予想印&買い目 - 競馬鹿の重賞レース予想

サウジアラビアロイヤルカップ 予想と買い目

予想印&買い目
10 /10 2020
10/10(土)に東京競馬場で行われるサウジアラビアロイヤルカップ(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ピンクカメハメハ2三浦皇成55(栗)森秀行
スピードはあるが、抑えが効かない感じで気性面が不安。
好枠を引けたが、
この枠からだと無条件で先手を取る競馬になってしまいそう。
距離短縮とはいえ直線の長いコースで逃げ切るのは厳しい。
折り合いを欠いて自滅してしまう可能性も見ておきたい。
2
2
ジャンカズマ2戸崎圭太55(栗)安田翔伍
前走負けている点は気がかりだが、
レース自体はそれほど悲観する内容では無かった。
このレベルなら十分好走できるだけの力はありそう。
なにより調教の動きが良く、成長が感じられ、
デキについては前走以上と見ていいはず。
前走の敗戦で人気を落とすようなら狙い目。
3
3
ビゾンテノブファロ2原優介55(美)小桧山悟
芝が全くダメといった感じはないが、
特別得意といったことも無くただこなせるだけに見える。
ややスピードに欠け、どちらかと言えばパワータイプ。
芝よりもダートの方が向いていそうな感じ。
OP特別の経験が豊富とはいえ、
全て完敗の内容ではここも厳しそう。
4
4
スペシャルトーク2M.デム55(美)杉浦宏昭
前走は鮮やかな勝ちっぷりを見せていたが、
調教では全く折り合いがついておらず、
前走もハイペースの流れが嵌っただけの可能性も。
まだ気性的に幼い面が残っている点は不安。
ただ、能力的には高そうな感じなので、
スムーズに走ることができれば突き抜けても驚けない。
5
5
インフィナイト2北村友一54(栗)音無秀孝
前走は不良馬場をものともせずに走れており、
牝馬ながら力強さを見せていた。
馬格もあり、馬場状態は不問なタイプかもしれない。
折り合い面に苦労するような感じも無く、順調そのもの。
今回も流れに乗った競馬ができれば勝ち負けまで。
6
6
セイウンダイモス2内田博幸55(美)和田勇介
前走は流れに乗った競馬はできていたが、
末脚がやや鈍ってしまった印象で、
マイルは少し長いかもしれない。
走り方もスパッと切れるような走りでは無く、
ややパワー型の走りで、高速決着は不向きな感じ。
馬場が悪化するようなら一考も距離短縮してから狙いたい。
7
7
ダディーズビビッド2大野拓弥55(栗)千田輝彦
前走はスローからの直線だけの競馬で、
やや決め手が見劣ってしまっていた。
あまり速い上がりは使えそうにないので、
今回33秒前半の上がりを求められる競馬になると厳しそう。
ただ、調教の動きを見る限り、走りの完成度は高く、
ある程度タフな流れになれば、
粘り切るようなこともあるかもしれない。
7
8
キングストンボーイ2ルメール55(美)藤沢和雄
前走3着馬以下は突き放したが、2着馬とはかなりの接戦。
その2着馬は現状未勝利を脱出できておらず、
強くない相手に辛勝の内容で人気になるようなら危険かも。
レースでは気性難を見せており、調教の動きも平凡。
前評判ほど強くない可能性も見ておきたい。
8
9
ステラヴェローチェ2横山典弘55(栗)須貝尚介
気性面や走りのフォームなどまだまだ未完成な部分はあり、
能力だけで走ってしまっているが、素質は高そう。
良くなってくるのはもっと経験を積んでからだと思うが、
現状の能力だけでも十分やれるだけの力はありそう。
人気次第では抑えておいてもいいかもしれない。
8
10
カガフラッシュ2江田照男55(美)萱野浩二
気性面がまだ幼いので、距離短縮は悪くなさそう。
ただ、スタートがあまり良くないので、
後方でマイルの流れに乗れずに終わる可能性も。
もう少し力をつけて、
鞍上の指示通りに走れるようになってから狙ってみたい。

