利があれば上のクラスでもやれそう。
ニシノエルサ評価C
20/6/28
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタート良く好位追走。
いい手ごたえで3コーナーで前に並びかけていくが、
コーナリングでの加速が微妙で前から離されてしまう。
直線で盛り返してジワジワと伸びて差し切ったが、
レースレベルがそれほど高くなかったかもしれない。
クラスが上がっていきなり通用する感じは無く、
多少慣れが必要かもしれない。
フォドラ評価B
20/6/27
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートが速く、スムーズにハナを奪って逃げる。
減量騎手で他馬に比べて3kg減で、
行き脚の違いを見せていた。
直線に入ってもスピードが落ちることなく、
後続を寄せ付けずに完勝。
軽斤量でスピードが活きた感じはあるが、
タイムは優秀なので、通常の斤量でも同程度走れれば、
クラスが上がっても期待できる。
フォルセティ評価C
20/6/27
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートでやや出遅れてしまったが、
積極的に追い出していき、内枠を活かして先頭へ。
それほど周りの馬も速くなく、
スンナリと前に立つことができていた。
直線は抜け出して独走のような形で完勝だったが、
他馬が勝手に潰れたような感じで、
レベルが低いように見える。
勝ち馬同士の対戦になるとまだまだ力が足りないかも。
ホーキーポーキー評価C
20/7/4
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートダッシュが決まり、先頭へ。
そのまま道中はマイペースで運べていた。
直線は2着馬にかなり詰められてしまったが、
この馬自身も止まっておらず逃げ切り勝ち。
牝馬限定戦でレースレベルはあまり高くは無さそう。
次走いきなりは厳しいかもしれない。
モンファボリ評価A
20/6/20
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スピードの違いで楽に先頭に立つ。
道中も落ち着いて折り合いをつけて走りながらも、
かなりのスピードを見せていた。
直線に入ってからもスピードが落ちることなく、
後続を突き放してレコード勝ち。
タイム的にも優秀で、現状は一枚抜けた強さに見える。
ラジアントエンティ評価C
20/6/30
門別ダ1200m
栄冠賞
6着
マズマズのスタートを決め、好位追走。
3コーナー辺りから仕掛けていき、
前に並びに行こうとするが、直線で伸びきれず、
逆に離されてしまっていた。
地方馬同士で負けてしまうようでは中央馬相手は難しい。
ラヴケリー評価B
20/6/13
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートは平凡だったが、ダッシュを利かせて先頭へ。
最内枠だったこともあり、スムーズにハナを切れた。
道中の行きっぷりも良く、やや離し気味に独走。
直線も後続をそのまま寄せ付けずに完勝。
揉まれてどうかの部分はあるが、
いいスピードを見せていた。
これだけ走れていれば、次走も期待できそう。
リキサントライ評価C
20/7/11
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートはそれほど速くなかったが、押していき、
先行集団へ。
前が4頭並走する形になったが、
最内枠を活かしてコーナリングで先頭に立つ。
外を回した先行馬が苦しくなる中、
後ろの馬が伸びてきたが、距離ロス無く運べた分、
粘り通して勝利。
枠の有利が活きた感じで外枠だったら厳しかったかも。
2着馬の方が走りが良く、1勝馬クラスでは苦戦しそう。
リメス評価C
20/6/14
函館芝1200m
2歳新馬
1着
外枠だったがスタートを決めて先頭に立ち、内に入れる。
道中は行きっぷり良く走れていたが、
直線に入ると少しヨレるような感じで走っていた。
最後は2着馬にかなり詰められてしまったが、
何とか残せて勝利。
まだ地力はそれほど無いように見える。
これからどれだけ成長してくるかに注目。
リンゴアメ評価B
20/6/13
函館芝1000m
2歳新馬
1着
スタートは悪くなかったが、隣の馬を先に行かせて、
好位の内目を追走。
道中はマズマズ落ち着いて走れており、
直線で力強く抜け出したが、
ゴール手前で大きく外にヨレてしまっていた。
周りに馬がいなかったので大ごとにはならなかったが、
気性面には不安が残る。
