予想印&買い目 - 競馬鹿の重賞レース予想

セントライト記念 予想と買い目

予想印&買い目
09 /21 2020
9/21(月)に中山競馬場で行われるセントライト記念(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ピースディオン3田辺裕信56(美)大竹正博
前走は相手が強かったとはいえ、
1勝馬クラスを勝てない馬ではここでは厳しく見える。
状態面はこの馬なりには良さそうだが、
ここは相手も強く、レース経験も乏しい。
経験を積むだけのレースになってしまいそう。
2
2
ラインハイト3北村友一56(栗)石坂正
1勝馬クラスを勝ったばかりの馬だが夏を休養させ、
成長は感じられる。
初めての輸送がどうかはあるが、
能力的には通用してもおかしくない。
先行できる脚質も魅力的で、
ペースが落ち着くようなら侮れない一頭。
3
3
マイネルソラス3丹内祐次56(美)和田正一
あまり切れる脚が無く、馬場が渋ってこそのタイプ。
馬場もまだ荒れておらず、良馬場では厳しく見える。
デキは安定していそうだが、重賞レベルまではどうか。
ここは見送るのが妥当。
4
4
フィリオアレグロ3M.デム56(美)堀宣行
2戦目から積極的に重賞挑戦をしており、
賞金こそ加算できていないが能力は全く引けを取っていない。
1勝馬でも侮れない馬。
調教でもパワーアップしているところを見せており、
レースセンスがあるので、初めての右回りも問題無さそう。
好走できる体勢は整っていると見ていいはず。
5
5
ダノンファスト3横山典弘56(美)菊沢隆徳
ダートで勝ち星を挙げてきている馬だが、
デビューから2戦は芝を使っているので、
芝への適性は問題無さそう。
ただ、ダートでは圧巻の走りを見せてはいるが、
芝でも同じように走れるかは疑問。
距離への適性もそれほど高くない可能性があり、
未知の魅力はあるものの不安要素も多く見える。
5
6
バビット3内田博幸56(栗)浜田多実
前走は逃げて後続を全く寄せ付けずに圧勝。
既に3勝を挙げており、
連対率も100%と底を見せていない感はあるが、
直線坂の無いコースばかりで、急坂への耐性はどうか。
坂路調教の動きがイマイチで、
坂が苦手で最後に止まってしまう可能性も。
ただ、楽に先手を取れそうなメンバーなので、
マイペースで運べれば残り目はあってもおかしくなく、
判断が難しい馬。
6
7
ガロアクリーク3川田将雅56(美)上原博之
前走は距離の壁が合った感じ。
今回の距離もやや長いように見える。
中山のレース経験が豊富で大崩れは無さそうだが、
勝ち切れる力があるかは微妙に見える。
今回かなり人気になっているが、
距離不安があるので危険な人気馬になるかもしれない。
6
8
リスペクト3ルメール56(美)奥村武
前走は超スローペースの前が圧倒的な有利な展開の中、
豪快に差し切って勝利しており、スタミナは侮れない。
また、今回のコースでの好走もあり、
適性についても心配は無さそう。
どちらかというと距離は長い方が合っているタイプで、
今回より本番となる菊花賞の方が嵌りそうな感じ。
勝ちに行く競馬というよりは、
権利を取る競馬をしてきそうなだけに、
3着候補として抑えておいてもいいかもしれない。
7
9
サトノフラッグ3戸崎圭太56(美)国枝栄
クラシックの2戦は案外な結果に終わってしまったが、
休養を挟んで大きく成長しているように見える。
調教の動きが抜群で、立て直しはできていると見て良さそう。
今回はそれほど強い相手も見当たらないので、
自分の走りができれば結果は出るはず。
7
10
ヴァルコス3三浦皇成56(栗)友道康夫
前走大敗後の休み明け初戦になるが、
調教の動きはパッとせず、一度使ってからの印象。
距離不安は無いものの、春からの成長は感じられない。
中山の経験が無く、トリッキーなコースも微妙に見える。
いずれは走ってくると思うが、今回は様子を見たい。
8
11
ココロノトウダイ3丸山元気56(美)手塚貴久
重賞で結果を出せずにクラシック出走は逃してしまったが、
前走は成長した姿を見せており、
春とは一変していると見て良さそう。
調教でもフィエールマン相手に良く食らいつけており、
今回ぐらいの相手なら十分通用するだけの力はあるはず。
調教通り走れれば恥ずかしいレースにはならなさそう。
8
12
サペラヴィ3石橋脩56(美)相沢郁
前走は勝負所でついていけなくなり、
クラス慣れが必要そうな感じ。
調教の動きを見ても重賞で好走できる力は無さそう。
人気の一角のガロアクリークに先着した経験があるとはいえ、
その時から成長は感じられず、期待はできそうにない。

