2020年01月30日 - 競馬鹿の重賞レース予想

シルクロードステークス 出走馬前走診断

前走診断
01 /30 2020
2/2(日)に京都競馬場で行われるシルクロードステークス(G3)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


アウィルアウェイ評価B
19/11/24
京都芝1200m
京阪杯(G3)
4着
やや後方からの競馬。
道中はいいリズムで走れていたが、
ファンタジストの故障のあおりを受け、
ややバランスを崩す。
それでもすぐに立て直して直線は良く伸びていた。
もう少し前で競馬ができていれば、
上位もあったかもしれない。
エイティーンガール評価A
19/12/28
阪神芝1200m
ファイナルS(1600万)
1着
ゲート内で落ち着きが無く、やや出遅れて後方から。
スタートは悪かったが、
道中はマズマズ落ち着いて走れていた。
直線で外に持ち出して、鋭い末脚で一気に差し切った。
決め手はかなりのもので、
この脚が使えるなら上のクラスでも期待できる。
カラクレナイ評価B
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
3着
以前は脚を溜める競馬をしていたが、
近走は前で進めることが多く、このレースも好位から。
やや行きたがる面を見せ、
4コーナー辺りから前を捕らえに動いたが、
比較的落ち着いたペースだったため、前も止まらず、
逃げ切られる。
展開に恵まれての3着ではあるが、
割とどんな競馬でもできそうなので、対応力は高く見える。
ジョイフル評価A
19/12/14
阪神芝1200m
タンザナイトS(OP)
1着
後方からの競馬。
スンナリと隊列が決まり、平均ペースで流れた。
前が残る流れだったが、直線外に持ち出して、
大外からまとめて差し切っての勝利。
ハンデ戦で斤量が良かったとはいえ、
ナックビーナスを差し切ったのは評価できる。
近走は末脚も安定してきており、重賞でも面白そう。
セイウンコウセイ評価B
19/10/26
京都芝1400m
スワンS(G2)
8着
大外枠からのスタートだったが、ポジション争いもなく、
スムーズに2番手追走。
道中もいい感じで走れていたが、
直線に入って苦しくなってしまった。
先行争いは楽だったが、久々の距離で持たなかった感じ。
スプリント戦の方が良さそう。
ダイシンバルカン評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
9着
マズマズのスタートを決め、好位につける。
位置取りは良かったが、馬群に包まれており、
3コーナー手前で前と横が詰まり、窮屈そうな形に。
それでも気持ちが切れることなく最後まで走れてはいたが、
踏ん張りは利かず。
気性面は良さそうだが、能力的にはオープンでは厳しい。
ダイメイプリンセス評価B
19/9/29
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
6着
スタート直後、うまく内に切れ込むことができ、
距離ロスの無い競馬ができた。
道中も流れに乗って、いい形で直線に向くも、
一線級のスプリンターには力負けしてしまった。
トップクラス相手には分が悪いが、
能力の衰えは見られず、G3ぐらいならまだまだやれそう。
ティーハーフ評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
14着
いつも通り後方から進めたが、ペースが落ち着き、
前有利の展開で厳しくなってしまった。
その上、トップハンデの59kgだったので、
直線での追い出しもあまり伸びが見られなかった。
高齢馬ではあるものの、
この1戦で見限ってしまうのは危険かもしれない。
流れが速くなった時に期待したい。
ディアンドル評価C
19/9/29
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
13着
スタートこそ五分だったが、今回のペースにやや苦戦気味。
追走で手いっぱいになってしまい、いいところなく敗れる。
これだけの速い流れは初めてで、一気の相手強化も堪えた。