多頭数や馬群に揉まれるような競馬は不向きかもしれない。
ルーチェドーロ評価A
20/6/27
函館ダ1000m
2歳新馬
1着
スタートダッシュを利かせてスムーズに先頭へ。
不良馬場をスピードの違いで後続を離しての逃げ。
直線に入ると独走態勢になり、鞭を入れることも無く、
余裕を残して完勝。
脚抜きの良い馬場が良かったかもしれない。
まだ底を見せていないので、次走も期待したい。
レディステディゴー評価B
20/6/20
阪神ダ1200m
2歳新馬
1着
スタートダッシュを利かせて先手を主張していくが、
内の馬も速く、先行集団の外目を回らされる羽目に。
コーナーで外を回り、不利な流れだったが、
直線での叩き合いを制して勝利。
勝負根性があり、内容のあるレースができていた。
楽な流れでの勝利では無いので、
上のクラスに上がっても大崩れの心配は無さそう。

前走良かった馬はモンファボリとルーチェドーロ。
モンファボリはスピードがかなりある感じで、この時期の2歳馬としては一枚上の力がありそうです。
これからの成長度合いはわかりませんが、現時点での完成度は高いように見えます。
ルーチェドーロは新馬戦がダートの1000mなので、芝に行ってどうかはありますが、
新馬戦では余力を残しての勝利で能力は高そうです。
前走ダート馬の成績はパッとしないので、評価しすぎるのは危険かもしれませんが、
人気次第では抑えても良さそうな一頭です。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

プロキオンステークス 出走馬前走診断

前走診断
07 /09 2020
7/12(日)に阪神競馬場で行われるプロキオンステークス(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

エアスピネル評価C
19/7/14
函館芝2000m
函館記念(G3)
13着
長期休み明けだったが、スタートは上手く出て、
外からスムーズに好位につける。
4コーナーまではマズマズの走りだったが、
直線を向くと全く伸びなかった。
久々の2000mが堪えたか休み明けの分かはわからないが、
この一戦で次走は良くなってきそう。
カフジテイク評価C
20/2/2
東京ダ1400m
根岸S(G3)
10着
後方から進めたが折り合いがついておらず、
行きたがっていた。
全くリズムよく走れてはいなかった。
4コーナーで外を回して行かせていき、
直線も良く伸びていた。
かなりチグハグな競馬をしている割には走れている。
末脚は毎回しっかりしているので、
折り合いがついた時には激走がありそう。
次走以降に注目したい。
サクセスエナジー評価B
20/5/17
京都ダ1400m
栗東S(L)
1着
好スタートを決め、先手を主張するが、
隣の馬も引かず、先行争いがかなりもつれ込んでしまった。
コーナーで内枠を活かしてハナに立つが、
道中は絡まれる形でペースを落とせず。
それでも直線で後続を突き放し、
最後は苦しくなりながらも粘り通しての勝利。
展開的に厳しかったところを押し切れたのは評価できる。
かなり調子が良さそうなので、引き続き期待したい。
サトノファンタシー評価C
19/3/30
阪神ダ1400m
コーラルS(L)
12着
スタートしてポジションが取れず、
内に入れて経済コースを走らせる。
道中は距離ロス無く運べたが、
直線はやや狭くなり、追い出してもそれほど伸びず。
大敗続きで状態面もそれほど良くないのかもしれない。
調子を上げてくるのに時間がかかりそう。
サンライズノヴァ評価B
20/5/5
船橋ダ1600m
かしわ記念(G1)
3着
スタートで躓き後方からの競馬。
スンナリと隊列が決まり、道中淡々と流れてしまい、
展開的に厳しくなってしまった。
直線は外から良く伸びてきていたが、
後手を踏んだのが響いて届かずの3着。
押し切られてしまったが、力負けの感じはない。
一線級の力はあるので、今後の活躍に期待したい。
スマートアヴァロン評価B
20/2/2
東京ダ1400m
根岸S(G3)
3着
今回も後方に構えて自分の競馬に徹していた。
4コーナーで馬群の後ろまで上がっていき、
直線は外に出して良く伸びてきていた。
いい脚を使えてはいるものの、前を捕まえきれず。
やはりワンパンチ不足の感がある。
スマートダンディー評価B
20/6/13
阪神ダ1400m
天保山S(OP)
6着
先行馬を見る形で中段外目につける。
先行馬が飛ばし気味に並行していたため、
コーナーではかなり外を回らされてしまっていた。
距離ロスが大きく、直線はもう一つ伸びきれず。
斤量59kgも堪えたかもしれない。
もう少し内目を回してこれれば上位もあったはず。
