2020年04月 - 競馬鹿の重賞レース予想

ダービー卿チャレンジトロフィー レース回顧

レース回顧
04 /05 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジトロフィー(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
4
クルーガー1.32.8-4-6-535.24
好位で立ち回り、速いペースについていかず、
マイペースでの競馬ができた鞍上の好騎乗が光った。
コーナーでも内でじっと我慢し、直線前が開いたのも良かった。
スムーズに抜け出し、後続を振り切って完勝。
レース運びが完璧だった面が大きいが、
馬自身も能力の衰えは見られない。
これ以上の相手は厳しそうだが、G3ならまだやれそう。
2
5
ボンセルヴィーソ1.33.12-4-8-535.413
好位から進め、コーナーで後続が上がってきても慌てず、
じっくり脚を溜めて追い出せたのが良かった。
勝ち馬には離されてしまったが、最後までしっかり脚が使えた。
良く走れていたと思うが前が潰れ、
後続が届かない展開に助けられた感もある。
今回は走れたものの重賞では少し足りないように見える。
3
6
レイエンダ1.33.1ハナ-10-9-935.25
周りのスピードについていけず、中段からになってしまったが、
折り合いは良くついていて、
しっかり脚を溜める競馬ができていた。
直線も隙間を縫って良く伸びてきており、いい走りをしていた。
今回のようなハイペースで好走できたのは収穫。
状態もまだ良くなりそうなので、今後に期待したい。
4
11
ケイアイノーテック1.33.21/2-14-12-1234.96
速い流れになって展開は向いたが、
コーナーでの押し上げがイマイチで直線足を伸ばすも届かず。
相変わらず末脚はいいものを持っているが、
少しポジションが悪かった。
もう少し直線の長いコースの方が良さそう。
このレベルの相手なら展開次第で勝てるはず。
5
7
プリモシーン1.33.31/2-10-11-835.21
中段外目からいいポジションで進めることができていたが、
直線はもう一つ伸びあぐねてしまった。
前走この斤量をこなしているとはいえ、やはり重い印象。
今回もそれほど悪い内容では無いが、
人気馬では少し狙い辛い印象。
6
14
ドーヴァー1.33.3ハナ-13-12-935.011
スタートでついていけず後方になってしまったが、
道中は上手く乗れていた。
コーナーでスルスルと内からロス無く上がっていけたが、
直線はそれほど切れなかった。
距離ロス無く運べたわりには直線の伸びは物足りない。
重賞では少し足りない印象。OP特別までの馬に見える。
7
2
ストーミーシー1.33.3クビ-2-2-136.13
スタートを決めて2番手で進めることができたが、
ペースが速く、道中息を入れれず。
4コーナーで先頭に立ったが、
そのまま押し切れるほど甘くなかった。
終いが甘くなってしまったが、
展開が厳しかった点は考慮しても良さそう。
内容はそれほど悪くなかったので、
夏のローカル重賞レベルなら期待できる。
8
15
カツジ1.33.3-16-16-1634.47
直線は大外を回して良く伸びてきていたが、
流石に最後方からでは厳しかった。
ただ、休み明けだった前走よりは良くなっているように見える。
今回ももう少し流れに乗れていれば上位もあったかもしれない。
そろそろ走ってきそうなので、注意しておきたい。
9
9
ブラックムーン1.33.51-14-15-1534.915
直線で大外から追い込み馬同士の叩き合いで敗れたあたり、
かなり衰えてきているように思う。
加速に時間がかかっていて、反応が鈍くなってきている。
重賞ではあまり期待できそうにない。
10
3
ジャンダルム1.33.63/4-4-5-236.22
好位のポジションにつけていいリズムで進め、
直線も前が開いて絶好の形だったにもかかわらず、
伸びずに大敗。
楽に抜け出せそうな感じだっただけに意外な敗戦。
かなり当てにしずらい面がある馬なので、
人気の無い時に狙う方が良さそうなタイプ。
11
8
トーラスジェミニ1.33.91 3/4-2-3-236.69
先手を取れず、ハイペースに巻き込まれる苦しい展開。
相手も強く、直線でアッサリかわされてしまった。
重賞ではまだ力不足の印象。
展開利が無いと厳しいかもしれない。
最内枠ならもう少しはやれるかも。
12
13
エメラルファイト1.34.01/2-12-12-1235.712
後方から進めるも、直線はそれほど伸びず。
見せ場すら作れず、かなり不調に見える。
いまいち芝のスピードに乗り切れていない感じなので、
ダート戦の方がいいかもしれない。
13
12
ペプチドバンブー1.34.74-4-9-936.810
スタートは良かったが、徐々にペースについていけなくなる。
オープン入り直後で重賞のハイペースは厳しかったかも。
クラス慣れがもう少し必要そうな感じ。
しばらくクラスの壁に阻まれるかもしれない。
ただ、重馬場巧者なので、雨が降った時は注意したい。
14
16
マイスタイル1.35.97-4-3-538.68
大外枠から飛び出していったが、先手は取れず、
先行馬群の外を回らされてしまう。
終始外を回らされて、ペースも速く、
全くこの馬らしい競馬はできず、4コーナーで失速。
直線はほとんど追っていなかった。
最後は走らせていなかったので着順は度外視でも。
内枠の方が確実にいいので、枠に注意したい。
15
10
ムーンクエイク1.36.85-4-6-1239.214
好位から進めていたが、4コーナーで失速。
道中も少し力んだような感じで、落ち着きが無かった。
かなり失速していたので距離が持たなくなっているのかも。
現状はこの距離は厳しそう。距離短縮でどれだけやれるか。
16
1
ナインテイルズ1.39.2大差-1-1-442.116
最内枠を活かして果敢に逃げていくが、4コーナーで捕まり、
そのままバテてしまった。
スプリント戦を中心に使われてきたので、
明らかに久々の距離で持たなかった印象。
ただ、ここまで止まるようでは距離を戻しても厳しい。

結果:不的中
単穴指名のクルーガーが勝利したものの、相手は買えず。
3着のレイエンダはまだしも2着のボンセルヴィーソは自分には狙える馬では無かったです。
そもそも展開はスローを予想していましたが、ナインテイルズが行く可能性は全く考えていませんでした。
スプリント戦で逃げる競馬をしたこともある馬が最内に入った時点で逃げる可能性を考慮するべきでした。
そうなれば当然落ち着いたペースにならないことは予想できたので、本命にしていたトーラスジェミニの評価を下げてクルーガーを本命や対抗評価まで上げて単勝は取れる可能性はあったのではないかと思います。
消す馬をいないものとしてしまったのは反省点です。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

