2020年02月12日 - 競馬鹿の重賞レース予想

京都記念 登録馬前走診断

前走診断
02 /12 2020
2/16(日)に京都競馬場で行われる京都記念(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アメリカズカップ評価B
19/11/16
京都芝2000m
アンドロメダS(L)
7着
好スタートを決め、大外枠から2番手追走。
先行争いも起きずに、スムーズにポジションを確保できた。
道中のペースも淡々とした流れでそれほど厳しくなく、
理想的な展開で進めることができていた。
直線は後続にかわされてしまったが、
上位は重賞でも好走できるレベルの馬。
同レベルの馬には負けていないので、
オープンならいずれチャンスは来るはず。
アルメリアブルーム評価B
20/1/18
小倉芝2000m
愛知杯(G3)
2着
中段に構えてどんな流れにも対応できる理想的な競馬。
内にいたが、4コーナーから外に出していき、
いい形で直線に向き、良く伸びてきていた。
正攻法の競馬で、文句無しの走りだったが、
勝ち馬の決め手には及ばず。
斤量差を考えるとやや不満は残るが、
牝馬重賞なら十分勝負できるだけの力はある。
カレンブーケドール評価A
19/11/24
東京芝2400m
ジャパンC(G1)
2着
内枠のおかげでスムーズに好位につけることができた。
道中も折り合いがつき、リズムよく走れていた。
いい形で直線に入ることができ、良く走れていたが、
前を捕まえることはできなかった。
良馬場ならもっと脚が切れたかもしれない。
もうちょっとの競馬が続いているが、能力はやはり高い。
いつ勝ってもおかしくないレベルの馬。
ガンコ評価C
19/6/30
函館芝1800m
巴賞(OP)
13着
中段につけ、外に持ち出して追走。
道中はマズマズいい感じで運べていたが、
3コーナー手前で後続が上がってきたのに合わせて、
コーナーで上がっていってしまう。
かなり速い仕掛けになってしまい、
直線はバタバタになり、全く走れていなかった。
長期休み明けと斤量59kgのわりにちょっと雑なレース運び。
流石にこの内容ではどうにもならない。
クラージュゲリエ評価B
19/5/26
東京芝2400m
東京優駿(G1)
6着
スタート良くポジションを取りに行き、
好位からの競馬。
馬群に包まれて、やや走りづらそうにしていたが、
ペースが速く、縦に伸びてからはスムーズに走れていた。
直線は決め手のある馬にかわされてしまったが、
良く食らいついて走れていた。
普通のG3ぐらいなら通用するぐらいは走れている。
クロノジェネシス評価B
19/11/10
京都芝2200m
エリザベス杯(G1)
5着
好位のポジションから進めることができた。
スローペースだったため、道中はやや行きたがる面も。
4コーナーまで我慢させ、直線に入って追い出したが、
ちょっと遅すぎるような気も。
結局前を走っている馬を捉えることができず。
前の馬を一頭も捉えることができていないのは、
大事に乗りすぎていて、明らかに鞍上の騎乗ミス。
もっと積極的な騎乗をしてもらいたかった。
ステイフーリッシュ評価A
20/1/26
中山芝2200m
AJCC(G2)
2着
逃げ馬の後ろにつけ、
距離ロス無く内ラチ沿いをピッタリ回る。
ペースも良く、理想的な流れで運べていた。
最後までピッタリと内を回り、
直線はいったん先頭に立ったが、
勝ち馬にかわされてしまい、惜しい2着。
敗れはしたものの勝ち馬はG1馬ということを考えれば、
良く走れている。
上がりがかかる競馬になるとやはりしぶとい。
ドレッドノータス評価C
19/10/27
東京芝2000m
天皇賞秋(G1)
16着
スタートから押していき、積極的な競馬で好位から。
前の2頭に比べて、ペースについていけない感じで、
追走に苦労していた。
3コーナー辺りで手応えが怪しくなり、
直線に入る前に馬群に沈んでしまった。
ペースが速く、ついていけなかった。
もっと時計がかからないと厳しい。
ノーブルマーズ評価B
20/1/5
中山芝2000m
中山金杯(G2)
4着
好スタートから2番手追走。
流れも落ち着き、いいポジションで進めていたが、
終始内にササるような感じで、デキはもう一歩の感じ。
それでも直線は内を突き、しぶとく走れていた。
馬場はピッタリと合っていた感じだが、
距離はやはりもう少しあった方が良さそう。
状態ももう少し上がってきてほしいところ。
プリンスオブぺスカ評価B
20/1/19
京都芝2400m
日経新春杯(G2)
5着
中段外目につけていたが、ペースが遅いとみて、
向こう正面で3番手まで上がっていく。
その後は落ち着いてペースに合わせて走れていた。
直線はやや脚色が鈍っていたものの、
前にいたおかげで良く粘った走りができていた。
距離はもっと長い距離もこなせるような感じなので、
長距離レースで狙ってみたい。
ジャパンカップ2着のカレンブーケドールは当然評価すべきだと思いますが、注目はステイフーリッシュ。
前走は鞍上の腕込みの着順かもしれませんが、上がりのかかるレースではやはり存在感を出していました。
なかなか勝ち星に恵まれていませんが、G2やG3ならいつ勝ってもおかしくない能力はあると思います。
京都記念は昨年2着になってもいますし、今回は間隔が詰まっていますが調子も良さそうなので、再度好走してもおかしくなさそうです。