見限る必要は全くない。
ダノンフェイス評価B
20/5/30
東京ダ1400m
欅S(OP)
5着
スタートを決め、好位の内目を追走。
逃げた馬が少し外を回っていたため、
最内からスムーズに流れに乗って走れていた。
直線は前を捕まえきれなかったが、
最後までしっかり走れており、この馬の力は出せていた。
ワンパンチ不足感があり、勝ち切るのは難しそうだが、
これぐらいの相手なら対等には走れそう。
デュープロセス評価C
20/3/10
高知ダ1400m
黒船賞(G3)
10着
スタート良く、3番手につけることができたが、
かなり馬場が悪く、水たまりがあるような不良馬場。
外を回して走っていたが、どこの馬場も悪く、
ここまで悪い馬場は不向きな感じ。
向こう正面で脚色が悪くなってしまい、
直線は完全に脚が止まってしまっていた。
ここまで負けるような馬では無いので、
馬場が合わなかったと見て度外視でもいいかもしれない。
次走人気を落とすようなら狙い目。
トップウイナー評価A
20/5/30
東京ダ1400m
欅S(OP)
1着
スタートから積極的に出していき、2番手追走。
逃げ馬にピッタリ並走する形で運んでいく。
直線に入って先頭に立ち、後続を突き放して粘りこみ。
最後は外から追い込んできた馬にかなり詰められたが、
押し切っての勝利。
距離の融通は利く馬だが、この距離がベストに見える。
ハナを切らなくてもいい点は強み。
厳しいペースでも粘れるので、重賞でもやれそう。
ブルベアイリーデ評価B
20/5/27
浦和ダ1400m
さきたま杯(G2)
4着
スタートは悪くなかったが、
隣の馬がかなり速く、前に入られてしまったため、
後ろに下がってしまった。
小回りコースも忙しい感じで、
なかなかスピードに乗れず。
最後のコーナーで捲り気味に上がっていくが、
上手く回り切れずにかなり外を回してしまう。
じわじわ前を詰めてはいたが、
直線が短くとらえきれなかった。
初めての地方競馬でコースに戸惑ってしまったかも。
それでも最後は良い脚を使って伸びてきていたので、
中央に戻ればもっとやれそう。
ミッキーワイルド評価B
20/5/30
東京ダ1400m
欅S(OP)
2着
あまりスタートは速くなく、後方から。
内枠だったので、内で閉じ込められるような形で追走。
厳しい位置取りだったが、直線で外に持ち出していき、
開いたところに出ると一気に前を強襲し、惜しい2着。
もう少し流れる展開なら差し切っていたかもしれない。
力はあるが、末脚を活かす競馬が板についており、
直線が短かったり前残りの展開では厳しそう。
ヤマニンアンプリメ評価C
20/4/8
大井ダ1200m
東京スプリント(G3)
8着
中段につけ、流れに乗った競馬はできていたが、
直線は全く伸びてこず、なだれ込んだだけの競馬。
休み明けの分もありそうだが、
良馬場より多少渋った馬場の方がいいのかもしれない。
短い距離なら牡馬相手でも互角以上に戦える馬。
重馬場の時に見直したい。
ラプタス評価A
20/5/4
名古屋ダ1400m
かきつばた記念(G3)
1着
スタートがかなり速く、無理せずハナを切って逃げる。
かなりスピードがあるようで、
楽な手ごたえで後続を寄せ付けない走りができていた。
直線に入るとさらに加速し、突き放して完勝。
地方の重賞で2連勝になり、小回りがかなり得意そう。
地方競馬なら抑えておきたい一頭。
レッドルゼル評価B
20/6/13
阪神ダ1400m
天保山S(OP)
2着
ゲート内でやや落ち着きが無く、
スタートでタイミングが合わず後方からの競馬。
それでもすぐに中段にとりついていき、
先行集団を内から見る形で進めていく。
直線は上手く馬群の間を突いてスムーズに外に出し、
グイグイと伸びてきたが、前の馬に逃げ切られてしまった。
休み明けで反応がもう一つ良くなかったかも。
毎回安定して走れており、
叩いて次走は調子を上げてくるはず。
ワンダーリーデル評価C
20/3/10
高知ダ1400m
黒船賞(G3)
5着
ゲート内で全く落ち着きが無かったが、
スタートはマズマズ。
中段につけ、流れに乗って走れていた。
ただ、馬場がかなり悪く、脚を取られるような馬場状態。
直線も決め手を活かすことができず、
なだれ込んだだけになってしまった。
馬場が合わなかった点が大きいと思うが、
右回りもあまり良くなさそう。
東京コースで見直したい。

前走良かった馬はトップウイナーとラプタス。
トップウイナーは番手につける競馬が板についてきており、3連勝中。
3連勝全て距離もコースも違うあたり、地力強化されているように見えます。
この勢いなら重賞でも期待できそうです。
ラプタスは前走は終始マイペースといった感じで後続を全く寄せ付けない勝利。
