レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

大阪杯 レース回顧

レース回顧
04 /06 2020
4/5(日)に阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
5
ラッキーライラック1.58.43-3-3-533.92
スローの流れで好位で進める理想的な競馬ができていた。
コーナーで各馬が外から上がってきてもじっくり我慢して、
直線も前が壁でなかなか追い出せなかったが、
一瞬空いた隙を狙って内から馬の間を突いた瞬発力は、
馬も凄いが鞍上の腕も良かったと思う。
判断を誤っていれば勝ち切るのは難しかったかもしれない。
全てが上手く言った感じはあるが、能力の高さも存分に発揮し、
今年はさらに飛躍するかもしれない。
2
12
クロノジェネシス1.58.4クビ3-3-3-334.04
正攻法で勝ちに行く競馬ができたが惜しい2着。
勝ち馬はギリギリまで内で脚を溜めていたので、
その分の差が出てしまった。
ただ、このメンバー相手に能力では全く負けていなかった。
今後も一線級相手でも問題なさそう。
気性面の悪いところが出なければ、まだまだ活躍できるはず。
3
8
ダノンキングリー1.58.5クビ1-1-1-134.31
スタートが良すぎてハナを切る形になってしまったが、
落ち着いていて走り自体は悪くなかった。
単騎で逃げることができれば良かったが、
終始ジナンボーに絡まれてしまったのが痛かった。
最後まで脚は残せていたが、牝馬の切れ味が活きる展開で、
キレ負けしてしまった。
今回もG1を逃してしまい、ちょっと運の無さを感じるが、
能力自体はかなり高い。
1600m~2000mでは絶対に重要視するべき存在。
4
11
カデナ1.58.63/411-11-12-1233.511
直線で内を突いて良く伸びてきていたが、
完全に着拾いの競馬。
自分の競馬に徹して最高の着順になったが、
これ以上の結果は出なかったように思う。
脚質が追い込み一辺倒ならではの騎乗ではあるが、
スローの展開では流石に上位には届かない。
今回の好走で次走の重賞では人気になってしまいそうだが、
展開に左右される馬であることは念頭に置いておきたい。
5
4
ワグネリアン1.58.81 1/45-5-5-834.05
先行争いで敗れ、
ラッキーライラックの後ろになってしまったのが厳しかった。
内で閉じ込められてしまい、動くに動けない体勢になり、
直線決め手勝負で分が悪かった。
ただ、調子自体は本調子の一歩手前といった感じだったので、
まだピークは先にありそう。
これで人気を落とすようなら次走は狙い目。
6
10
ジナンボー1.58.93/42-2-2-234.79
逃げたダノンキングリーにピッタリついて積極的な競馬。
直線で並びかけていき、力負けしてしまったが、
強敵相手に強気の走りはできていた。
ここは相手が強く通用しなかったが、
楽な相手なら直線で抜け出すぐらいの力はありそう。
G3で出てきたら注目しておきたい。
7
3
ブラストワンピース1.59.01/29-10-8-334.43
ポジションが取れず後方からになってしまい、苦しい展開。
すぐにペースも落ち着き、折り合いも少し苦労していた。
コーナーで外を回して上がっていったが、
内の馬場が良く、前も脚を残していて、捕らえられず。
状態以前に馬場や展開が全く不向きのレースだった。
得意不得意のハッキリしたタイプなので、
今後も適性の高いコースでのみ狙っていきたい。
8
6
レッドジェニアル1.59.13/45-5-5-734.512
馬群の中で我慢させながら追走したが、やや力んで走っていた。
少し窮屈な感じになってしまい、直線もあまり伸びず。
ここは相手が強かった感じがする。
G3ぐらいで見直してみたい。
9
7
ステイフーリッシュ1.59.41 1/25-5-5-534.98
スタートがあまり良くなく、
中段からになってしまい厳しかった。
ペースも遅く、
上がりが速くないこの馬にはノーチャンスになってしまった。
スタートの悪さは状態面の問題もあったかもしれない。
ただ、それを差し引いてもG1では足りない馬。
おそらくG2の出走のタイミングで仕上げてくるので、
タイミングよく狙いたい。
10
2
サトノソルタス1.59.4ハナ9-8-9-834.610
スタートの出があまり良くなく、後方から。
内枠だったので、どんどん被さられてしまい、
位置取りを悪くしてしまった。
3コーナーで外に持ち出して直線追い出すが、
内の馬場が悪くなく、ただ距離ロスをしただけになってしまう。
流れに乗った競馬ができなかった時点で厳しかった。
右回りは問題無さそうなので、次走改めて。
11
9
マカヒキ1.59.53/48-8-10-834.77
後方から進めるが、高速馬場でスローの流れでは出番なし。
もっと上がりのかかるレースでないと厳しくなってきた。
上がりもそれほど使えていなかったので、
状態も今一つだったのかもしれない。
時計がかかるようなレースならもう少しはやれそうな感じ。
12
1
ロードマイウェイ2.00.3512-11-10-835.56
ほぼ一塊で決着したレースで唯一離されて大敗。
ゲートを出た後も滑るような感じになり、
かなりバランスの悪い走りをしていた。
直線も脚の捌きがバラバラで全く勝負にならず。
能力以前にかなり不調のように感じた。
当面は様子を見た方が良さそう。