大阪杯 予想と買い目

予想印&買い目
04 /04 2020
4/5(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>
馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ロードマイウェイ4武豊57(栗)杉山晴紀
調教の動きを見る限り、前走の気性難の改善が見られない。
能力的にもG1では一枚劣る印象。
普通にゲートを出たとしても、通用するかは微妙。
2
2
サトノソルタス5藤岡康太57(美)堀宣行
このレースと相性のいい前走金鯱賞を使っての参戦。
展開に恵まれたところはあったが、
2着に踏ん張ったところは評価したい。
経験が浅く、能力はまだ未知数なので、
まだ人気が無いうちに狙ってみてもいいかもしれない。
3
3
ブラストワンピース5川田将雅57(美)大竹正博
パワータイプなので、高速化になりやすい阪神はどうか。
調教の動きからもいい時の動きからすると物足りない。
重賞5勝の実績馬ではあるものの、2,3着が無く、
安定感は見られない。
速い上がりを求められるような展開だと厳しく、
逃げ馬不在の今回は上がり勝負になる可能性もあるので、
少し買いづらい。
4
4
ワグネリアン5福永祐一57(栗)友道康夫
古馬になって勝ち星こそ増えていないが、
G1でも力のある所は見せている。
まだ本調子では無いかもしれないが、能力は高い馬。
スムーズな競馬が出来れば好走する下地はある。
抑えてはおきたい一頭。
5
5
ラッキーライラック5M.デム55(栗)松永幹夫
ローテーションが狂った秋華賞と、
不利のあった阪神牝馬Sを除けば安定して走れている。
牡馬混合戦の経験は乏しいが、
強敵の集まる中山記念で2年連続2着になっているので、
能力的に劣るといったことは無さそう。
叩き2走目に調子を上げてくる馬なので、
ここは中心視しておくべき馬。
5
6
レッドジェニアル4酒井学57(栗)高橋義忠
一線級相手は荷が重い。
これまでの強い相手とのレースでは完全に力負けしている。
G3ぐらいなら十分勝てる力はあるが、ここは厳しい。
6
7
ステイフーリッシュ5岩田康誠57(栗)矢作芳人
逃げ馬不在なので、だれも行かなければ行くのはこの馬。
マイペースの走りはできそうだが、G2までの馬。
G1で押し切れるほどの力は持っていない。
ただ、展開面では恵まれる可能性が高いので、
残り目には気を付けたい。
6
8
ダノンキングリー4横山典弘57(美)萩原清
予定通り順調に来ている感じ。
クラシック全てで馬券になっている辺り、能力の高さを感じる。
ここも普通に走れば勝てるだけの力は持っているはず。
関西のレース経験が乏しく、輸送がどうかは気になるが、
不安点はそれぐらいで十分好走圏内。
7
9
マカヒキ7ヒューイ57(栗)友道康夫
2年連続4着で適性については問題無いと思うが、
調教でかなり集中を欠いた走りをしていたのが気になるところ。
乗り替わりで初騎乗の鞍上でどこまで制御できるか。
決め手は光るものがあるが、期待よりも不安の方が大きい。
7
10
ジナンボー5藤岡佑介57(美)堀宣行
良血だがまだG1で通用するほどの力は無いように見える。
G3の前走で3着ではここでは厳しい。
大分気性面は良くなってきているとはいえ、一気の相手強化。
今回は買いづらい。
8
11
カデナ6鮫島克駿57(栗)中竹和也
能力的に見劣り、ここは直線に賭ける競馬をしてくると思うが、
ペースも流れなさそうな今回は展開面で厳しそう。
前も簡単には止まるような相手でもなく、
差し切る姿を想像できない。
良くて掲示板止まりかもしれない。
8
12
クロノジェネシス4北村友一55(栗)斉藤崇史
前走の勝ちっぷりは良かったが、
牡馬に強い馬がいなかったので評価しすぎるのは危険かも。
実績面は評価すべきとはいえ、
一線級同士の対戦では取りこぼしも多く見られる。
G1馬が揃う今回の相手にどこまでやれるか。

逃げ馬不在でペースが読みづらい一戦。
思い切っていく馬がいるかどうかで大きく展開が変わりそうです。
本命は⑤ラッキーライラック。
一番勢いと実力を兼ね備えた馬だと思います。
流れに沿った競馬ができ、他の有力馬に比べて安定感も抜群。
馬券外は考えにくいです。
対抗は②サトノソルタス。
前走サートゥルナーリアに完敗とはいえ、かなり成長が見られます。
右回りの経験が無いのは未知数ですが、それで人気を落とすなら逆に狙い目だと思います。
単穴は④ワグネリアン。
スムーズな競馬ができるかどうか。能力や適性は問題無いはず。
まだまだG1で活躍できる馬だと思います。
抑えは⑧ダノンキングリー、⑫クロノジェネシス。
それぞれ3歳時に大活躍した2頭ですが、ダノンキングリーは遠征、クロノジェネシスは気性面と弱点を持った馬だと思います。能力は認めるものの不安のある馬なので抑えまで。