ダート替わりしてから唯一の敗戦が左回りだった東京コースでのもの。
右回りではまだ負けておらず、そこを見せていない点が魅力です。
中京から阪神替わりの恩恵が大きそうな感じで、先手が取れれば中央の重賞でも。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

七夕賞 出走馬前走診断

前走診断
07 /09 2020
7/12(日)に福島競馬場で行われる七夕賞(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アウトライアーズ評価C
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
10着
行き脚がつかず、最後方からの競馬。
スローペースで折り合いは問題無かったが、
イマイチレースに入っていけず。
直線は大外に持ちあして追い出すも、
それほど伸びてこれなかった。
切れ味が求められるようなレースでは厳しい。
上がりがかかるような馬場でこそのタイプ。
ウインイクシード評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
3着
中段外目からの競馬。
逃げた馬が飛ばしてハイペースになり、
いつもより後ろのポジションになってしまったが、
この馬のペースで運ぶことができていた。
3コーナー辺りから徐々に進出していき、
直線での叩き合いでキレ負けして3着。
敗れはしたが、これぐらいの距離が一番良さそう。
先行して粘りこむような展開に持ち込めれば、
このクラスでも十分チャンスはある。
エアウィンザー評価C
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
10着
終始後方のまま、動けず。
長期休養明けだった前走からあまり変わってきていない。
終わってしまっているかもしれない。
今後、手を出さない方が無難かも。
オセアグレイト評価B
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
6着
大外枠から好位の外目につける。
良いポジションだったが、終始外を回らされ、
ペースも速く、展開的にはやや厳しかった。
直線で早め先頭に立とうとするも、
後続の追撃を抑えるほどの脚は残っていなかった。
もう少しゆったりとしたペースで流れた方がいいタイプ。
今回は枠や展開が向かなかったのが大きいと思う。
長距離適性は高く、左回りも得意なので、
アルゼンチン共和国杯で改めて狙ってみたい。
クレッシェンドラヴ評価B
20/1/5
中山芝2000m
中山金杯(G3)
7着
スタート直後の行き脚が悪く、
後方からの競馬になってしまった。
向こう正面では多少良くなっていき、
馬群にとりついていくことはできたが、
ペースが落ち着いてしまい、後方からは厳しい競馬。
コーナーで外を回して直線大外から脚を使うも、
流石に届かず。
展開も向かなかったが、
スタートで後手を踏んだのが痛かった。
流れに乗った競馬ができていればもっとやれていたはず。
ジナンボー評価B
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
6着
逃げたダノンキングリーにピッタリついて積極的な競馬。
直線で並びかけていき、力負けしてしまったが、
強敵相手に強気の走りはできていた。
ここは相手が強く通用しなかったが、
楽な相手なら直線で抜け出すぐらいの力はありそう。
G3で出てきたら注目しておきたい。
ソールインパクト評価C
19/7/7
福島芝2000m
七夕賞(G3)
8着
久々の2000mだったせいか追走に苦労してしまう。
最後はよく詰めてはいるものの、
なかなか流れに乗れていなかった印象。
スローの長距離レースが現状はは合っているように見え、
中距離は今一つかもしれない。
ノーブルマーズ評価B
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
4着
スタートから出していき、好位の内目を追走。
ややかかりそうな感じはあったが、
何とか抑えて走れていた。
タフな流れでいい展開だったが、
直線で内を突いたところで前の馬が垂れて狭くなり、
スピードが落ちてしまったのが痛かった。
上手く捌けていれば着順は上がっていたかもしれない。
7歳馬だが元気いっぱいなので、
馬場や展開さえ合えば今後も十分勝負はできそう。
バレリオ評価A
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
2着
