2020年02月19日 - 競馬鹿の重賞レース予想

京都牝馬ステークス 登録馬前走診断

前走診断
02 /19 2020
2/22(土)に京都競馬場で行われる京都牝馬ステークス(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アマルフィコースト評価B
19/12/14
阪神芝1200m
タンザナイトS(OP)
4着
スタート良く飛び出し、2番手からの競馬。
ハナに立ったナックビーナスを見る形で進めていく。
4コーナーから仕掛けていき、勝ちに行く競馬をするが、
流石に相手も強くてかわせず、
直線甘くなったところを後ろの馬にかわされてしまった。
勝ち切れないレースが続いているが、
重賞でもやっていけるだけの力はあるはず。
アルーシャ評価B
20/1/18
中山芝1600m
ニューイヤーS(L)
3着
大外枠から出たなりでスタートして後方から。
内に入れることができず、かなり外を回らされていた。
ジワジワと上がっていき、
直線もしっかりとした脚が使えたが、届かずの3着。
距離ロスの多い競馬になってしまったのが残念。
もう少し内目の枠なら結果が違っていたかもしれない。
サウンドキアラ評価A
20/1/5
京都芝1600m
京都金杯(G3)
1着
好位からの競馬でロスもなく、前に行った馬の後ろで、
脚を溜めながら追走。
コーナリングも上手く、いい形で直線に向き、
楽に前を捕えてそのまま押し切り勝ち。
京都巧者を存分に見せつけた。
シゲルピンクダイヤ評価B
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
3着
ゲート入りは時間がかかっていたが、
ゲートの出はスムーズ。
中段に楽につけることができていた。
道中は折り合いもマズマズついていて、
いいペースで走れていた。
4コーナー辺りから仕掛けていき、
直線にいい形で向いたが、
これまでのような切れ味は見られず。
調子のいい時はもっといい末脚を見せていた。
関西圏のレースの方がいいかもしれない。
ディアンドル評価C
20/2/2
京都芝1200m
シルクロードS(G3)
14着
スタート良く好位追走できたが、
3コーナー半ばで手応えが怪しくなる。
かなり追われていたが、全く反応することなく、
走るのを止めてしまったような感じ。
休み明けとはいえ、負け方が悪すぎる。
牝馬でもあり、精神的な原因かも。
次走人気するようなら様子を見た方が良さそう。
ディメンシオン評価C
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
11着
大外枠からの発走で、
終始外を回らされる苦しいレースになった。
馬群が固まっている外を回らされ、
かなりの距離ロスがありながらの競馬。
直線半ばで止まってしまった。
枠に泣かされた競馬。度外視でもいいかもしれない。
ドナウデルタ評価B
20/1/25
京都芝1400m
石清水S(1600万)
1着
中段内目につけ、流れに乗った走りができていた。
ペースも流れてくれたおかげで、
折り合いも問題無く追走できていた。
直線は馬場の真ん中から抜け出して完勝。
この距離はかなり安定して走れているが、
気性面を考えるとさらに距離短縮しても良さそう。
ネリッサ評価C
19/12/28
中山芝1600m
立志S(1600万)
16着
スタートはあまり良くなく、後方からの競馬。
内に入れて進めるが、口を割って走っており、
折り合い面に苦労していた。
道中で手応えが無くなってしまったのか、
直線もほとんど追わずに最後方のまま。
全く力を出せていないような内容で、
結果は度外視でもいいかもしれないが、
気性面はこのままだと厳しそう。
ノーワン評価B
19/12/21
阪神芝1400m
阪神C(G2)
5着
スタートのタイミングが合わず、
後方からになってしまった。
もう一段前での競馬が出来ていればという内容。
直線は良く伸びてきていて、いい走りができていた。