買い目
馬連  ⑤-②④⑧⑫
ワイド ②-⑤


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダービー卿チャレンジトロフィー 予想と買い目

予想印&買い目
04 /04 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>
馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ナインテイルズ9野中悠太54(栗)長谷川浩
久々のマイル戦になり、近走の内容からも衰えが見える。
調教もあまり行っていないようなので、一変は期待できない。
レース経験は豊富だが、特に中山巧者といったこともなく、
見送りが妥当。
1
2
ストーミーシー7横山武史56.5(美)斎藤誠
前走は積極策から今回のコースを押し切って勝利。
馬場の悪い内目でも良く走れていた。
今回も前回と同じ馬番なので、前走と同じ形に持ち込むはず。
相手強化で押し切りは厳しくなると思うが、
前走程度走れれば残り目があるかもしれない。
2
3
ジャンダルム5藤井勘一56(栗)池江泰寿
気性面に課題を抱える馬だが、能力は重賞級。
前走から2kg減で出れる今回はかなり有利に見える。
落ち着いてレースに入っていけるかどうかだけ。
当てにはし辛いが、力はあるので取捨選択が難しい馬。
2
4
クルーガー8石橋脩57(栗)高野友和
8歳馬になるが前走は苦手の左回りでも良く走れていた。
それほど年齢による衰えは感じられず、
前走程度の状態は維持できていそう。
57kgの斤量も背負い慣れており、力が出せないことは無いはず。
時計がかかる馬場になれば浮上してくるかもしれない。
3
5
ボンセルヴィーソ6木幡巧也54(栗)池添学
先行力は高いので、ここでも好位からの競馬はできそう。
ただ、調教の動きがあまり良くなく、揉まれ弱いところもある。
どれだけマイペースで進めるかがカギ。
後続が早めに動いてくるようだとアッサリ大敗まで。
3
6
レイエンダ5丸山元気57(美)藤沢和雄
休み明けの前走よりは調子を上げてきているように見える。
鞍上も継続騎乗で癖は掴んでいそう。
状態はいいと思うが、スローからの上がり勝負でこその馬。
ペースが落ち着けばチャンスがあるが、
流れる展開になると厳しく、人気では買いづらい。
4
7
プリモシーン5M.デム56(美)木村哲也
実質トップハンデで厳しいが前走こなしているのは評価できる。
中山コースも悪くなく、前年の2着馬というのも後押し材料。
今回は1番人気になると思うが、
ハンデ戦でそこまで信頼していいかは微妙。
抑えてはおきたい一頭だが、取りこぼしも見ておきたい。
4
8
トーラスジェミニ4木幡育也54(美)小桧山悟
前走は最後苦しくなりながらもなんとか押し切って勝利。
オープン入り直後で相手関係は厳しくなると思うが、
今回も同様に逃げるはず。
鞍上は乗り替わりになるが、このコンビは5戦3勝で、
3勝はいずれも人気薄での激走。
斤量も前走から3kg減になり、
楽に逃げれる展開になれば一発の期待は持てる。
5
9
ブラックムーン8吉田豊57(栗)西浦勝一
決め手はあるとはいえ、
追い込み一辺倒ではここは厳しく見える。
斤量も背負うので、よほど展開が嵌らないと難しい。
特に調教で動いているわけでも無さそうなので、
ここでは通用しなさそう。
5
10
ムーンクエイク7北村宏司56(美)藤沢和雄
前走は斤量が重かったので仕方ないが、
かといって斤量が軽くなったところで今のデキでは厳しい。
以前のような切れ味も見られず、先行力にも乏しい。
ここは見送りが妥当。
6
11
ケイアイノーテック5津村明秀57(栗)平田修
末脚はまだまだ健在なので、展開が向くかどうかだけ。
凡走続きではあるものの毎回ラストはしっかり伸びている。
これぐらいのレベルなら展開が向きさえすれば差し切っても。
評価を落としている今は狙い目かもしれない。
6
12
ペプチドバンブー5松田大作54(栗)武英智
重馬場巧者なので、良馬場では多少割引。
クラス慣れが必要なタイプで、
オープン入り直後でペースについていけない可能性も。
ただ、好調は維持できていそうで、
馬場も荒れてはきているので、
前が止まるようならそれなりに走れるかも。
7
13
エメラルファイト4石川裕紀56(美)相沢郁
G2馬ではあるが、そこまで能力は高くなさそう。
G3でも苦戦するレースが続き、低迷している。
もうしばらく様子を見た方がいいかもしれない。
7
14
ドーヴァー7田辺裕信56(美)伊藤圭三
昨年は1番人気で7着に敗れているものの、
このコースは相性がいい。
また、状態に関しては言うことないので、展開が向けば。
乗り慣れた鞍上に戻るので、一発の期待は持てる。
8
15
カツジ5松山弘平56(栗)池添兼雄
長期休み明けを一度使われたが、
状態はもう少し戻り切っていないように見える。
本調子ならG3ぐらいなら好走できると思うが、
もう1,2戦様子を見たいところ。
8
16
マイスタイル6横山典弘57.5(栗)昆貢
昨年の3着馬だが、状態が戻っていないように見える。
このコースで大外枠も気になるところ。
距離延長で多少競馬はしやすくなると思うが、
今の状態でどこまでやれるか。

一筋縄ではいかなそうなハンデ戦。
少しひねった方が良さそうな気がします。
本命は⑧トーラスジェミニ。
マイスタイルが大外枠に入ったので、ここはスンナリと先手が取れるはず。
前走はタフな流れでも粘れたので、マイペースならもっとやれそう。
54kgの斤量で簡単には止まらないと思うので、粘り切ってほしいです。
対抗は⑭ドーヴァー。
調教で動きが一変しているので、ここは期待できそうです。
中山も相性が良く、鞍上も得意なコース。
人気薄の一発を期待したいです。
単穴は④クルーガー。
8歳馬ですが、衰えはそれほど無さそうに見えます。
一線級相手では流石に厳しいと思いますが、これぐらいの相手なら。
抑えは③ジャンダルム、⑦プリモシーン。
どちらも嵌った時の勝ちっぷりがいい馬ですが、凡走も見られる馬。
半信半疑なので、一応抑えておく感じです。

買い目
単勝  ⑧⑭
馬連  ⑧⑭-③④⑦⑧⑭


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

大阪杯 出走馬調教診断

調教診断
04 /03 2020
4/5(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)の出走馬調教診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
カデナ評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.938.225.212.8
一杯に追われた割にはスピード感に乏しく、動きも重たい。
一線級相手には通用しないように見える。
クロノジェネシス評価A
4/1(水)
栗東CW 良
5F4F3F1F
68.852.237.111.6
しっかり折り合いもついていて、抑えられながらも動きは良かった。
状態自体に問題は無いので、当日のテンションだけ上がりすぎなければ。
サトノソルタス評価B
4/1(水)
美浦南W やや重
5F4F3F1F
68.453.538.912.5
ジナンボーとの併せ馬。
かなり抑え込んで並走をキープ。追えばかなり伸びそうな感じ。
いい状態をキープできていそう。
ジナンボー評価C
4/1(水)
美浦南W やや重
5F4F3F1F
68.253.338.712.5
サトノソルタスとの併せ馬。
お互い馬ナリだったが、相手の方が脚色が良かった。
この相手に後れを取るようでは一線級相手はまだ厳しく見える。
ステイフーリッシュ評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.938.325.413.2
一週前はそれほど悪くなかったが、今週はかなり動きが重たい。
追われてから全く反応できていなかった。
ダノンキングリー評価B
4/1(水)
美浦南W やや重
5F4F3F1F
65.450.336.812.0
一週前の動きはもう一つ動きが鈍かったが、
今週は馬ナリでもしっかり走れていた。
距離が微妙に長そうだがこなせれば。
ブラストワンピース評価C
4/1(水)
美浦南W やや重
4F3F1F
51.837.312.3
やや頭の高い走りでいい時に比べて今一つの動き。
もう少し素軽さが欲しい。
マカヒキ評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.439.625.913.1
耳を動かしながら走っていて集中力に欠けた感じ。
力強さも物足りず、やや低迷しているかもしれない。
ラッキーライラック評価A
4/1(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
81.666.251.938.712.2
スイッチが入ると重心の低いスピード感ある走りができている。
反応の良さも抜群で、いい状態で出走できそう。
レッドジェニアル評価B
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.138.024.912.4
馬ナリ調整だったがしっかり動けている。
行きっぷりもマズマズ良く、力は出せそうなデキ。
ロードマイウェイ評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.139.225.913.0
バランスの悪い走りで、走るのを嫌がっているように見える。
能力以前に気性面でかなり問題がありそう。
前走同様にまともに走らない可能性も。
ワグネリアン評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.639.726.012.9
一週前は動きが重く、最終調整でも軽く流した程度と物足りない内容。
休み明けの割には軽すぎるように見える。