かなりのスローペースの中、中段から進め、
前走とは違って折り合いはしっかりついて走れていた。
馬群の中で我慢が効いており、
直線で外に持ち出し良く追い込んできていた。
逃げ馬の粘りこみに屈してしまったが、
この馬らしい走りはできていた。
前走こそ鞍上のミスで大敗しているが、
それ以外は掲示板を外していない安定派の馬。
普通に走れれば重賞でも好走できるはず。
パッシングスルー評価C
20/4/2
船橋ダ1600m
マリーンC(G3)
9着
スタート直後に出鞭を入れて押していくが、
あまりスピードに乗れず、先行集団の後ろが精一杯。
道中は前から離されないように走っていたが、
向こう正面で徐々についていけなくなり、
最後のコーナーで脱落してしまった。
ダートを2戦使っているが、
それほど適性があるようには見えず。
芝に戻した方がいいかもしれない。
ヒンドゥタイムズ評価B
20/5/2
京都芝2000m
下鴨S(1600万)
1着
好位の外目を追走。
かなりのスローペースだったが、
折り合い面も問題無く走れていた。
楽な手ごたえでコーナーを回り、直線鋭く伸びて完勝。
ここでは力が違っていた。
これまで全て2000mを使ってきており、
掲示板を外していない安定派。
持ち時計が無いので、時計勝負では微妙かもしれないが、
OPレベルの流れに対応できるようになれば、
重賞でも活躍が期待できそう。
ブラヴァス評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
4着
折り合いはしっかりついて、好位追走。
流れに乗ってリズムよく走れていたが、
直線は前が壁になり、進路を探す場面が見られた。
もう少しスムーズに追い出せていれば3着はあった内容。
ただ、上位3頭から1kgハンデを見込まれたことを考えれば、
悪くない内容だったと思う。
能力はあるので、このレベルの重賞ならすぐに勝てそう。
マイネルサーパス評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
1着
中段やや後方馬群の中で構える競馬。
折り合いはしっかりついており、
道中はじっくり運んでいく。
3コーナー辺りから追い出していき、
直線は好位の外目に進出し、ややふらつきながらも、
最後までしっかり伸びての勝利。
平坦コースでの成績が安定しており、
渋った馬場をこなせるのは魅力。
王道路線では厳しそうだが、
ローカル戦なら重賞でもやれそう。
リュヌルージュ評価B
20/6/14
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
3着
雨が上がり、馬場が多少回復したのが痛かった。
そこまでスタートが速くないので、
渋った馬場で他の馬の脚色が鈍るような展開が理想。
逃げ馬についていくことができず、
先行集団の後ろのポジションに。
3コーナー辺りから脚を使わされ、
直線はもう一つ伸びきれなかった。
結果は残念だったが、渋った馬場を全く苦にしていない。
良馬場は厳しいと思うが、重馬場では注目しておきたい。
レッドローゼス評価C
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
9着
近走とはうって変わって、スタートを決め好位追走。
道中は外を回ったが落ち着いた走りで、
スローペースでいいポジションで運べていた。
ただ、直線で一気にペースが速くなり、
上がり勝負の競馬にややついていけていなかった。
距離が長すぎたのかもしれない。
2000m前後に戻れば変わってくるはず。
ヴァンケドミンゴ評価B
20/4/25
福島芝2000m
エールS(1600万)
1着
スタート後の行き脚がつかず、後方から。
小回りコースとしては厳しい位置だったが、
3コーナーから外を回して捲っていき、
直線入口で抜け出してそのまま後続を寄せ付けず完勝。
福島だけで4勝になり、福島は完璧な成績。
このコースがよほど合っているように見える。
それほど能力がありそうな感じは無いが、
福島競馬に出てくるときは注意しておきたい。

前走良かった馬はバレリオ。
かなりのスローペースで上がりだけのようなレースになってしまい、
逃げたウラヌスチャームに残されてしまいましたが、
前走折り合いを欠いて大敗した馬とは思えないぐらい道中は落ち着いた走りで直線は良く伸びてきていました。
しっかり立て直しはできていると見て良さそうです。
今回は距離が少し短いかもしれませんが、重賞でもやれるだけの力はあると思います。
良馬場なら期待できそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