ダービーの最先着がガロアクリークの6着と、メンバーレベルがあまり高くない可能性も。
それほど差の無いメンバーでの対戦なので、格下の馬にもチャンスがあるかもしれません。
本命は⑨サトノフラッグ。
調教の動きから立て直しがしっかりできているように見えました。
皐月賞の時にはコントレイル、サリオスと並んで3強の一角になっていたレベルの馬。
巻き返しに期待したいです。
対抗は④フィリオアレグロ。
レースセンスが高いので初めての右回りは問題無いと見ています。
経験の浅さも能力でカバーできると思います。
単穴は⑪ココロノトウダイ。
バビットが逃げそうな感じなので、スムーズに2番手追走できそうです。
展開がピッタリ嵌れば押し切ってくれそうです。
抑えは②ラインハイト。

買い目
馬連  ⑨-②④⑪
ワイド ⑨-⑪

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ローズステークス 予想と買い目

予想印&買い目
09 /20 2020
9/20(日)に中京競馬場で行われるローズステークス(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
リアアメリア3川田将雅54(栗)中内田充
前走オークスで4着に入っており、メンバー中最上位の着順。
復調気配が感じられるレース内容で、
休養を挟んでさらに成長も感じられる。
左回りでの勝利経験もあり、中京は初めてでも問題無さそう。
G1では結果が出ていないが、終わった感じは無く、
これから巻き返してきてもおかしくない。
1
2
フィオリキアリ3北村友一54(栗)清水久詞
前走は完勝の内容も、相手関係は緩く、
展開にも恵まれていた。
調教の動きからは前走程度の状態は維持できていそうだが、
3勝馬クラスのレベルで今回の相手にどこまでやれるか。
馬体こそ戻してこれているが、大きな成長は感じられず。
速い上がりも使えないので、
多少タフな展開にならないと厳しく見える。
2
3
フアナ3ルメール54(栗)角居勝彦
前走は2着馬との着差は無いものの、
レースの中身は完勝の内容。
1勝馬クラスでの勝利とはいえ、重賞級の力を感じられる。
デビューが遅く、春のG1出走権も逃してしまったが、
順調に調整されて成長できているように見える。
秋華賞に向けてここでの好走は必須だが、
鞍上の確保もしっかりできており、凡走は考えにくい。
2
4
ヤマニンプティパ3竹之下智54(栗)千田輝彦
内枠を引けたので今回も逃げる可能性はあるが、
前走以上に相手関係が厳しく、
よほど展開に恵まれないと難しい。
他に行きそうな馬もいて、楽逃げできる可能性は低く見える。
能力的に物足りないので、ここは見送りが妥当。
3
5
リリーピュアハート3福永祐一54(栗)藤原英昭
オークスは出遅れが全て。度外視でも良さそう。
福永騎手が他の有力馬を差し置いて、
この馬を選び続けており、素質馬であることは間違いない。
一度叩いてからの方が良くなってきそうだが、
能力の高さで通用してもおかしくない。
3
6
セウラサーリ3池添謙一54(栗)西園正都
前走は1勝馬クラスながら強い勝ちっぷりを見せており、
能力的にはそれほど劣っている感じには見えない。
距離が未知数な点と左回りで結果が出ていない点がどうか。
いつもの阪神1800mなら十分狙えるが、
中京替わりはプラスになることは無さそう。
デキは維持できていそうだが、どこまでやれるか。
4
7
ウーマンズハート3藤岡康太54(栗)西浦勝一
前走は距離が長すぎた印象。
今回の距離も少し長いかもしれないが、
調教の動きは抜群で春から大きく成長しているように見え、
距離さえ克服できればチャンスはありそう。
中京は初めてになるが、新潟での実績があり、
左回りは問題無し。
元々大きいところを期待されていた馬だけに、
ここで好走があっても驚けない。
4
8
オーマイダーリン3和田竜二54(栗)河内洋
前走中京で勝利しており、勝ちっぷりも悪くないが、
マイル戦でのもの。
2000mの経験が無く、距離は少し長く見える。
また、連闘策になるが、
間隔が詰まっている馬の好走が少ないレースなだけに、