短距離戦を中心に走っていれば、
そのうちチャンスはありそう。
ビーチサンバ評価B
19/10/13
京都芝2000m
秋華賞(G1)
5着
スタート良く飛び出していき、ハナを主張するも、
コントラチェックと並走して飛ばしていってしまう。
中盤ぐらいでペースを落ち着かせるも、前半に飛ばした分、
直線に入ると粘りこむ脚は無くなってしまった。
前半ここまで飛ばして、
最後崩れないのは力を付けてきた証拠。
もう少しペースを落としていればと思うもったいない競馬。
プリディカメント評価B
20/2/9
京都芝1200m
山城S(1600万)
1着
中段外目からの競馬。
コーナーで少しかかりそうになるが、
上手くなだめられて我慢して走れていた。
直線に入るとスムーズに加速でき、
最後は後方からの馬に詰められるも押し切って勝利。
スプリンターの適性はかなり高そうで、
オープンでもこの距離なら通用しそう。
プールヴィル評価A
19/11/10
東京芝1400m
オーロカップ(L)
2着
大外枠からスタート良く飛び出していき、好位追走。
手応えよく進んでいき、
4コーナーで前を捕える勢いで積極的に動いていく。
直線はしぶとく粘っていたが、
後方からの馬に差されてしまい、惜しい2着。
後方待機の馬が上位に来ている中で良く走れている。
この距離は安定しており、展開次第で。
メイショウグロッケ評価B
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
5着
スタートを決め、好位からの追走。
最内枠だったが、スタートが良かったため、
包まれることなくいい位置で競馬ができていた。
流れに乗った競馬が出来ており、
直線も最後まで粘り強く走れていた。
力は付けているが、重賞だともうワンパンチ欲しいところ。
メイショウケイメイ評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
12着
スタート良く好位につけていたが、
コーナー手前でごちゃついて少しリズムを崩してしまう。
すぐに立て直してコーナーは上手く回ってきたが、
直線は周りについていけなくなり、ズルズルと後方へ。
斤量の恩恵がありながらあまりにも不甲斐ない負け方。
早熟馬のように見え、まだ4歳だが上積みは無いかも。
メイショウショウブ評価C
20/1/5
京都芝1600m
京都金杯(G3)
16着
外枠からだったが、上手く好位につけることができ、
マズマズのポジションで運ぶことができていた。
位置取りは良かったが、直線に入ると脚が残っておらず、
抵抗できずに後退していってしまった。
間隔が詰まっていたことで、
疲労が残っていたのかもしれない。
これぐらいの距離ならもっとやれるはず。
モアナ評価C
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
15着
スタートこそ良かったが、道中の走りはいまいち。
勢いが無く、徐々にペースについていけなくなっていた。
直線に入ることには完全に馬群に飲まれてしまった。
休み明けで馬体が立派すぎたかもしれない。
馬体を絞って見直したい。
リナーテ評価B
19/11/24
京都芝1200m
京阪杯(G3)
5着
スタートから押していき、中段からの競馬。
流れに乗った競馬ができていたが、
直線の決め手で上位とは差があった。
この距離だとあまり余裕をもって流れについていけない。
1400mの方がいいかもしれない。
リバティハイツ評価B
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
7着
中段やや後方からの競馬。
道中は落ち着いて走れており、
流れに乗っていい形で競馬ができていた。
直線もいい形で向くことができ、伸びそうな感じだったが、
ラスト1ハロンで伸びあぐねてしまった。
ベストは1400mかもしれない。
マイルだともう少し斤量の恩恵が欲しいところ。