結果:的中
本命馬が勝利してくれましたが、相手が抑えで完全勝利とまではいかず。
抑えた2頭が2,3着だったので、抑えた甲斐はありました。
こういった人気決着の時はもっと絞っていければいいのですが…
面白そうな穴馬がいるとどうしても狙ってみたくなってしまいます。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダービー卿チャレンジトロフィー レース回顧

レース回顧
04 /05 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジトロフィー(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
4
クルーガー1.32.8-4-6-535.24
好位で立ち回り、速いペースについていかず、
マイペースでの競馬ができた鞍上の好騎乗が光った。
コーナーでも内でじっと我慢し、直線前が開いたのも良かった。
スムーズに抜け出し、後続を振り切って完勝。
レース運びが完璧だった面が大きいが、
馬自身も能力の衰えは見られない。
これ以上の相手は厳しそうだが、G3ならまだやれそう。
2
5
ボンセルヴィーソ1.33.12-4-8-535.413
好位から進め、コーナーで後続が上がってきても慌てず、
じっくり脚を溜めて追い出せたのが良かった。
勝ち馬には離されてしまったが、最後までしっかり脚が使えた。
良く走れていたと思うが前が潰れ、
後続が届かない展開に助けられた感もある。
今回は走れたものの重賞では少し足りないように見える。
3
6
レイエンダ1.33.1ハナ-10-9-935.25
周りのスピードについていけず、中段からになってしまったが、
折り合いは良くついていて、
しっかり脚を溜める競馬ができていた。
直線も隙間を縫って良く伸びてきており、いい走りをしていた。
今回のようなハイペースで好走できたのは収穫。
状態もまだ良くなりそうなので、今後に期待したい。
4
11
ケイアイノーテック1.33.21/2-14-12-1234.96
速い流れになって展開は向いたが、
コーナーでの押し上げがイマイチで直線足を伸ばすも届かず。
相変わらず末脚はいいものを持っているが、
少しポジションが悪かった。
もう少し直線の長いコースの方が良さそう。
このレベルの相手なら展開次第で勝てるはず。
5
7
プリモシーン1.33.31/2-10-11-835.21
中段外目からいいポジションで進めることができていたが、
直線はもう一つ伸びあぐねてしまった。
前走この斤量をこなしているとはいえ、やはり重い印象。
今回もそれほど悪い内容では無いが、
人気馬では少し狙い辛い印象。
6
14
ドーヴァー1.33.3ハナ-13-12-935.011
スタートでついていけず後方になってしまったが、
道中は上手く乗れていた。
コーナーでスルスルと内からロス無く上がっていけたが、
直線はそれほど切れなかった。
距離ロス無く運べたわりには直線の伸びは物足りない。
重賞では少し足りない印象。OP特別までの馬に見える。
7
2
ストーミーシー1.33.3クビ-2-2-136.13
スタートを決めて2番手で進めることができたが、
ペースが速く、道中息を入れれず。
4コーナーで先頭に立ったが、
そのまま押し切れるほど甘くなかった。
終いが甘くなってしまったが、
展開が厳しかった点は考慮しても良さそう。
内容はそれほど悪くなかったので、
夏のローカル重賞レベルなら期待できる。
8
15
カツジ1.33.3-16-16-1634.47
直線は大外を回して良く伸びてきていたが、
流石に最後方からでは厳しかった。
