前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

CBC賞 登録馬前走診断

前走診断
07 /02 2020
7/5(日)に阪神競馬場で行われるCBC賞(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アウィルアウェイ評価C
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
11着
ポジションを取りに行こうとするが、
被せられて中段まで下がってしまった。
後手後手に回ってしまい、
この馬の良さは出せていなかった。
重馬場だったのも良くなかった。
ただ、G1は敷居が高いように見える。
G2やG3までの馬かもしれない。
アンヴァル評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
16着
外目から馬ナリで並びかけていき中段のポジションに。
距離延長で追走は問題無く、流れに乗れていた。
道中はいい感じで走れていたが、
直線に入って追い出されても反応が見られなかった。
まだ本調子には戻っていないように見える。
変わってこれば重賞でもやれそうだが。
イベリス評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
10着
スタートを決め、2番手追走。
ペースもそれほど速くなく、絶好のポジションだったが、
4コーナーで手応えが怪しくなり、
直線に入ると馬群に沈んでしまった。
有利な展開から簡単に負けすぎで、
デキ落ちの可能性も。
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
エイシンデネブ評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
11着
いつも通り今回も後方からの競馬。
ペースが上がらず不向きな展開で、
直線も外に持ち出すような猶予も無く、
内目からジワジワと詰めるだけになってしまった。
もっと速く流れる展開にならないと厳しい。
展開さえ向けば重賞でも通用しそうだが、
展開が合わないと全くいいところが出せないタイプ。
クリノガウディー評価B
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
4着
1200mのスピードにも良く対応できていて、
3番手につける。
距離短縮が良かったかもしれない。
直線はセイウンコウセイが隣にいる間は良かったが、
抜け出すと一気に内にモタレてしまい、
他馬に迷惑をかけてしまった。
距離は合っていそうなので、
真っ直ぐ走れるようになれば。
グランドロワ評価B
20/6/28
東京芝1400m
パラダイスS(L)
6着
スタートから飛ばしていき、単騎逃げに持ち込む。
ペースは速かったが、リズムよく走れており、
力は出せていたように思う。
直線は一頭だけ最内を回して粘りこむが、
不良馬場でゴール手前100mほどがかなり荒れており、
最後に捕まってしまった。
このクラスを勝つ力は十分ありそう。
先行力はかなり高いので、人気薄でも注意しておきたい。
ショウナンアンセム評価C
19/6/30
中京芝1200m
CBC賞(G3)
12着
先行勢を見る形で好位のインを追走。
4コーナー手前ぐらいで手応えが怪しくなり、
直線はズルズルと後退。
馬場が悪いだけでなく雨も凄かったので、
集中力が無くなってしまったのかもしれない。
出来は良さそうだっただけにこの結果は残念。
ジョイフル評価C
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
15着
中段やや後方の内を回り、
道中はいい雰囲気で追走できていたが、
直線に入ってからはあまり伸びてこなかった。
マイルの距離は長すぎるのかもしれない。
短い距離になれば切れる脚が使えるので、
距離短縮のタイミングで見直したい。
タイセイアベニール評価A
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
1着
前の馬が飛ばし、マズマズ流れる中、後方から進める。
4コーナーで外に持ち出し、気合を入れていき、
直線で大外から1番人気馬と併せ馬で良く伸びてきていた。
キレは相手の方があったが、先に抜け出したぶん、
抑えきって勝利。
今年に入って馬体の充実が目立ち、
本格化の兆しが見られる。
今の出来なら重賞でも通用しそう。
ダイシンバルカン評価C
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
10着
直線競馬で内枠に入ってしまい、やや不利だったが、
特に見せ場も無く、
ただ追走するだけで終わってしまった。
この内容だと枠が良かったとしても、
着順はさほど変わらなかったかもしれない。
ペースが全く緩むことの無い直線競馬よりは、
1200mのレースの方が良さそうな感じ。
8歳馬になるがOP特別ぐらいなら、
上手く嵌れば掲示板ぐらいはあるかもしれない。
ディメンシオン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
3着
※ヴィクトリアM 
疾病〔右前肢跛行〕
のため出走取消
スタートを決めて、前につけ、
早めに動いていったのが功を奏した。
直線は馬群が一塊で後続がかなりごちゃつく展開。
先に動いて内の馬場もそれほど荒れていなかったので、
最後まで粘りこんだ走りができていた。
スムーズに走れた今回は良く走れていたが、