経験の浅い2歳馬同士の対戦で気性的に幼そうな馬も多く、小頭数の割にはやや難解です。
意外な馬の激走や人気馬の凡走があるかもしれません。
本命は⑤インフィナイト。
唯一の牝馬ですが、不良馬場をこなしており、パワーや馬格や牡馬にまじっても遜色無いと思います。
斤量の恩恵はあまりないですが、十分勝ち負けできるだけの力はあるはずです。
対抗は④スペシャルトーク。
気性面に不安があるので、一つ評価を落としましたが能力はかなり高いと思います。
折り合いがつくかどうかで大きく変わりそうですが、まともに走れば強い走りを見せてくれそうです。
単穴は⑨ステラヴェローチェ。
本格化はまだ先になると思いますが、素質はここでも上位の存在だと思います。
先物買いになってしまうかもしれませんが、ここで過剰人気もしなさそうなので狙ってみたいです。
抑えは②ジャンカズマ、⑦ダディーズビビッド。

買い目
馬連  ⑤-④⑨
3連単  ⑤-④⑨-②④⑦⑨

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

スプリンターズステークス 予想と買い目

予想印&買い目
10 /04 2020
10/4(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズステークス(G1)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ダイメイプリンセス7秋山真一55(栗)森田直行
前走の内容や調教の動きから衰えが感じられる。
元々G3までの馬なので、G1ではこれまで以上に厳しい。
展開は向くかもしれないが、決め手勝負でもどこまで。
ここは見送りが妥当。
1
2
モズスーパーフレア5松若風馬55(栗)音無秀孝
太目残りだった前走でも2着に粘っており、
叩いて上昇が見込める今回は勝負気配が高く見える。
このコースも5戦3勝2着2回と完璧な成績。
昨年2着のリピーターでもあり、今年も期待できそう。
逃げ馬ではあるがハイペースへの耐性もあり、
簡単には止まらないはず。
内枠の経験が乏しい点は気になるが、
後続に何もさせずに押し切りの可能性も。
2
3
ダノンスマッシュ5川田将雅57(栗)安田隆行
前走は力の差を見せつけるような勝利。
一時期不振気味だったスタートも安定してきており、
今回は目標となる馬の隣の枠で競馬はしやすそう。
G1ではこれまで結果を出せていないが、
能力的には全く問題無い馬。
そろそろ戴冠があっても驚けない。
2
4
キングハート7北村宏司57(美)星野忍
7歳馬になるが決め手はまだ衰えてはいない。
位置取りが悪く、決めきれないレースが続いてはいるものの、
流れに乗った競馬ができればそこまで差は無いはず。
内枠を引けたので、内でじっくり構え、
直線で前が開くようなことになれば猛追する可能性も。
人気は全く無いがそこまで劣っているようには感じられない。
展開次第では3着ぐらいはあるかもしれない。
3
5
メイショウグロッケ6浜中俊55(栗)荒川義之
前走は人気薄での激走が見られたが、
左回りが得意な馬なので、
中京へのコース替わりが嵌った印象。
この距離は悪くは無さそうだが、右回りになり、
さらに相手強化では厳しく見える。
前走ぐらいの状態は維持できていそうだが、
能力的には足りないように見える。
3
6
ライトオンキュー5古川吉洋57(栗)昆貢
持ち時計が無く、高速決着では厳しく見えるが、
今の中山は例年より時計がかかっており、この馬にはプラス。
時計勝負にならなければ十分チャンスはありそう。
スプリント適性が高く、今が充実期といった感じ。
この枠からなら外を回す必要も無さそうなので、
流れに乗った競馬ができれば面白い。
4
7
ミスターメロディ5福永祐一57(栗)藤原英昭
休み明けを叩いて状態は上向き。
デキに関しては前走以上と見て良さそうだが、
調教で手前替えができていなかった点が気になるところ。
右回りでスムーズな競馬ができるかが気になるものの、
昨年の4着馬で、能力的には全く遜色ない。
能力を考えると人気になっておらず、
狙ってみる価値はありそう。
4
8
ダイメイフジ6菱田裕二57(栗)森田直行
前走は苦手の重馬場だったので度外視でも。
中山コースは久々になるが、4戦して馬券を外しておらず、
適性は高い。
調教の動きはあまり良くは見えなかったが、
森田厩舎の3頭出しの中では一番チャンスはありそう。
穴馬として狙ってみてもいいかもしれない。
5
9
ダイアトニック5横山典弘57(栗)安田隆行
前走が馬場が合わなかったとはいえ負けすぎの内容。
調教の動きももう一つで、デキ落ちの可能性も見ておきたい。
また、平坦コースの京都で勝ち星を挙げてきている馬だけに、
直線急坂のある中山への適性はそれほど高くないかも。
乗り替わりで初騎乗になる点もマイナスで、
他の上位人気馬に比べると信頼度はかなり低く見える。
5
10
グランアレグリア4ルメール55(美)藤沢和雄
前走の安田記念ではハイレベルのメンバーを倒しており、
能力的には文句無し。
ただ、レース経験が乏しく、
ハイペースの経験がない点は気になるところ。
今回飛ばしていきそうな馬がいるので、
スプリントのハイペースについていけるかどうか。
中山も初めてで流れに乗れなかった時は危険かもしれない。
能力でアッサリまであっても驚けないが、
この距離で絶対的な信頼を置くのは怖い。
6
11
ラブカンプー5斎藤新55(栗)森田直行
揉まれ弱い馬だけに今回の枠はかなり厳しく見える。
また、先手を取ってこその馬だが、今回は同型馬が強力。
楽な展開は望めそうにない。
使い詰めで疲労も気になるところ。
一度リフレッシュしてからに期待した方が良さそう。