調教の動きが良かったのはクロノジェネシスとラッキーライラック。
クロノジェネシスは状態に関しては文句なしのデキだと思います。
当日落ち着いていれば、恥ずかしいレースにはならなさそうです。
ラッキーライラックも調子を上げてきている印象。
前走負けていますが、今回は逆転しても。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダービー卿チャレンジトロフィー 出走馬調教診断

調教診断
04 /03 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(G3)の出走馬調教診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
エメラルファイト評価B
4/1(水)
美浦坂路 やや重
800m600m400m200m 
54.940.225.512.4 
軽く流した程度だが、足捌きはしっかりしていて動きは悪くない。
状態面は問題無さそう。
カツジ評価B
4/1(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
80.764.551.137.711.9
長期休暇明けの叩き2走目で順調に良くなっていそうだが、
やや動きが硬くもう一歩といったところ。
悪くは無いがもっと良くなるはず。
クルーガー評価B
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.137.824.312.1
8歳馬になるが、しっかりとした動きができている。
大きな上積みは無さそうだが、前走時の状態ぐらいは維持していそう。
ケイアイノーテック評価B
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
51.637.824.812.5
ラストはびっしり追われ、最後まで集中してしっかり走れている。
力は出せそうなデキ。あとは展開次第。
ジャンダルム評価B
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.939.124.611.9
気の難しさを少し見せていたが、足捌きは悪くなかった。
動きだけなら重賞級だが、気分屋な面がどう出るか。
ストーミーシー評価B
4/1(水)
美浦坂路 やや重
800m600m400m200m
52.538.224.712.1
自分から併せ馬に並びかけていく勝負根性が見られた。
デキ自体は安定していそう。相手強化でどこまで。
トーラスジェミニ評価B
4/1(水)
美浦坂路 やや重
800m600m400m200m
52.738.625.512.8
直線やや苦しくなったが、手前を替えてもう一伸び見せていた。
スンナリ反応もできていて、成長が見られる。
ドーヴァー評価A
4/1(水)
美浦南W やや重
5F4F3F1F
66.952.538.912.2
ビッシリ追われて迫力ある動きができている。
デキについては申し分なく、展開が向けば一発あっても。
ナインテイルズ
映像無し
ブラックムーン
映像無し
プリモシーン評価A
4/1(水)
美浦南W やや重
5F4F3F1F
69.154.339.412.1
前走時の調教と同様に前に馬を置いて、直線で並びかける。
前走よりも反応よく並びかけることができていた。
いい状態をキープできている。
ペプチドバンブー評価B
4/1(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
82.666.952.538.812.2
スムーズに加速ができていて、重心の低い走りができていた。
もう少し力強さがあれば言うことなしだが、動きも柔らかく、
好調がうかがえる。
ボンセルヴィーソ評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.638.825.612.6
終始首を右に張りっぱなしで、脚の出もあまり良くなかった。
手前替えも遅く、反応がかなり鈍い。
マイスタイル評価C
4/1(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.938.124.912.9
走りに集中できておらず、追われてからの動きも重たく見える。
いい頃に比べ、まだまだのデキ。
良くなるのはもっと暖かくなってからかもしれない。
ムーンクエイク評価C
4/1(水)
美浦南W やや重
6F5F4F3F1F
84.569.154.440.412.5
余裕のある動きをしていたレイエンダに対し、
食らいつくのが精一杯といった感じ。
展開次第ではあるとはいえ、僚馬より上に行くのは厳しく見える。
レイエンダ評価B
4/1(水)
美浦南W やや重
6F5F4F3F1F
85.469.454.740.712.4
無理をさせない程度のやや軽めの調教だったが、
ムーンクエイクを完全に抑え込んでいた。
もう一歩良化がありそうだが、マズマズのデキ。

調教の動きが良かったのはドーヴァー、プリモシーン。
プリモシーンは前走と同じような調教内容で動きがさらに良くなっているように見えます。
右回りも問題無いはずなので、連勝の可能性も十分ありそうです。
一変がありそうなのはドーヴァー。
明らかに前走時に比べて動きが良くなっています。
展開に左右されるので、難しいところはありますが、嵌ればチャンスはありそうです。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