中々走り時が難しく、狙い時が難しい。
ディープダイバー評価B
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
10着
スタート良く好位からの競馬。
前を見ながら競馬が出来るいいポジションにつけ、
流れに乗って走れていた。
直線は苦しくなってしまったが、
最後までしっかり走れている。
ここ2戦ブービー人気だが、そこまで悪い馬では無い。
調教の動きが良くなれば、十分重賞で勝負できそう。
変化を見極めていきたい。
ナインテイルズ評価C
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
11着
スタートから積極的に出していき、ハナを主張。
グランドロワとの先行争いが激しくなり、
2頭でやや飛ばし気味に走ってしまい、
直線に入ると一杯になってしまって大敗。
既に9歳馬でもあり、衰えも出てきている。
今後の好走は厳しいかもしれない。
ノーワン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
13着
着順ほど悪い内容では無かったが、
前半はあまり行き脚がついておらず、
直線で前が壁一面になってしまい、
どうすることもできなかった。
多少状態は上向いていそうに見え、
人気しないままなら展開次第では面白くなりそう。
ミッキースピリット評価B
20/5/31
京都芝1200m
朱雀S(1600万)
1着
スタートを決め、好位の内目から追走。
直線に入ると前が開き、絶好の追い出しができた。
なかなか前をかわすことができずにもたついたが、
最後に一伸びを見せて、差し切り勝ち。
着差こそ無いがいい勝負根性を見せていた。
今年の3連勝で1勝馬クラスから一気にOP入り。
流石にOP特別だといきなりは厳しそうだが、
勢いは侮れない。
ラブカンプー評価B
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
7着
内枠だったがマズマズ前のポジションにつけ、
いい雰囲気で走れていた。
ラストはやや伸びあぐねてしまったが、
外枠からならもう少し伸びていたかもしれない。
途中で止めてしまう気性の悪さは出なくなっており、
馬体もしっかりしてきている。
そろそろ走ってきてもおかしくなさそう。
レッドアンシェル評価B
20/5/16
東京芝1400m
京王杯SC(G2)
11着
中段内目を追走も、直線はそれほど伸びなかった。
ただ、脚部不安の心配は無さそうで、
最後までしっかり走ることはできていた。
次走はもっと良くなりそうな感じ。
ここ2戦の着順で人気を落とすようなら狙いたい。
ロケット評価B
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
7着
好スタートを決め、2番手から進めるも、
口向きが悪く、終始、内にササリながらの走り。
ややスムーズさを欠いたような感じになっていた。
それでも直線は一瞬抜け出しそうな場面もあり、
力のある所は見せていた。
決勝戦手前で後方の馬にぶつけられ、
たじろいだため着順を落としてしまったが、
もっと上位に来ていてもおかしくなかった。
気性面が難しそうなところはあるが、
このレベルはいずれ勝てそう。

前走良かった馬はタイセイアベニール。
展開が向いたこともあるが、直線では人気馬同士の叩き合いを制しており、
ここに来て大きく力をつけているように思います。
毎回安定した末脚を使えており、この調子なら重賞でも通用しそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ラジオNIKKEI賞 登録馬前走診断

前走診断
07 /01 2020
7/5(日)に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アルサトワ評価B
20/6/7
阪神芝2000m
3歳上500万
1着
スタートは平凡だったが、最内枠を活かしてハナを切る。
マークされるような形になったが、
ゆったりとした流れに持ち込みマイペースの逃げ。
直線では外から並びかけてこられたが、
馬場状態も良く、もう一伸びして押し切って勝利。
逃げの形に持ち込んだ時にはしっかり勝てているが、
先手を取れないと凡走している。
スタートがそれほど速いわけでも無いので、
クラスが上がって苦戦するかもしれない。
アールクインダム評価C
20/6/10
川崎ダ2100m
関東オークス(G2)
8着
スタートから積極的に出していき、先頭に立つ。
道中はいいリズムで運べており、
ペースも悪くなかったが、最後のコーナーで詰められ、
直線に入ると一気に突き放されてしまった。
初ダートで距離も長かったことを考えると、
そこまで止まってはおらず、
マズマズの内容だったと思う。
ただ、芝であれダートであれ、
重賞ではまだ力不足の印象。
条件戦を一段ずつ上がっていくようなタイプかも。
キメラヴェリテ評価C
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
15着
スタートでバランスを崩し、後方から。
かなり出鞭を入れてポジションを上げていこうとするが、
行き脚もそれほどつかず、後方になってしまった。
自分の形にできず、全く走れていなかった。
典型的な脆いタイプの逃げ馬かもしれない。
今回は度外視でもいいと思うが、人気では買えない。
人気薄の時にだけ注意しておきたい。
グレイトオーサー評価B
20/5/17
東京芝2000m
3歳500万
1着
行く馬がおらず、抑えきれずに先頭に立つ。