6
12
ビアンフェ3藤岡佑介55(栗)中竹和也
前走敗れたとはいえ折り合い面に成長が見られた点は収穫。
調教でも落ち着いた走りを見せており、
デキに関しては問題無さそう。
3歳牡馬が苦戦するレースで相手も強く、
難しいレースにはなると思うが、
力を発揮できれば人気以上には走れそう。
7
13
レッドアンシェル6M.デム57(栗)庄野靖志
今年の初めは不調だったが、徐々に調子を戻してきて、
前走は完全復活の内容。
復調したと見て問題無さそうだが、
最終調教の動きが悪かった点がどうか。
当日の馬体には注意しておいた方がいいかもしれない。
また、相性の良い福永騎手からの乗り替わりもどうか。
初騎乗の鞍上の時に大敗している馬でもあり、
相手強化の今回狙うのは危険かもしれない。
7
14
エイティーンガール4池添謙一55(栗)飯田祐史
前走で重賞初勝利を飾り、勢いはあるものの、
今回は一気の相手強化。
力をつけていることは確かだが、G1でどこまでやれるか。
関東圏のレース経験が無く、
輸送時の実績が良くない点もマイナス。
決め手が活きる展開になれば見せ場はあるかもしれないが、
阪神や京都の方が向いていそうな感じ。
8
15
クリノガウディー4三浦皇成57(栗)藤沢則雄
前走の走りは悪くなかったが、
調教では気の悪さを見せており、気性面の成長は感じられず。
安定感のあるタイプでは無く、
いつ走るかわからない馬だけに、
今回ぐらいの人気は不気味ではあるものの、
気性面から悪い方向に出る可能性が高く見える。
この距離も降着のあった高松宮記念以外結果が出ておらず、
距離延長で見直した方が良さそう。
8
16
アウィルアウェイ4松山弘平55(栗)高野友和
平坦コースが得意な馬だけに今回のコースは厳しそう。
坂路調教でも苦しくなっており、
展開が嵌っても坂で止まってしまう可能性も。
今回は条件が合っていないように見え、
軽視した方がいいかもしれない。

人気が3頭に集中しており、3強の取捨がカギになりそうです。
脚質も逃げ馬、先行馬、差し馬とバラバラなので、少なくとも1頭は馬券に絡んできそうですが、展開次第では飛ぶ馬がいそうな感じです。
本命は⑥ライトオンキュー。
高速決着の場合は用無しだと思いますが、今の時計のかかる中山なら上手く嵌ってくれると思います。
調子自体は今が絶好調といった感じなので、一発に期待してみたいです。
対抗は⑦ミスターメロディ。
左回りの方がいいのは間違いないですが、調子自体はかなり良さそうに見えます。
右回りでスムーズに走れず凡走してしまう可能性もありますが、能力自体は高く、今回の人気なら思い切って狙ってみたいです。
単穴は③ダノンスマッシュ。
3強で一番安定して走ってくれる馬だと思います。
レースの流れに乗った走りができるので、凡走する可能性はかなり低いはず。
抑えは②モズスーパーフレア、⑧ダイメイフジ。