ここを糧に成長するかどうか注目したい。
ディープダイバー評価C
19/12/14
阪神芝1200m
タンザナイトS(OP)
9着
スタートを決め、好位からの競馬。
ペースも速すぎず、道中は流れに乗って走れていた。
直線は前が塞がったが、やや強引に外に出して追い出す。
もっと伸びてもいいような形だったが、
周りと同じ脚色になり、ラストは若干ふらついていた。
古馬との対戦になってから結果が出なくなっている。
オープンレベルならもっとやれそうな感じはある。
ナランフレグ評価B
19/12/15
中京芝1200m
浜松S(1600万)
1着
スタートは普通だったが、後方に下げて脚を溜める。
周りを先に行かせてからコーナーで外に持ち出す。
直線は馬場のいい大外まで出していき、
末脚を爆発させて一気に突き放して勝利。
前が潰れる展開が向いたが強い勝ちっぷり。
良績が左回りに偏っていて器用さはあまり無さそう。
新潟辺りで狙いたい馬。
ハッピーアワー評価B
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
6着
ゲートをスムーズに出れず、後方からになってしまう。
馬群にとりついていったが、馬の後ろに入ると、
頭を高く上げて、折り合いを欠いてしまっていた。
外に持ち出してからはいい脚を使えており、
展開が向かなかったので上位にはなれなかったが、
力は見せていた。
気性面から距離はこの距離が良さそう。
いい末脚を持っているので、道中落ち着けば重賞でも。
ビップライブリー評価C
20/1/6
中山芝1200m
カーバンクルS(OP)
6着
内の馬がハナに立ち、スムーズに2番手追走。
マズマズのペースで流れは悪くは無かったが、
周りの馬のレベルが高く、直線は踏ん張り切れなかった。
別定戦で斤量を背負わされたが、
軽斤量の馬は能力が高い馬がそろっていた。
年齢的に上積みは見込めず、相手関係に苦しみそう。
ペイシャフェリシタ評価B
20/1/6
中山芝1200m
カーバンクルS(OP)
2着
後方外目につけ、
3コーナーから自分から動いて前との距離を詰めていく。
直線もいい脚を使って良く伸びていたが、
勝ち馬にさらに鋭い脚を使われてしまっての2着。
強い競馬ができていたが相手が悪かった。
内容は悪くなく、次につながりそうなレースはできている。
モズスーパーフレア評価B
19/11/24
京都芝1200m
京阪杯(G3)
8着
スピードの違いでハナを切って逃げていく。
ハナを取るのに苦労せず、理想通りの競馬ができていた。
道中は完璧なレース運びだったが、
直線は馬場の悪い内目を走り、止まってはいないものの、
脚色で見劣ってしまった。
内にこだわらずに外目を走ればもう少し粘れたはず。
ただ、斤量は克服できていたので、
開幕週のような馬場ならいつでも勝てそう。
ラブカンプー評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
11着
スタートから積極的に出していったが、
外から被せられて、好位からの競馬。
また、被せられたときに嫌がる素振りを見せていた。
道中も周りの馬を気にするような感じで、
走りに集中できていなかった。
直線はズルズルと下がってしまい、馬群に飲まれた。
大敗ではあるものの、
近走に見られた途中で止めてしまうようなことは無かった。
周りに馬がいてもなんとか我慢できており、
気性面が良くなれば、再度走ってくるかもしれない。
ラヴィングアンサー評価B
19/12/1
中山芝1200m
ラピスラズリS(L)
5着
距離短縮で他の馬のスタートのスピードに遅れ、
後方からの競馬。
ゆったりとした流れになり、一段で動けず厳しい形。
直線も前が止まらず、一段で前も狭くなり、
脚を持て余すような感じになってしまった。
力負けといった感じでは無いが、
距離はもう少しあった方が走りやすかったかもしれない。
レッドアンシェル評価A
19/6/30
中京芝1200m
CBC賞(G3)
1着
スタート良くスムーズに中段の外目を追走。
馬群が一塊のレースだったので、
揉まれない位置取りを確保できたのが良かった。
重馬場も苦にせず、
きっちりと差し込んでくる強い内容だった。
スプリント戦では今後も期待できそう。