大阪杯 出走馬前走診断

前走診断
04 /02 2020
4/5(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
カデナ評価B
20/2/23
小倉芝1800m
小倉大賞典(G3)
1着
後方内目から進めて、じっくりと脚を溜める。
内枠で馬場も荒れており、
どうやって外に出すかが重要だったが、
4コーナーで動いて外に出せる位置を取れたのが大きかった。
直線はやや強引に外に出したが、
前が開いた瞬間一気の末脚で豪快に差し切っての勝利。
ようやく結果を出すことができた。
展開次第ではこれぐらいは走れる馬なので、
人気が無くても注意したい。
クロノジェネシス評価A
20/2/16
京都芝2200m
京都記念(G2)
1着
スタートを決め、好位追走。
道中は落ち着いて追走できており、
いいリズムで走れていた。
コーナーもスムーズに回れ、直線に入って追い出すと、
アッサリと突き抜けてラストは流して完勝。
気性面の成長がかなり見られ、
重馬場も全く苦にしていなかった。
今後は一線級を相手にすることになると思うが、
気性面が成長した今なら対等に戦えそう。
サトノソルタス評価B
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
2着
ある程度ポジションを取りに行き、好位の外目を追走。
スローペースで後方からは厳しい流れだったので、
鞍上の好判断が光った。
道中は流れが遅すぎて、やや行きたがっていたが、
なんとか我慢しながら走っていた。
4コーナーから前を逃がさないようについていき、
直線叩きあいに持ち込んでいる間に、
外からアッサリ勝ち馬にかわされてしまった。
今回は勝ち馬が強すぎただけで、内容はかなり良かった。
5歳馬ながら経験の浅い馬なので、
まだこれから良くなってきそう。
ジナンボー評価B
20/2/23
小倉芝1800m
小倉大賞典(G3)
3着
逃げ馬を見る形でついていき、3番手からの競馬。
道中は流れに乗って、いいリズムで走れていた。
4コーナーから積極的に押していき、
早め先頭で押しきろうと粘っていたが、
今の外差しが決まる馬場では粘り切れなかった。
それでも今回一番強い競馬をしており、
このレベルの走りができていればすぐに重賞は勝てそう。
ステイフーリッシュ評価B
20/2/16
京都芝2200m
京都記念(G2)
3着
スタート良く2番手からの競馬ができたが、
逃げたアメリカズカップが大逃げを打ち、離れた2番手。
後続を引き連れながら、マイペースの走りはできていた。
前をあまり意識せずに自分の走りをして、
直線に入って粘りこみを図るが、
牝馬2頭の瞬発力に一気にかわされてしまった。
この馬らしい走りはできていたが、
この馬場で切れ味を出されると厳しかった。
先着した2頭はG1級の馬。
G1レベルには足りない感じなので、
楽な相手の時に狙いたい。
ダノンキングリー評価A
20/3/1
中山芝1800m
中山記念(G2)
1着
スタートを決めて3番手追走。
理想的なポジションから進めることができていた。
道中は落ち着いていて、手応えも十分。
直線に入って楽に前をかわしてそのまま押し切って勝利。
直線はもっと伸びるはずなので、
まだ良くなる余地はありそう。
G1でも勝てるだけの力はあるので、今後も期待したい。
ブラストワンピース評価A
20/1/26
中山芝2200m
AJCC(G2)
1着
スタート良く好位からの競馬。
道中はゆったりとした流れになったが、折り合いもつき、
リズムよく運べていた。
4コーナーで故障馬のあおりを受けてしまったが、
すぐに立て直して、直線内に切れ込み、
前を走っていた2着馬をかわして勝利。
多少時計のかかるような馬場の時は強い勝ち方をしている。
力のいるような馬場では抜けた強さを持っている。
マカヒキ評価B
19/11/24
東京芝2400m
ジャパンC(G1)
4着
最後方から脚をためて直線に賭ける競馬。
スタートしてすぐに内に入り、距離ロス無く、
自分のリズムで追走する。
道中はやや置かれ気味で、
4コーナーで内から馬群にとりつく。
直線に入ってから大外に持ち出していき、
鋭い脚で伸びるも流石にポジションが後ろ過ぎた。
末脚はまだ衰えていないので、
今後も展開次第でチャンスはありそう。
ラッキーライラック評価B
20/3/1
中山芝1800m
中山記念(G2)
2着
隣の逃げ馬についていきたいところだったが、
ついていけずに勝ち馬を見る形で進める。
ちょっとこの距離は忙しかったかもしれないが、
マズマズのポジションで流れに乗った競馬はできていた。
4コーナーで外から後続に並びかけてこられるも、
直線でいい末脚を見せての2着。
勝ち馬には完敗の形だったが、
前走からの一気の距離短縮の分のように見える。
距離は2000mが今はベストかもしれない。
レッドジェニアル評価B
20/1/19
日経新春杯(G2)
7着
スタートがあまり良くなく、その後の行き脚もつかず、
後方から。
道中もそれほど進んでいかなかった。
3コーナーでは最後方まで下がってしまうが、
直線での追い出しには良く反応して、
馬群の間を力強く伸びてきていた。
休み明けの分なかなかレースに入っていけなかったのかも。
力のある所は見せているので、次は変わってきそうな感じ。
ロードマイウェイ評価C
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
10着
ゲートでソワソワしていてスタートで出遅れ。
後ろからの競馬になってしまった。
内に入れて距離ロス無く進めるが、かなりのスローで、
度々折り合いを欠くところが見られた。
それでも直線は最後まで脚を使えていたが前が止まらず。
本来の力を全く発揮できていなかった。
今回は度外視でも良さそうだが人気ほどの能力は無さそう。
ワグネリアン評価B
19/11/24
東京芝2400m
ジャパンC(G1)
3着
内枠のおかげでスムーズに好位につけることができた。
道中も折り合いがつき、リズムよく走れていた。
いい形で直線に入ることができ、良く走れていたが、
前を捕まえることはできなかった。
良馬場ならもっと脚が切れたかもしれない。
もうちょっとの競馬が続いているが、能力はやはり高い。
いつ勝ってもおかしくないレベルの馬。

前走良かった馬はクロノジェネシス、ダノンキングリー、ブラストワンピースですが、
どの馬も一長一短があり、展開や馬場の状態次第で大きく変わってきそうです。
タイプもそれぞれ違っているので、これらの馬すべてが好走は可能性が低そうです。
当然前哨戦を使って変わってくる馬もいると思うので、あまり前走の結果に固執しすぎない方がいいかもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダービー卿チャレンジトロフィー 出走馬前走診断