買い目
単勝  ⑥
馬連  ⑥-②③⑦⑧
3連単  ⑥-②③⑦-⑧

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

シリウスステークス 予想と買い目

予想印&買い目
10 /03 2020
10/3(土)に中京競馬場で行われるシリウスステークス(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ダイシンインディー4吉田隼人54(美)戸田博文
先手を取りたい馬だけに最内は絶好の枠。
先行有利のコースだけにスムーズにハナを切れれば面白そう。
能力的には重賞はまだ早いかもしれないが、
このコースが得意な血統でもあり、
後続馬の仕掛けるタイミング次第では、
残り目の可能性は十分あり得る。
1
2
サクラアリュール5藤岡康太54(栗)村山明
前走は鞍上が上手く乗れておらず度外視でも。
決め手はある馬なので、ある程度流れに乗ることができれば。
ただ、3勝馬クラス以降後方からのレースが続いており、
このコースは追い込み馬には厳しい点がどうか。
途中で捲っていくことができれば問題無いが、
初騎乗の鞍上でどこまで乗りこなせるかがカギになりそう。
2
3
エイコーン5高倉稜55(栗)吉田直弘
中京ダートは4戦して1勝2着2回で、
崩れたのは長期休養明けの距離の短かった名鉄杯のみ。
好走は下級条件とはいえ中京の適性は高そう。
3歳時には東京大賞典で5着に入っており、素質は高い。
長期休養明け以降徐々に調子を上げてきており、
今回狙ってみる価値はありそう。
2
4
アルドーレ5横山典弘56(栗)昆貢
前走は鋭い末脚を見せて強い勝ちっぷりを見せていた。
長期休養明け以降勝ち星から遠ざかっていたが、
復調したと見て良さそうな感じ。
ダートの一線級相手にはまだ厳しいと思うが、
今回ぐらいのメンバーなら能力は足りているはず。
多少展開の助けは欲しいが、
展開が向けば連勝もあるかもしれない。
3
5
ランスオブプラーナ4太宰啓介55(栗)本田優
芝で結果が出ずにダート戦へ。
調教の動きを見る限り、
ダートよりは芝の方が向いていそうな感じ。
過去に1戦地方のダートを使っているが、
あまり適性は感じられず。
距離も1800mがギリギリに見え、
条件を替えても好走までは期待できそうにない。
3
6
メイショウワザシ5浜中俊56(栗)南井克巳
前走はこの馬らしい競馬ができていたが、
得意の小倉でのもの。
コース替わりでどこまでやれるか。
先手にこだわらなく走れる点は良いが、
1700mや1800mを中心に使われてきており、
1900mの距離延長でどうなるかも不安。
昨年の3着馬なので、重賞で走れるだけの力はあると思うが、
上がりが速くなく、勝ち切るまではどうか。
4
7
エムオーグリッタ6団野大成54(美)古賀慎明
前走は3勝馬クラスで辛勝なので、
重賞でいきなりはどうかはあるが、休み明け初戦でもあり、
一度使われて状態は良くなっていそうな感じ。
毎回好位からの競馬はできるので、
展開に合わせて流れに乗った競馬はできそう。
能力的には多少見劣りはするものの、左回りは悪くなく、
人気しないようなら穴馬候補としてなら狙ってみても。
4
8
サンデーウィザード8秋山真一56(栗)大久保龍
今年に入ってダート転向したが結果が出ていない。
