レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

東海ステークス レース回顧

レース回顧
01 /28 2020
1/26(日)に京都競馬場で行われた東海ステークス(G2)のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
7
エアアルマス1.50.23-3-2-136.02
スタートから出していき、3番手追走。
外に速い馬がおらず、被せられなかったのが大きかった。
淡々とした流れで道中は進み、4コーナーで追い出していき、
直線先頭に立ってそのまま押し切っての勝利。
砂を被らない競馬ができれば、これぐらいは走れるので、
今後も枠並びが重要になりそう。
2
15
ヴェンジェンス1.50.31/28-8-8-535.73
いつもよりスタート良く、中段外目につける。
ちょうど前にインティを置き、いいポジションで進めれたが、
ペースが落ち着き、もう少し流れてほしかったところ。
インティの動きに合わせて同じように仕掛けていき、
直線半ばでしっかりとらえたものの、
前にもう一頭いて惜しい2着。
マークしていた馬はしっかり捕らえているし、
展開を考えれば良く走れている。
重馬場巧者らしいところを見せていた。
3
13
インティ1.50.41/26-5-4-236.11
スタートは普通に出たが押していかず、好位から進める。
前に馬がいても折り合い良く追走できていた。
4コーナーからエアアルマスを目標に追い出していったが、
直線は3頭の叩きあいのような形になり、斤量差も大きく、
3着に敗れてしまったが、後続は離しており、
力のある所は見せていた。
負けはしたものの斤量の差が出た感じで、
控える競馬でも全く問題無かったことで、
次走はかなりやりやすくなりそう。
4
3
アングライフェン1.50.938-8-9-1036.25
中段につけ、この馬らしい競馬はできていた。
ペースが落ち着いて、動きが全くなかったのが厳しかった。
最後までしっかりと走れているものの、
コーナリングで多少もたついた辺りが上位との差を感じる。
8歳馬とはいえまだ走れはするものの一線級相手では厳しい。
G3ぐらいまででないと荷が重いかもしれない。
5
14
キングズガード1.50.915-16-16-1435.76
最後方から脚を溜め、直線に賭ける競馬。
すんなりと隊列が決まり、落ち着いた流れになってしまい、
展開的にはあまり向かなかった。
それでも直線は馬群の間から良く伸びてきていた。
展開頼みの馬なので、流れが向かないと届かないが、
決め手はやはり健在。
相手関係よりも展開が嵌るときに狙ってみたい。
6
12
ヒストリーメイカー1.50.9クビ5-5-6-536.48
初重賞だったが、スタートも良く、好位から進めた。
重賞の流れにも問題無く追走できており、
それほど引けを取らず走れていた。
直線の上がり勝負はやや分が悪かったが、
重賞でもやれるところは見せれていた。
関西圏のレースを使うときには注目しておきたい。
7
16
ヒロブレイブ1.51.11 1/415-15-14-1436.012
距離延長のレースだったが、あまり行き脚は良くなく、
後方からの競馬。
あえて後方からにしたのかもしれないが、
流れは向かなかった。
4コーナーから大外に持ち出して、追い出していったが、
前も止まらない流れでは流石に厳しかった。
距離の融通は利きそうな感じだが、
ワンパンチ不足は否めない。
8
1
モズアトラクション1.51.1クビ10-8-9-936.57
マズマズのスタートから中段後方につけ、内で脚を溜める。
隊列がすぐに決まり、若干窮屈な走りになってしまった。
直線は馬群の間を縫って脚を使っていたが、
思ったほどは伸びていなかった。
展開が向かなかった点はあるが、
それでもいい時はもっと伸びていい馬。
重馬場が合わなかったのかもしれない。
9
5
コスモカナディアン1.51.4211-11-11-1036.611
あまり行き脚がつかず後方から。
それほど決め手のある馬では無いので、
スタートが決まらなかったのは痛かった。
道中も馬群が一団で隊列が決まり、動くに動けなかった。
直線も脚は止まっていないが、なだれ込んだだけ。
重賞ではやはり荷が重く、オープンの長めの距離の方が良さそう。
10
2
コマビショウ1.51.726-5-6-737.39
内枠からだったが、それほど外から被せられることもなく、
好位から進めることができた。
道中は流れに乗っていい競馬が出来ていたが、
4コーナーで前の馬が垂れてきた時に、
外から上がってくる馬で進路が無くなり、
後手を踏んでしまった。
直線で立て直していたもののロスが大きく、
上がっていくことはできなかった。
不利があってここまで負けてしまっているが、
重賞のペースにはだいぶ慣れてきている印象。
状態が良さそうならそろそろ狙ってみてもいいかもしれない。
11
9
メイショウウタゲ1.51.8クビ13-12-11-1237.016
いつものように後方からで、内に入れて脚を溜める。
馬群が一塊でペースも落ち着き、厳しい競馬になってしまった。
前にいた馬がそのまま残るような流れで、
直線でそれ以上の脚を使うことはできず。
重馬場は良かったと思うが、前が崩れないと何もできない。
ただ、後方からでもそれなりに伸びている馬がいるので、
やはり年齢による衰えは大きいように思う。
12
6
アイファーイチオー1.52.012-2-2-437.913
スタートから押していき、2番手からの競馬。
すんなりと隊列も決まり、マズマズのペースで進めた。
ペースは普通だったが、3コーナー半ばで手応えが無くなり、
直線に入る前に後続に飲まれてしまっていた。
重賞では力が足りない印象。
オープンクラスでないと厳しいかもしれない。
13
11
ビルジキール1.52.012-12-11-1237.110
重賞のペースについていけなかったのか後方からの競馬。
やや追走に苦労していたように見えた。
コーナリングもあまり上手くないような感じで、
左脚を大きく外に向けた癖のある走りをしていた。
直線は真っ直ぐ走れていたが、安定しなさそうなタイプ。
左回りの経験が少ないが、左回りの方が合っているかもしれない。
14
10
ロードアルペジオ1.52.21 1/413-14-14-1637.114
あまりスピードが無く、後方からの競馬。
それほど速いペースでは無かったにも関わらず、
追走にやや苦労していた。
コーナリングで上がっていくこともできず、
直線もバテた馬をかわしたのみ。
ちょっと頭打ちの感があり、今後の好走は難しそう。
15
4
スマハマ1.52.33/41-1-1-238.34
競ってくる馬がおらず、楽にハナを切って逃げの形に。
後続はピッタリ追走していたが、マイペースで進めた。
4コーナーで詰められて、追い出そうとしていたが、
全く反応せず、そのままズルズルと後退してしまった。
展開的には良かったはずでここまでの大敗は意外な結果。
調教での動きが散漫だったこともあり、
出来があまり良くなかったのかもしれない。
16
8
マイネルクラース1.53.363-3-4-739.115
スタートはそれほど速くなかったが、追い出していき、
3番手まで上がっていく。
いいポジションで競馬はできていたが、
3コーナーに入った辺りから自分で競馬を止めてしまい、
直線は全く走れていなかった。
途中で止めてしまうレースが続いており、
調教でもそのような素振りを見せている。
気持ちが入ってこないとなかなか変わってこないかもしれない。