スローペースで流れたが、
かなり行きたがる素振りを見せ、
我慢の利いた走りはできていなかった。
ペースを落とすことはできていたので、
直線に入っても脚が残っていて押し切ることはできたが、
相手関係がかなりぬるく、能力だけで勝ったような内容。
気性面にも不安が残り、2連勝とはいえ、
そこまで強くない可能性も。
コスモインペリウム評価B
20/6/13
東京芝2000m
3歳上500万
1着
好スタートを決め、ハナを切る勢いだったが、
枠の差で2番手追走。
道中は逃げた馬をピッタリ追走し、
いい手ごたえで走れていた。
直線に入ると余裕をもって前を捕え、
きっちりかわしての勝利。
斤量の恩恵も大きかったと思うが、
古馬相手に完勝は評価できる。
また、経験が豊富で馬場を問わず走れる点も魅力。
能力的にはまだまだも、渋った馬場では侮れない。
コンドゥクシオン評価C
20/5/2
東京芝2400m
青葉賞(G2)
12着
好位につけ、流れに乗った競馬はできていたが、
直線は脚が鈍ってしまっていた。
時計が速く、厳しかったように思う。
また、距離も2000mまでの方が良さそう。
良馬場よりも重馬場で狙いたいタイプ。
サクラトゥジュール評価A
20/5/24
東京芝1600m
3歳500万
1着
馬の行く気に任せて2番手からの競馬。
割とペースは流れたが、手応えよく追走できていた。
直線に入ると前をアッサリとかわし、
セーフティーリードを保って押し切り勝ち。
相手関係が楽だったようかもしれないが、
強い勝ちっぷり。
1勝馬クラスでかなりもたついたが、
上のクラスでも通用する力はありそう。
ディープキング評価B
20/6/20
阪神芝2000m
3歳上500万
2着
前が飛ばしたが、マイペースで好位追走。
道中はいいリズムで走れていた。
ただ、3コーナーで2番手につけていた馬が垂れてしまい、
逃げたパンサラッサに独走を許してしまった。
4コーナーから必死に追いかけたが、
かなりのリードがあり、差を詰めるのが精一杯。
負けてしまったがレース内容は良く、
展開次第では逆転があってもおかしくなさそう。
このクラスはアッサリ抜けるだけの力はあるはず。
バビット評価B
20/5/23
新潟芝1800m
早苗賞(500万)
1着
スタートを決め、先手を取る。
ゆったりとしたペースで運び、
スローからの上がり勝負に持ち込み、
直線はややふらつくところは見せていたが、
しぶとい走りで抜かせず、押し切って勝利。
直線の長いコースで粘り切ったのは評価できる。
これだけ走れていれば、上のクラスでも期待できそう。
パラスアテナ評価A
20/5/23
東京芝1800m
カーネC(500万)
1着
マズマズのスタートを切るも、控えて後方に下がる。
大逃げを打つ馬がいて、やや速い流れに。
道中はじっくりと脚を溜め、直線で外に持ち出し、
鞭が入ると一気に伸びて差し切り勝ち。
展開が良かったこともあるが、強い勝ちっぷり。
芝替わりしてまだ2戦だが、いずれも完勝の内容。
決め手比べなら上のクラスでも。
パンサラッサ評価B
20/6/20
阪神芝2000m
3歳上500万
1着
スタートから積極的に出していき、ハナを切って逃げる。
競ってこられることも無く、単騎逃げの形に。
道中はペースを落とし、ゆったりと走っていたが、
コーナーでペースを上げて早めにスパートをかけ、
直線は悠々と逃げ切っての勝利。
良いペースで運べたこともあるが、
重賞経験もあり、ここでは力も上だった。
オープンで走れる力はありそうな感じ。
同型馬が不在の時に狙ってみたい。
ビバヴィットーリオ評価C
20/6/6
東京芝1800m
国分寺特別(500万)
3着
内枠を活かして先頭に立ち、マイペースの逃げ。
道中はいいリズムで運べ、
理想的な展開に持ち込めていた。
直線いい形で向くことができ、
後は粘りこむだけだったが、
ラスト1ハロンほどで苦しくなってしまい、
粘り切ることができなかった。
少し距離が長かったかもしれないが、
理想的な展開で粘りこめないあたり、
まだ力不足の感がある。
ベレヌス評価B
20/4/11
福島芝2000m
ひめさゆり賞(500万)
1着
初芝だったが、スタートを決め、先頭に立つ。
向こう正面ではスローに持ち込むことができたが、
3コーナー辺りでやや絡まれ、早めのロングスパート。
先行勢がついてこれず、
中段の馬がワンテンポ遅れて追い出すも、
リードを保って押し切っての勝利。
スタートのスピードはありそうだが、
相手に恵まれた感もある。
上のクラスで通用するかは微妙かも。
ルリアン評価B
20/4/19
阪神芝2000m
3歳500万
1着
スタート直後はやや行きたがっていたが、
1コーナーに入る辺りで落ち着き、2番手からの競馬。
前の馬が単騎逃げで、
ゆったりしたペースを一番いいポジションで運べた。
手応え十分で直線に向くことができており、
鞭を入れることも無く、楽に前を捕え、
後続の追撃も振り切って完勝。
余力はまだありそうな感じで、
もう一つ上のクラスでもやれそう。
ただ、時計的には平凡で、高速馬場は向かないかも。

前走良かった馬はサクラトゥジュールとパレスアテナ。
サクラトゥジュールは危なげない勝利で、力をどんどんつけているような感じがします。
ここまで6戦して安定して走れているのも魅力。
今回は前に行きそうな馬が多く、ペースに合わせた競馬ができそうな点も良さそうです。
パラスアテナは芝替わりの2戦が圧巻の内容。
相手が弱かっただけの可能性もありますが、まだ底を見せていない魅力もあります。
福島での勝利経験もあり、今回も好走する可能性は高そうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