ただ、休み明けだった前走よりは良くなっているように見える。
今回ももう少し流れに乗れていれば上位もあったかもしれない。
そろそろ走ってきそうなので、注意しておきたい。
9
9
ブラックムーン1.33.51-14-15-1534.915
直線で大外から追い込み馬同士の叩き合いで敗れたあたり、
かなり衰えてきているように思う。
加速に時間がかかっていて、反応が鈍くなってきている。
重賞ではあまり期待できそうにない。
10
3
ジャンダルム1.33.63/4-4-5-236.22
好位のポジションにつけていいリズムで進め、
直線も前が開いて絶好の形だったにもかかわらず、
伸びずに大敗。
楽に抜け出せそうな感じだっただけに意外な敗戦。
かなり当てにしずらい面がある馬なので、
人気の無い時に狙う方が良さそうなタイプ。
11
8
トーラスジェミニ1.33.91 3/4-2-3-236.69
先手を取れず、ハイペースに巻き込まれる苦しい展開。
相手も強く、直線でアッサリかわされてしまった。
重賞ではまだ力不足の印象。
展開利が無いと厳しいかもしれない。
最内枠ならもう少しはやれるかも。
12
13
エメラルファイト1.34.01/2-12-12-1235.712
後方から進めるも、直線はそれほど伸びず。
見せ場すら作れず、かなり不調に見える。
いまいち芝のスピードに乗り切れていない感じなので、
ダート戦の方がいいかもしれない。
13
12
ペプチドバンブー1.34.74-4-9-936.810
スタートは良かったが、徐々にペースについていけなくなる。
オープン入り直後で重賞のハイペースは厳しかったかも。
クラス慣れがもう少し必要そうな感じ。
しばらくクラスの壁に阻まれるかもしれない。
ただ、重馬場巧者なので、雨が降った時は注意したい。
14
16
マイスタイル1.35.97-4-3-538.68
大外枠から飛び出していったが、先手は取れず、
先行馬群の外を回らされてしまう。
終始外を回らされて、ペースも速く、
全くこの馬らしい競馬はできず、4コーナーで失速。
直線はほとんど追っていなかった。
最後は走らせていなかったので着順は度外視でも。
内枠の方が確実にいいので、枠に注意したい。
15
10
ムーンクエイク1.36.85-4-6-1239.214
好位から進めていたが、4コーナーで失速。
道中も少し力んだような感じで、落ち着きが無かった。
かなり失速していたので距離が持たなくなっているのかも。
現状はこの距離は厳しそう。距離短縮でどれだけやれるか。
16
1
ナインテイルズ1.39.2大差-1-1-442.116
最内枠を活かして果敢に逃げていくが、4コーナーで捕まり、
そのままバテてしまった。
スプリント戦を中心に使われてきたので、
明らかに久々の距離で持たなかった印象。
ただ、ここまで止まるようでは距離を戻しても厳しい。

結果:不的中
単穴指名のクルーガーが勝利したものの、相手は買えず。
3着のレイエンダはまだしも2着のボンセルヴィーソは自分には狙える馬では無かったです。
そもそも展開はスローを予想していましたが、ナインテイルズが行く可能性は全く考えていませんでした。
スプリント戦で逃げる競馬をしたこともある馬が最内に入った時点で逃げる可能性を考慮するべきでした。
そうなれば当然落ち着いたペースにならないことは予想できたので、本命にしていたトーラスジェミニの評価を下げてクルーガーを本命や対抗評価まで上げて単勝は取れる可能性はあったのではないかと思います。
消す馬をいないものとしてしまったのは反省点です。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