結果:的中
久々の本線的中で点数も抑えていい予想ができました。
本命にしたエアアルマスも好位から理想的な競馬をしてくれて、見てて安心できる内容でした。
能力は十分だと思うので、大きいところでも枠並びさえ良ければ好走は可能だと思います。
2着に入った対抗のヴェンジェンスは展開的に少し不安でしたが、いい脚で飛び込んできてくれました。
重馬場適性と京都適性を兼ね備えていたので、今回も好走できたように思います。
3着に入った1番人気のスマハマは負けて強しの内容。
本番前なのでそれほど勝ちにこだわらないと思っていましたが、予想以上の強さを見せていました。
外枠で控える競馬ができたことは次走にかなり期待が持てそうです。
次は抑えておかないと痛い目に合いそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

アメリカジョッキークラブカップ レース回顧

レース回顧
01 /27 2020
1/26(日)に中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブカップ(G2)のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
11
ブラストワンピース2.15.04-4-5-336.11
スタート良く好位からの競馬。
道中はゆったりとした流れになったが、折り合いもつき、
リズムよく運べていた。
4コーナーで故障馬のあおりを受けてしまったが、
すぐに立て直して、直線内に切れ込み、
前を走っていた2着馬をかわして勝利。
多少時計のかかるような馬場の時は強い勝ち方をしている。
力のいるような馬場では抜けた強さを持っている。
2
10
ステイフーリッシュ2.15.21 1/42-2-3-236.55
逃げ馬の後ろにつけ、距離ロス無く内ラチ沿いをピッタリ回る。
ペースも良く、理想的な流れで運べていた。
最後までピッタリと内を回り、直線はいったん先頭に立ったが、
勝ち馬にかわされてしまい、惜しい2着。
敗れはしたものの勝ち馬はG1馬ということを考えれば、
良く走れている。
上がりがかかる競馬になるとやはりしぶとい。
3
2
ラストドラフト2.15.51 3/47-8-7-836.34
中段馬群の後ろから進める。
内目を走り、前に馬を置いて、じっくりと脚を溜めながら追走。
3コーナーから外に持ち出して進んでいったが、
4コーナーの故障馬発生のあおりを受けて、
外に振られ、減速してしまった。
直線で立て直して大外からいい脚を使って伸びてきていたが、
上位2頭は距離ロスが無く、位置取りの差が出てしまった。
不利が無ければもっと際どかったはず。
もったいない結果になってしまったが、
能力の高さは見せていた。
4
3
ミッキースワロー2.15.63/45-5-7-536.52
今回はスタート良く、中段前目のポジションにつける。
ゆったりとした流れだったので、いい位置から競馬が出来ていた。
3コーナーから外に出し、上がっていこうとしたところで、
故障馬を避ける不利があり、前の馬を詰めることができず。
直線は大外から良く伸びているが、不利が痛かった。
それでもこのコースはやはり適性が高い。
今回はちょっと運がなかったが、いずれチャンスは来そう。
5
12
サトノクロニクル2.16.02 1/27-9-9-836.78
中段やや後方からの競馬。
かなり久々のレースではあったが、
流れに乗った競馬が出来ていた。
手応えも良さそうだったが、4コーナーで故障馬をかわすときに、
減速してしまっていた。
直線で再度脚を使って伸びてきており、
長期休み明けとしては上々の内容。
不利は他の馬も受けているので、
着順は変わらなかったかもしれないが、
これぐらい走れるのであれば次走は期待できそう。
6
9
ニシノデイジー2.16.11/27-7-5-337.26
スタートが悪く後手を踏んでしまったが、
すぐに中段馬群の後ろにとりついていく。
有力馬を見る形で、マズマズの位置から競馬が出来ていた。
4コーナーで多少故障馬の不利はあったものの、
それほど影響があるようには見えなかったが、
直線の伸びはイマイチで案外な結果に終わってしまった。
今回の形ならもっと上位に来ても良かったと思うが、
結果が出ておらず、能力的に足りていないのかもしれない。
7
1
ウラヌスチャーム2.16.41 3/412-12-10-536.77
スタートダッシュが効かず、最後方からの競馬。
ペースもゆったりとしていて、流れも向かなかった。
4コーナーから上がっていったが、直線はイマイチ伸びきれず。
やや重の馬場は合わなかったかもしれない。
もっと軽い馬場なら決め手が活きるはず。
8
5
スティッフェリオ2.16.4ハナ1-1-1-138.13
他に行きたい馬がおらず、楽に先手を取って逃げの形。
マイペースの逃げが叶い、理想的な流れで運べていた。
ただ、内の馬場がかなり荒れており、
力のいる馬場が厳しかったかもしれない。
直線は外に出していいところを走らせたが、
力は残っていなかった。
開幕週のような馬場でこそ持ち味が活きそうな感じ。
9
7
ルミナスウォリアー2.16.7211-11-10-837.111
後方からの競馬で自分のリズム重視で走らせていた。
道中の折り合いは良くついており、自分の走りはできていた。スローペースとはいえ、リズムよく走れていた割には、
直線はいまいち伸びていなかった。
流石に年齢的に衰えが目立ってきている。
10
6
クロスケ2.16.7ハナ10-10-12-836.910
後方からの競馬になったが芝自体は特に問題無く走れていた。
ロス無く終始内を回っていたが、
荒れた馬場にも対応できていた。
ただ、やはりこのレベルになると、
流石に追走で精一杯といった感じ。
オープンぐらいのレベルなら通用するかもしれないが、
やはりダートの方が良さそう。
11
8
グローブシアター2.18.6大差3-3-4-539.89
スタートは上手く出て3番手から。
流れに乗った競馬が出来ていたが、
3コーナー半ば辺りで手応えが怪しくなり、
直線は止まってしまっていた。
長期休み明けで息が持たなかったような感じ。
一度使われたことで次は良くなってくると思う。
中止
4
マイネルフロスト------5-5-2-12----12
【競走中止】
レース中に故障を発症。
4コーナーで競走を中止した。
右第1指関節脱臼を発症したもので、
予後不良の措置がとられた。

結果:不的中
終わってみればやっぱりG1馬は強かったといった感じで、この時期の馬場も合っていた印象です。
本命にしたミッキースワローは4着に敗れましたが、不利もあり、残念ですがこれも競馬。
それほど力負けといった感じではないので、またこれから頑張ってくれると思います。
予想としては馬券内に印をつけた馬が一頭も絡んでいないのは反省点です。
スティッフェリオのペースのレースになるのは予想できたので、後方からの馬を中心に買ったのは展開に反した買い方だったと思います。
当たらないにしても、もう少し狙いを上手くしていかなくてはいけないです。