前走診断
04 /02 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
エメラルファイト評価C
20/2/23
小倉芝1800m
小倉大賞典(G3)
11着
中段やや後方から進める。
少しポジションは後ろになってしまったが、
リズムよく走れていた。
コーナーで勢いをつけながら回ってきたが、
直線入口で内からぶつけられ、萎えてしまって伸びず。
能力的にはもっと走れそうな感じはあるが、
案外打たれ弱いタイプなのかもしれない。
カツジ評価B
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
6着
向こう正面で内の馬に寄られ、
かなり外を回らされてしまった。
3コーナーから内の馬についていくように動いていったが、
直線で止まってしまい、やや不完全燃焼。
ただ、1年ぶりのレースで不慣れな形になったわりに、
良く走れている。
一度使われて良くなってくるかもしれないので、
次走は注意しておきたい。
クルーガー評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
5着
好スタートを決め、ハナを切る勢いだったが、
内からモルフェオルフェがハナを主張し、2番手追走。
前を行かせてマイペースの走りにすぐに切り替えていた。
道中は落ち着いて、リズムよく走れており、
直線も最後まで粘り強い走りができていた。
8歳馬になるが衰えている感じは見られず、
もっと時計のかかるような馬場なら前進があるかも。
ケイアイノーテック評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
11着
最後方からじっくり脚を溜める競馬。
落ち着いたペースになり、展開が合わなかった。
直線も前が止まらず、一団のままの上がり勝負になり、
最速の脚を繰り出すも、前も止まらなかった。
展開が嵌らず、凡走が続いているが、
末脚はしっかりしているので、嵌る展開の時に注意したい。
ジャンダルム評価C
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
10着
前に壁を置いて走っていたが、
向こう正面でやや馬が行きたがってしまい、
外に出すと周りの馬の動きに反応してコーナーで脚を使い、
直線で失速。
かなりチグハグなレースになってしまった。
気性面で難しいところがあり、なかなか安定しない。
もう少し落ち着きのあるレースができれば、
重賞でももっと活躍できそうだが。
ストーミーシー評価A
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
1着
これまでとは違い、先行策に打って出て、
馬場の悪い内目を走りながらも力強い走りができていた。
直線外から伸びる馬が多い中、
内から伸びてきて勝利したのは評価できる。
前からの競馬ができたことも収穫で、
G3ぐらいなら勝負になるかもしれない。
トーラスジェミニ評価B
20/3/20
中山芝1600m
幕張S(1600万)
1着
最内枠からスタートを決めてハナを奪い、
そのまま押し切って勝利。
向こう正面から2着馬にずっと競ってこられ、
ペースも落とせなかったがなんとか凌ぎきった。
ただ、楽逃げとまではいかないまでも、
枠にも展開にも恵まれた感がある。
クラス慣れが必要なタイプでもあり、
昇級初戦は苦戦するかもしれない。
ドーヴァー評価C
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
13着
後方から進めるも、今回も前が止まらない流れ。
後ろからだと全く出番が無かった。
ただ、他の追い込み馬にも脚色が見劣っており、
展開が向いたとしても、厳しかった可能性も。
やや精彩を欠いてきているかもしれない。
ナインテイルズ評価C
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
14着
好位からの競馬はできていたが、
スタートダッシュは悪くなってきている。
コーナーでの加速にもついていけておらず、
直線に入る前に後退していってしまった。
衰えが顕著になってきている。重賞は厳しく見える。
ブラックムーン評価B
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
7着
いつものように最後方から直線に賭ける競馬をして、
直線は良く伸びてきていたが、内の馬場が良く、
前残りの流れになり届かず。
どうしても展開に左右される馬なので、
届かないのは仕方ない。
末脚はまだ衰えていないので、
これぐらいの相手になら展開さえ嵌れば一発あるかも。
プリモシーン評価A
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
1着
最内枠からのスタートだったが、
隣のヴァンドギャルドが出遅れて、
楽に好位のポジションを取れたのが大きかった。
道中もいいリズムで運ぶことができ、落ち着いた走り。
直線で馬群の外に持ち出して、力強く抜け出して勝利。
56kgを背負っていたことを考えるとかなり評価できる走り。
この出来ならG1でも期待できる。
ペプチドバンブー評価B
20/3/8
中京芝1600m
トリトンS(1600万)
1着
昨年はダートを使っていたが、
芝に戻して2戦目でオープン入り。
強い勝ちっぷりだったが、馬場が悪く、
重馬場を得意とするこの馬向きの馬場が良かった感がある。
決め手はいいものを持っているが、
いきなりは厳しいかもしれない。
ただ、重馬場になればオープン馬相手でも侮れない。
ボンセルヴィーソ評価C
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
12着
好位追走していたがペースが速く、
3コーナーで後続が外から並びかけてきて苦しい展開。
かなり早仕掛けをする羽目になり、
自分のリズムで走ることができなかった。
スピードはあるので、先行は簡単にできるが、
能力的には乏しく、相手次第のところがある。
マイペースで運べないと厳しい。
マイスタイル評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
12着
好スタートを決めて2番手からの競馬。
多少ペースは速かったかもしれないが、マズマズの流れ。
道中の雰囲気は良く、
4コーナーで前をかわして直線に入ったが、
直線は全く粘りが見られなかった。
いい時に比べるとかなり状態が落ちているように見える。
暖かくなってからかもしれない。
ムーンクエイク評価C
20/1/18
中山芝1600m
ニューイヤーS(L)
9着
かなり行きたがってしまい、抑えきれずに前につけるが、
道中もずっとカリカリして走っていた。
体力の消耗が激しく、直線ではキレが全く見られなかった。
短い距離を中心に使われてきたので、
ペースが合わなかったのかもしれない。
元々使ってきた距離なので、一度使われて慣れてこれば。
レイエンダ評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
8着
スタートは積極的に出していき、3番手追走。
展開的にはいいポジションから進めることができていた。
鞍上は初騎乗だったが、特に折り合いを欠くこともなく、
上手く乗りこなせていたように思う。
直線で先頭に立ち、いい粘りこみを見せていたが、
ラスト100mほどで止まってしまい、
一気に交わされてしまった。
止まったのは休み明けの分もありそうなので、
次走は変わってきそうな感じはある。

前走良かった馬はストーミーシーとプリモシーン。
ストーミーシーは楽な展開で無かったにもかかわらず、完勝している辺りは評価すべきだと思います。
脚質に幅も出てきたので、状態を維持できていれば今回も勝負になりそうです。
プリモシーンは牡馬混合の重賞で56kgを背負って勝っているのは着差以上に強い内容だったと思います。
力を出せずに凡走もあるので、信頼しづらいところはありますが、能力はここでは上位です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

重賞レース予想 2020年3月結果

予想結果まとめ
04 /02 2020
重賞レース予想の2020年3月結果のまとめになります。

<広告>
日付レース名本命馬着順買い目
3/1中山記念ダノンキングリー1着的中
3/1阪急杯フィアーノロマーノ2着不的中
3/7オーシャンSダノンスマッシュ1着的中
3/7チューリップ賞レシステンシア3着不的中
3/8弥生賞ブラックホール4着不的中
3/14中山牝馬Sエスポワール3着不的中
3/14ファルコンSアブソルティスモ11着不的中
3/15金鯱賞サートゥルナーリア1着不的中
3/15フィリーズRマテンロウディーバ10着不的中
3/20フラワーCナリノクリスティー10着不的中
3/22スプリングSヴェルトライゼンデ2着不的中
3/22阪神大賞典キセキ7着不的中
3/28日経賞サンアップルトン4着不的中
3/28毎日杯サトノインプレッサ1着的中
3/29高松宮記念ダノンスマッシュ10着不的中
3/31マーチSスワーヴアラミス1着不的中