芝でG3を勝っている馬なので、斤量も背負わされ、
ハンデ戦では厳しい印象。
既に8歳馬でいい頃に比べると衰えが目立ってきている。
先行できるような脚も無く、
捲っていくような競馬もできそうにないので、
ここは見送りが妥当。
5
9
ダノンスプレンダー4川田将雅55(栗)安田隆行
重賞初挑戦になるが、これまで馬券外になっておらず、
安定した走りができている点は魅力。
相手強化でこれまでよりも厳しいレースにはなりそうだが、
今の勢いは侮れない。
休み明けにはなるが仕上りは良く、
クラスの壁にぶつかるまでは狙ってみてもいいかもしれない。
5
10
ダイメイコリーダ3松山弘平54(栗)森田直行
3歳馬ながら古馬との対戦で好走実績がある点は評価できる。
また、前走はG1で最後まで粘り強い走りを見せての2着。
3歳春から良くなってきている感じはあるが、
休み明けで動きは低調気味。
先行馬も揃っており、楽なペースでの逃げは厳しそう。
本調子なら見劣りすることは無いが、
今回は見送ってもいいかもしれない。
6
11
グレートタイム5福永祐一55(栗)藤原英昭
決め手の鋭い馬だが良績が重馬場に偏っている。
良馬場だった前走では勝ち馬についていけておらず、
ある程度渋った馬場の方が得意そうな感じ。
今回は良馬場での開催が濃厚で、どこまでやれるか。
距離も初めてで能力的にもそこまで抜けていなさそうなので、
人気で買うのは危険かもしれない。
6
12
テーオーヘリオス8荻野琢真56(栗)梅田智之
ここ2戦は1700mを使っているが、
元は短距離で活躍していた馬。
さらに距離が延びて前進があるようには見えず。
走りのフォームも小回りの短距離向きに見え、
タフな中京コースは適性が低そう。
高齢馬でもあり、静観するのが無難。
7
13
キメラヴェリテ3松若風馬53(栗)中竹和也
元々ダートを使ってきた馬なので、
ダート適性は問題無さそう。
ただ、2歳時に地方重賞勝ちがあるぐらいで、
成績は平凡。
ダートに戻していきなりはどうか。
同型馬も多数おり、この枠から楽逃げも難しい。
人気薄での激走してきた馬なので多少怖いところはあるが、
ここを使ってからの方が良くなってきそう。
7
14
ナムラアラシ7幸英明56(栗)牧田和弥
追い込み一辺倒の脚質で今回の舞台は向いていなさそう。
状態面もそれほど良くなってきているようには見えず、
休み明けでも変わってはきていない。
OP特別でも苦戦が続いており、
今回はハンデ戦で斤量も背負わされ、
若い馬以上の決め手を繰り出すのは厳しく見える。
8
15
カフェファラオ3ルメール54(美)堀宣行
砂を被らず走れそうな大外枠はプラスも、
距離への適性は未知数。
レース経験も乏しく、古馬相手にいきなりはどうか。
前走は地方の重馬場や砂を被ったことが敗因とはいえ、
負けすぎの印象。
前走大敗した馬が、1番人気は過剰人気に見える。
この世代のダート馬の能力もやや不安があり、
これだけ人気なら嫌ってみてもいいかもしれない。
8
16
ミツバ8岩田望来58(栗)加用正
実績面はここに入ると一頭別格ではあるものの、
今年に入ってレースで全くいいところを出せていない。
相手関係が厳しかった点もあるが、
末脚が不発に終わっており、
この馬自身の衰えが出てきている。
今回はトップハンデの58kgを背負わされる点も気がかり。
ピーク時の力は無いと見て軽視しても良さそう。