<リンクのご紹介>
女性の視点から競馬予想等を行っているLINE@のご紹介です。
一風変わった競馬予想に興味のある方はご覧になってみて下さい。

~~~
指数使いのsanakoです★
指数などを見ながら自称いい穴馬おさえてる競馬女子 なんです。

ちなみに指数使いのワタシは指数見てアレンジして買ってるんです

普段は本当にOLしてるんですよ~! ほらね!


LINE競馬友達には週末に指数予想を公開していきます。
sanako流の配信スタイルは。。。
●指数見たあとのsanakoの考察
指数見たあと人気薄が指数上位にきてる馬をpickup(これが勝つために重要なんです。)
●逆に人気馬が指数低い場合
●自分でいいなと思うレースの買い目
●結果報告 ●競馬場いった際動画や写真など(不定期)
●私の信頼できそうな競馬仲間紹介など
●そしてオフショットもお届け!! (変なのは送りませんよ!)

よろしければ応援してください。
あくまで参考になる情報としてなので無理をしない買い方でお願いしますね。
是非お友達からよろしくお願いいたします!

▼LINE競馬友達になる方はコチラ▼
指数使い馬券師sanakoと友達になる(無料)

~~~

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

日経新春杯 レース回顧

レース回顧
01 /21 2020
1/19(日)に京都競馬場で行われた日経新春杯(G2)のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
6
モズベッロ2.26.95-5-7-634.52
好位につけ、先行勢を見ながらいいポジションで進めた。
道中は徐々に中段ぐらいまで下がったが、
4コーナー辺りで外に持ち出して上がっていく。
直線はやや内にモタレながらも良く伸び、
後続を突き放して勝利。
よっぽど京都コースが合うように思う。
まだ成長途上のような感じなので、本格化してからが楽しみ。
2
4
レッドレオン2.27.32 1/23-3-5-635.15
好位内目を追走し、道中は楽なペースで追走できていた。
いい手ごたえでずっと内で脚を溜め、
直線で追い出しをしようとしたところで、
前を塞がれて行き場を失ってしまう。
立ちなおして勝ち馬が抜け出たところに出して伸びていたが、
かなりもったいない内容。
スムーズに追えていれば逆転もあったかもしれない。
京都は走るが、別コースの経験が乏しいので、
別開催での出走時は過大評価しすぎないように注意したい。
3
8
エーティーラッセン2.27.43/41-1-1-135.811
スタートダッシュが速く、先頭に立つ。
競りかけてくる馬がおらず、
スムーズにマイペースの逃げに持ち込めた。
道中はペースを落とし、楽な形で進めていく。
4コーナー辺りで並びかけてこられるが、
内外の差で差を広げ、粘りこみを図る。
直線も最後までしぶとい走りができており、
良く粘っていた。
マイペースで行ったときはいいレースができている。
今後は相手関係に注意をしたい。
4
7
タイセイトレイル2.27.4ハナ10-10-7-834.84
悪くないスタートが切れたものの、周りが速く、
後方からの競馬。
道中はリズムよく進め、ジワジワと前にとりついていく。
直線は外に出して追い比べの形になったが、
この馬らしい競馬では無かった。
良く詰めてはいるものの、切れ味はそれほど無いので、
もう少し前で押し切る競馬の方が合っているタイプ。
重賞になって以降、スタートのスピードについていけておらず、
その辺りが課題。
もっと長距離レースの方がいいかもしれない。
5
14
プリンスオブペスカ2.27.53/48-8-3-335.510
中段外目につけていたが、ペースが遅いとみて、
向こう正面で3番手まで上がっていく。