注目は京都巧者のサウンドキアラと1400m巧者のプールヴィル。
サウンドキアラは前走4kg差があるとはいえ、ダイアトニックを破っているのは評価すべきだと思います。
とにかく京都コースは安定した走りができていて、今回も期待できそうです。
プールヴィルは前走敗れているとはいえ、追い込み馬が上位独占の展開の中、先行して粘っているのはかなり評価できると思います。
マイル戦では粘り切れないですが、1400mなら毎回しぶとく走っています。
この距離の重賞は初めてなので、上手く運べれば粘り通せるかもしれません。

<リンクのご紹介>
女性の視点から競馬予想等を行っているLINE@のご紹介です。
一風変わった競馬予想に興味のある方はご覧になってみて下さい。

~~~
指数使いのsanakoです★
指数などを見ながら自称いい穴馬おさえてる競馬女子 なんです。

ちなみに指数使いのワタシは指数見てアレンジして買ってるんです

普段は本当にOLしてるんですよ~! ほらね!


LINE競馬友達には週末に指数予想を公開していきます。
sanako流の配信スタイルは。。。
●指数見たあとのsanakoの考察
指数見たあと人気薄が指数上位にきてる馬をpickup(これが勝つために重要なんです。)
●逆に人気馬が指数低い場合
●自分でいいなと思うレースの買い目
●結果報告 ●競馬場いった際動画や写真など(不定期)
●私の信頼できそうな競馬仲間紹介など
●そしてオフショットもお届け!! (変なのは送りませんよ!)

よろしければ応援してください。
あくまで参考になる情報としてなので無理をしない買い方でお願いしますね。
是非お友達からよろしくお願いいたします!

▼LINE競馬友達になる方はコチラ▼
指数使い馬券師sanakoと友達になる(無料)