2020年3月結果
本命馬 (5.2.2.7)
回収率 34%

2020年累計
本命馬 (8.7.4.17)
回収率 100%

今月は本命馬の馬券内の数自体は悪くないですが、いずれも人気馬ばかりでそれを考慮すると物足りない数字。
その上、本命馬が来ても相手が買えておらず、不的中のケースも多く、大きく回収率を落としてしまいました。
ちょっと展開の読みが甘かったような気がします。
本命馬と一緒に上位に来るようなタイプを抑えていればここまで取りこぼしの多い結果にはならなかったはず。
相手選びをもう少し考えていきたいです。
 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

マーチステークス レース回顧

レース回顧
04 /02 2020
3/31(火)に中山競馬場で行われたマーチステークス(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
12
スワーヴアラミス1.51.33-3-3-337.41
スタートはイマイチだったが、
押していって先行集団にとりつき、好位からの競馬。
落ち着いて走れていて、リズムよく追走できていた。
2着馬の脚色がかなり良かったが、
直線で並んでからは抜かせない勝負根性を見せ、
凌いで重賞初勝利。
ダートは条件戦で圧勝続きで、
オープン入り後に通用しない馬が多いが、
この馬にはそういった脆さは見られず、
前走でも並んでからかなり粘り強い走りができている。
今後に期待を持てる一頭。
2
2
クリンチャー1.51.3クビ13-13-10-436.74
スタートでバランスを崩し、後方からになってしまった。
ダートスタートは微妙かもしれない。
道中は自分のリズムで走れていて、
手応えたっぷりで3コーナーから上がっていき、
直線は勝ち馬との叩き合い。
惜しくも敗れてしまったが、
トップハンデだったことを考えれば上々の内容。
芝ではスピード負けしていたところがあったので、
ダートの方が向いているかもしれない。
これだけ走れていれば、すぐに勝てそう。
3
4
レピアーウィット1.51.72 1/214-14-14-1136.78
近走と同様に後方からの競馬になったが、
4コーナーから上がっていき、直線も良く伸びてきていた。
上位2頭には完敗の内容も、途中で止めることがなくなり、
最後までしっかりと走れていた。
今回の結果を過大評価するのは危険かもしれないが、
復調気配は見られる。
普通のOP競走なら勝ち負けできそう。
4
13
アシャカトブ1.51.83/45-5-4-437.75
好位から進めることができ、ソツなく走れていた。
上位2頭には直線で突き放されてしまったが、
この馬も力をつけてきている。
重賞常連になってくる日もそれほど遠くないはず。
5
15
メイショウワザシ1.51.82-2-2-138.06
枠の差で2番手追走になったが、かなりのスピードを持っている。
2番手でも折り合い面には問題無く、リズムよく走れていた。
3コーナーから前に並びかけていったが、
勝ち馬にピッタリとつけられ、
直線で抜け出せず、苦しくなってしまった。
もう少し楽に運べていれば、馬券内ぐらいはあったかも。
今回は枠に泣いてしまったが、
真ん中より内目の枠なら重賞でも十分やれそう。
6
7
コマビショウ1.52.11 3/410-10-8-837.67
走り自体は悪くなかったが、まだ重賞では少し足り無さそう。
現状は重賞ではこの辺りが限度かもしれない。
OP特別ならもっとやれると思うので、力をつけてこれば。
7
16
ナムラアラシ1.52.3115-15-15-1537.010
後方から進め、直線は良く伸びてきていたが、
コーナーでのペースアップがイマイチ。
ポジションを上げることができず、後ろからすぎた。
加速してからはいい脚を使えているが、
加速するまでに時間がかかりすぎている。
このあたりが改善されれば、G3程度までならまだやれそう。
8
8
テーオーフォース1.52.51 1/49-9-4-438.412
中段外目につけ、3コーナーから早めに仕掛けていったが、
かわすどころかスピードについていけなくなってしまった。
直線も速めに動いた分、甘くなってしまっていた。
重賞はまだ早かったかもしれない。
OP競走ならもっとやれても。
9
5
タイムフライヤー1.52.71 1/48-7-8-838.33
内を回ってロス無く運べていたが、直線は伸びず。
距離はマイルの方が良さそう。
あまり器用さが無さそうなので、ワンターンの競馬の方がいい。
左回りで距離短縮なら見直したい。
10
14
メイショウスミトモ1.52.81/212-12-13-1337.916
終始馬群の後ろにつけ、
直線はただついていってなだれ込んだだけ。
見せ場も特になく、重賞では通用しなくなっている。
レベルを落とせば展開次第では掲示板はあるかもしれないが、
今後も積極的に狙っていける馬ではなさそう。
11
10
ローズプリンスダム1.53.3310-10-12-1138.611
先行争いには参加せずに控えて内に入れ、
距離ロス無く進めていったが、特に速い上がりも使えず凡走。
この馬の能力だとこの結果は妥当で、ここは相手が厳しかった。
控える競馬は全くいいところが出なさそうなので、
楽に先行できるような相手関係でないと厳しそう。
12
3
サンマルデューク1.53.8316-16-16-1638.014
流れについていけず、ばてた馬をかわしただけ。
最軽量の斤量でこの結果ではかなり厳しい。
相手関係が楽になったとしても、上位は期待できない。
13
6
ルールソヴァール1.54.11 3/47-7-10-1339.515
スタートは良かったが、道中のペースについていけず、
ズルズルと後退していってしまった。
前走から間隔が空いていたので、レース感が無くなっていた。
力のある馬だが、もう8歳でここから復活があるかどうか。
調教の動きで変わり身があるか見極めていきたい。
14
11
テルペリオン1.54.52 1/23-3-4-840.313
先手を主張せず控えて3番手につけるも、
周りに馬を置くのは良くなかったかもしれない。
3コーナーでズルズルと後退していってしまい、
全く自分の走りができていなかった。
ここは度外視でも良さそう。
同型馬不在のタイミングで狙ってみたい。
15
9
リアンヴェリテ1.54.61/21-1-1-240.89
出鞭を入れてハナを奪い、マイペースの逃げになったが、
ピッタリ後ろがついてきて、楽逃げとはいかず。
4コーナーでかわされてからは走る気を失くしてしまった。
このレベルでは同型馬がいると厳しくなりそう。
16
1
ワイルドカード1.54.81 1/25-5-4-440.72
好位の内目で絶好のポジションから進めていたが、
4コーナー辺りで手応えが無くなってしまった。
前回の中山でも直線で脚が無くなっているので、
この高低差のあるコースが致命的に苦手な可能性が高い。
能力はある馬なので今回の結果は度外視でいいと思うが、
中山コースを使ってきた時は徹底的に嫌った方が良さそう。