マーチステークス レース回顧

レース回顧
04 /02 2020
3/31(火)に中山競馬場で行われたマーチステークス(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
12
スワーヴアラミス1.51.33-3-3-337.41
スタートはイマイチだったが、
押していって先行集団にとりつき、好位からの競馬。
落ち着いて走れていて、リズムよく追走できていた。
2着馬の脚色がかなり良かったが、
直線で並んでからは抜かせない勝負根性を見せ、
凌いで重賞初勝利。
ダートは条件戦で圧勝続きで、
オープン入り後に通用しない馬が多いが、
この馬にはそういった脆さは見られず、
前走でも並んでからかなり粘り強い走りができている。
今後に期待を持てる一頭。
2
2
クリンチャー1.51.3クビ13-13-10-436.74
スタートでバランスを崩し、後方からになってしまった。
ダートスタートは微妙かもしれない。
道中は自分のリズムで走れていて、
手応えたっぷりで3コーナーから上がっていき、
直線は勝ち馬との叩き合い。
惜しくも敗れてしまったが、
トップハンデだったことを考えれば上々の内容。
芝ではスピード負けしていたところがあったので、
ダートの方が向いているかもしれない。
これだけ走れていれば、すぐに勝てそう。
3
4
レピアーウィット1.51.72 1/214-14-14-1136.78
近走と同様に後方からの競馬になったが、
4コーナーから上がっていき、直線も良く伸びてきていた。
上位2頭には完敗の内容も、途中で止めることがなくなり、
最後までしっかりと走れていた。
今回の結果を過大評価するのは危険かもしれないが、
復調気配は見られる。
普通のOP競走なら勝ち負けできそう。
4
13
アシャカトブ1.51.83/45-5-4-437.75
好位から進めることができ、ソツなく走れていた。
上位2頭には直線で突き放されてしまったが、
この馬も力をつけてきている。
重賞常連になってくる日もそれほど遠くないはず。
5
15
メイショウワザシ1.51.82-2-2-138.06
枠の差で2番手追走になったが、かなりのスピードを持っている。
2番手でも折り合い面には問題無く、リズムよく走れていた。
3コーナーから前に並びかけていったが、
勝ち馬にピッタリとつけられ、
直線で抜け出せず、苦しくなってしまった。
もう少し楽に運べていれば、馬券内ぐらいはあったかも。
今回は枠に泣いてしまったが、
真ん中より内目の枠なら重賞でも十分やれそう。
6
7
コマビショウ1.52.11 3/410-10-8-837.67
走り自体は悪くなかったが、まだ重賞では少し足り無さそう。
現状は重賞ではこの辺りが限度かもしれない。
OP特別ならもっとやれると思うので、力をつけてこれば。
7
16
ナムラアラシ1.52.3115-15-15-1537.010
後方から進め、直線は良く伸びてきていたが、
コーナーでのペースアップがイマイチ。
ポジションを上げることができず、後ろからすぎた。
加速してからはいい脚を使えているが、
加速するまでに時間がかかりすぎている。