CBC賞 登録馬前走診断

前走診断
07 /02 2020
7/5(日)に阪神競馬場で行われるCBC賞(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アウィルアウェイ評価C
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
11着
ポジションを取りに行こうとするが、
被せられて中段まで下がってしまった。
後手後手に回ってしまい、
この馬の良さは出せていなかった。
重馬場だったのも良くなかった。
ただ、G1は敷居が高いように見える。
G2やG3までの馬かもしれない。
アンヴァル評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
16着
外目から馬ナリで並びかけていき中段のポジションに。
距離延長で追走は問題無く、流れに乗れていた。
道中はいい感じで走れていたが、
直線に入って追い出されても反応が見られなかった。
まだ本調子には戻っていないように見える。
変わってこれば重賞でもやれそうだが。
イベリス評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
10着
スタートを決め、2番手追走。
ペースもそれほど速くなく、絶好のポジションだったが、
4コーナーで手応えが怪しくなり、
直線に入ると馬群に沈んでしまった。
有利な展開から簡単に負けすぎで、
デキ落ちの可能性も。
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
エイシンデネブ評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
11着
いつも通り今回も後方からの競馬。
ペースが上がらず不向きな展開で、
直線も外に持ち出すような猶予も無く、
内目からジワジワと詰めるだけになってしまった。
もっと速く流れる展開にならないと厳しい。
展開さえ向けば重賞でも通用しそうだが、
展開が合わないと全くいいところが出せないタイプ。
クリノガウディー評価B
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
4着
1200mのスピードにも良く対応できていて、
3番手につける。
距離短縮が良かったかもしれない。
直線はセイウンコウセイが隣にいる間は良かったが、
抜け出すと一気に内にモタレてしまい、
他馬に迷惑をかけてしまった。
距離は合っていそうなので、
真っ直ぐ走れるようになれば。
グランドロワ評価B
20/6/28
東京芝1400m
パラダイスS(L)
6着
スタートから飛ばしていき、単騎逃げに持ち込む。
ペースは速かったが、リズムよく走れており、
力は出せていたように思う。
直線は一頭だけ最内を回して粘りこむが、
不良馬場でゴール手前100mほどがかなり荒れており、
最後に捕まってしまった。
このクラスを勝つ力は十分ありそう。
先行力はかなり高いので、人気薄でも注意しておきたい。
ショウナンアンセム評価C
19/6/30
中京芝1200m
CBC賞(G3)
12着
先行勢を見る形で好位のインを追走。
4コーナー手前ぐらいで手応えが怪しくなり、
直線はズルズルと後退。
馬場が悪いだけでなく雨も凄かったので、
集中力が無くなってしまったのかもしれない。
出来は良さそうだっただけにこの結果は残念。
ジョイフル評価C
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
15着
中段やや後方の内を回り、
道中はいい雰囲気で追走できていたが、
直線に入ってからはあまり伸びてこなかった。
マイルの距離は長すぎるのかもしれない。
短い距離になれば切れる脚が使えるので、
距離短縮のタイミングで見直したい。
タイセイアベニール評価A
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
1着
前の馬が飛ばし、マズマズ流れる中、後方から進める。
4コーナーで外に持ち出し、気合を入れていき、
直線で大外から1番人気馬と併せ馬で良く伸びてきていた。
キレは相手の方があったが、先に抜け出したぶん、
抑えきって勝利。
今年に入って馬体の充実が目立ち、
本格化の兆しが見られる。
今の出来なら重賞でも通用しそう。
ダイシンバルカン評価C
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
10着
直線競馬で内枠に入ってしまい、やや不利だったが、
特に見せ場も無く、
ただ追走するだけで終わってしまった。