宝塚記念 登録馬前走診断

前走診断
06 /25 2020
6/28(日)に阪神競馬場で行われる宝塚記念(G1)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤアルバ評価C
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
8着
いつも通りの後方からの競馬になるが、
スローペースで展開は不向き。
それでも直線まで脚を溜めて、直線に賭ける競馬に。
前が流石に止まらず、差を縮めるだけに終わってしまった。
脚を溜めたわりにはそこまで切れも見られず。
融通も利かなそうな感じで、好走は当分厳しそう。
アフリカンゴールド評価C
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
11着
スタートでやや出負けして、やや後方から。
いつものように好位で立ち回る競馬ができず、
この馬らしい走りはできなかった。
4コーナー辺りから上がっていき、
直線で外から追い出すも、
内が悪くない馬場で単純なロスになってしまった。
負けは負けでもらしくない走りをしているので、
度外視でいいかもしらない。
これぐらいの距離がピッタリな馬なので、
いずれチャンスはありそう。
カデナ評価B
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
4着
直線で内を突いて良く伸びてきていたが、
完全に着拾いの競馬。
自分の競馬に徹して最高の着順になったが、
これ以上の結果は出なかったように思う。
脚質が追い込み一辺倒ならではの騎乗ではあるが、
スローの展開では流石に上位には届かない。
今回の好走で次走の重賞では人気になってしまいそうだが、
展開に左右される馬であることは念頭に置いておきたい。
キセキ評価B
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
6着
スタートは問題無かったが、
1週目のスタンド前で我慢が効かずにハナに立つ。
逃げて好走しているのはほとんどが2000m程度の距離。
我慢無しではこの距離を逃げ切るのは厳しかった。
折り合い面は難しいかもしれないが、
前走のゲート難は解消されている感じ。
距離が長いところは気性的に厳しくなってきた。
ただ、2000m程度の高速馬場ではまだ侮れない。
クロノジェネシス評価A
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
2着
正攻法で勝ちに行く競馬ができたが惜しい2着。
勝ち馬はギリギリまで内で脚を溜めていたので、
その分の差が出てしまった。
ただ、このメンバー相手に能力では全く負けていなかった。
今後も一線級相手でも問題なさそう。
気性面の悪いところが出なければ、
まだまだ活躍できるはず。
グローリーヴェイズ評価A
19/12/8
香港芝2400m
香港ヴァーズ(G1)
1着
中段馬群の中で折り合いも良くついて、
流れに乗って走れていた。
直線入口では器用に馬の間を割って伸び、
前が開くと一気に加速して後続を突き放して完勝。
メンバーレベルも高かったが、強い勝ちっぷりを見せた。
国内のG1も期待できるような好内容の一戦。
サートゥルナーリア評価A
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
1着
しっかりとスタートを決めて、好位追走。
かなりスローペースで流れ、理想的な競馬ができた。
終始手応えよく追走できており、
直線で軽く仕掛けて一気に前を捕えて突き抜けた。
鞭も入っておらず、力の差を見せつけるような内容。
スローからの上がり勝負では全く負ける気配の無いレベル。
スティッフェリオ評価B
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
2着
ダンビュライトを先に行かせて2番手で進めたが、
1周目に離れた外からキセキが上がっていき、
終始3番手でマイペースで進めたのが大きかった。
道中は全く競られることも無く、淡々と走れていた。
流石にこの距離は長かったのか、
最後に脚が鈍ったところをかわされてしまったが、
上々の内容。
G1では通用しない馬だが、
今回はG1級の馬が少なかったのも良かったと思う。
ダンビュライト評価C
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
9着
ハナを切ってマイペースで進め、
1週目の直線でキセキにハナを奪われてからも、
マズマズ自分のリズムで走れていたが、
この距離は長かったようで直線は苦しくなってしまった。
休み明けでもあり、いきなり長距離は厳しかったかも。
使いつつ落ち着いて走れるようになればチャンスはある。
トーセンカンビーナ評価B
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
5着
いつも通りゲートで落ち着きが無く、やや出遅れ。
最後方からじっくり進め、
2周目でじわじわとポジションを上げていく。
4コーナーで押しながら進めたため、
外に膨れてしまい、前から離されてしまったのが痛かった。
最後は良く詰めてきていたが、届かなかった。
ゲート難が治りそうにも無いので、安定感は皆無。
ただ、能力は高いので、
過剰人気でなければ常に抑えておきたい。
トーセンスーリヤ評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