このあたりが改善されれば、G3程度までならまだやれそう。
8
8
テーオーフォース1.52.51 1/49-9-4-438.412
中段外目につけ、3コーナーから早めに仕掛けていったが、
かわすどころかスピードについていけなくなってしまった。
直線も速めに動いた分、甘くなってしまっていた。
重賞はまだ早かったかもしれない。
OP競走ならもっとやれても。
9
5
タイムフライヤー1.52.71 1/48-7-8-838.33
内を回ってロス無く運べていたが、直線は伸びず。
距離はマイルの方が良さそう。
あまり器用さが無さそうなので、ワンターンの競馬の方がいい。
左回りで距離短縮なら見直したい。
10
14
メイショウスミトモ1.52.81/212-12-13-1337.916
終始馬群の後ろにつけ、
直線はただついていってなだれ込んだだけ。
見せ場も特になく、重賞では通用しなくなっている。
レベルを落とせば展開次第では掲示板はあるかもしれないが、
今後も積極的に狙っていける馬ではなさそう。
11
10
ローズプリンスダム1.53.3310-10-12-1138.611
先行争いには参加せずに控えて内に入れ、
距離ロス無く進めていったが、特に速い上がりも使えず凡走。
この馬の能力だとこの結果は妥当で、ここは相手が厳しかった。
控える競馬は全くいいところが出なさそうなので、
楽に先行できるような相手関係でないと厳しそう。
12
3
サンマルデューク1.53.8316-16-16-1638.014
流れについていけず、ばてた馬をかわしただけ。
最軽量の斤量でこの結果ではかなり厳しい。
相手関係が楽になったとしても、上位は期待できない。
13
6
ルールソヴァール1.54.11 3/47-7-10-1339.515
スタートは良かったが、道中のペースについていけず、
ズルズルと後退していってしまった。
前走から間隔が空いていたので、レース感が無くなっていた。
力のある馬だが、もう8歳でここから復活があるかどうか。
調教の動きで変わり身があるか見極めていきたい。
14
11
テルペリオン1.54.52 1/23-3-4-840.313
先手を主張せず控えて3番手につけるも、
周りに馬を置くのは良くなかったかもしれない。
3コーナーでズルズルと後退していってしまい、
全く自分の走りができていなかった。
ここは度外視でも良さそう。
同型馬不在のタイミングで狙ってみたい。
15
9
リアンヴェリテ1.54.61/21-1-1-240.89
出鞭を入れてハナを奪い、マイペースの逃げになったが、
ピッタリ後ろがついてきて、楽逃げとはいかず。
4コーナーでかわされてからは走る気を失くしてしまった。
このレベルでは同型馬がいると厳しくなりそう。
16
1
ワイルドカード1.54.81 1/25-5-4-440.72
好位の内目で絶好のポジションから進めていたが、
4コーナー辺りで手応えが無くなってしまった。
前回の中山でも直線で脚が無くなっているので、
この高低差のあるコースが致命的に苦手な可能性が高い。
能力はある馬なので今回の結果は度外視でいいと思うが、
中山コースを使ってきた時は徹底的に嫌った方が良さそう。