阪神から中京に変更されたことで怪しい雰囲気のある一戦です。
荒れることも多々あるレースですが、例年以上に難解かもしれません。
本命は③エイコーン。
4歳時は走っておらず、長期休養で調子を落としていた馬ですが、1戦ごとに調子を上げてきているように見えます。
3歳時には東京大賞典で強敵相手に善戦しており、本来のパフォーマンスを出せればここのメンバーは相手にならないはず。
全く人気になっていない今回は狙いどころだと思います。
対抗は⑨ダノンスプレンダー。
展開問わず安定して走ってきている実績があり、今回のようなペースの読みづらいレースでは信頼度が高い馬だと思います。
勝ち切るには能力は足りないかもしれませんが、好走する可能性は高いと見ています。
単穴は⑦エムオーグリッタ。
クラス慣れが必要そうなタイプですが、休み明け初戦で勝利しており、状態は前走以上に良くなっていそうな感じです。
左回りも悪くないので、勢いで一発に期待したいです。
抑えは①ダイシンインディー、④アルドーレ。

 
買い目
単勝  ③
馬連  ③-①④⑦⑨
ワイド ③-⑦⑨


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

神戸新聞杯 予想と買い目

予想印&買い目
09 /27 2020
9/27(日)に中京競馬場で行われる神戸新聞杯(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
 
1
1
グランデマーレ3藤岡佑介56(栗)藤岡健一
2戦2勝馬ではあるが、頭数の少ないレース経験しか無く、
経験不足が気になるところ。
距離延長にも対応できるか微妙でもあり、最内枠もどうか。
調教から成長は感じられるが、やや人気過剰気味で、
あまり妙味は感じられない。
1
2
コントレイル3福永祐一56(栗)矢作芳人
好走数の少ない最内枠に入ってしまい、
嫌な感じはあるものの皐月賞でも最内枠で、
スタートが良くなかった中見事に差し切っており、
この世代では抜けた強さを持っている。
枠だけで軽視するのは危険かもしれない。
状態も順調さを感じられるので、
圧倒的人気にはなるが逆らわない方が無難。
2
3
ビターエンダー3吉田隼人56(美)相沢郁
ダービーはスタートで終わってしまい度外視でも。
左回りも得意で、中京は問題無さそう。
調教の動きも良く、
普通に走ればこのレベルなら見劣りはしない。
2
4
レクセランス3松山弘平56(栗)池添学
3連勝後のG1では全く通用せず大敗。
重賞では少し足りない馬かもしれない。
状態面は悪くは無さそうだが、そこまで強くない可能性も。
距離は全く問題無いので、
流れに乗った競馬ができれば多少は。
3
5
ロバートソンキー3伊藤工真56(美)林徹
前走はスタートで出遅れた中良く追い込んでは来ていたが、
小頭数の1勝馬クラスのものであり、
能力的にここで通用するかは微妙。
元々スタート自体あまり速くは無く、
決め手も突出しているようには見えず。
レース経験も少なく、距離延長も合わなさそうな感じ。
3
6
マンオブスピリット3M.デム56(栗)斉藤崇史
ダービーでは全く通用しなかったが、
夏を越して成長は感じられる。
デムーロ騎手が熱心に調教に乗り込んでおり、
末脚を活かすような乗りこみが目立っている。
後方から直線に賭ける競馬をしてきそうな感じで、
展開が嵌るようなら一発あるかもしれない。
4
7
エンデュミオン3秋山真一56(栗)清水久詞
前走は展開が向かない中、良く追い込んできての2着で、
悪くない内容。
馬格が無い点と距離延長がどうかはあるが、
能力的にはさほど劣ってはいなさそうな感じ。
コンスタントに使われてきているが、
順調に成長してこれているので、展開が向けば多少は。
4
8
