2020年03月26日 - 競馬鹿の重賞レース予想

日経賞 出走馬調教診断

調教診断
03 /26 2020
3/28(土)に中山競馬場で行われる日経賞(G2)の出走馬調教診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
アイスバブル評価B
3/25(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
84.767.052.138.212.4
少し反応が鈍い感じはあったが、ラストは良く伸びていた。
走りのフォームも良く、状態はマズマズ。
ウインイクシード評価C
3/25(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
66.551.137.713.4
3頭併せの真ん中を走る。
舌を出しながら走っていて、やや集中に欠ける。
追われてからの反応も良くなく、今一つのデキ。
エタリオウ評価C
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
56.141.126.512.8
抑え気味の調教内容で時計は出ていないが、脚の運びは悪くなかった。
たた、少し軽すぎるような気も。ここを使って次走かもしれない。
ガンコ評価C
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.839.025.212.6
馬ナリとはいえ、動きが物足りない。
重賞では厳しくなってきたかも。
サトノクロニクル評価B
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.738.124.512.0
力強い足捌きを見せている。
長期休み明けだった前走に比べ、大分動きが軽くなっている。
順調に調子を上げてきていそう。
サンアップルトン評価B
3/25(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
54.139.125.412.4
併せ馬と並走させ、動きは悪くなかった。
状態はキープできていそう。相手関係がどうかだけ。
スティッフェリオ評価C
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.838.625.212.5
併せ馬と並走していたが、追われて突き放されているのは気になるところ。
後肢の力強さも物足りない。完調していないかもしれない。
ソウルスターリング評価C
3/25(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
56.339.925.012.2
前走時に比べて大分動きが重たくなっているように見える。
前走で引退予定だったのを引き延ばしているが、
デキはあまりキープできていないかもしれない。
ポンデザール評価C
3/25(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
71.154.840.613.7
3頭併せの真ん中を走らせる。
馬ナリとはいえ、かなり動きが重たい。G2では通用しなさそう。
マイネルカレッツァ評価B
3/25(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
51.437.824.812.5
長期休養明けになるが、いい動きができている。
息が持つかはあるが、力は出せそうな状態。
ミッキースワロー評価A
3/25(水)
美浦南W 良
6F5F4F3F1F
82.666.252.138.312.3
馬ナリながら自発的にしっかりとした走りができている。
脚の捌きも軽やかで文句なしの状態。期待できるデキ。
モズベッロ評価B
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.538.825.112.5
しっかりと脚を高く上げて走れていて、力強さを感じる。
マズマズ状態はキープできていそう。
ヤマカツライデン評価A
3/25(水)
栗東CW 良
7F/6F5F4F3F1F
96.9/79.765.151.438.212.4
軽やかな走りでリラックスしていい雰囲気。
かなりいい動きができている。状態面は文句なし。
レッドレオン評価B
3/25(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.438.725.012.8
ラストは鞭が入り、強く追われた割には伸びきれず。
少し物足りないが、元々それほど調教で走らないので、及第点ぐらいかも。

調教の動きが良かったのはミッキースワローとヤマカツライデン。
ミッキースワローは昨年本格化して、今年もいい状態で来ているように見えます。
G1では足りないかもしれませんが、G2なら十分勝負になるはず。
ヤマカツライデンは8歳馬で全く人気が無さそうですが、状態に関しては文句なしのデキだと思います。
脚質的にも一発があるので、単騎逃げが叶えば面白い一頭です。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