その後は落ち着いてペースに合わせて走れていた。
直線はやや脚色が鈍っていたものの、
前にいたおかげで良く粘った走りができていた。
距離はもっと長い距離もこなせるような感じなので、
長距離レースで狙ってみたい。
6
11
サトノガーネット2.27.61/211-11-9-1034.87
後方で脚を溜める競馬。
ゆったりとした流れだったが、自分の競馬に徹していた。
直線で外に出して一気に追い込んできたが、
スローで前も止まらず、捕らえることはできなかった。
今回は展開が向かなかったので仕方なし。
展開待ちのところはあるが、末脚は毎回しっかりしており、
条件次第で重賞も十分通用するはず。
7
2
レッドジェニアル2.27.7クビ13-13-13-1434.51
スタートがあまり良くなく、その後の行き脚もつかず、
後方から。
道中もそれほど進んでいかなかった。
3コーナーでは最後方まで下がってしまうが、
直線での追い出しには良く反応して、
馬群の間を力強く伸びてきていた。
休み明けの分、なかなかレースに入っていけなかったのかも。
力のある所は見せているので、次は変わってきそうな感じ。
8
3
マスターコード2.27.91 1/48-8-9-835.28
中段のポジションで進んでいき、
流れに乗った競馬ができていたが、
3コーナーあたりで多少置かれてしまい、
位置取りが悪くなってしまった。
直線はジワジワ伸びているものの、周りも止まっておらず、
着順を上げることはできなかった。
一気の相手強化でペースの変化に戸惑ったかもしれない。
自己条件ならもっとやれるはず。
9
1
メロディーレーン2.27.9クビ14-14-13-1334.96
いつも通りの最後方からの競馬。
今回のスローの展開で最後方に下げる競馬は全く合わず。
直線は大外に持ち出して、良く追い込んできていたが、
内の先行馬にも余裕が残っていた。
この形の競馬しかできないのは、上のクラスでは厳しい。
小頭数のレースの方が競馬はしやすい。
10
9
ロードヴァンドール2.28.01/22-2-2-236.39
先手を主張する馬がいたため2番手からの競馬。
ハナは奪えなかったが、ペースは落ち着いて、
道中はリズムよく走れていた。
4コーナーから前に並びかけようとするが、
置いて行かれ、後方馬にかわされてしまう。
今回の展開でここまで負けるのは能力の衰えがあるかも。
ちょっと負けすぎな印象。
11
13
アフリカンゴールド2.28.1クビ5-5-5-336.03
スタートを決め、好位からの競馬。
いいポジションから進めることができており、
直線もいい形で向くことができていたが、
全く直線で伸びることなく、馬群に沈んでしまった。
まだ本調子にはなっていなかったのかも。
一度使われて、次走は良くなってくるはず。
12
5
チェスナットコート2.28.1ハナ12-12-12-1235.112
終始後方からの競馬で、ペースアップにもついていけず。
直線はマズマズの脚を使えていたが、後方からでは厳しい。
いい時に比べると衰えが目立ってきている。
今後も厳しいかもしれない。
13
12
スズカディープ2.28.52 1/27-7-9-1035.713
中段馬群の後方でピッタリ追走していたが、
追走が精一杯といった感じで、余裕は見られなかった。
休み明けで動きが重たかった分も多少ありそうだが、
年齢も8歳になり、一度使って一変まではどうか。
メンバーレベルが落ちれば、多少前進はあるかもしれない。
14
10
サイモンラムセス2.31.0大差3-3-3-339.114
今回は強引にハナを主張することは無く、3番手から追走。
長期休み明けもあってか、あまり無理をさせず、
流れに合わせて走らせていた。
休み明けの割にはマズマズ走れていたが、
直線入口のところで体勢を崩し、一気にペースダウン。
動きに精彩は見られなかった。年齢的にも流石に厳しい。