結果:不的中
本命馬のスワーヴアラミスがきっちり勝利してくれましたが、相手を買えておらず不的中。
2着に入ったクリンチャーの評価が低すぎました。
ダート初戦で結果を出していましたが、トップハンデは厳しいと思い、買い目に入れなかったのが失敗でした。
逃げ馬の1頭であるテルペリオンを抑えに入れていましたが、
逃げ馬3頭いる今回はつぶし合いも考慮してこっちの評価を落としても良かったかもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

高松宮記念 レース回顧

レース回顧
03 /31 2020
3/29(日)に中京競馬場で行われた高松宮記念(G1)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
 
1
16
モズスーパーフレア1.08.7- -1-134.59
スタートから飛ばしていき、この馬らしい競馬ができていた。
道中は後続を全く寄せ付けないスピードで、
直線は苦しくなったが降着もあり、
人馬ともに悲願のG1初制覇。
全く先行争いされなかったのは良かったが、
今回の馬場でここまで凌いだのは成長の証。
左回りもそれほど得意ではないわりに走れていたので、
よほど状態が良かったように思う。
毎回全力タイプなので、
間隔を空けたローテーションも良かったかもしれない。
2
8
グランアレグリア1.08.7ハナ- -13-1233.12
初の1200m戦だったせいかスタートダッシュで後手を踏み、
後方からになってしまった。
それでも道中はしっかりとついていくことができていて、
重馬場も問題無く走れていた。
直線で外に持ちだし追われると、
凄い加速で先行馬を落ち詰めていた。
惜しくも差し切れなかったが、強さは十分出せていた。
気性的には距離短縮は良かったが、慣れは必要そう。
マイル戦でもこれぐらい落ち着いて走れれば、
相手はいないかもしれない。
3
3
ダイアトニック1.08.7- -4-433.74
スタートを決め、好位から最高のポジションで進めていた。
スムーズにコーナリングして絶好の形で直線に向いて追い出し、
前を捕える勢いだったところで不利を受けてブレーキ。
すぐに立て直したが、流石に残りの距離が少なすぎた。
勝ってもおかしくなかったぐらい走れていた。
左回りでここまで走れたのは収穫。
京都以外でも期待できる内容だった。
4
11
クリノガウディー1.08.7- -3-333.815
1200mのスピードにも良く対応できていて、3番手につける。
距離短縮が良かったかもしれない。
直線はセイウンコウセイが隣にいる間は良かったが、
抜け出すと一気に内にモタレてしまい、
他馬に迷惑をかけてしまった。
距離は合っていそうなので、真っ直ぐ走れるようになれば。
※1位〔タイム1分08秒7,着差ハナ〕に入線したが,
最後の直線コースで内側に斜行して「ダイアトニック」号および
「モズスーパーフレア」号の走行を妨害し,かつ,
走行妨害がなければ被害馬が先に入線していたと
認められるため4着に降着。
5
17
シヴァージ1.09.02- -15-1533.112
スタートはそれほど良くなく後方からになってしまったが、
じっくり脚を溜めて、直線は良く伸びてきていた。
もう少し前が止まってくれる展開なら、
際どい勝負までもつれこんだかも。
重馬場を全く苦にせず走れるので、
今後も馬場が悪化するタイミングで狙ってみたい。
6
7
グルーヴィット1.09.0ハナ- -15-1433.213
これまでのレースと違い後方で脚を溜める競馬をしたが、
上手く嵌って直線はいい脚を使えていた。
距離短縮やブリンカー効果もあってか、
最後まで集中も途切れず走れていた。
上位には離されたものの良く走れている。
これぐらいしっかり走れていれば、G3ぐらいは勝てるはず。
距離は短い方がいいかもしれない。
7
12
セイウンコウセイ1.09.1クビ- -2-234.46
2番手から理想的な競馬が出来ていたが、
直線でキレ負けしてしまった。
力は出し切っていたと思うので、
上位には完全に力負けかもしれない。
スプリント未経験の若い馬にも負けてしまい、
世代交代を感じるレースだった。
8
4
ティーハーフ1.09.1ハナ- -8-933.817
今回はスタートからポジションを取りに行き、
中段馬群の後ろにピッタリつける。
いつものように直線だけの競馬にならなかった分、