1着
スンナリと好位につけ、内に入れる丁寧な騎乗が光った。
直線が長いコースながら無駄なロスを避け、
開幕週で荒れてない経済コースを通って、
しっかりと前を捕え、後続も寄せ付けず完勝。
このコンビだとスタートが安定しており、
毎回好走できている。
次走はハンデの恩恵は無くなるが、馬の調子は良いので、
再度好走があるかもしれない。
ブラストワンピース評価B
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
7着
ポジションが取れず後方からになってしまい、苦しい展開。
すぐにペースも落ち着き、折り合いも少し苦労していた。
コーナーで外を回して上がっていったが、
内の馬場が良く、前も脚を残していて、捕らえられず。
状態以前に馬場や展開が全く不向きのレースだった。
得意不得意のハッキリしたタイプなので、
今後も適性の高いコースでのみ狙っていきたい。
ペルシアンナイト評価C
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
9着
スタートは相変わらず上手くない感じ。
それでもすぐに馬群にとりついていくことはできており、
流れに乗った競馬はできていた。
ただ、それ以上は厳しく、直線も流れに乗っただけ。
左回りは良くないのでこの結果は仕方ない。
右回りで改めて見直したい。
メイショウテンゲン評価C
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
8着
後方から進め、2週目の向こう正面で上がっていくが、
速い上がりの使えないこの馬には、
勝負所の流れについていけなかった。
上がり3ハロンが34秒や35秒前半では太刀打ちできない。
スタミナは問題無いが、スピードには難がある馬。
時計がかかる馬場でないと厳しい。
モズベッロ評価C
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
7着
1コーナー辺りでかなりかかってしまい、
落ち着かせるのに消耗してしまった。
直線ではやや苦しくなってしまい、
真っ直ぐ走れていなかった。
ここは距離が長すぎたのかもしれない。
また、年明け3戦目で調子も多少落ちていたかも。
まだ4歳馬なので、
しっかり休めば秋以降はまた活躍できるはず。
ラッキーライラック評価B
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
1着
スローの流れで好位で進める理想的な競馬ができていた。
コーナーで各馬が外から上がってきてもじっくり我慢し、
直線も前が壁でなかなか追い出せなかったが、
一瞬空いた隙を狙って内から馬の間を突いた瞬発力は、
馬も凄いが鞍上の腕も良かったと思う。
判断を誤っていれば勝ち切るのは難しかった。
全てが上手く言った感じはあるが、
能力の高さも存分に発揮し、
今年はさらに飛躍するかもしれない。
レッドジェニアル評価B
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
3着
スタートで出遅れてしまったが、乗り慣れた鞍上で、
じっくりと脚を溜める競馬に徹したのが良かった。
それほど流れず展開は良くなかったが、
直線は馬群の間を割って良く伸びてきていた。
ペースが速ければ差し切ってもおかしくなかった。
これぐらいなら十分勝ち負けできる力はありそう。
ゲートが安定しないので、
当面は差しが有利になりそうな時に狙いたい。
ワグネリアン評価B
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
5着
先行争いで敗れ、
ラッキーライラックの後ろになったのが厳しかった。
内で閉じ込められてしまい、動くに動けない体勢になり、
直線決め手勝負で分が悪かった。
ただ、調子自体が本調子の一歩手前といった感じで、
まだピークは先にありそう。
これで人気を落とすようなら次走は狙い目。

前走良かった馬はクロノジェネシス、グローリーヴェイズ、サートゥルナーリア。
その中でも一番の注目はクロノジェネシス。
前走は位置取りの差で負けただけで能力は勝ち馬と遜色無いと思います。
また、重馬場経験もあり、非根幹距離への適性も高いです。
人気の一角にはなるでしょうが、人気以上の着順は期待できると思います。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ユニコーンステークス 登録馬前走診断

前走診断
06 /18 2020
6/18(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アポロアベリア評価B
20/2/29
中山ダ1800m
3歳500万
1着
スタート直後の行き脚が悪く、やや置かれ気味で追走。
ただ、先行勢のペースが速く、
ハイペースに巻き込まれずに走れたのは良かった。
3コーナーから徐々に上がっていき、
直線は最後までしっかりとした脚が使えていた。
ラストはやや詰められたがマズマズの勝ちっぷり。
クラスが上がってすぐに勝ち負けまでは厳しそうだが、
徐々に力をつけていけば。
オーロラテソーロ評価B
20/5/3
京都ダ1400m
端午S(OP)
8着
スタートからダッシュを利かせ、先頭に立つ。
終始並走される形になったが、気にせずに飛ばしていた。
かなりのハイペースになったので、
直線は苦しくなってしまったが、
バッタリ止まることは無く、走り切れていた。
上位との着差もそれほど大きくは無く、