結果:的中
本命にしていたレッドレオンが直線で前が塞がる大きな不利があり、終わったと思いましたが、立て直して再度追い込んで2着まで上がってきてくれ、なんとか的中できました。
能力があることは予想通りでしたが、不利を巻き返したのは想像以上の強さでした。
中京と京都しか走ったことが無いので、他のコースでどうかはありますが、今の調子はかなり良さそうです。
勝利したのは抑えておいたモズベッロ。
京都が圧倒的に得意なので抑えていましたが、強い勝ちっぷりでした。
コースによって極端に成績が違うような馬はやはり注意が必要なようです。
能力的にはもう一つだと思っていたので、勝ったのは意外でした。
また、それ以上に意外だったのは3着のエーティーラッセン。
この馬は上位2頭と違って京都はサッパリで阪神で好走が多い馬ですが、今回は最後までしぶとく粘っていました。
楽なペースとはいえ、上位2頭とはコース適性が違うのに馬券に絡んでおり、3着を当てる難しさを感じました。

<リンクのご紹介>
女性の視点から競馬予想等を行っているLINE@のご紹介です。
一風変わった競馬予想に興味のある方はご覧になってみて下さい。

~~~
指数使いのsanakoです★
指数などを見ながら自称いい穴馬おさえてる競馬女子 なんです。

ちなみに指数使いのワタシは指数見てアレンジして買ってるんです

普段は本当にOLしてるんですよ~! ほらね!


LINE競馬友達には週末に指数予想を公開していきます。
sanako流の配信スタイルは。。。
●指数見たあとのsanakoの考察
指数見たあと人気薄が指数上位にきてる馬をpickup(これが勝つために重要なんです。)
●逆に人気馬が指数低い場合
●自分でいいなと思うレースの買い目
●結果報告 ●競馬場いった際動画や写真など(不定期)
●私の信頼できそうな競馬仲間紹介など
●そしてオフショットもお届け!! (変なのは送りませんよ!)

よろしければ応援してください。
あくまで参考になる情報としてなので無理をしない買い方でお願いしますね。
是非お友達からよろしくお願いいたします!

▼LINE競馬友達になる方はコチラ▼
指数使い馬券師sanakoと友達になる(無料)