臨戦態勢は微妙に見える。
相手も強くなり、楽な競馬にはならなさそう。
5
9
クラヴァシュドール3M.デム54(栗)中内田充
前走こそ大敗しているが、馬体を減らし続けており、
距離というよりは状態が落ちていた可能性も。
休養を挟み、しっかりと馬体を充実させており、
体調面の心配は無さそうに見える。
普通に走れば好走必至なだけに、抑えには入れておきたい。
5
10
アブレイズ3藤井勘一54(栗)池江泰寿
前走のオークスでは全くいいところなく敗れており、
重賞勝ち馬とはいえ、能力はやや微妙な感じ。
調教の動きもあまり良く見えず、
レース経験が乏しい点も気になるところ。
やや人気過剰気味にも見え、ここは様子を見たいところ。
6
11
アカイイト3藤岡佑介54(栗)中竹和也
レース経験が豊富で比較的安定したレースができているが、
ここに入るとややワンパンチ不足感が否めない。
末脚もしっかりはしているが、
決め手比べになると物足りない。
流れに乗った競馬で掲示板くらいはあるかもしれないが、
上位進出までは難しそう。
6
12
チャイカ3松山弘平54(栗)今野貞一
未勝利戦を勝ったばかりで展開の助けがあってのもの。
今回一気の相手強化になり、通用するようには見えない。
前目につけることはできそうだが先行馬も揃っており、
直線押し切れるだけの末脚は持っていない。
ここは見送るのが妥当。
7
13
ムジカ3秋山真一54(栗)鈴木孝志
末脚は確実なタイプだが、
調教の動きがかなり悪く、伸びきれていなかった。
1勝馬クラスの身で今回の出来だと厳しく見える。
左回りや2000mの経験も無いのもマイナス。
展開が嵌ってどこまでやれるか。
7
14
シャレード3戸崎圭太54(栗)藤原英昭
左回りで2勝しており、決め手も左回りの時にみせている。
今回の中京替わりの恩恵が一番ありそう。
ここでは格下感はあるものの、左回りなら侮れない。
人気もそれほど集めそうになく、
穴馬候補としては面白そう。
7
15
デゼル3武豊54(栗)友道康夫
前走は良いところなく敗退。
経験不足が出てしまったような感じだが、
前々走のスイートピーSは圧巻の走りを見せており、
素質はかなり高い馬のはず。
ただ、今回の調教ではまだ仕上がっている感じは無く、
素質だけでどこまでやれるか。
人気になっている今回は見送ってみてもいいかもしれない。
8
16
シャムロックヒル3団野大成54(栗)佐々木晶
夏の札幌を2連勝でここへ。
前走から間隔は空いているとはいえ、
5月から5戦こなしており、使い詰めの点は気になるところ。
函館、札幌と洋芝で好走しており、
中京の馬場への適性はどうか。逃げてどこまで。
8
17
エレナアヴァンティ3幸英明54(美)宗像義忠
善戦できるだけの力はあると思うが、
前走の1200m戦から一気の距離延長はどうか。
折り合い面やペースが上手くいかない可能性も見ておきたい。
ただ、距離が持つかどうかは未知なので、
ここまで人気が無いなら、
穴狙いで狙ってみる価値はあるかもしれない。
8
18
ラインオブダンス3坂井瑠星54(栗)矢作芳人
前走は勝利したものの動きは少しズブかった。
休み明けの影響があったのかもしれない。
一度使ったことで調教の動きからは、
良くなっているように見える。
掲示板を外したことの無い安定派の割に人気になっておらず、
決め手が活きる展開なら一発の期待は持てそう。

基本的には阪神での重賞実績のある馬を評価すべきレースだが、今年は中京での開催で例年通りにいかない可能性も。
思わぬ馬の激走もあるかもしれません。
本命は①リアアメリア。
調教の動きが良く、春から大きく成長が見られます。
能力は高いはずなので、巻き返しに期待です。
対抗は⑦ウーマンズハート。
この馬も大きく成長が感じられ、春とは別の馬になっていると思います。
直線で坂がある点が微妙なので一つ落としましたが、力をつけた今なら克服できるはず。
単穴は⑤リリーピュアハート。
他の人気上位馬に比べて賞金を持っておらず、ここへの本気度はかなり高く見えます。
能力的にはそれほど見劣りしないので、出走権を取りに行く競馬をすれば崩れることは無さそうです。
抑えは③フアナ、⑨クラヴァシュドール。