高松宮記念 出走馬前走診断

前走診断
03 /26 2020
3/29(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(G1)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
アイラブテーラー評価B
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
1着
中段外目につけ、
距離ロスはあったがスムーズな競馬が出来ていた。
後続がかなりごちゃつき、直線は前を捕えるだけの競馬。
しっかり差し切って力の差を見せつけて勝利。
強い勝ちっぷりだが、
後方の馬がつぶし合ってくれた感もある。
好走を続けており、一度の大敗で崩れてしまわないか心配。
アウィルアウェイ評価A
20/2/2
京都芝1200m
シルクロードS(G3)
1着
後方からの競馬。
前が飛ばしてハイペースになり、
流れに乗って雰囲気良く走れていた。
状態が良かったのか、道中はかなり力強い走り。
直線外に持ち出して、鋭く伸び、追い込み馬を抑えて勝利。
展開が向いたことも良かったが、
古馬になり、さらにパワーアップしている。
この出来なら本番も期待できそう。
クリノガウディー評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
7着
積極的にポジションを取りに行き、
前に並びかけるように進んでいく。
切れる脚が無いので、前につけるのは良かったが、
行った馬の後ろでも良かったかもしれない。
4コーナーから先頭に立つ勢いで上がっていくが、
直線の坂で止まってしまった。
上手く乗っていればもう少し残せていた印象。
じっくり乗れるような鞍上の方が良さそう。
グランアレグリア評価A
19/12/21
阪神芝1400m
阪神C(G2)
1着
中段からの競馬で落ち着いた走りができていた。
直線入った段階ではまだ前と距離があったが、
物凄い反応で内をスムーズに捌いて一気に伸びての完勝。
他馬を全く寄せ付けておらず、力が違った。
グルーヴィット評価C
20/1/18
中山芝1600m
ニューイヤーS(L)
7着
スムーズに好位の外目につけ、
道中は流れに乗った競馬ができていたが、
4コーナーでズブい所を見せ、
直線なかなか伸びてこない間に前に壁を作られて、
なだれ込むだけの競馬。
脚の使いどころの難しいタイプ。
加速が鈍いので、急激なペースには対応でき無さそう。
シヴァージ評価B
20/2/16
小倉芝1200m
北九州短距離S(OP)
1着
最後方に控えて脚を溜める。
3コーナーから外を回して徐々に進出していき、
直線で鋭い末脚を見せ、一気に差し切って勝利。
いい決め手を持っているが、展開に左右されそうな感じ。
前が止まる展開の時に狙いたい。
ステルヴィオ評価B
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
5着
スタートがイマイチで後方からの競馬。
できれば中段より前で進めたかったところ。
初めての距離だったが、ペースに戸惑うこともなく、
流れに乗って走れていた。
直線は上手く馬群を縫って良く伸びてきていた。
長期休暇明けを考えれば、全体的には良かったと思う。
スタートさえ安定すれば、いつ勝ってもおかしくない。
セイウンコウセイ評価B
20/2/2
京都芝1200m
シルクロードS(G3)
5着
スタートを決め、内に入れながら2番手につける。
ハイペースも問題なく追走できていた。
直線はモズスーパーフレアを目標に追っていくが、
58kgの斤量もあり、詰めるのが精いっぱいで、
外からもかわされてしまった。
始動戦としては上々の内容で、衰えも見せておらず、
本番に向けていいレースができている。
タワーオブロンドン評価B
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
3着
マズマズのスタートが切れ、中段の内目につける。
それほど被されることもなく、リズムよく走れていた。
直線はやや狭くなったが、
最後までしっかり脚は使えていた。
キレがイマイチで前を捕えることができなかったが、
休み明けと斤量の差の分だと思う。
叩き台としては上々の内容。次走が期待できる。
ダイアトニック評価B