展開次第では十分このクラスでもやれる力はある。
カフェファラオ評価B
20/2/23
東京ダ1600m
ヒヤシンスS(L)
1着
スタートで行き脚がつかず、後方から。
芝スタートがイマイチかもしれない。
ただ、3コーナー辺りから楽な感じで外から上がっていき、
直線での手応えも抜群で簡単に前を抜きさり完勝。
かなり強そうな感じはあるが、
距離はもう少しあった方が安定しそう。
キタノオクトパス評価B
20/5/9
東京ダ1600m
3歳500万
1着
好位の外目につけ、流れに乗って走れていた。
道中は余裕のある動きで、手応え十分。
コーナーで上がっていき、直線も余裕をもって前を捕え、
最後まで集中を切らさず走り切っての勝利。
タイムや着差は平凡だが、
レースセンスは高そうな感じ。
今後の成長に期待したい。
キッズアガチャー評価C
20/5/24
京都ダ1800m
鳳雛S(L)
5着
スタートから出していこうとするが、
行き脚がつかず後方から。
道中何度も鞭が入っていたが、反応せず。
直線もビッシリ追われたが、
ハイペースでばてた馬をかわす程度の末脚。
バテない脚は使えるが、ワンパンチ不足。
スタミナはありそうなので、距離延長なら。
ケンシンコウ評価B
20/5/3
東京ダ1600m
3歳500万
1着
中段内目からの競馬で道中は折り合いに専念。
直線に入ったころには前との差がかなりあったが、
外に持ち出してラスト1ハロンほどで一気に差し切った。
気性面は良さそうな感じで、
鞍上の指示にしっかり従えている。
時計もマズマズでクラスが上がってもやれそうな感じ。
サトノラファール評価B
20/5/3
京都ダ1400m
端午S(OP)
1着
ゲートはあまり速くなく、後方から。
先行争いが激しくなり、ペースが流れ、
いい展開になっていた。
3コーナー半ば辺りから捲っていき、
直線で粘る前の馬を捕えて勝利。
展開が嵌ったことが大きく、
コーナリングもあまり上手くは無い。
スローペースになった時には出番が無い可能性も。
サンダーブリッツ評価C
20/5/31
東京ダ1600m
3歳500万
1着
中段から外に持ち出し、好位に上がっていく。
直線入口で前を射程圏に捕えるも、中々詰め切れず。
最後の最後にようやくかわしてなんとか勝利。
辛勝といった感じで、クラスが上がって厳しそう。
もう一段レベルアップが無いと、苦戦するかも。
サンライズホープ評価C
20/5/16
京都ダ1800m
3歳500万
1着
スタートを決めたが、外の馬が先手を主張し、
無理せず2番手追走。
スンナリと隊列が決まったため、ゆったりとした流れに。
落ち着いたペースで楽に運ぶことができていた。
行った行ったのレースになり、直線は逃げ馬との一騎打ち。
やや加速にもたついたは最後はしっかり伸びて勝利。
勝つには勝ったが、展開利が大きく、加速も遅い。
もう少し成長が欲しいところ。
スリーグランド評価B
20/5/3
京都ダ1400m
端午S(OP)
3着
後方からのスタートになり、
内に入れてじっくり脚を溜める。
道中はいいリズムで運べていたが、
4コーナーで馬群の中を割っていこうとしてやや詰まる。
直線ですぐに立て直し、良く伸びてきていたが、
ラストで窮屈になってしまい、3着まで。
スムーズなら2着はあったかもしれないが、
展開利がかなり大きかったように思う。
過大評価は危険かもしれない。
タガノビューティー評価B
20/5/17
東京ダ1600m
青竜S(OP)
3着
いつも通り後方で脚を溜める競馬。
道中はいい雰囲気で走ることができていたが、
直線で前が広がり、大外に持ち出す羽目に。
良く伸びてきてはいたが、距離ロスが響いてしまった。
ダート戦では毎回鋭い脚が使えているが、
位置取りが悪く、後手を踏んでしまいがち。
力はあるが、やや展開待ちなところがある。
デュードヴァン評価A
20/5/17
東京ダ1600m
青竜S(OP)
1着
スタート五分から中段につけ、スッと内に入れていく。
馬群の中に入れても問題無く、落ち着いて走れていた。
直線に入って追い出してからの加速がイマイチだったが、
併せ馬の形になると抜かせない勝負根性を見せていた。
芝では大敗も、ダートではまだ負けなし。
突き放して勝つようなタイプでは無さそうだが、
安定感はかなりありそう。
フォーテ評価C
20/5/17
東京ダ1600m
青竜S(OP)
7着
芝の短い最内だったがスピードの違いで楽にハナへ。
道中はいいリズムで運べていたが、
直線は苦しくなってややふらつき気味。
あまりパワーは無さそうな感じ。
ダートでは頭打ちになるかもしれない。
走りが軽いので、今なら芝に戻しても良さそう。
フルフラット評価B
20/2/29
SAダ1600m
サンバサウジDC(OP)
1着
外枠からスムーズに好位につけ、
道中はかなり余裕のありそうな手ごたえ。
コーナーでアッサリと前をかわしていき、
直線で抜け出し独走。
最後はやや詰められるも、
セーフティーリードはしっかりキープして完勝。
積極的に海外挑戦している馬だが、日本での実績は平凡。
前走は相手のレベルも微妙な感じなので、
過大評価は危険かもしれない。
マカオンブラン評価C
20/5/6
園田ダ1870m
兵庫CS(G2)
6着
スタート良くハナを切って逃げることはできたが、
上位人気馬にピッタリマークされながらの逃げ。
ペース自体は悪くなかったが、
最後のコーナーで楽にかわされてしまい、
全く踏ん張ることができなかった。
まだ重賞で走れるだけの力は無さそう。
もう少し力をつけてからの馬。
メイショウベンガル評価A
20/5/31
京都ダ1400m
3歳500万
1着