買い目
単勝  ①
馬連  ①-③⑤⑦⑨
ワイド ①-⑦

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

セントウルステークス 予想と買い目

予想印&買い目
09 /13 2020
9/13(日)に中京競馬場で行われるセントウルステークス(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
トウショウピスト8丸田恭介56(美)土田稔
近年はOP特別でもせいぜい善戦止まり。
高齢馬でもあり、重賞では厳しく見える。
状態も維持はできていても、さほど上昇は感じられず。
流れに乗った競馬ができてもどこまでやれるか。
1
2
ノーワン4池添謙一54(栗)笹田和秀
前走は初めてのダート戦での大敗で、
適性が合わなかった感じなので度外視でも良さそうだが、
そもそも芝で通用しない現状を打破するために、
ダート戦を使ったように見え、
芝に戻したところで厳しく見える。
状態も良くなっているようには見えず、
ここは様子を見たい。
2
3
メイショウグロッケ6浜中俊54(栗)荒川義之
先行馬なので理想的な枠に入ったものの、
初のスプリント戦になり、流れに乗れるかどうか。
中京の経験は乏しいが、左回りは悪くなく、
一度使って状態は良くなってきていそうな感じ。
スピード負けしなければ案外やれるかもしれない。
2
4
ラヴィングアンサー6吉田隼人56(栗)石坂正
末脚が強烈な馬で、
今回の距離だと最後方から直線に賭ける競馬になりそう。
あまり器用なタイプでは無く、展開が嵌るかどうか。
開幕週なので、前が止まらず不発の可能性は高いが、
前が潰れる流れになれば一発あっても驚けない。
3
5
キングハート7菱田裕二56(美)星野忍
経験豊富な馬だが左回りの経験は少なく、
好走実績も無い。
高齢馬ながら衰えはあまり感じられないが、
慣れないコースでどこまでやれるか。
追い出しにもたつくことも考えられ、ここでは狙い辛い。
3
6
セイウンコウセイ7幸英明57(美)上原博之
近走の内容からは終わってしまったような印象も、
調教の動きは抜群で一変の期待は持てる。
左回りが得意な馬で秋以降に狙えるレースが無いだけに、
ここへの勝負度合いは高そう。
復調していれば、好走してもおかしくない。
4
7
ミスターメロディ5北村友一57(栗)藤原英昭
前走は距離が長く、高速決着でこの馬には合わなかった。
今回は中京開催で、この馬にはベストの条件。
使いつつ調子を上げてくる馬だけに、
休み明けでいきなりがどうかはあるが、
このコースならパフォーマンスを上げても不思議ではない。
4
8
タイセイアベニール5松山弘平56(栗)西村真幸
前走の負け方が悪く、デキ落ち感は否めない。
暑い時期はダメなタイプなのかもしれない。
前走からそれほど間隔も開いておらず使い詰め。
能力はあるものの、今のデキでどこまでやれるか。
5
9
シヴァージ5岩田望来56(栗)野中賢二
芝1200m戦ではコンスタントに速い上がりを使えており、
決め手は一線級。
元々ダート馬なので、力のいる中京も問題無いはず。
ただ、追い込み一辺倒なので、
開幕週の馬場で前が止まらない流れだと、
差して届かずの可能性も。
毎回決め手を見せているだけに、
人気過剰気味な点も気になるところ。
5
10
トゥラヴェスーラ5武豊56(栗)高橋康之
力は付けてきており、前走も重賞で善戦できていたが、
今回は初めての左回り。
もう少し重賞慣れが欲しい馬でもあり、
初めてのコースで力を出せるかは微妙に見える。
もう少し経験を積んでからの方が良さそう。
6
11
ビアンフェ3藤岡佑介54(栗)中竹和也
初めての古馬との対戦になるが、
スピード負けすることは無さそう。
今回は同型馬が不在で先手は楽に取れるはず。
気性面も成長が感じられ、
カッとなって逃げるところが無くなっていれば。
今年はコースが違うとはいえ、
3歳馬が活躍するレースだけに侮れない。
6
12
メイショウキョウジ5藤岡康太56(栗)藤岡健一
先行馬ながらスタートがあまり速くない。
上手く流れに乗れれば期待できるが、
重賞で速い馬も多い中でどれだけついていけるか。
もう少し経験を積む必要がありそうな感じ。
7
13
クライムメジャー6鮫島克駿56(栗)渡辺薫彦
OP入り後のマイル戦では全く通用していなかったが、
距離短縮して善戦できており、この距離の方が良さそう。
とはいえ、重賞ではまだ力不足感があり、
別定戦のG2は厳しく見える。
いずれ通用してくるかもしれないが、
もう少しクラス慣れしてからの方が良さそう。
7
14
フェルトベルク6藤懸貴志54(栗)荒川義之
3勝馬クラスを勝ったばかりで展開にも恵まれていた。
今回は一気の相手強化になり、
能力的にはやや見劣って見える。
勢いだけではどうにもならないかもしれない。
8
15
クリノガウディー4森裕太朗56(栗)藤沢則雄
前走はのどの心配があっての大敗だったが、
検査は異常なしとのこと。
問題無く大敗している点は気になるところ。
調教の動きもあまり良くなってきておらず、
人気もまだそれほど落ちてきてもいない。
不安定なタイプなので、上位人気で狙うのは危険かも。
8
16
ダノンスマッシュ5三浦皇成57(栗)安田隆行
ここでは断然の実績馬。
中京コースで好走できていないが、3戦中2戦はG1なので、
特に心配する必要は無さそう。
G1を狙える馬の割には休み明けでも仕上がり具合が良好。
大外枠で外を回らされると取りこぼしはあるかもしれないが、
好走する可能性は一番高いように見える。
8
17
ラブカンプー5斎藤新54(栗)森田直行
先手を取りたい馬だけに大外枠はマイナス。
また、今回はテンの速い馬がいて、
先手を取れる可能性は低い。
ずっと使い詰めで状態も上がってきているようには見えず、
サマースプリントシリーズの候補とはいえ、
見送っても良さそう。