末脚はいつもほどでは無かったが、それでも良く伸びていた。
10歳という年齢を考えるとかなりいい内容だった。
10歳限定戦があれば、間違いなく上位の存在。
引退も近そうだが、夏のローカル辺りで最後に一発あるかも。
9
1
ステルヴィオ1.09.31- -8-734.17
中段でピッタリ内ラチ沿いで距離ロス無く運べ、
最善を尽くしたレースはできていたと思うが、
距離が短く、スピード負けしてしまった印象。
この距離は短すぎたかもしれない。
ここは適性距離の差でまけてしまったが、良く走れている。
マイルぐらいの距離に戻れば、十分好走圏内。
10
6
ダノンスマッシュ1.09.72 1/2- -7-434.73
スタートで滑ってしまい、やや後手を踏んでしまった。
すぐに中段にとりついていくことはできたが、
もう一段前で競馬をしたかったところ。
ただ、直線はそれほど伸びておらず、
スムーズにスタートを切れていたとしても、
上位には食い込めなかった可能性が高い。
今回のような鋭い決め手勝負では分が悪そう。
多少上がりがかかるようなレースで狙うべきなのかもしれない。
11
2
アウィルアウェイ1.09.7- -8-1134.211
ポジションを取りに行こうとするが、
被せられて中段まで下がってしまった。
後手後手に回ってしまい、この馬の良さは出せていなかった。
重馬場だったのも良くなかった。
ただ、G1は敷居が高いように見える。
G2やG3までの馬かもしれない。
12
9
タワーオブロンドン1.09.83/4- -8-934.51
4コーナーまではこの馬らしい絶好の形で競馬ができていたが、
直線で追い出してからは全く伸びが見られなかった。
乗り替わりだったが、特に鞍上に問題は無かったように思う。
かなり不可解な負け方。
昨年夏から使い詰めの疲労がここで来たのかもしれない。
じっくり休養を当てた方がいいかも。
13
14
モズアスコット1.09.9クビ- -17-1733.75
スタートから終始行き脚がつかず、後方から動けなかった。
直線で馬場のいいところに持ち出してからは、
いくらか伸びてきていたが、位置取りが後方過ぎた。
距離というよりは馬場が合わなかったように見える。
順調に調整できなかった影響もあるかもしれない。
今後はどのような使い方になるかわからないが、
重馬場の時は避けた方が良さそう。
14
15
ナックビーナス1.10.32 1/2- -4-435.314
それほど積極的に行かず、好位の外目から進めていたが、
コーナーで前を外から追いかけるような形になり、
全くこの馬らしい走りはできていなかった。
外枠だったので仕方ない面もあるが、
かなり中途半端な乗り方をしてしまったように思う。
不完全燃焼なのでここは度外視でも。まだ見限る必要は無い。
15
18
ノームコア1.10.61 3/4- -8-1235.08
スタート良く中段外目につけ、流れに乗った競馬はできていた。
初めての距離だったが、特に問題は無さそうな感じ。
ただ、馬体が少し重そうで直線はあまり反応せず。
いかにも叩き台仕上げといった感じで、
ここを獲りに来たレースでは無かったように思う。
次走は一変してくるかもしれないので、
馬体の変化には注目しておきたい。
16
5
ラブカンプー1.10.6クビ- -4-735.418
内からも外からもスピードのある馬がいて、
包まれるような形になり、冷静さを失ってしまった。
コーナー辺りでいつ止めてもおかしくないような感じに。
直線でズルズルと後退していってしまった。
ここは相手が強かったので仕方が無いと思うが、
行くしか無い馬がここ最近揉まれる競馬ばかりしている。
逃げ馬不在の相手関係でどんな競馬をするのか見てみたい。
17
13
ダイメイプリンセス1.10.92- -13-1535.016
調子自体もあまり良くなかったと思うが、
重馬場は全く合っていなかった。
道中の追走も直線での追い出しでも全くいいところが見られず。
相手も強かったのでこの結果は仕方ない。
良馬場でローカル競馬を使ってきたときが本番。
18
10
アイラブテーラー1.21.9大差- -18-1842.910
全く走る気が見られなかった。
故障したのかと思うような内容。
G1初挑戦ながら、最終追い切りをしていなかったあたり、
かなり調子が悪かった可能性が高い。
正直、出走取消した方が良かったと思う。
かなり負け方が悪すぎるので、次走は様子を見た方が良さそう。