~~~

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

京成杯 レース回顧

レース回顧
01 /20 2020
1/19(日)に中山競馬場で行われた京成杯(G3)のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
1
クリスタルブラック2.02.18-11-10-1035.47
スタートはあまり上手くなく、後方からの競馬。
気持ちが入りすぎていて、スタート直後はかかり気味。
向こう正面でようやく落ち着いて走れていた。
直線に入った時は前とはかなり差があったが、
別格の脚を使い、抜け出した2着馬を捕えて勝利。
展開を考えるとかなり強い勝ちっぷり。
能力はかなり高そうだが、気性面がやや激しいのが気がかり。
距離はマイルぐらいの方が良さそうな感じ。
2
12
スカイグルーヴ2.02.21/22-2-2-136.21
スピードがかなりあり、自然と3番手の位置まで。
道中は楽な手ごたえで追走し、
前に馬がいてもリラックスして走れていた。
4コーナーで先頭に立ち、直線追い出して抜け出したものの、
勝ち馬の決め手に敗れてしまった。
3着馬とはしっかり差をつけており、脚も止まっていないので、
相手が悪かっただけ。
能力の高さは十分なので、すぐに勝てるはず。
3
7
ディアスティマ2.02.62 1/24-4-4-436.46
スタートは普通だったが、
追い出して好位までポジションを上げて追走。
ポジションを確保すると流れに合わせて進めることができ、
操縦性の高さがうかがえる。
4コーナーで2着馬についていこうとして離されてしまったが、
直線でジリジリと足を伸ばし、しぶとい走りはできていた。
上位とは現時点では走力に差が出た感じでが、
これからの成長次第では十分重賞でも戦えそう。
4
10
ビターエンダー2.02.6クビ8-8-7-736.24
スタートはあまり速くなく、後方からの競馬。
コーナリングがスムーズで中段馬群の後ろまで上げていく。
道中は包まれるような形になったが、落ち着いて走れていた。
直線は少しエンジンのかかりが悪かったが、
最後までしっかりと脚を使えている。
もう少し時計のかかるような馬場の方が良かったかもしれない。
これからの成長に期待したい。
5
5
キングオブドラゴン2.02.81 1/24-4-4-436.68
スタート良く、スムーズに好位の内目のポジションを取る。
道中はリズムよく流れに乗って走れていた。
直線はそのまま最内を突くが、
直線入口でスピードアップに多少もたつく。
最後まで走れているものの、反応がやや鈍かった。
鋭い決め手は無さそうなので、上がり勝負は厳しく見える。
時計がかかる馬場がいいかもしれない。
6
2
リメンバーメモリー2.02.9クビ12-12-12-1135.911
後方からのスタートだったが、
1コーナーで揉まれるのを嫌がって、最後方まで下がってしまう。
最後方に下がってからはリラックスして走れていた。
直線は大外に持ち出して追い込み、良く伸びてきていたが、
位置取りが後ろ過ぎた。
揉まれ弱いタイプかもしれないが、末脚は中々。
展開次第ではいずれ嵌るかもしれない。
7
4
ロールオブサンダー2.03.01/21-1-1-237.15
スタート直後は無理せず馬ナリで進めたが、
行く馬がいなかったため、自然とハナに立つ。
マイペースで行けたが、ピッタリとついてこられ、
プレッシャーがあったかもしれない。
4コーナーで2着馬に並んでこられ、早めにスパートをかけた分、
直線で苦しくなってしまった。
ここ2戦は早めに絡まれて負けているので、
単騎で行けた時は粘りこみがありそう。
8
11
ヴィアメント2.03.328-8-7-736.99
ゲートは一瞬飛び上がりそうになるものの、
多少遅れたぐらいでこれまでに比べると大分よくなっていた。
後方外目につけ、流れに乗った競馬ができていた。
3コーナーから追い出していったが、
直線に入る頃には勢いがなくなり失速してしまった。
ここは通用しなかったが、スタートの不安は減っているので、
自己条件なら好勝負できるはず。
9
6
ゼノヴァース2.03.53/47-7-7-437.13
中段馬群の中のポジションを取る。
馬群に包まれていたが、落ち着いて走れていた。
4コーナーからコースなりにいい形で直線に向いたが、
直線はあまり弾けなかった。
直線まで良かっただけに案外な内容。
馬体を減らしていたこともあり、ガス欠してしまったかも。
これからの成長に期待したい。
10
8
ヒュッゲ2.03.822-2-2-337.82
ハナの主張もできるようなスタートだったが、
無理せず2番手からの競馬。
ピッタリ逃げた馬をマークするような形で進める。
道中はペースが落ち着き、厳しい流れでは無かったが、
4コーナー辺りで手応えが怪しくなり、脱落してしまう。
あまり控える競馬は向いていないのかもしれない。
逃げてこその馬の可能性がある。
11
9
キムケンドリーム2.03.91/24-6-4-737.710
好位の外目につけ、流れに乗って競馬ができていたが、
3コーナーで早くも手応えが無くなってしまう。
ここでは力が足りなかった印象。
馬体を減らしていたのも良くなかった。
もう少し成長を促してからの方が良さそう。
12
3
チュウワジョーダン2.05.8大差8-8-10-1239.212
後方の内目を追走も、走りに力みが見られ、
行きたがっているように見えた。
気性面の幼さがあり、まだペース配分が上手くなさそう。
3コーナー手前で失速し始め、大差負け。
距離は現状マイルまででないと持ちそうにない。