今年は阪神から中京へのコース替わりということで、過去のデータはあまり当てにならないかもしれません。
中京開催を狙って出走してきているような馬もいて、中京巧者を重視しても良さそうです。
本命は⑪ビアンフェ。
スピードは一級品で斤量の軽いここは有利に見えます。
他に飛ばすような馬も見当たらず、マイペース濃厚のメンバー構成で、押し切る可能性は十分あると思います。
対抗は⑯ダノンスマッシュ。
実績的にはここでは1,2枚上の馬。
大外枠が気にはなりますが、これだけ力があればさほど不利には働かないかもしれません。
万全の仕上げとまでは行かずとも凡走はしないのではないかと思います。
単穴は⑦ミスターメロディ。
ベストの舞台で一変する可能性は十分あるはず。
中京コースなら侮ってはいけない馬だと思います。
抑えは⑥セイウンコウセイ。

買い目
馬連  ⑪-⑦⑯
ワイド ⑪-⑥

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

京成杯オータムハンデ 予想と買い目

予想印&買い目
09 /13 2020
9/13(日)に中山競馬場で行われる京成杯オータムハンデ(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
 
1
1
ルフトシュトローム3石橋脩54(美)堀宣行
中山適性は高く、3歳馬で斤量の恩恵もあり、
十分通用するだけの力はあるが、最内枠がどうか。
休み明けのせいか、調教で折り合いを少し欠いていた点も、
気になるところ。
普通に走れば好走してもおかしくないが、
上手く捌けずに力を発揮できない可能性も。
1
2
ボンセルヴィーソ6木幡巧也55(栗)池添学
同コースの重賞で好走はあるものの、
基本的には重賞では一枚足りず、休み明けもイマイチ。
使いつつ調子を上げてくるので、いきなりはどうか。
先行するこの馬にとっていい枠に入ったものの、
流れに乗って先行できたとしても粘り切るのは厳しく見える。
2
3
アルーシャ5戸崎圭太55(美)藤沢和雄
前走不良馬場を克服して勝利しており、
かなりの成長がうかがえる。
調教映像が無く、直前の状態はわからないが、
休み明けは問題無く、馬体減りしてなければ。
前走の出来をキープできていれば重賞でも通用するはず。
2
4
ストーミーシー7田辺裕信57(美)斎藤誠
7歳馬になるが、衰えは無く、年齢は気にしないで良さそう。
重賞ではワンパンチ不足も、OP特別では好走できており、
展開一つで前進があってもおかしくなさそう。
鞍上がこのレースとの相性が良いので、
人気薄の一発があるとすればこの馬かもしれない。
3
5
アンドラステ4ルメール53(栗)中内田充
重賞で善戦できており、斤量が軽くなり、
鞍上強化で今回は勝負気配が強そう。
コンスタントに使われてきているが、
状態も維持できており、力は出せるはず。
中山は初めてになるが、右回りを苦にすることも無く、
そろそろ重賞勝ちがあってもおかしくない。
3
6
スイープセレリタス4丸山元気52(美)藤沢和雄
前走は距離短縮で流れに乗れておらず、度外視でも。
距離を戻してこれば問題無く走れるはず。
以前は折り合いを欠くようなこともあったが、
調教では落ち着いて走れていた。
前走の大敗で人気を落としているが、