<リンクのご紹介>
女性の視点から競馬予想等を行っているLINE@のご紹介です。
一風変わった競馬予想に興味のある方はご覧になってみて下さい。

~~~
指数使いのsanakoです★
指数などを見ながら自称いい穴馬おさえてる競馬女子 なんです。

ちなみに指数使いのワタシは指数見てアレンジして買ってるんです

普段は本当にOLしてるんですよ~! ほらね!


LINE競馬友達には週末に指数予想を公開していきます。
sanako流の配信スタイルは。。。
●指数見たあとのsanakoの考察
指数見たあと人気薄が指数上位にきてる馬をpickup(これが勝つために重要なんです。)
●逆に人気馬が指数低い場合
●自分でいいなと思うレースの買い目
●結果報告 ●競馬場いった際動画や写真など(不定期)
●私の信頼できそうな競馬仲間紹介など
●そしてオフショットもお届け!! (変なのは送りませんよ!)

よろしければ応援してください。
あくまで参考になる情報としてなので無理をしない買い方でお願いしますね。
是非お友達からよろしくお願いいたします!

▼LINE競馬友達になる方はコチラ▼
指数使い馬券師sanakoと友達になる(無料)

~~~

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

共同通信杯 登録馬前走診断

前走診断
02 /12 2020
2/16(日)に東京競馬場で行われる共同通信杯(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アジュバント評価C
20/2/1
東京ダ1600m
3歳500万
11着
スタートが速くなく、最後方からの競馬。
気性的に落ち着いてはいるが、あまり覇気も無い感じ。
道中は追走しているだけで、
直線追われてもこれといって伸びることも無かった。
地方から中央入りしているが、
なかなか通用しなさそうに見える。
エン評価C
19/12/17
川崎ダ1500m
雪模様特別
1着
スタートはあまり良くなかったが、
追い出してすぐに好位にとりついていく。
3コーナー手前で先頭に並びかけていき、
そのまま抜け出して直線は独走。
地方馬なので周りのレベルもそれほど高くは見えず、
抜けた強さには感じられない。
ココロノトウダイ評価B
19/11/3
福島芝1800m
きんもくせい(500万)
1着
7頭立ての小頭数レースで5番手追走。
先行馬の後ろから進めていたが、
ゆったりとしたペースになり、
向こう正面でポジションを上げていく。
3コーナー辺りから2着馬を目標にしていき、
直線で余裕をもって競り落として勝利。
直線はまだフラフラした面を見せているので、
もう少し成長が欲しいところ。
コンバットマーチ評価B
20/1/18
京都芝1400m
紅梅S(L)
2着
マズマズのスタートを決め、2番手追走。
しっかり折り合いもつき、リズムよく走れていた。
直線は馬場の真ん中を走り、
前を捕えて粘りこみを図ったが、
内の馬に掬われてしまい、2着。
外からの後続は何とか抑えてきったが、
もう少し粘りが欲しかった。
ただ、2戦目の内容としては悪くなかったと思う。
サトノインプレッサ評価B
19/10/26
京都芝1600m
2歳新馬
1着
内枠からポジションを取りに行き、逃げ馬の後ろにつける。
流れに乗って、いいリズムで走れていた。
直線まで追い出しを待って、
ゴール手前できっちり前を捕えての勝利。