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
3着
スタートを決めて、好位追走。
先行勢を見ながらいいポジションで進めていた。
直線入口で外に出さず強引に内に切れ込んだため、
降着処分になってしまったが、
走り自体はしっかりしていた。
最後はかわされたとはいえ、内容自体は悪くなかった。
京都以外で好走でき、G1も狙える位置にいる馬だと思う。
ダイメイプリンセス評価C
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
7着
いつも通り馬群を見る形で後方から進める。
コーナーで内に入れ、直線は最内を狙ったが、
それほど決め手を出すことはできなかった。
デキ自体が今一つだったのもあると思う。
暖かくなってから見直したい。
ダノンスマッシュ評価B
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
1着
スタートの出がイマイチだったが、
二の脚を使って好位にとりついていく。
道中はよどみないペースでスムーズな走りができていた。
直線も前が開いて楽に抜け出すことができ、完勝。
能力は疑う余地は無いが、
ゲートが悪くなっているのが不安。
今回は内枠で距離ロス無く運べたが、
G1で外に入るとゲート難が致命傷になりそう。
ティーハーフ評価B
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
9着
いつも通り最後方から脚を溜める競馬。
前もそれほど厳しいペースでは無かったため、
3コーナーから仕掛けていき、直線で大外に持ち出す。
この馬らしく伸びてきていたが、前が止まらず出番なし。
今回の馬場や展開では仕方のない内容。
追い込み一辺倒なので、いつか嵌ってもおかしくはない。
ナックビーナス評価A
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
2着
スタート良く飛び出したが、行く馬がいたため、
無理せず2番手追走。
ハナを切らなくても全く折り合いも問題無く走れていた。
逃げた馬にピッタリ追走し、
直線入口でかわして粘りこんだが勝ち馬にかわされて2着。
脚は全く止まっておらず、勝ち馬が強かっただけ。
7歳とは思えないぐらいの好内容。
このコースはやはり侮れない。
ノームコア評価B
19/12/8
香港芝1600m
香港マイル(G1)
4着
中段外目につけ、いいリズムで走れていた。
直線で加速がややもたついていたが、
ラスト1ハロンほどは良く伸びてきていた。
少し反応が悪かったのが残念だが、内容はマズマズ。
じっくり間隔を空けた方がいいタイプなので、
次走に期待したい。
モズアスコット評価B
20/2/23
東京ダ1600m
フェブラリーS(G1)
1着
元々芝馬だけあってスタートは優秀。
中段につけて内に入れていく。
内を走って砂を被っても問題無さそうなのは収穫。
直線は追い出しをじっくり待って、
外が空いた瞬間に反応よく出し、
そのまま一気に突き抜けた。
G1馬らしい反応の速さを見せていた。
ただ、今回は前走以上に展開に恵まれており、
今回不在の一線級の相手にどこまでやれるか。
ダート適性は十分あるが、
今回の勝ちっぷりほど抜けた存在では無さそう。
モズスーパーフレア評価B
20/2/2
京都芝1200m
シルクロードS(G3)
4着
スタートから出していき、楽にハナを取りきる。
そのままペースを落とさず、ハイペースの逃げ。
直線もそのまま馬場の悪い内側を走り、
しぶとく走っていたが、大外から交わされてしまった。
負けはしたもののかなり強い競馬ができている。
内の馬場が荒れていなければ、
押し切っていたぐらいの走り。
馬場の状態が良いコースなら、かなり期待できる。
ラブカンプー評価C
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
13着
それほど積極的に出していかず、中段後方から進める。
外につけて包まれなかったのは良かったが、
この位置からでは何もできない馬。
結局直線もなだれ込んだだけになってしまった。
途中で止めてしまうことが無くなったのはいいが、
位置取りは疑問。
積極的に乗るような鞍上なら面白いかもしれない。