結果:不的中
印をつけた馬が一頭も掲示板にすら乗らず、完敗でした。
本命のダノンスマッシュ、対抗のタワーオブロンドンが全く走らず意外でした。
負けるにしてももっと走れる馬だと思っていたのですが…
重馬場巧者のシヴァージが5着まで突っ込んできている辺り、かなり特殊な馬場だったのかもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

毎日杯 レース回顧

レース回顧
03 /30 2020
3/28(土)に阪神競馬場で行われる毎日杯(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
8
サトノインプレッサ1.47.9- -10-835.32
今回もスタートが悪く、今後の課題になっていきそう。
直線で馬群の中を割って伸びてきた内容は秀逸。
前が塞がれるようになりながらも力強く伸びてきていた。
ただ、今回のメンバーはアルジャンナ以外、
さほど強い相手では無く、評価しすぎるのも良くないかも。
ゲート難という欠点を持っているので、
前残りが予想される場合はバッサリ切ることも考えたい。
2
2
アルジャンナ1.48.03/4- -7-435.71
今回も相手が強く2着止まり。
道中や最後の直線で並んだ馬に寄っていくようなところがあり、
少し精神面で幼さが感じられる。
その辺りが決めきれない原因の一つかもしれない。
賞金的には大きいところにも使えそうだが、
ここで勝ち切れないようでは一線級相手は厳しい。
これまで先着した相手にそれほど強い馬がおらず、
強い相手には完敗の内容。
前評判ほどの能力は無いかもしれない。
3
5
ダノンアレー1.48.42 1/2- -3-236.34
速い流れを先行し、やや厳しい展開になったが、
最後まで脚は止まっていなかった。
上位2頭の決め手には屈してしまったが、
内容的には悪くなかった。
重賞はすぐには難しいかもしれないが、
この出来なら自己条件は押し切れるはず。
4
7
メイショウラツワン1.48.71 3/4- -1-137.09
先手を主張していったが、それほどスピード勝ちできずに、
ハナ争いでペースを上げすぎてしまった。
道中はいいリズムで走れていたが、
直線は少しフラフラした走りで、余力が無かった。
着順は悪くないが、上位には完敗。
もう少し成長してからかもしれない。
5
10
メイショウダジン1.48.91- -9-1036.28
初芝でペースにややついていけずに最後方から。
それほど離されずについていけていたが、
稍重の馬場が良かったように思う。
良馬場だと芝のスピードについていけなかったかも。
直線は外から追い出したが、内が止まらず。
芝よりもダートの方が良さが出そうだが、
馬体を減らしているので、少し休養を挟んだ方が良さそう。
6
6
ストーンリッジ1.48.9クビ- -5-836.43
中段で進めていたのに3コーナーでポジションを落とし、
位置取りが悪くなってしまったのは鞍上にミスに見える。
直線入口は前が壁になり、外に出すしか無くなってしまった。
最後まで脚は止まっていなかったので、
もう少し位置取りが良ければ掲示板は取れていたと思う。
乗り難しさがあるのかもしれない。
腕のある騎手が乗ってきた時に注目したい。
7
4
テイエムフローラ1.49.11 1/4- -5-436.86
半年ぶりのレースだったが、マズマズ流れに乗って走れていた。
やや後手に回りながらのれーすになってしまったが、
レース慣れしてこれば解消されていくはず。
ただ、それほど成長は見られなかったので、
自己条件で力をつけていく必要はありそう。
8
3
アーニングフェイム1.49.41 3/4- -7-737.010
ポジションを取れず、後方になってしまい、
何もできずの内容。
まだ重賞は早かった印象。
この内容では自己条件でも厳しいかもしれない。
クラス慣れが必要そうな感じ。
9
1
アーヴィンド1.50.03 1/2- -2-238.05
芝替わりだったが、行き脚は悪くなかった。
道中の雰囲気も良かったが、直線で苦しくなってしまった。
止まってしまったのはペースがきつかったのかも。
使っていけば良くなりそうなので、芝でも十分期待できる。
10
9
トウケイタンホイザ1.51.38- -3-439.07
久々のレースだったせいか、道中はかなり力みが見られた。
そのせいもあってか直線で一気に失速。
今回はまだ仕上がっていなかったように思う。
じっくり作っていけば、自己条件ぐらいは突破できそう。

結果:的中
人気決着でしたが、馬連、ワイドの1点勝負でしたので、ホッとしました。
結果的には馬連1点や馬単勝負をしても良かったかもしれませんが、
このところ的中が無かったので、少し弱気が出てしまったかも。
配当は低いですが、手を広げずに的中できたのは良かったです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年3月結果
本命馬 (5.2.2.7)
回収率 34%

2020年累計
本命馬 (8.7.4.17)
回収率 100%