注目は前走ナックビーナスを倒しているジョイフル。
前が残る流れを直線だけで差し切った末脚はかなり評価していいと思います。
斤量の恩恵があったおかげとも見れますが、それでも強い勝ちっぷりでした。
今回は56kgと前走から+2kgになりますが、斤量負けしそうな感じもなく、状態が良ければチャンスは十分ありそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

根岸ステークス 出走馬前走診断

前走診断
01 /30 2020
2/2(日)に東京競馬場で行われる根岸ステークス(G3)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


アードラー評価B
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
4着
スタートは控えて最後方から進める。
先行馬がやり合って理想的な流れで運べたが、
後方の馬が4コーナーから外に出していったため、
直線はさらに外に持ち出すようになってしまった。
良く伸びていたものの位置取りの差が出てしまった。
このクラスでも通用する能力はありそうだが、
展開任せの部分が大きく、器用さが欲しい。
カフジテイク評価B
19/12/22
阪神ダ1400m
ギャラクシーS(OP)
7着
いつものように後方からの競馬だったが、
口向きの悪さが目立ち、
折り合いがあまりついていなかった。
結局、前に壁を置くのを諦めて、外に持ち出し、
かなり距離ロスした状態で追走していた。
流石にここまでロスが多いと、
いつもの決め手を出すことはできず。
トップハンデの斤量も厳しかったと思うので、
今回は度外視しても良さそうだが、
乗り慣れた鞍上でないと厳しいかもしれない。
コパノキッキング評価A
19/12/8
中山ダ1200m
カペラS(G3)
1着
スタートから出していき、ハナを取る勢いだったが、
行く馬がいたので、控えて4番手追走。
ハナを切らなくても落ち着いて追走できていた。
直線追い出して一歩ずつ前を詰めていき、
最後は突き放して勝利。
ここでは力が違った。大きいところで走るレベルの馬。
サングラス評価C
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
8着
そろっとしたスタートから後方待機。
内目に入れて自分のリズム重視で走っていた。
じっと我慢して、直線に入ってから追い出すも、
進路を求めながらの追い出しになり、
ジリジリと詰めていったのみ。
ややパンチ不足の感が否めない。
スマートアヴァロン評価B
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
3着
後方から進め、勝ち馬をマークするような形で運ぶ。
4コーナーから動いていった勝ち馬に少し遅れてついていき、
最後までしっかりと追いかけていたが、
脚色が同じになってしまった。
勝ち馬を目標にでき、展開も向きながらも、
勝ち切れなかったのはもったいない内容。
オープンなら十分勝てる力はあると思うが、
決め手に欠けるところがある。
ダノンフェイス評価B
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
1着
後方外目を追走し、いいペースで進めることができていた。
向こう正面で馬群の中に入れようとしていたが、
砂を被るのを嫌ったか、やや前から置かれてしまっていた。
4コーナーで前との差を詰めていき、
直線は外に出してしっかり伸びて差し切り勝ち。
馬群の中でごちゃつくような競馬が難しそうだが、
スムーズな競馬なら重賞でも好勝負できそう。
テーオージーニアス評価B
19/12/8
中山ダ1200m
カペラS(G3)
2着
後方からの競馬。
テンが速く、少し置かれ気味になる。
やや追走には苦労していたが、
直線外に持ち出してからは良く伸びてきて2着確保。
勝ち馬には離されたものの、やはりこの距離がベスト。
十分このクラスでやれる力はある。
テーオーヘリオス評価A
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
2着
スタートから積極的に出していったが、
周りも速く先行集団の後ろが精一杯だった。
ペースが落ち着かなく、先行馬には厳しい流れだったが、
しっかりと追走できていた。