重馬場でも最後まで力強く走れていた。
気性面が良さそうで、距離延長しても面白そう。
シコウ評価C
20/1/6
中山芝1600m
ジュニアC(L)
10着
スタート良く飛び出していったが、
外の馬が先手を主張し、2番手から。
3番手と並ぶような形になり、
逃げ馬も飛ばしてペースが落ちず、
ハイペースになってしまった。
4コーナーから後続が上がってきて飲まれてしまい、
直線も一杯になってしまった。
2勝目は遠そうな感じ。
シングンバズーカ評価B
19/12/15
中山芝1600m
2歳未勝利
1着
後方からの競馬になり、中段馬群を前に置き、脚を溜める。
4コーナーで外に持ち出していき、
直線で一気に末脚を爆発させ、差し切って勝利。
キレのある脚を使えており、上々の内容。
展開に左右されそうなタイプではあるが、
上のクラスでも期待できる。
スウィートメリナ評価C
20/2/8
東京芝1400m
春菜賞(500万)
8着
中段やや後方から進める。
流れに乗った競馬はできていたものの、
終始ついていくだけの競馬になってしまっていた。
あまり切れる脚も無さそうで、
成長を促した方が良さそうな感じ。
ダーリントンホール評価B
19/11/30
中山芝2000m
葉牡丹賞(500万)
3着
中段馬群の中から進める。
流れに乗っていい競馬ができていた。
直線もしっかり走れていたが、
前の馬も止まらず、ジリジリと差を詰めるのが精一杯。
時計も速く、前の馬に上手くやられてしまった。
休み明けで体も少し大きすぎたかもしれない。
十分走れているので、このクラスでは力上位。
ビターエンダー評価B
20/1/19
中山芝2000m
京成杯(G3)
4着
スタートはあまり速くなく、後方からの競馬。
コーナリングがスムーズで中段馬群の後ろまで上げていく。
道中は包まれるような形になったが落ち着いて走れていた。
直線は少しエンジンのかかりが悪かったが、
最後までしっかりと脚を使えている。
もう少し時計のかかるような馬場の方がいいかもしれない。
これからの成長に期待したい。
フィリオアレグロ評価A
19/10/19
東京芝2000m
2歳新馬
1着
スタートを決め、好位の外目を追走。
落ち着いていて、いいリズムで走れていた。
4コーナー辺りから逃げ馬を捕まえに動き始め、
直線半ばでかわしてラスト1ハロンは2着馬との一騎打ち。
しっかりと押し切っていい勝ちっぷりを見せていた。
半兄のサトノクラウンと同様に重馬場は滅法強そう。
潜在能力も高そうで、いいところを狙えそう。
マイラプソディ評価A
19/11/23
京都芝2000m
京都2歳S(G3)
1着
ゆったりとしたスタートで後方から。
道中は落ち着いて走れていて、折り合いも良くついていた。
3コーナーからじわじわ進出を始めるが、
4コーナーで脚色が悪くなってしまい、鞭が入る。
直線ももう一つ伸びなかったが、前の馬に並んでからは、
一気に突き放し、いい走りができていた。
気性面の成長がもう少し欲しいところだが、能力は高い。
マートルフィールド評価B
20/1/26
京都芝1600m
3歳新馬
1着
中段外目の位置から進めたが、
3コーナーからジワジワと先行馬にとりついていく。
直線は先に抜け出した2着馬との叩きあいになり、
ゴール手前でかわして勝利。
かなりタフな競馬をしていて、力はありそう。
あまり時計の速い馬場はダメかもしれないが、
1勝馬クラスはすぐに抜けてもおかしくない。