能力は重賞でも通用するはず。ここは狙い目かもしれない。
4
7
ジャンダルム5藤井勘一56(栗)池江泰寿
近走は気持ちが切れてしまったような敗戦が続いているが、
調教からはやや復調気配が感じられる。
ただ、いい頃の出来まで戻ってきているようには見えず、
もう少し時間はかかりそうな感じ。
何かきっかけ一つで変わってきそうなものの、
ここでは少し手を出しづらい。
4
8
シゲルピンクダイヤ4和田竜二54(栗)渡辺薫彦
古馬になって結果が出てはいないものの、
気性面の悪さが出ているのが原因。
1勝しかしていないものの、能力は重賞級。
今回は休み明けになるが、動きは良く、状態は良さそう。
当日落ち着いているようなら上位に来てもおかしくない。
5
9
アフランシール4津村明秀52(美)尾関知人
条件戦を勝ったばかりでやや格下感はあるものの、
力は付けてきており、軽ハンデなら差を縮めていても。
パワフルな走りをするので、力のいる馬場なら。
馬場が渋るようなことがあれば考慮しても良さそう。
5
10
トロワゼトワル5横山典弘55(栗)安田隆行
前走は荒れた馬場ながら粘りこんでの2着。
マイペースで運んだ時は侮れない。
今回は同型馬がいるものの、
相手は大外枠で先手を主張していけばハナは楽に切れそう。
開幕週の馬場ならさらに粘りこみも見込め、
侮れない一頭。
6
11
ラセット5秋山真一55(栗)庄野靖志
前走は後方から鋭く伸びてきており、
展開が嵌った時の末脚は一線級。
ただ、好走は関西圏のレースに偏っており、
流れが向かなかった時の成績はイマイチ。
また、中山コースが初めてという点もやや気がかり。
追走に手間取る可能性も見ておきたい。
6
12
エントシャイデン5大野拓弥56(栗)矢作芳人
やや展開に左右される面はあるが、
一瞬の切れ味はかなりのもの。
先行馬がハイペースで直線の坂で苦労するような展開なら、
一気の差し切りもあるかもしれない。
今回は乗り替わりになるので、
この馬の決め手を上手く引き出せるかがカギになりそう。
7
13
ミッキーブリランテ4坂井瑠星54(栗)矢作芳人
重賞でもう一歩のレースが続いているが、
力負けというよりは位置取りなどが原因で、
能力は重賞でも通用している。
近走は毎回人気以上のレースをしているにもかかわらず、
人気が上がってきていないので、
人気しない内に狙ってみても面白いかもしれない。
7
14
アストラエンブレム7横山武史57(美)小島茂之
休み明けを一度叩いて、状態は上向き。
前走の敗戦から巻き返してくる可能性は十分あり得る。
ただ、今回はトップハンデの斤量で、
重賞未勝利馬が多い中、少し背負わされてしまった印象。
追い比べの展開になると分が悪いかもしれない。
8
15
メイケイダイハード5酒井学55(栗)中竹和也
重賞勝ち馬になるが、能力はそれほど感じられない。
中山での実績も乏しく、状態もあまり上がってきていない。
好走が阪神コースに偏っており、
他のコースではあまり期待しない方が良さそう。
8
16
スマイルカナ3柴田大知52(美)高橋祥泰
逃げ馬だけに大外枠はマイナス。
今回同型馬がいる点もどうか。
前走はハナに立たずに勝利しているが、
絡まれると抑えが効かなくなっており、
気性面にはまだ若さが残っている感じ。
斤量は魅力的だが、マイペースで運べなかった時は、
惨敗も覚悟しておきたい。