イロゴトシ3小崎綾也56(栗)牧田和弥
九州産馬限定のレースではマズマズ走れているが、
その他のレースでは通用していない。
今回はメンバーが揃っており、
ここに入ると見劣り感は否めない。
見送りが妥当。
5
9
アイアンバローズ3北村友一56(栗)角居勝彦
長距離適性は高そうではあるが、気性面がまだ幼く、
折り合いをつけて走るのが難しそう。
まだ成長途上感もあり、現状では厳しく見える。
古馬になって本格化してからなら、
長距離路線で活躍しそうではある。
5
10
パンサラッサ3坂井瑠星56(栗)矢作芳人
それほど飛ばしていくような馬も見当たらず、
楽に先手は奪えそうな感じ。
道中はマイペースの走りができそうだが、
後続の仕掛けるタイミング次第では厳しくなるかも。
左回りの経験が無い点もマイナス。
残り目の可能性もゼロでは無いが、ちょっと狙い辛い。
6
11
ディープボンド3和田竜二56(栗)大久保龍
長距離への適性は高く、バテない脚が使える馬。
自分から早めに動いていき、上手く粘りこみを図れれば、
残り目は十分ありそう。
ただ、決め手は無いので、
スローからの上がり勝負になった場合は、
後続に飲み込まれてしまう可能性も。
展開次第では全く不要になるかもしれない。
6
12
メイショウボサツ3藤岡康太56(栗)西浦勝一
中京コースは3戦して全て連対しており、
左回りへの適性は高い。
崩れたのも弥生賞ぐらいで、
安定して毎回決め手を発揮できている。
今回のコース替わりで最も恩恵のある馬かもしれない。
調教の動きはもう一つだったが、
このコースなら展開次第ではチャンスはありそう。
7
13
ターキッシュパレス3富田暁56(栗)昆貢
前走勝利しているとはいえ、
不良馬場で馬場が悪化した恩恵が合ってのもの。
これまで36秒台の上がりが最速で、
速い上がりに対応するのは厳しく見える。
重賞では物足りなく感じる。
7
14
ディープキング3岩田望来56(栗)藤原英昭
まだ1勝馬の身ではあるものの決め手は秀逸。
距離延長で同課はあるが、末脚が活きる展開なら。
夏を越して成長も感じられ、今回は人気も手頃。
3着狙いの競馬に徹することができれば、
上位進出が合っても驚けない。
7
15
ファルコニア3川田将雅56(栗)角居勝彦
夏を越してもまだ気性的に押さなさが残っており、
能力通りに走れるかは微妙な感じ。
着順こそ安定しているが、
本来の力を出し切れているような感じは無く、
本格化はまだ先になりそう。
距離延長で折り合い面に不安が出るのもマイナス。
古馬になってからの方がいいかもしれない。
8
16
シンボ3古川吉洋56[地]斉藤正弘
前走は古馬相手に見どころたっぷりのレースができていた。
地方馬ではあるものの、芝への適性は高く、
特に長距離がかなり得意そうな感じ。
ただ、今回はある程度の決め手を求められそうで、
距離もこの馬には短く見える。
菊花賞では台風の目になりそうな魅力も、
出走権を取れずに終わってしまいそう。
8
17
マイラプソディ3武豊56(栗)友道康夫
デビュー時はかなり期待されていた馬だが、
クラシック前に調子を落とした感じで、
春は全くいいところを見せていなかったが、
調教では抜群の動きを見せていた。
夏を越して大きく成長していると見て良さそう。
本来のパフォーマンスが出せれば、
ここでも勝負になっても驚けない。
8
18
ヴェルトライゼンデ3池添謙一56(栗)池江泰寿
調教の動きからは感じられなかったが、
熱発でローテーションに狂いが出ているのは事実。
実績上位の存在ではあるものの、
今回は順調さを欠いての出走で賞金的にも余裕があり、
無理をさせるようなことは無さそう。
ここはあくまでも叩き台の一戦になるので、
形にはしてきそうではあるが、
取りこぼしの可能性も見ておきたい。