~~~

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダイヤモンドステークス 登録馬前走診断

前走診断
02 /19 2020
2/22(土)に東京競馬場で行われるダイヤモンドステークス(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤジャスタ評価C
19/12/7
中京芝2000m
中日新聞杯(G3)
11着
中段やや後方につけ、馬群の後ろに控える。
道中は流れに乗ってしっかり走れていたが、
直線もついていくだけになってしまっていた。
現状では重賞は厳しく見える。
なにかきっかけが欲しいところ。
ウインテンダネス評価C
19/11/24
東京芝2400m
ジャパンC(G1)
12着
積極的に出していき、3番手追走。
なんとか食らいついて走っていたが、
3コーナー辺りで追いつけなくなっていき、
直線入ってすぐ馬群に飲まれてしまった。
ここは流石に能力が足りなかった。
重賞ではハンデが欲しいところ。
オセアグレイト評価A
20/1/11
中山芝2200m
迎春S(1600万)
1着
スタート良く好位から先行集団を見ながらの競馬。
ペースが落ち着き、ゆったりとした流れになったが、
道中は折り合いを欠くこともなく落ち着いて走れていた。
直線で前が開いた瞬間にスッと反応して、
馬の間を割って抜け出して完勝。
休みを挟み、いい状態に仕上がっていたように思う。
重賞でも期待できるような内容。
サトノティターン評価C
19/12/1
中京ダ1800m
チャンピオンC(G1)
15着
好位につけ、いいポジションで進めることができていた。
道中は流れに乗って走れていたが、
4コーナー辺りで流れに乗れなくなり、
直線は止まってしまった。
全くいいところが出せずに大敗。
時計が速すぎた感じがある。
もう少し時計のかかる馬場の方が合っていそう。
ステイブラビッシモ評価C
19/12/21
中山芝2500m
グレイトS(1600万)
11着
大外枠からのスタートで、馬群に入れれず、
中段やや後方の外目につける。
道中はかなりのスローペースになり、
動く馬もおらず淡々とした流れ。
向こう正面でジワジワと前に詰めていき、
3コーナーから上がっていったが、
長く脚を使った分直線の脚が鈍ってしまい、
伸びきれなかった。
今回は完全に前有利の流れだったので、
この結果は仕方ないと思うが、
クラス慣れも必要そうな感じ。
タイセイトレイル評価B
20/1/19
京都芝2400m
日経新春杯(G2)
4着
悪くないスタートが切れたものの、周りが速く、
後方からの競馬。
道中はリズムよく進め、ジワジワと前にとりついていく。
直線は外に出して追い比べの形になったが、
この馬らしい競馬では無かった。
良く詰めてはいるものの、切れ味はそれほど無いので、
もう少し前で押し切る競馬の方が合っているタイプ。
重賞になって以降スタートのスピードについていけず、
その辺りが課題。
もっと長距離レースの方がいいかもしれない。
タガノディアマンテ評価B
20/1/6
京都芝3000m
万葉S(OP)
1着
スタートはあまり良くなく、最後方からの競馬。
最初の行きっぷりはあまり良くなく、少し置かれたが、
向こう正面で外を回して中段まで上がっていく。
4コーナーでは手応え抜群で前に並びかけていき、
直線は楽に抜け出して完勝。
3歳時に戦ってきた相手を考えると、
かなり楽なメンバーだった。
重賞で一線級相手にはまだ厳しそうだが、
楽な相手ならそこそこやれそう。
ダノンキングダム評価C
19/6/9
東京芝1800m
エプソムC(G3)
12着
大外枠のスタートから積極的に出していき、
3番手追走。
前に行った馬がかなりのスローに落としたため、
多少行きたがる素振りを見せていた。
コーナーはしっかり前についていけていたが、
直線かなり上がりの速いレースになってしまい、
切れる脚が使えず大敗。
末脚勝負はあまり向いてなさそう。
先手を取ってマイペースに持ち込んだ方が良かったかも。
ノチェブランカ評価B
19/12/21
中山芝2500m
グレイトS(1600万)
5着
スタートから押していき、好位からの競馬。
内で包まれるような形になったが、
じっくりと構えて追走。
直線はしっかりと脚を使えていたが、前が壁になり、
外も塞がれてしまって、伸びきれなかった。
前が開けば際どい勝負にできていたような内容。
多少相手なりのところはあるが、悪い内容では無かった。
バレリオ評価B
19/12/8
阪神芝2400m
オリオンS(1600万)
1着
スタート直後はやや行きたがっていたが、
逃げた馬の後ろに置くと落ち着いて走れていた。
道中はスローペースになったが、問題無く追走できていた。
直線は内から前が開いたところをグイグイと伸びて、
前をしっかりとかわして勝利。
レース経験が少ないが、能力は高そうな感じ。
次走も期待できる。
ホウオウドリーム評価C
20/2/2
東京芝2400m
早春S(1600万)
10着
最後方からの競馬。
折り合い重視でじっくりと脚を溜めながら進める。
逃げ馬が大逃げを打ち、
ある程度流れたので展開的には悪くなかった。
4コーナーから外を回してジワジワと詰めていくが、