スタートでやや躓くも、ダッシュを利かせて好位追走。
前に馬を置いて流れに乗って走れていた。
直線でゴーサインを出すと前をアッサリかわして独走。
ラストは抑える余裕もあり、完勝。
ダート替わりが功を奏した。
相手強化でどこまでやれるか次走が楽しみ。
ラブリーエンジェル評価B
20/6/7
東京ダ1600m
3歳上500万
1着
ゲートでよそ見をしたタイミングでスタートになり、
やや出遅れてしまう。
後方からになってしまったが、前に行った2頭が飛ばし、
ハイペースの流れ。
直線で前が止まり、決め手比べの勝負になり、
一歩ずつ前との差を詰めていき、きっちり差し切って勝利。
古馬との対戦なので、斤量の恩恵はあったが、
良い脚を使えている。
決め手は確かなので、展開次第では上のクラスでも。
レッチェバロック評価A
20/4/25
東京ダ1400m
3歳500万
1着
スピードの違いで楽に先頭に立つ。
特に折り合いを欠くことも無く、
この馬なりのペースだったがかなり速いペース。
コーナーでは2,3番手の馬が追いかけてくるが、
全くついていけず、
直線も持ったままで後続を突き放して圧勝。
ここでは格が違っていた。
底が見えない感じがあり、
負けるまでは追いかけてもいいかもしれない。

前走良かった馬はデュードヴァン、メイショウベンガル、レッチェバロック。
デュードヴァンは勝負根性がありそうで、併せ馬の形になればかなり強い競馬ができそうです。
東京コースの経験も豊富で馬場を問わずに走れているのは好感が持てます。
今回も恥ずかしいレースにはならないと思います。
メイショウベンガルは前走初ダートながら完勝の内容。
相手がそれほど強くなかった可能性もありますが、着差はつけており、レースセンスも高そうでした。
今回は一気の相手強化かもしれませんが、やれてもおかしくなさそうです。
レッチェバロックはスピードがあり、大物の可能性も。
距離が延びてどうかはありますが、全く寄せ付けずに勝つ可能性も十分ありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

函館スプリントステークス 登録馬前走診断

前走診断
06 /18 2020
6/21(日)に函館競馬場で行われる函館スプリントステークス(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アリンナ評価B
20/5/3
福島芝1200m
バーデンBC(1600万)
1着
後方外目を回り、馬場の良い所を走らせる。
距離ロスはあったが、気分よく走れていた。
直線はそのまま外から追い出し、
良い脚で伸びてきて前の馬を差し切って勝利。
ペースはやや速く、流れは良かったとはいえ、
直線の末脚は一頭別格の脚を使えていた。
安定しそうな感じは無いが、一発には注意したい。
エイティーンガール評価B
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
3着
直線は鋭く伸びてきたが、位置取りが後ろ過ぎた。
もう少し流れてくれれば差しきりまであったかも。
京都の安定感は抜群で、毎回いい脚を使えている。
京都なら絶対に無視できない存在。
直線平坦コースが得意かもしれない。
グランドボヌール評価B
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
4着
今回は出していかずに控えて好位追走。
馬群に包まれるような形になったが、
落ち着いて走れていた。
右回りのコーナリングはやはり不器用な感じだったが、
スタートで脚を使わなかった分、
直線では最後まで良く伸びていた。
控える競馬と右回りでここまで走れたのは大きい。
左回りになればさらに前進も期待できる。
シヴァージ評価B
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
5着
スタートはそれほど良くなく後方からになってしまったが、
じっくり脚を溜めて、直線は良く伸びてきていた。
もう少し前が止まってくれる展開なら、
際どい勝負までもつれこんだかも。
重馬場を全く苦にせず走れるので、
今後も馬場が悪化するタイミングで狙ってみたい。
ジョーマンデリン評価A
20/6/14
函館芝1200m
UHB杯(1600万)
1着
前がかなり飛ばす展開だったが、
好位につけて余裕を持ちつつ追走。
道中はいい手ごたえで走れていた。
直線に入ると、楽に前をかわし、
そのまま後続を良さつけずに完勝。
やや厳しいペースの中、
最後まで脚色が鈍らず走り切れたのは評価できる。
このコースの相性が良く、函館を使ってきたときは注目。
スイープセレリタス評価B
20/5/3
東京芝1400m
晩春S(1600万)
1着
中段につけるが、やや前向きな感じ。
距離短縮がいい方向に出たように見える。
直線は切れる感じは無かったものの、
ジワジワと伸びてきて、後続の追撃を振り切って勝利。
気性的にはこれぐらいの距離がベストかもしれない。
落ち着いて走れるようになれば、マイルはこなせそう。
スリーケープマンボ評価B
20/4/12
阪神芝1200m
ハンブルクC(1600万)
15着
ゲートの出がかなり速く、スタートのセンスは高そう。
外の馬が飛ばしたので、2番手からになったが、
前に馬を置いていいリズムで走れていたが、
直線でゴーサインを出すところで、
鞭を落としたのが痛かった。
手で叩いていたが特に反応が無く、大敗。
余力はまだありそうだったので、
追えていればもっとやれていたかもしれない。
今回は度外視でも良さそう。
ダイアトニック評価A