今年は中京コースでの開催。
いつもと距離も異なるので、例年とは違った傾向になる可能性も見ておきたいレースです。
比較的堅い傾向のレースですが、思わぬ馬の激走もあるかもしれません。
本命は②コントレイル。
最内枠は気になるところですが、この馬が飛ぶケースはかなり低いと思います。
飛んだ場合にきっちり的中できる気もしないので、素直にこの馬から勝負したいです。
対抗は⑰マイラプソディ。
3歳になって案外な結果になっていますが、元々の能力は高い馬だと思います。
立て直しもしっかりできていそうな感じなので、復活があってもおかしくないと思います。
単穴は⑭ディープキング。
かなりの決め手を持った馬で、良馬場でこの舞台なら末脚は活かせそうです。
多少展開が向けば、番狂わせがあっても驚けません。
抑えは⑥マンオブスピリット、⑫メイショウボサツ。

買い目
馬連  ②-⑥⑫⑭⑰
3連単  ②-⑰-⑥⑫⑭

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

産経賞オールカマー 予想と買い目

予想印&買い目
09 /27 2020
9/27(日)に中山競馬場で行われる産経賞オールカマー(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
クレッシェンドラヴ6内田博幸56(美)林徹
特殊な形態のこのコースを5戦経験している点は魅力。
勝ち星は下級条件のものになるが、
重賞でも善戦はできている。
近走は福島での好走が目立つが、元々は中山巧者。
調教の動きも良く、今の調子ならこの相手でもやれるはず。
2
2
サンアップルトン4柴田善臣56(美)中野栄治
距離はもう少し長い方が向いていそうな感じだが、
こなせない距離では無い。
本来の力を出せれば今回のメンバーでもやれる力はあるが、
休み明けで調教の動きもイマイチで、
本調子には持ってこれていなさそうな感じ。
一度叩いてアルゼンチン共和国杯辺りが狙い目かも。
3
3
ミッキースワロー6横山典弘57(美)菊沢隆徳
このコースは5戦して4連対。
馬券外の1戦も4着とこのコース適性はかなり高い。
ここは叩き台の一戦にはなりそうだが、
G1馬がいない今回の相手ぐらいなら、
適性の高さで圧倒してもおかしくない。
4
4
センテリュオ5戸崎圭太54(栗)高野友和
前走は軽斤量馬が好走する中、
トップハンデで追い込んでの2着。
重賞でも力のある所を見せていた。
今回は牡馬が相手になるので楽にはならなさそうだが、
好調をキープできており、調子はかなり良さそう。
抑えには入れておいてもいいかもしれない。
5
5
ジェネラーレウーノ5三浦皇成56(美)矢野英一
1年以上ぶりのレースになる点がどうか。
中山巧者で今回は同型馬も不在で、
自分のペースに持ち込んでレースは進めれそうな感じ。
息が持つようなら押し切り勝ちも期待できるが、
こればっかりは走ってみないことにはわからない。
取り捨ての判断が難しい馬だが、
やや人気過剰気味でもあるのでバッサリ切ってしまっても。
6
6
アウトライアーズ6丸田恭介56(美)小島茂之
マイルから2000mを中心に使われてきており、
今回の距離は初めて。
あまり距離延長は向いていなさそうな感じで、
追い込み一辺倒の脚質もここではどうか。
ペースもそれほど速くはならなさそうなので、
前走の再現を期待するのは厳しく見える。
7
7
ステイフーリッシュ5田辺裕信56(栗)矢作芳人
G1では足りない馬だが、
G2までのレースでは安定して走れている。
今回はG1馬の出走も無く、レベル的には十分足りているはず。
決め手比べは分が悪いので、
展開次第では厳しくなるかもしれないが、
普通のペースなら好走してもおかしくない。
8
8
カレンブーケドール4津村明秀54(美)国枝栄
G1で3度2着になっている馬が54kgで出走できる点は魅力。
重賞勝ちこそ無いものの未だ掲示板を外していない安定派。
馬場状態を問わずに走れる点も好印象。
ただ、今回はローテーションが狂って、
かなりレース間隔が空いてしまっている。
能力は上も絶対的な信頼までは少し置きづらい。
8
9
オウケンムーン5北村宏司56(美)国枝栄
脚部不安があり、菊花賞以来の2年ぶりのレース。
流石にレース間隔が開きすぎており、
レース感が無くなってしまっている可能性が高い。
今回はメンバーも揃っており、いきなりは厳しく見える。
ここは見送りが妥当。

フィエールマンが出走回避で寂しくなってしまったものの、やや混戦模様のレースになりました。
コース適性を重視するべきか、能力を重視するべきか判断が難しいところです。
本命は③ミッキースワロー。
このコースへの適性は一番高いと思います。
昨年の2着馬でもあり、超スローペースの中良く追い込んできていました。
捲っていく競馬もできるので、どんな展開にも対応できると思います。
対抗は④センテリュオ。
牡馬相手には厳しいかもしれませんが、状態はかなり充実しているように見えます。
実績馬が叩き台で本調子でなければ十分勝負になるはずです。
単穴は①クレッシェンドラヴ。
この馬も本命馬ほどでは無いにしろコース適性は高いです。
馬場を問わずに走れるので、一発の期待はできそうです。
抑えは⑧カレンブーケドール。

買い目
馬連  ③-①④
3連単  ③-①④-①④⑧

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%