前走良かった馬はアウィルアウェイ、グランアレグリア、ナックビーナスの牝馬3頭。
アウィルアウェイは一戦ごとに力をつけていて、今回も十分狙える力があると思います。
馬場が悪くなるのは厳しいので、良馬場で。
グランアレグリアは長期休み明けを感じさせない強さを見せていました。
今回の距離は初めてでVマイルの叩き台の感もあるので、不安も大きいですが、能力は通用しそうな感じ。
ノーマークは怖い馬です。
ナックビーナスは7歳馬ながら、全く衰えを感じさせない走りができています。
勝ち切るところまでは難しそうですが、2年前に3着に入っていることもあり、再度激走があっても驚けないです。


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

マーチステークス 出走馬前走診断

前走診断
03 /26 2020
3/29(日)に中山競馬場で行われるマーチステークス(G3)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
アシャカトブ評価A
20/3/7
中山ダ1800m
上総S(1600万)
1着
2着馬を見ながらの競馬で3番手追走。
スタート直後はやや離されていたが、
向こう正面でピッタリ後ろにつけてマークする形。
2着馬が4コーナーで仕掛けていくのに合わせ、
一緒に上がっていくことができていた。
直線は2頭での叩き合いになり、決め手の違いを見せて勝利。
反応の良さも見せており、好調が感じられる一戦。
今回ぐらい走れれば重賞でも。
クリンチャー評価B
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
2着
スタートは押していったが、
スピード負けして中段やや後方から。
道中は内から追走し、砂を被るのを嫌がる素振りもなく、
初ダートとは思えないぐらい順応できていた。
直線は進路を求めながらの追い出しになった分、
勝ち馬との差ができてしまったが、
スムーズなら逆転もあったぐらい最後は良く伸びていた。
ダート適性を見せることはできたが、
前が潰れ、やや展開に恵まれた感もある。
初ダートということを考えれば上々だが、
人気過剰しそうな感じなので、
展開次第で取捨選択していきたい。
コマビショウ評価B
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
4着
勝ち馬の後ろにつけ、中段からの競馬。
道中はいいリズムで運べていた。
直線もスムーズに外に持ち出し、良く伸びていたが、
少し切れ負けしたような感じ。
上位2頭より1kg重い斤量も響いたと思う。
内容自体は悪くなく、
これぐらいのレベルならすぐにチャンスはありそう。
サンマルデューク評価C
20/1/12
中山ダ1800m
ポルックスS(OP)
12着
ゲートが上手く出ずに、最後方からの競馬。
行き脚もついておらず、かなり手綱をしごかれながら追走。
かなりズブくなっていて、反応が鈍く、
直線も外に出して追われてもなかなか伸びてこなかった。
年齢も11歳で競走能力の衰えが目立ってきている。
今回は長期休み明けのレースだったとはいえ、
今後良くなりそうな兆しは見えない。
スワーヴアラミス評価A
20/2/8
京都ダ1900m
アルデバランS(OP)
2着
スタートから積極的に出していき、2番手からの競馬。
逃げた馬を前に置いて、リズムよく運べていた。
3コーナーに入ったところから楽な手ごたえで前に並びかけ、
直線に入ってからは外を回してきた勝ち馬との一騎打ち。
前に出られて、
体勢は苦しくなったが最後まで食らいつけていた。
3着以降は突き放しており、今回は相手が悪かった。
重賞でも十分勝ち負けできるレベルにあるはず。
タイムフライヤー評価B
20/2/23
東京ダ1600m
フェブラリーS(G1)
5着
スタート良く3番手追走。
飛ばす2頭を見る形で追走していく。
4コーナーから追い出しを開始し直線半ばで先頭に立ったが、
明らかに仕掛けが早すぎで後続に差されてしまった。
もっと我慢して乗っていれば、
3着ぐらいは十分とれていた内容。
馬の状態が良かっただけにもったいないレース。
テルペリオン評価C
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
15着
スタートを決め、先手を主張していくが、
外の馬も引かずになかなか先行争いに決着がつかず。
向こう正面に入るぐらいでようやく落ち着く。
序盤に脚をかなり使ってしまい、
3コーナー辺りで苦しくなり、直線はバタバタ。
全く自分の形に持ち込めていなかった。
負ける時は大敗するタイプなので、この結果は仕方ない。
展開次第ではいつ走ってもおかしくないので、