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
3着
スタートを決め、好位から最高のポジションで進めていた。
スムーズにコーナリングして、
絶好の形で直線に向いて追い出し、
前を捕える勢いだったところで不利を受けてブレーキ。
すぐに立て直したが、流石に残りの距離が少なすぎた。
勝ってもおかしくなかったぐらい走れていた。
左回りでここまで走れたのは収穫。
京都以外でも期待できる内容だった。
ダイメイフジ評価C
20/5/17
京都ダ1400m
栗東S(L)
14着
スタートから出していったが、内の馬も速く、
先手は取れず。
そのまま抑えきれない感じで、前の馬に並走したが、
直線では失速してしまった。
ペースは速かったが、他の先行馬は上位に来ており、
この馬だけが大敗。
気性面が難しそうで落ち着いて走れていなかった。
1200mの方がいいかもしれない。
ティーハーフ評価B
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
8着
今回はスタートからポジションを取りに行き、
中段馬群の後ろにピッタリつける。
いつものように直線だけの競馬にならなかった分、
末脚はいつもほどでは無かったが、
それでも良く伸びていた。
10歳という年齢を考えるとかなりいい内容だった。
引退も近そうだが、
夏のローカル辺りで最後に一発あるかも。
ビリーバー評価C
20/6/14
函館芝1200m
UHB杯(1600万)
6着
伸びあがるようなスタートで、やや後手を踏んでしまう。
腹をくくったのか道中は後方でじっくり構える競馬。
直線は外を回って、じわじわと伸びてきていたが、
切れる脚は見られなかった。
もう少し前での競馬がしたかったはずで、
残念な結果に。
このクラスならそこそこやれそうだが、
これ以上は厳しいかもしれない。
フィアーノロマーノ評価A
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
2着
※4/26 マイラーズC
除外〔右前肢跛行〕
スムーズに好位の内目につけ、いいリズムで走れていた。
かなり行きっぷりが良すぎて、
3コーナーでは前にぶつかりそうになる場面も。
いい形で直線に向くことができたが、
直線入口で前を塞がれる大きな不利を受けてしまった。
それでも盛り返して最後までしっかりと伸びてきていた。
充実していただけに、かなり不利が痛かった。
この出来をキープできれば、
もう一つぐらい重賞を勝てそう。
ホープフルサイン評価C
20/3/31
中山芝1200m
船橋S(1600万)
15着
スンナリと好位につけ、流れに乗って走れており、
直線にいい形で入ることができたが、
全く伸びを見せなかった。
形は悪くなかっただけにやや不可解な負け方。
疲労や斤量負けしてしまったのかもしれない。
立て直してこればここまで負ける馬では無いはず。
マリアズハート評価A
20/4/12
中山芝1200m
春雷S(L)
2着
最後のゲート入りだったが、
ゲートに入ってすぐの発走で出遅れてしまった。
ワンテンポ待ってスタートなら、
五分に出ていたかもしれない。
かなり苦しい立ち上がりになってしまい、
コーナーも大外を回る羽目になってしまったが、
直線は鋭く伸びて惜しい2着。
勝っていてもおかしくない内容だった。
クラスの壁は感じないので、すぐに勝てるはず。
ミキノドラマー評価B
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
11着
直線競馬で最内枠からは流石に厳しかった。
それほどスタートも速くないので、
良い所に持ち出すこともできず。
しっかり脚を使えて伸びては来ていたが、
外の馬には届かなかった。
直線競馬の適性は高いので、枠次第でもっとやれるはず。
メイショウショウブ評価C
20/3/14
阪神ダ1400m
ポラリスS(OP)
15着
久々のダート戦だったが、スタートを決めてハナを切る。
道中は2,3番手の馬に終始絡まれ、マイペースで運べず。
直線はラスト1ハロンほど残して、
一杯になってしまっていた。
芝で結果が出ずに目先を替えてのダート戦かもしれないが、
あまり合っているような感じは無かった。
スピードはあるので、
芝で展開が嵌るのを待った方が可能性がありそう。
ライトオンキュー評価A
19/11/24
京都芝1200m
京阪杯(G3)
1着
中段内に構える。
4コーナーでスムーズに外に出していき、
直線は楽に抜け出して完勝。
ここでは力が違った。
初の重賞制覇になるが、これからどんどん勝っていきそう。
リュウノユキナ評価C
20/5/30
東京ダ1400m
欅S(OP)
6着
好位の外目を追走し、
3コーナーから先行集団に並びかけるが、
直線はもう一つ伸びきれず。
ややパンチ不足の感がある。
ハンデが無いとこのクラスでは少し足りないかもしれない。

前走良かった馬はジョーマンデリン、ダイアトニック、フィアーノロマーノ、マリアズハート、ライトオンキューの5頭。
ただ、フィアーノロマーノは前走競走直前に跛行で除外、
ライトオンキューはドバイ遠征も出走できずに中止で調整過程が気になります。
ダイアトニックは前走勝っていてもいいぐらいの強い内容でしたので、ここは斤量がどうかだけ。
マリアズハートは決め手があり、ここでも十分通用する力はありそうです。
出走が微妙ですが、ジョーマンデリンは函館巧者の可能性が高いので、出てくるようなことがあれば注目です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%