無敗の3連勝馬のマイラプソディはかなり強いと思いますが、能力的には引けを取っていなさそうなのはフィリオアレグロ。
レースでは折り合いも良くついていて、重馬場も全く苦にせず、いい末脚を見せていました。
良馬場でも問題は無さそうですが、馬場が渋った時は血統的にもかなり期待できそうな気がします。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

クイーンカップ 登録馬前走診断

前走診断
02 /12 2020
2/15(日)に東京競馬場で行われるクイーンカップ(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アカノニジュウイチ評価A
19/10/27
東京芝1400m
2歳新馬
1着
中段馬群の後ろにとりつき、外目を追走。
折り合いも良くついていて、リズムよく走れていた。
4コーナーから馬ナリで上がっていき、
直線も楽な手ごたえで抜け出して完勝。
相手が弱かったこともあるが、
この馬も余力を残している感じ。
成長次第ではいいところまでいけそう。
アミークス評価B
19/10/15
東京芝1600m
2歳未勝利
1着
中段やや後方からの競馬。
向こう正面で前の馬がふらつき、
邪魔をされる感じになったが落ち着いていた。
一団馬群でやや窮屈そうな走りをしながらも、
なんとか我慢して走れていた。
直線は大外に持ち出して、末脚を爆発させ、
前を差し切って勝利。
気性面や加速の反応など課題はあり、及第点といった感じ。
アールクインダム評価B
20/1/18
中山芝1600m
菜の花賞(500万)
1着
後方からのスタートになったが、
向こう正面で外目からジワジワトポジションを上げていく。
ピッタリと2着馬をマークするようにコーナーを回り、
直線で2着馬との叩きあいを制して勝利。
馬がリラックスして走れていたのが良かったと思うが、
鞍上のポジション取りも上手かった。
好騎乗による勝利に見えるので、
これより上はすぐには難しそうな感じがある。
インザムービー評価C
20/1/11
中山芝1200m
朱竹賞(500万)
11着
ポンと好スタートを決め、2番手追走するも、
終始口向きが悪く、内にささるような感じ。
ペースも速く、落ち着いた走りができていなかった。
直線はバテてしまい、いいところなく敗れてしまった。
距離短縮は忙しかったかもしれない。
もう少し距離があった方が良さそう。
サナチャン評価C
20/1/18
中山芝1600m
菜の花賞(500万)
11着
中段馬群につけることができたが、
向こう正面で頭を高く上げ、かかってしまっていた。
なかなか落ち着かせることができずに3コーナーに入り、
行かせるような感じで進めていくが、
直線入って一杯になってしまった。
気性面での成長が欲しいところ。
このクラスで苦戦するかもしれない。
シャンドフルール評価A
19/12/22
阪神芝1600m
千両賞(500万)
1着
大外枠からスタートを決め、内の馬が控えたため、
楽にハナを奪っての逃げ。
ペースを落とし、道中は楽に走ることができていた。
直線も余裕をもって先頭で入っていき、
後続を寄せ付けずに最後まで走り切って勝利。
展開が向いたのは確かだが、内容も悪くなかった。
距離が延びても良さそうなので、今後も期待できそう。
セイウンヴィーナス評価B
20/1/13
中山芝1600m
フェアリーS(G3)
9着
行き脚がつかず、後方からの競馬。
道中は馬のペースに合わせて、後方のままじっくり進める。
ほぼ直線だけの競馬になってしまったが、
足はしっかり使えている。
ためる競馬が合っているような感じ。
決め手を活かす競馬に徹していれば、
そのうちチャンスはありそう。
チアチアクラシカ評価C
20/1/18
中山芝1600m
菜の花賞(500万)
7着