人気を落としたタイミングで狙ってみたい。
テーオーフォース評価B
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
5着
後方から進め、内でじっくり脚を溜めて追走。
3コーナーで外に持ち出し、
かなりの距離ロス覚悟で上がっていき、
最後まで良く伸びていたが、流石にロスが大きかった。
ただ、有利なハンデ差があり、
展開も向いて5着止まりなのは物足りない内容。
もう少し立ち回りが上手くなってほしいところ。
ナムラアラシ評価B
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
8着
最後方から進め、マイペースの走り。
やや置かれてしまったが、リズムを崩さず走っていた。
コーナーでも動かず、直線にかける競馬で、
馬群の間を突いて伸びてきていたが、進路が無くなり、
スムーズに追い出しはできず。
末脚はまだ衰えてはいないが、追い込み一辺倒なので、
よほど展開に恵まれないと厳しく見える。
メイショウスミトモ評価C
20/2/29
阪神ダ2000m
仁川S(L)
13着
後方から進め、内でじっくり脚を溜めて追走していたが、
直線でそれほど伸びは見られなかった。
休み明けの分も多少あるかもしれないが、
年齢的にも速い上がりは使えなくなってきていそう。
今後、一変するような感じには見えない。
メイショウワザシ評価B
20/3/8
中山ダ1800m
総武S(OP)
1着
最初のコーナー前にスンナリハナを奪い、
楽なペースで逃げる。
道中も競ってこられず、終始マイペースで進めた。
直線に入っても脚色が鈍らず、十分待ってから追い出し。
後続を寄せ付けず、セーフティーリードを保って勝利。
ここに来てメキメキと力をつけている。
一線級相手はまだ厳しそうだが、重賞でもやれそう。
リアンヴェリテ評価C
19/11/3
京都ダ1800m
みやこS(G3)
13着
スタート出していったものの、スマハマに並びかけて、
ハナは取らず。
中途半端に並走する形にあり、お互いで消耗する形に。
さらに外からインティも来て、先行馬でつぶし合う。
3コーナー辺りで手応えが無くなり、明らかな過剰ペース。
ハナを取りきった方が良かったのではと思うような内容。
ルールソヴァール評価C
19/6/1
東京ダ2100m
スレイプニルS(OP)
16着
中段外目につけ、道中はいい雰囲気で運べていたが、
4コーナー辺りで手応えが怪しくなりはじめ、
直線半ばで脚が上がってしまった。
1年半ぶりのレースだったので、
息が持たなかったと思うが、59kgの斤量も厳しかった。
能力はある馬だったが、長期休暇で衰えがあるかも。
今後はちょっと狙い辛い。
レピアーウィット評価C
20/1/12
中山ダ1800m
ポルックスS(OP)
14着
中段外目につけ、流れに乗った競馬のように見えたが、
向こう正面で行き脚が悪かったのか、鞭が入る場面も。
特に変わってくるようなこともなく、
コーナーでも上がっていくことは無かった。
直線入口でやや止めてしまったような感じになり、
また鞭が入ったが、反応は見られなかった。
かなり状態面に不安が残る内容。
クラス慣れが必要な馬ではあるが、
良くなるのはまだ先かもしれない。
ローズプリンスダム評価B
20/3/8
中山ダ1800m
総武S(OP)
6着
すんなりと好位につけ、流れに乗った競馬が出来ていた。
道中は終始外を回り、ロスの多い競馬。
3コーナーで早めに仕掛けていくも外を回り、
ポジションを上げることもできず、
ただ体力を消耗し、直線に入って脚が鈍ってしまった。
大外枠からの発走だったので、
外を回らされたのは仕方ないが、
仕掛けどころはミスだと思う。
上手く乗っていれば3着はあったかもしれない。
このレベルならもっとやれてもおかしくない。
ワイルドカード評価A
19/12/28
阪神ダ1800m
ペテルギウスS(L)
1着
逃げたスマハマの後ろにつけ、3番手からの競馬。
ペースが落ち着き、いいリズムで走れていた。
内を走っていたが、4コーナーで後続が遅れ、
スムーズに直線で外に持ち出し、
粘るスマハマを突き放して勝利。
かなり楽な競馬ができたのはあるが、強い勝ちっぷり。
この勢いなら重賞でも期待できる。

前走良かった馬はアシャカトブ、スワーヴアラミス、ワイルドカード。
いずれの馬も前々での競馬ができるので、今回も好走するチャンスは十分ありそうです。
荒れる重賞ですが、前走好走馬の活躍も目立つので、この3頭には注目しておきたいです。


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2024年4月結果
回収率 0%

2024年累計
回収率 68%