かなり能力が拮抗した難解なレースに見えます。
ハンデ戦らしく、展開次第でどの馬にもチャンスがありそうです。
本命は⑤アンドラステ。
鞍上強化のタイミングを見計らっていましたので、ここでは文句なしの本命です。
ハンデも手頃なので、そろそろ決めてもらいたいです。
対抗は③アルーシャ。
前走のレース内容からかなりの成長を感じました。
この出来なら重賞でも通用するように見えます。勢いに期待です。
単穴は④ストーミーシー。
馬自体は重賞では一歩足りていないですが、鞍上がこのコースをかなり得意としており、ワンパンチ不足を鞍上の力で解消できれば。
抑えは⑬ミッキーブリランテ。

買い目
単勝  ⑤
馬連  ⑤-③④⑬
ワイド ⑤-③④⑬

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

紫苑ステークス 予想と買い目

予想印&買い目
09 /12 2020
9/12(土)に中山競馬場で行われる紫苑ステークス(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ショウナンハレルヤ3丸山元気54(美)矢野英一
重賞3戦すべて馬券外になっているが、
いずれも不利があってのもので力負けでは無い。
能力は重賞でも見劣りせず、今回は手が合った鞍上。
トビが綺麗な走りなので重馬場になると厳しそうだが、
馬場の悪化がそこまで悪くならなければ、
善戦してもおかしくない。
1
2
マジックキャッスル3浜中俊54(美)国枝栄
決め手はここでは上位の存在も、
このレースで相性の悪い追い込み脚質がどうか。
距離は問題無さそうだが、差して届かずの可能性も。
また、キレのある末脚を持っている馬なので、
馬場が渋るのもあまり良くない。
力は足りていると思うが、
今回は展開や馬場に泣かされるかもしれない。
2
3
レッドルレーヴ3三浦皇成54(美)藤沢和雄
前走は人気を裏切る結果になってしまったが、
休養を挟んで成長がうかがえる。
馬体を戻すことができていれば、ここでは遜色ないはず。
今回かなり人気を落としているが、中山実績があり、
過剰に評価を落としているように見える。
ここまで人気が無いなら狙ってみる価値はありそう。
2
4
ホウオウエミーズ3津村明秀54(美)池上昌和
前走重馬場を勝っている点は評価できるが、
スタートの悪さは気になるところ。
血統的にも距離延長はあまり良くなさそうに見え、
調教の動きもイマイチ。
他の馬が馬場に苦戦するようなら多少やれるかもしれない。
3
5
コトブキテティス3北村宏司54(美)田島俊明
抽選を抜けての出走で、ここでは一枚力が見劣る。
デビュー以降コンスタントに使われてきており、
前走から大きな成長も望めそうにない。
ここは見送るのが妥当。
3
6
ラヴユーライヴ3坂井瑠星54(栗)矢作芳人
ラヴズオンリーユーの全妹になるが、
姉ほどの能力はまだ感じられない。
前走圧勝とはいえ、相手関係や展開に恵まれてのもの。
経験が浅く、一気の相手強化でどこまでやれるか。
未知の魅力でやや人気も過剰気味で配当妙味も少なく見える。
4
7
ストリートピアノ3武藤雅54(美)武藤善則
ダートで連勝し、積極的な芝挑戦。
調教の走りを見る限り、芝もこなせそうな走りだが、
一気の相手強化でどこまでやれるか。
高速決着では分が悪そうなものの今回は馬場が渋りそうで、
多少チャンスはありそうな感じ。
人気薄が来ないレースではあるが、
未知の魅力はあり、穴馬としてなら面白そう。
4
8
ミスニューヨーク3加藤祥太54(栗)杉山晴紀
調教映像が無く直近の動きはわからないが、
前走は良い勝ちっぷりを見せていた。
古馬相手の2勝馬クラスを勝利しており、
ここでもさほど能力は見劣りしないはず。
重馬場での勝利という点も今回は評価できる。
毎回安定した走りができており、
前走ぐらい走れれば馬券内に食い込んでくるかもしれない。
5
9
スマートリアン3横山武史54(栗)石橋守
折り合い難がありそうな感じで距離延長は不安。
マイル戦でも行きたがっており、
落ち着いて走らせることが難しいように見える。
また、休み明けになるが重賞実績のある有力馬と異なり、
3歳限定の1勝馬クラスを勝ったばかりの馬。
強い相手とのレース経験も乏しく、
ここは様子を見たいところ。
5
10