直線もジワジワとしか伸びず。
長期休みを挟んで以降切れ味が悪くなっている印象。
ちょっと立て直しに時間がかかるかもしれない。
ポポカテペトル評価B
19/11/3
東京芝2500m
アルゼンチン杯(G2)
6着
理想はもう一段前からの競馬だったが、
マズマズのポジション。
道中は内目を走り、じっくりと脚をためる競馬。
直線は良く追い上げてきたものの、
位置取りが後ろ過ぎたか。
前目からの押し切りが得意なので、
差す競馬はイマイチかも。
状態はだいぶ良くなってきている。
マコトガラハッド評価B
20/2/2
東京芝2400m
早春S(1600万)
4着
スタートダッシュを決め、前に行こうとするが、
外の馬が飛ばしていったため、控えて内から好位追走。
逃げた馬がかなり飛ばしたが、つられることなく、
道中はマイペースの走りができていた。
直線は前の馬がバテてきて、
進路を求めながらの走りになってしまったため、
伸びあぐねてしまったが、
スムーズならもう少しやれそうな感じ。
高齢馬だがまだやれそうな感じはある。
ミライヘノツバサ評価C
20/2/1
東京芝2000m
白富士S(L)
8着
スタートから積極的に行こうとするが、
ポジションを取れず、中段の外目を追走。
あまり行き脚も良くなく、
向こう正面でポジションを落としてしまう。
直線は外から追い出すが、あまり伸びず、
後ろからの馬にはじかれる不利があった。
ただ、不利が無かったとしても、
着順は上がっているようにはみえず、
一変は期待できそうにない。
メイショウテンゲン評価B
19/11/30
中山芝3600m
ステイヤーズS(G2)
4着
スタートが速くなく、後方からの競馬。
道中は内目を回り、落ち着いて走れていた。
ペースの変化にもしっかり対応できていて、
悪くない走り。
最後のコーナーで外に持ち出していったが、
大きく膨らみすぎてロスしたのが痛かった。
直線も伸びてはいたがステッキが入るとふらついてしまい、
真っ直ぐ走れなかった分届かなかった。
長い距離の方が合っているように見える。
まだ3歳馬なのでこれからの成長が楽しみ。
ララエクラテール評価B
19/12/21
中山芝2500m
グレイトS(1600万)
8着
スタートはあまり出して行かずに後方から進め、
内に入れて脚を溜める。
かなりのスローペースになってしまい、
展開はあまり良くなかった。
3コーナー辺りからのペースアップについていけなかったが、
直線は内を突いてマズマズ伸びてきていた。
展開が向かなかったことはあるが、
勝ち切るには多少力が足りないように見える。
年齢的にも上積みを期待するのは厳しそう。
リッジマン評価C
19/11/30
中山芝3600m
ステイヤーズS(G2)
11着
スタートは出たなりで中段外目につける。
終始外を回り、かなり距離をロスしていたように見えた。
行くのか控えるのかはっきりした方が良かったと思う。
結局、直線は脚が止まってしまっていた。
この内容だとよっぽど能力が抜けてないと勝てない。
近走の成績もあまり良くなく、衰えているのかもしれない。
レイホーロマンス評価B
20/1/18
小倉芝2000m
愛知杯(G3)
3着
前走長距離を使っていたせいかスタートから押していき、
中段のポジションまで上げていく。
先行勢を目標にできるポジションにつけ、
流れに乗った競馬が出来ていた。
4コーナーから仕掛けていき、直線早めに先頭に立った分、
最後の決め手がやや鈍ってかわされてしまったが、
上々の内容。
これぐらいの距離がやはり合っている。
末脚は毎回しっかりしているので、
斤量の軽い時は展開次第で面白そう。
レノヴァール評価B
20/1/6
京都芝3000m
万葉S(OP)
3着
スタートは良かったが、
折り合いを欠いて中段まで下がってしまう。
馬群の中だと難しいところを見せるようで、
外に出してから追走。
外に出てからは落ち着いて走れていたが、
向こう正面で勝ち馬が捲っていき、包まれるようになると、
馬群を嫌ったのかまた下がってしまった。
直線は大外に持ち出して良く伸びていたが、
道中色々ロスがありすぎて、3着まで。
かなり気性面に難がありそうなタイプ。
内枠よりも外枠の時に狙った方が良さそう。
ロサグラウカ評価B
19/12/21
中山芝2500m
グレイトS(1600万)
1着
積極策に打って出て、先手を主張する。
アッサリとハナを取りきり、
ペースを落としてマイペースの走り。
全く先行争いをすることなく、先手を取れたので、
道中はかなり楽に進めることができていた。
直線粘るところを並びかけてこられ、
ラストは苦しくなって外に膨らんでしまったりしたが、
なんとか追撃を凌いで勝利。
展開に恵まれた点が大きく、楽な競馬をした割に辛勝。
クラスが上がって苦労するかもしれない。
ヴァントシルム評価B
19/11/30
中山芝3600m
ステイヤーズS(G2)
7着
今回もゲートで落ち着けなかった。
それでもスタートは悪くなく、好位につける。
道中のペースに惑わされず、
しっかりと自分の走りはできていた。
最後のコーナーまでは良かったが、
直線はやや疲れてしまっていた。
特に長距離適性は高そうな感じは無い。
ゲート難が目立つようになっているので、
そこが改善できれば。