結果:不的中
本命馬のスワーヴアラミスがきっちり勝利してくれましたが、相手を買えておらず不的中。
2着に入ったクリンチャーの評価が低すぎました。
ダート初戦で結果を出していましたが、トップハンデは厳しいと思い、買い目に入れなかったのが失敗でした。
逃げ馬の1頭であるテルペリオンを抑えに入れていましたが、
逃げ馬3頭いる今回はつぶし合いも考慮してこっちの評価を落としても良かったかもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

大阪杯 過去3年データ分析

過去データ分析
04 /01 2020
4/5(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)の過去3年データ分析をします。
予想の参考にしてみて下さい。

※G1昇格後の2017年~2019年過去3年のデータになります。

<広告>
年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳1- 1- 2-11/156.70%13.30%26.70%2361
5歳2- 1- 1-13/1711.80%17.60%23.50%14460
6歳0- 1- 0- 7/ 80.00%12.50%12.50%035
7歳0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
8歳0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
4歳VS5歳の構図。若い世代を中心に考えたい。
6歳以上は割引。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
55kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
57kg3- 3- 3-34/437.00%14.00%20.90%6551
牝馬の出走はG1昇格後2018年のスマートレイヤー(8歳)のみ。
今年は2頭牝馬の登録があり、どちらも有力馬。
今後の指標になっていきそう。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
440~459kg0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
460~479kg0- 0- 1-13/140.00%0.00%7.10%022
480~499kg0- 2- 0- 8/100.00%20.00%20.00%059
500~519kg1- 1- 2- 7/119.10%18.20%36.40%3168
520~539kg1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%44490
540~1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%12055
馬格のある馬の方が好走率が高い。
480kg程度は欲しいところだが、
G2時代にはそれほど馬格の無い馬の好走もあったので、判断が難しい。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
2枠0- 0- 1- 3/ 40.00%0.00%25.00%080
3枠1- 2- 0- 3/ 616.70%50.00%50.00%370173
4枠1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%4071
5枠0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
6枠0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
7枠0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
8枠1- 0- 1- 4/ 616.70%16.70%33.30%5871
データ数が少ないので判断が難しいが、3,4枠が毎年馬券に絡んでいる。
先行馬がこの枠に入っていたら注意したい。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 0- 0- 1/ 366.70%66.70%66.70%19686
2番人気0- 1- 1- 1/ 30.00%33.30%66.70%0106
3番人気0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
4番人気0- 0- 2- 1/ 30.00%0.00%66.70%0200
5番人気0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
6番人気0- 1- 0- 2/ 30.00%33.30%33.30%0103
7番人気0- 1- 0- 2/ 30.00%33.30%33.30%093
8番人気0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
9番人気1- 0- 0- 2/ 333.30%33.30%33.30%740150
10~人気0- 0- 0-17/170.00%0.00%0.00%00
人気馬総崩れのケースは見られず、二桁人気馬も厳しい。
人気馬と中穴の組み合わせで毎年決まっている。
今年はどうなるか。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2週0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
3週2- 1- 1-10/1414.30%21.40%28.60%18382
5~ 9週0- 1- 1-15/170.00%5.90%11.80%026
10~25週1- 1- 0- 9/119.10%18.20%18.20%2126
半年以上0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0320
金鯱賞が王道ローテになりつつあり、毎年馬券に絡んでいる。
金鯱賞組に注意したい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
先行2- 2- 0- 6/1020.00%40.00%40.00%246102
中団0- 1- 3-14/180.00%5.60%22.20%058
後方0- 0- 0-11/110.00%0.00%0.00%00
マクリ1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%17575
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位0- 1- 0- 3/ 40.00%25.00%25.00%077
3F 2位0- 0- 2- 1/ 30.00%0.00%66.70%0200
3F 3位0- 0- 1- 3/ 40.00%0.00%25.00%035
3F ~5位2- 1- 0- 2/ 540.00%60.00%60.00%514176
3F 6位~1- 1- 0-26/283.60%7.10%7.10%810
スタート直後に上り坂があるため、ペースが落ち着きやすく、
先行馬が有利に走れるケースが多い。
内回りで直線も短く、直線一気は決まらない。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着1- 0- 2- 8/119.10%9.10%27.30%3168
前走2着1- 0- 1- 5/ 714.30%14.30%28.60%3435
前走3着0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
前走4着0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
前走5着1- 2- 0- 3/ 616.70%50.00%50.00%370156
前走6~9着0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%056
前走10着~0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
好調な馬の出走が多く、前走着順では測りづらい。
前哨戦で凡走した馬が人気を落として巻き返しが見られるので、
負けた馬だからといって評価を落とすのは危険。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
G30- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
G22- 2- 3-26/336.10%12.10%21.20%7758
G11- 1- 0- 2/ 425.00%50.00%50.00%6072
海外0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
メンバーが揃うG1なので、G3レベル程度では厳しいかもしれない。
G2以上でやれる馬でないと歯が立たない。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1800m0- 1- 0-10/110.00%9.10%9.10%028
2000m2- 1- 1-12/1612.50%18.80%25.00%16072
2200m0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%014
2400m0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0160
2500m1- 1- 0- 2/ 425.00%50.00%50.00%6072
3000m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
前走距離はさほど気にしないで良さそう。

金鯱賞1着のサートゥルナーリアが回避し、フルゲートにならず少し寂しいですが、マズマズG1馬も集まり、G1の格好は保っていると思います。
ただ、有力馬を海外G1に使う陣営も増えてきており、そのあたりがガチガチの決着にならない要因なのかもしれません。
過去の実績に惑わされず、これからの活躍を期待できる馬を見つけることが的中に繋がりそうです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年3月結果
本命馬 (5.2.2.7)
回収率 34%

2020年累計
本命馬 (8.7.4.17)
回収率 100%