直線で一歩ずつ先行馬を詰めていったが、
後方にいた勝ち馬の決め手に一気に交わされてしまった。
それでも先行した中では最後までしっかりと走れており、
いいレースができていた。
距離は走り方を見る限り、1400mまでに見える。
ドリームキラリ評価B
19/11/17
東京ダ1400m
霜月S(OP)
4着
外枠からだったが積極的に押していき、ハナを奪いきる。
外からやや強引に先手を取りに行ったため、
先行争いがやや長引き、かなり脚を使ってしまった。
流石に直線は苦しくなったが、バタバタになることは無く、
食らいつくことはできていた。
重賞でも通用するレベルの馬。
楽に先手が取れるようなメンバーの時はアッサリ決めても。
ノボバカラ評価B
19/12/27
園田ダ1400m
兵庫GT(G3)
4着
スタートから押していったが、あまり速くなく、
馬群の後方になってしまった。
道中もかなり気合を入れられながら追走しており、
ややペースに苦労していた感じ。
最後まで止まってはいないが、
あまりメリハリはついていなかった。
まだ走れているが、ワンパンチ不足が続いている。
ブルベアイリーデ評価B
20/1/13
京都ダ1400m
すばるS(L)
5着
スタートは普通だったが、
道中ジワジワと上げて好位のポジションで進める。
先行馬を見ながら、いい位置で競馬が出来ていたが、
ペースはやや速く、距離も忙しいような感じだった。
それでも直線は馬群の間を縫って最後まで走れていたが、
後続馬の決め手に屈してしまった。
昇級初戦としては悪くない内容。
ただ、距離はもう少しあった方が持ち味が活きそうな感じ。
ミッキーワイルド評価B
19/11/17
東京ダ1400m
霜月S(OP)
1着
スタートで躓くも遅れることなく、
中段のポジションをキープ。
道中は外目を回り、ややロスの大きい競馬。
直線に入って追い出し、伸びてはいるが、
内にササってしまい、最後は際どくなったがなんとか勝利。
もっと抜け出して勝利してもいい相手関係だっただけに、
成長力にはやや不満が残る。
モズアスコット評価C
19/11/17
京都芝1600m
マイルCS(G1)
14着
スタート五分だったが、外枠だったせいで中段につけるも、
内に入れられず、外を回らされる。
馬群の一番固まったところの外を回る羽目になり、
大きな距離ロスのまま走ってしまった。
直線は余力が無くなってしまい、全く伸びず。
ポジションがあまりにも悪かった。もったいない内容。
ヨシオ評価B
20/1/19
中山ダ1200m
ジャニュアリーS(OP)
1着
前走から一気の距離短縮だったが、
スタートのスピードにも対応でき、好位のポジションに。
全体的にやや速めに動いていったが上手くハマり、
最後もセーフティーリードを保って勝利。
前の馬が自滅してくれたり、やや恵まれた感じがある。
重賞でいきなりはどうか。
ワイドファラオ評価C
19/12/1
中京ダ1800m
チャンピオンズC(G1)
14着
スタートで脚を滑らせ、
中段の外目のポジションが精いっぱい。
もう少し前の位置で競馬したかったところ。
それでも道中はしっかり流れに乗れており、
3コーナーから前に並びかけていくところまでは良かった。
直線で失速してしまったが、距離も少し長く、
外を回ってきた結果のように思う。
また、ダートのスタートより、
芝スタートの方がこの馬の先行力が活かせそう。
ワンダーリーデル評価B
19/12/1
中京ダ1800m
チャンピオンズC(G1)
11着
後方から自分のリズムで走れていた。
距離やコーナーは特に問題無かった。
4コーナーから捲っていこうとするが、
周りも速く、前に出ることはできなかった。
しっかり走れていての結果なので、力負け。
G1ではまだ厳しい。

注目はやはりここでは一枚抜けている印象のコパノキッキング。
前走は重賞でも別格の強さを見せており、今回は鞍上も強化。
ここまで掲示板を外したこともなく、普通に走れば。
ただ、これまで乗り替わりの多かった馬がここ1年ずっと藤田騎手とのコンビだったので、鞍上の癖がついてないかが気になるところ。
抜けた1番人気になりそうだが、あまりに人気を被るようなら嫌いたい。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年3月結果
本命馬 (5.2.2.7)
回収率 34%

2020年累計
本命馬 (8.7.4.17)
回収率 100%