前走注目馬はオセアグレイト。
2走前のセントライト記念は完敗の内容でしたが、休養を挟んで自己条件に戻ると、相手を全く寄せ付けずに完勝。
力の差を見せつけていました。
デビュー以降コンスタントに使われていたので、休養がいい方に出たように思います。
セントライト記念で負けてしまったため、菊花賞への出走を逃してしまいましたが、長距離戦でかなり期待できる馬。
むしろ、しっかり休みを取れたことで今後のことを考えると良かったかもしれません。
出走してこれば十分チャンスはある馬だと思います。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

小倉大賞典 過去5年データ分析

過去データ分析
02 /19 2020
2/23(日)に小倉競馬場で行われる小倉大賞典(G3)の過去5年データ分析をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳2- 1- 0- 9/1216.70%25.00%25.00%6642
5歳2- 0- 2-13/1711.80%11.80%23.50%8172
6歳1- 1- 0-19/214.80%9.50%9.50%2590
7歳0- 1- 2- 9/120.00%8.30%25.00%090
8歳0- 2- 1- 8/160.00%12.50%18.75%0164
勝ち馬は4~6歳から出ているが、高齢馬の好走も目立つレース。
高齢を理由に消すのは厳禁。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
51kg0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
52kg0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
53kg0- 1- 1- 3/ 50.00%20.00%40.00%0728
54kg1- 1- 0-11/137.70%15.40%15.40%1723
55kg1- 0- 1-11/137.70%7.70%15.40%4342
56kg1- 1- 0-13/156.70%13.30%13.30%5244
56.5kg0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%083
57kg1- 1- 1- 7/1010.00%20.00%30.00%60110
57.5kg0- 0- 1- 5/ 60.00%0.00%16.70%058
58kg1- 1- 0- 2/ 425.00%50.00%50.00%135127
52kg以下の斤量の軽すぎる馬は通用しないケースが多いが、
それ以上の斤量の馬は万遍無く好走馬が出ている。
よほど見込まれた斤量を背負わない限りは気にしなくて良さそう。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
400~419kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
420~439kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
440~459kg1- 1- 0- 7/ 911.10%22.20%22.20%6666
460~479kg0- 1- 2-13/160.00%6.30%18.80%0258
480~499kg2- 2- 0-27/316.50%12.90%12.90%3533
500~519kg0- 0- 3-10/130.00%0.00%23.10%073
520~539kg2- 1- 0- 3/ 633.30%50.00%50.00%168105
540~0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
馬格についても万遍無く広い範囲で好走馬が出ている。
馬体重は気にしなくて良さそう。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠1- 2- 3- 3/ 911.10%33.30%66.70%63392
2枠0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
3枠1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%5442
4枠1- 0- 0- 9/1010.00%10.00%10.00%7832
5枠0- 0- 0-10/100.00%0.00%0.00%00
6枠0- 0- 2- 8/100.00%0.00%20.00%070
7枠2- 1- 0- 7/1020.00%30.00%30.00%8374
8枠0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%0166
馬場が良ければ最内枠が有利なコースだが、
今年は中京開催の替りに使われており、内の馬場の傷みが顕著になっている。
外差しが決まりやすい現状は外目の枠がいいかもしれない。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気1- 1- 0- 3/ 520.00%40.00%40.00%4662
2番人気1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%11440
3番人気2- 0- 0- 3/ 540.00%40.00%40.00%22892
4番人気1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%156114
5番人気0- 0- 2- 3/ 50.00%0.00%40.00%0140
6番人気0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%0120
7番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
8番人気0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%078
9番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
10~人気0- 1- 2-30/330.00%3.00%9.10%0125
近年の勝ち馬は4番人気以内に収まっている。
ただ、ハンデ戦らしく紐はどんな人気の馬が入ってきてもおかしくないレース。
軸は人気馬から選んでもいいが、相手は穴っぽいところを狙っていきたい。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2週0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
3週0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%083
4週0- 0- 1- 5/ 60.00%0.00%16.70%058
5~ 9週3- 4- 2-32/417.30%17.10%22.00%3896
10~25週2- 1- 1-21/258.00%12.00%16.00%45113
半年以上0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
多少間隔を空けてここを使ってくる馬が優勢に見えるが、
好走馬の前走はバラバラであまり当てにならない。
多少間隔が詰まっていても、疲労感が無ければ大丈夫かもしれない。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ2- 0- 1- 3/ 633.30%33.30%50.00%220425
先行2- 1- 1-14/1811.10%16.70%22.20%4648
中団0- 2- 2-24/280.00%7.10%14.30%0103
後方1- 1- 1-21/244.20%8.30%12.50%2329
マクリ0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%0170
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%95393
3F 2位1- 3- 0- 3/ 714.30%57.10%57.10%32161
3F 3位1- 0- 0- 2/ 333.30%33.30%33.30%20070
3F ~5位1- 0- 3-13/175.90%5.90%23.50%3170
3F 6位~1- 1- 1-41/442.30%4.50%6.80%1756
例年の傾向では先行有利でそれほど速い上がりも必ずしも求められないが、
今年はかなり馬場の悪化が目立ち、差し馬が台頭しているケースが多い。
これまでよりは差し馬にも注意を払いたい。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着2- 1- 0-11/1414.30%21.40%21.40%5949
前走2着0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%050
前走3着1- 1- 0- 4/ 616.70%33.30%33.30%9561
前走4着0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%043
前走5着1- 0- 1- 6/ 812.50%12.50%25.00%6793
前走6~9着0- 1- 2-13/160.00%6.30%18.80%0170
前走10着~1- 1- 1-20/234.30%8.70%13.00%33101
条件戦やオープンからなら好走は必須だが、前走重賞なら着順は全く問われない。
大敗からの巻き返しもあるので、前走着順は気にしすぎない方が良さそう。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1600万下1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%3220
OPEN特別1- 1- 1-12/156.70%13.30%20.00%3852
G31- 3- 2-33/392.60%10.30%15.40%15122
G21- 1- 2-10/147.10%14.30%28.60%3897
G11- 0- 0- 2/ 333.30%33.30%33.30%260106
ハンデの恩恵もあり、前走クラスは問われない。
小回りのローカル戦なので、格は必要無い。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1400m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1600m1- 1- 0-13/156.70%13.30%13.30%3836
1800m0- 1- 0-16/170.00%5.90%5.90%022
2000m3- 2- 3-23/319.70%16.10%25.80%44161
2200m0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%0116
2400m0- 1- 1- 5/ 70.00%14.30%28.60%0108
2500m1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%390160
3000m0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
同距離を使ってきている馬の成績はパッとせず、距離短縮の馬の好走が多い。
同距離、距離延長組は多少割引でいいかもしれない。

小倉の開催が12日目となり、いつもの小倉大賞典とは違った馬場でのレースになりそうです。
最近の傾向からは外差しがかなり決まるようになってきており、先行して内で粘り切る走りは通用しないかもしれません。
ハンデ戦でもあり、難解なレースになりそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年2月結果
本命馬 (1.2.2.6)
回収率 54%

2020年累計
本命馬 (3.5.2.10)
回収率 133%