最内枠からのスタートで中段馬群の後ろにつける。
やや内にササるような走りで、
あまりスムーズな走りはできていなかった。
道中は包まれてしまい、動くこともできず。
直線はあまり伸びることもなく、なだれ込んだだけ。
現状は右回りはあまり良くなさそう。
左回りで見直してみたい。
ホウオウピースフル評価B
19/11/3
東京芝2000m
百日草特別(500万)
1着
5頭立てでゆったりしたペースを2番手追走。
淡々とした流れで道中も動きが無く、
リズムよく走れていた。
直線半ばくらいで追い出しを開始し、
スッと抜け出して完勝。
勝ちっぷりは良かったがメンバーレベルが高くなく、
時計も平凡。
2連勝しているが、次走が試金石の一戦になりそう。
マジックキャッスル評価B
19/11/2
京都芝1400m
ファンタジーS(G3)
2着
スタートはあまり良くなく、中段やや後ろから。
馬群の後ろにつけて追走する。
4コーナーから外に持ち出しつつ追い出していき、
良く伸びるも届かずの2着。
負けはしたものの、
ごちゃつく競馬を経験できたのはプラス。
もっと良くなってきそう。
ミヤマザクラ評価A
19/11/23
京都芝2000m
京都2歳S(G3)
2着
スムーズにスタートが切れ、好位からの追走。
リズムよく走れており、流れに乗ったいい競馬ができた。
4コーナーから仕掛けて、直線すぐに先頭に並びかけ、
楽に抜け出せたが、外から勝ち馬にかわされてしまった。
現時点では完敗の内容だったが、レースぶりは良かった。
距離は問題なさそうで、重賞勝つ力は持っている。
メルテッドハニー評価B
19/12/7
中京芝1400m
つわぶき賞(500万)
10着
最内枠からスタート良く、内ラチ沿いから2番手追走。
逃げた馬の後ろでピッタリとラチ沿いを走り、
距離ロスなく進めた。
4コーナー辺りから後続が上がってきたため外に出せず、
直線はそのままインを突こうとするが、
逃げ馬もそれほど止まらず、
前が壁になってあまり追えていなかった。
前が開けば、もっと上の着順は狙えていた。
着順ほど悪い内容では無かったと思う。
ヤマニンプレシオサ評価B
20/1/18
中山芝1600m
菜の花賞(500万)
9着
スタートで滑って後方からの競馬。
その後も折り合いを欠いて、
向こう正面では競馬になっていなかった。
3コーナー辺りで真面目に走ることができていたが、
時すでに遅しといった感じ。
直線は大外からジワジワと伸びてはいたが、
前を捕まえることはできなかった。
かなりチグハグな競馬をした割には走れている。
気性面の成長があれば、もっとやれそう。
ルナシオン評価A
19/10/14
東京芝1800m
2歳新馬
1着
スタートは速く、2番手につける。
道中は折り合いに専念するような感じで、
行く馬を先に行かせてポジションを下げる。
そのため、直線は前に壁ができてしまい、
外からも上がってきて、なかなか追い出せなかったが、
ラスト1ハロンほどで空いた外に持ち出し、
一気に差し切って勝利。
乗り方がまずく、もっと楽に勝てたような感じだったが、
反応の良さなど能力の高さを見せつけていた。
大きいところも狙えそうな感じがする。

経験が浅い3歳馬なので怪しい部分もありますが、新馬勝ちのアカノニジュウイチ、ルナシオンがかなり良さそうです。
アカノニジュウイチは展開的にそれほど楽では無かったはずですが、能力の違いだけでねじ伏せたようなレースでした。
強い相手にどこまでやれるか期待したいです。
ルナシオンはスワーヴリチャードの半妹ということで注目されていましたが、直線かなり不利な流れの中、ラスト1ハロンだけでアッサリ勝利しており、かなりの大物感を見せていました。
この馬は人気を背負うと思いますが、逆らえなさそうな気がします。
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%