結果:的中
能力は高そうだが、ちょっと前向きすぎる気性で距離延長がどうかで抑えにしたクリスタルブラックが勝利し、本命のスカイグルーヴが2着でなんとか的中しました。
直線向いた時点ではスカイグルーヴの楽勝かと思いましたが、後方外目からとんでもない脚で突っ込んできました。
新馬戦でも前有利の流れを差し切っており、凄い馬だと思いましたが、ここまでとは予想以上でした。
ただ、気性面はかなり課題でこのままの気性だと危なそうです。
もう少し落ち着いた走りができるように成長してもらいたいです。
スカイグルーヴは負けましたが、負けて強しの内容。
控える競馬でも問題無く、何よりスピードが絶対値がかなり高いように思います。
次走も人気になりそうですが、逆らわない方が良さそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

愛知杯 レース回顧

レース回顧
01 /20 2020
1/18(土)に小倉競馬場で行われた愛知杯のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
 
1
5
デンコウアンジュ2.01.111-11-11-736.19
後方のインに構えていつも通り脚を溜める競馬。
重馬場でも行き脚は悪くなかった。
ずっと内に閉じ込められるような形だったが、
直線で各馬外に広がったタイミングで、
馬の間を縫って鋭く伸びての差し切り勝ち。
この馬らしからぬレースセンスの高い勝ちっぷり。
7歳になったが、展開が向いた時はやはり侮れない。
2
6
アルメリアブルーム2.01.1クビ9-9-6-636.45
中段に構えてどんな流れにも対応できる理想的な競馬。
内にいたが、4コーナーから外に出していき、
いい形で直線に向き、良く伸びてきていた。
正攻法の競馬で、文句無しの走りだったが、
勝ち馬の決め手には及ばず。
斤量差を考えるとやや不満は残るが、
牝馬重賞なら十分勝負できるだけの力はある。
3
3
レイホーロマンス2.01.2クビ7-7-6-536.511
前走長距離を使っていたせいかスタートから押していき、
中段のポジションまで上げていく。
先行勢を目標にできるポジションにつけ、
流れに乗った競馬が出来ていた。
4コーナーから仕掛けていき、直線早めに先頭に立った分、
最後の決め手がやや鈍ってかわされてしまったが、上々の内容。
これぐらいの距離がやはり合っている。
末脚は毎回しっかりしているので、
斤量の軽い時は展開次第で面白そう。
4
14
フェアリーポルカ2.01.33/49-9-9-736.46
外枠から中段後ろにつけ、上位馬と似たようなポジション。
位置的には良かったが、この馬としてはもう一段前が理想。
追い出しもスムーズに行えたが、決め手勝負は厳しかった。
内で粘りこむような競馬が本来の持ち味。
内枠に入った時の方がいい競馬が出来ており、
これぐらいのレベルなら枠次第。
5
2
センテリュオ2.02.0415-15-12-1236.71
重馬場が合わなかったのか行き脚がつかず、最後方から。
道中もやや流れに乗れていなかった。
徐々に馬場に慣れてきたのか、
3コーナー手前辺りから内から進出していき、
直線で外に出して追い出すが、もう一つ伸びきれず。
今回は馬場が合わなかった印象。
力はあるので、良馬場で見直したい。
6
11
ウインシャトレーヌ2.02.21 1/411-13-12-1237.016
後方からの競馬になり、やや追走に苦労する感じ。
前に置かれないように追走していて、
脚はを溜める余裕は無さそうだった。
直線大外に持ち出すも、前をかわすような末脚は使えず。
重賞では力が足りていない感じがする。
7
8
パッシングスルー2.02.3クビ7-8-9-937.42
中段のポジションに入り、位置取りはマズマズ。
3コーナーから前を捕えに動いていったが、
重馬場が堪えたのか直線で勢いが無くなってしまった。
馬場が合わなかった可能性が高く、良馬場で見直したい。
8
9
リリックドラマ2.02.43/42-2-2-138.213
スタートから出していったが、
枠の差で先手を奪われ2番手追走。
前を追いかける形になり、マイペースで走れていなかった。
道中もそれほどペースを落とさず、
4コーナーで先手を奪って粘りこみを図ったが、
道中楽できなかったので、すぐに捕まってしまった。