この内容だと枠が良かったとしても、
着順はさほど変わらなかったかもしれない。
ペースが全く緩むことの無い直線競馬よりは、
1200mのレースの方が良さそうな感じ。
8歳馬になるがOP特別ぐらいなら、
上手く嵌れば掲示板ぐらいはあるかもしれない。
ディメンシオン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
3着
※ヴィクトリアM 
疾病〔右前肢跛行〕
のため出走取消
スタートを決めて、前につけ、
早めに動いていったのが功を奏した。
直線は馬群が一塊で後続がかなりごちゃつく展開。
先に動いて内の馬場もそれほど荒れていなかったので、
最後まで粘りこんだ走りができていた。
スムーズに走れた今回は良く走れていたが、
中々走り時が難しく、狙い時が難しい。
ディープダイバー評価B
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
10着
スタート良く好位からの競馬。
前を見ながら競馬が出来るいいポジションにつけ、
流れに乗って走れていた。
直線は苦しくなってしまったが、
最後までしっかり走れている。
ここ2戦ブービー人気だが、そこまで悪い馬では無い。
調教の動きが良くなれば、十分重賞で勝負できそう。
変化を見極めていきたい。
ナインテイルズ評価C
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
11着
スタートから積極的に出していき、ハナを主張。
グランドロワとの先行争いが激しくなり、
2頭でやや飛ばし気味に走ってしまい、
直線に入ると一杯になってしまって大敗。
既に9歳馬でもあり、衰えも出てきている。
今後の好走は厳しいかもしれない。
ノーワン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
13着
着順ほど悪い内容では無かったが、
前半はあまり行き脚がついておらず、
直線で前が壁一面になってしまい、
どうすることもできなかった。
多少状態は上向いていそうに見え、
人気しないままなら展開次第では面白くなりそう。
ミッキースピリット評価B
20/5/31
京都芝1200m
朱雀S(1600万)
1着
スタートを決め、好位の内目から追走。
直線に入ると前が開き、絶好の追い出しができた。
なかなか前をかわすことができずにもたついたが、
最後に一伸びを見せて、差し切り勝ち。
着差こそ無いがいい勝負根性を見せていた。
今年の3連勝で1勝馬クラスから一気にOP入り。
流石にOP特別だといきなりは厳しそうだが、
勢いは侮れない。
ラブカンプー評価B
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
7着
内枠だったがマズマズ前のポジションにつけ、
いい雰囲気で走れていた。
ラストはやや伸びあぐねてしまったが、
外枠からならもう少し伸びていたかもしれない。
途中で止めてしまう気性の悪さは出なくなっており、
馬体もしっかりしてきている。
そろそろ走ってきてもおかしくなさそう。
レッドアンシェル評価B
20/5/16
東京芝1400m
京王杯SC(G2)
11着
中段内目を追走も、直線はそれほど伸びなかった。
ただ、脚部不安の心配は無さそうで、
最後までしっかり走ることはできていた。
次走はもっと良くなりそうな感じ。
ここ2戦の着順で人気を落とすようなら狙いたい。
ロケット評価B
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
7着
好スタートを決め、2番手から進めるも、
口向きが悪く、終始、内にササリながらの走り。
ややスムーズさを欠いたような感じになっていた。
それでも直線は一瞬抜け出しそうな場面もあり、
力のある所は見せていた。
決勝戦手前で後方の馬にぶつけられ、
たじろいだため着順を落としてしまったが、
もっと上位に来ていてもおかしくなかった。
気性面が難しそうなところはあるが、
このレベルはいずれ勝てそう。

前走良かった馬はタイセイアベニール。
展開が向いたこともあるが、直線では人気馬同士の叩き合いを制しており、
ここに来て大きく力をつけているように思います。
毎回安定した末脚を使えており、この調子なら重賞でも通用しそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年7月結果
本命馬 (0.0.1.7)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.8.40)
回収率 71%