マルターズディオサ3田辺裕信54(美)手塚貴久
阪神JF2着馬でここでは実績上位も、
距離に不安があり、
重馬場も桜花賞で良いところなく敗れている。
また、今回引っ張って逃げるような馬もおらず、
折り合い面に苦労してしまう可能性もある。
実績は認めるものの、手は出しずらい一頭。
6
11
スカイグルーヴ3戸崎圭太54(美)木村哲也
キャリアが乏しく、多頭数のレースがどうか。
スムーズに先行できれば問題無さそうだが、
前走のような揉まれる競馬になるとやや苦しいかもしれない。
また、主戦だった鞍上が別馬に乗り替わる点もマイナス。
元々期待されていた馬なので、
馬体を戻していれば見直しても良さそうだが、
当日馬体が増えていなければバッサリ切ってしまっても。
6
12
クロスセル3内田博幸54(美)和田正一
キャリア3戦で重賞も初挑戦。
中山で2勝しているとはいえ、時計的には平凡で、
能力が高いわけでは無さそうな感じ。
ここでいきなり勝ち負けを期待するのは酷に見える。
7
13
ホウオウピースフル3池添謙一54(美)大竹正博
前走は折り合いを欠きながらも大きく負けておらず、
この馬の能力の高さを見せていたが、
調教でも気性面の成長がそれほど見られず、
今回も折り合い面に苦労しそうな感じ。
距離が短くなる分多少マシにはなると思うが、
力を出し切れるかどうかは微妙なところ。
雨の経験も無く、重馬場適性もどうか。
人気になっているが、そこまでの信頼性は無さそうに見える。
7
14
チェーンオブラブ3石橋脩54(美)小笠倫弘
決め手は一線級も、追い込みには厳しいレース。
デビューも1400mで距離への適性も高くない可能性も。
また、典型的な逃げ馬がおらず、
展開が嵌らず何もできずに終わる目もありそう。
もっと差し向きの展開になりそうな時に狙いたいタイプ。
7
15
フェルマーテ3吉田豊54(美)戸田博文
抽選突破したものの、
1勝馬クラスを勝ち切れないようではここでは厳しい。
前走から間隔も詰まっており、上積みも見込めず。
参加するだけのように見え、見送りが妥当。
8
16
シーズンズギフト3ルメール54(美)黒岩陽一
前走は折り合いを欠いており、気性面の成長がどうか。
馬体は成長しているが、
やや短距離向きの馬体になってきているように見える。
中山コースは安定して走れているとはいえ、
距離と気性面の不安が残る。
押し出されたような1番人気で、
例年の1番人気ほどの信頼を置くのはどうか。
8
17
ウインマイティー3和田竜二54(栗)五十嵐忠
オークス3着の実績は立派で、
あまり速い脚が使えないので重馬場は歓迎。
ただ、調教の動きはもう一つで、賞金も持っているため、
ここは叩き台の可能性が高い。
また、前走13番人気だった馬が、
今回一気に上位人気になっている点も気になるところ。
あまり過度の期待をするのは危険かもしれない。
8
18
パラスアテナ3武豊54(美)高柳瑞樹
前走はやや重の馬場で決め手が鈍っており、
今回の馬場はあまり向かなそうな感じ。
調教の動きからもフォームがまだできていない感じで、
本格化は先になりそう。
ただ、大外枠で馬場の良い所を走れそうな点は良く、
決め手が削がれずに走れれば善戦はあるかもしれない。

過去の紫苑Sに比べると今年はやや混戦模様のレースに見えます。
上位人気馬にも短所があり、案外荒れてもおかしくないメンバー構成かもしれません。
本命は⑧ミスニューヨーク。
前走の勝ちっぷりが良く、かなりの能力を感じます。
重馬場も全く苦にはしなさそうで、馬場が悪くなるほどチャンスはありそうです。
対抗は③レッドルレーヴ。
死に枠の2枠に入ってしまった点は気になりますが、
能力的には前走オークス組に劣ってはいないように思います。
その割に、人気になっておらず、きっちり立て直してきている今回は狙い目に見えます。
単穴は⑦ストリートピアノ。
ダートの経験しか無いので、惨敗の可能性も無きにしも非ずですが、
芝替わりで一発の可能性も秘めていると思います。
全く人気は無いですが、能力自体はそこまで低くは無く、芝適性が高い可能性に賭けてみたいです。
抑えは①ショウナンハレルヤ。

買い目
単勝  ⑧
馬連  ⑧-①③⑦
ワイド ⑧-①③⑦

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%