最後まで踏ん張っていたものの、やはりハナを切ってこその馬。
もっと内枠の方が良かった。
9
16
サラキア2.02.4ハナ6-6-6-937.73
いいスタートを切ることはできていたが、
先行馬が速く、5,6番手の好位止まり。
ペースも落ち着かず、
この馬の適性とは全く異なった流れになってしまった。
4コーナーで外から被せられていき、
直線はなだれ込んだだけの競馬。
持ち味を全く出せていなかった。
大外枠の上、ここまで先行馬が揃っていると厳しかった。
10
1
サヴォワールエメ2.02.53/44-4-3-338.07
スタートは良く、楽に内目の好位につけることができた。
道中もリズムよく走れていて、いい形で追走できていた。
直線は最内を突いて追い出していったが、
重馬場が合わず、それほど伸びていなかった。
もっと軽い馬場の時に狙っていきたい。
11
7
アロハリリー2.02.81 3/44-4-3-338.34
スンナリと好位につけ、
理想的なポジションから競馬が出来ていた。
道中も流れに乗って、リズムよく走れていた。
4コーナーで前を捕えに動いていこうとするが、
重馬場が厳しかったのか、
捕まえるどころか外の馬に突き放されてしまっていた。
得意コースだっただけに重馬場が合わなかったように思う。
ローカルならいずれチャンスはありそう。
12
15
ポンデザール2.03.01 1/411-14-15-1537.610
スタートはこの馬なりに出て、後方からの競馬。
ただ、向こう正面で行き脚が悪くなり、
さらに後方に下がってしまう。
コーナーから鞭が入り、促されながらの走りだったが、
直線もそれほど伸びは見られなかった。
この距離だとやや短くて追走に苦労していた。
2400m以上のレースの方が良さそうな感じ。
13
12
カレンシリエージョ2.03.7415-15-16-1638.115
スタートは普通に出たが、ダッシュ力の差で最後方から。
癖なのかもしれないが、今回も左右に首を振りながら走っており、
落ち着きが無いように見えた。
外に出して、一頭離れて走らせることで落ち着いていったが、
かなりのロスの大きい競馬で、
最後にばてた馬をかわすぐらいしかできず。
重賞では明らかに力不足で、気性面にも難がありそう。
自己条件でも今は難しいかもしれない。
14
4
モルフェオルフェ2.04.121-1-1-140.014
スタートダッシュを利かせて枠の差で先頭に立つ。
ハナを切ることはできたが、ピッタリ追走され、
マイペースの逃げは叶わず。
3コーナー辺りで早くから並びかけてこられ、
脚が残っておらず、そのまま後退していってしまった。
斤量の恩恵も少なく、重賞では力が足りなかった印象。
もう少し楽な流れで進めないと厳しそう。
15
13
レッドランディーニ2.04.1ハナ11-11-12-1438.98
外枠からの発走で内に入れることができず、
後方外目を回らされる形になってしまった。
道中も特に工夫もなく、ただついていっただけになり、
直線は苦しくなってしまっていた。
乗り方が淡泊すぎた。もう少し上手く乗れたような内容。
鞍上替わりに注意したい。
16
10
ランドネ2.04.843-2-3-940.412
積極的に出していき、3番手からの競馬。
ペースが落ち着かなかったが、前についていく。
マイペースの競馬ができなかったせいか、
3コーナー辺りで手応えが怪しくなり、
直線に入る前に終わってしまった。
マイペースで行ける流れでないと脆いのかもしれない。
スローペースの流れでないと厳しいかもしれない。

結果:不的中
ハンデ戦、牝馬限定戦、中京から小倉開催、重馬場と荒れる要素満載のレースらしく、9番人気5番人気、11番人気での決着と結局荒れた結果に終わりました。
当然外してしまいましたが、これだけ怪しい感じのレースだったので、真っ直ぐ予想するべきではなかったかもしれません。
差し有利の展開までは予想できましたが、高齢馬2頭は斤量と詰まったレース間隔が気になっていたので重い印までは難しかったと思います。
こういったレースを取るにはもっと大胆な予想が必要でした。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年1月結果
本命馬 (2.3.0.4)
回収率 212%

2019年累計
本命馬 (14.8.11.35)
回収率 101%