2020年04月08日 - 競馬鹿の重賞レース予想

阪神牝馬ステークス 登録馬前走診断

前走診断
04 /08 2020
4/11(土)に阪神競馬場で行われる阪神牝馬ステークス(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
アマルフィコースト評価B
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
4着
前に並びかけ3番手からの競馬。
逃げ馬に並走する形だったが、ペースは落ち着き、
いいリズムで走れていた。
3コーナーの下りをゆっくり回し、少し下がってしまい、
勝ち馬に先に越されるような形になってしまったが、
直線ラスト1ハロンでもう一度伸びて、良く走っていた。
能力はありそうなので、もう少し反応が速くなれば、
重賞でも結果が出せるはず。
サウンドキアラ評価A
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
1着
スタート良く飛び出していったが、
控えて先行勢の後ろにつける。
大外枠からだったので、外を回らされたが、
荒れた馬場を通らなかったので、良かったかもしれない。
直線いい形で向くことができ、手応えよく伸びて完勝。
55kgの斤量でも問題無く走れたのは成長の証。
今なら他のコースでも期待できる。
サトノガーネット評価C
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
11着
いつも通り後方からの競馬。
最初のコーナーで外に大きく膨らみ、最後方に。
今回はかなりのスローペースで展開が厳しかった。
4コーナー辺りからかなり追い出していくが、
直線の末脚がいまいちになり、前を捕まえれないどころか、
後方の馬にかわされてしまう結果に。
敗因は展開にあるのは間違いないが、
それにしても乗り方がまずすぎた。
乗り慣れた鞍上に戻った時に期待したい。
シゲルピンクダイヤ評価B
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
7着
ゲート入りを嫌いなかなか入らなかったが、
スタートは問題無く出ていた。
ただ、あまり行き脚がついておらず、
コーナーで鞍上が激しく手綱を動かしていたが反応せず。
そのせいで、直線は前が壁になり、
まともに追えたのはラストの100mほど。
今回は気性面の問題というよりは、
馬場が合わなかった感じ。
気分屋のところがあるので、人気の内は嫌ってもいいかも。
シャドウディーヴァ評価A
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
2着
後方からのスタートだったが、内に入れていき、
ロス無く立ち回る。
道中じっくりと構え、直線も内を突いて、
鋭く伸びてきていた。
負けはしたものの3歳時に比べてかなりの成長が見られる。
距離も2000mぐらいまでは融通が利きそうなので、
今年は注目しておきたい。
スカーレットカラー評価C
19/12/22
中山芝2500m
有馬記念(G1)
15着
中段内目につけポジションを取りに行く競馬をしたものの、
ペースが速く、スタミナ勝負になってしまった。
距離不安のあるこの馬にとっては厳しい流れ。
3コーナー辺りでついていけなくなってしまっていた。
明らかに距離が持たなかった感じ。
前走の2200mですら距離が持たなかったので、
さらに厳しい感じになってしまった。
1800mがベストな感じがする。
ダノンファンタジー評価B
19/10/13
京都芝2000m
秋華賞(G1)
8着
前の2頭がやり合って飛ばす内容だったが、
この馬も行きたそうなそぶりを見せて走っていた。
なんとか我慢して走っていたが、仕掛けもワンテンポ早く、
直線半ばで止まってしまった。
折り合い面の難しさが出てきており、
この距離では制御が利きづらくなってきている。
マイルまでの方が良さそうな感じがする。
テーオービクトリー評価B
20/2/23
京都芝1600m
斑鳩S(1600万)
1着
中段で折り合いをつけ、直線で一気に抜け出して完勝。
かなり強い勝ちっぷりだが、相手に恵まれた感もある。
状態も良かったと思うが、
いきなり上で通用するかは微妙なところ。
多少慣れが必要になるかもしれない。
ディメンシオン評価B
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
6着
中段のポジションに入っていくが馬群に包まれ、
走りづらそうに頭を上げ、
少しポジションを落としてしまった。
その後は勝ち馬を見ながら進めていき、
コーナーまでは良くついていけていたが、
直線に入って一気に突き放されて、
食らいついていけなかった。
最後は能力差が出てしまったが、
レース序盤にごちゃついた不利もあったので、
上手く走れればもう少しやれそうな感はある。
トロワゼトワル評価C
19/12/14
中山芝1600m
ターコイズS(G3)
16着
スタートは良かったがコントラチェックが速く、2番手追走。
大外枠からだったが、スピードのある所は見せていた。
道中のペースは問題なさそうだったが、
直線入口で手応えが無くなってしまっていた。
枠が悪かったとはいえ、いくらなんでも負けすぎ。
調子が悪かった可能性が高い。
ノーワン評価C
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
13着
後方からただ追走していただけの競馬。
荒れた馬場はかなり苦手としているように見える。
パンパンの良馬場なら多少は変わってくるかもしれない。
ビーチサンバ評価B
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
5着
スタートはあまり速くなく、後方から。
スローペースだったが、一気の距離短縮のせいか、
ペースに戸惑ったような感じで走っていた。
好位の馬がそのまま押し切る流れになってしまったので、
後方から馬群の間を縫って良く伸びていたが届かず。
休み明けや一気の距離短縮などを考えれば上々の内容。
次走はガラッと変わってきそうな感じはある。
ブランノワール評価B
20/2/29
阪神芝1600m
うずしおS(1600万)
1着
後方内目を追走し、直線もそのままイン突き。
最短距離でロス無く運べていた。
直線で前が壁になってしまったが、操縦性が高く、
馬の間をスルスルと抜けてスムーズに抜け出して勝利。
かなり器用な立ち回りができそうな感じ。
いきなり大きいところは厳しいかもしれないが、
今後の成長に期待が持てる。
プールヴィル評価B
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
2着
好位から進め、
前に行った馬を見ながらリズムよく走れていた。
道中の手応えも良く、3コーナーから前の馬に並びかけ、
直線は早めに抜け出して押し切りを図ったが、
勝ち馬の末脚に一気に抜きさられてしまった。
重馬場の適性差が出てしまったかもしれない。
それでもこの距離は安定して走れているので、
同距離を使ってきたときは注目したい。
メジェールスー評価B
20/3/8
中山芝1200m
アクアマリン(1600万)
1着
好スタートを決め、2番手からいいリズムで走れていた。
直線は4頭並んで叩き合いになったが、
なんとか競り落として勝利。
走り方がいかにもスプリンタータイプで、
回転の速い走り。
短距離の小回りコースなら重賞でも面白そう。
リバティハイツ評価C
20/2/22
京都芝1400m
京都牝馬S(G3)
8着
後方に構える競馬をしたが、スローペースで展開が向かず。
道中は折り合いもついていて問題無く走れていたが、
直線はジワジワと伸びただけで、
前を捕まえるような脚は使えず。
調子もそれほど良さそうでは無かったので、
展開が向いてもそれほど変わらなかったように見える。
もう少し調子を上げてきてから狙いたい。

前走良かった馬はサウンドキアラとシャドウディーヴァ。
サウンドキアラは京都で無類の強さを見せていますが、ここにきてかなり力をつけているように見えます。
これぐらい走れるのであれば、別のコースでも問題無さそうです。
シャドウディーヴァは古馬になってかなり力をつけているように感じます。
元々重賞でも勝てるだけの力を持っている馬なので、ここでスンナリ勝ってもおかしくなさそうです。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ニュージーランドトロフィー 登録馬前走診断

前走診断
04 /08 2020
4/11(土)に中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィー(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
アブソルティスモ評価C
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
11着
スタートでふらつき、隣の馬と接触し、
最後方からになってしまった。
コーナーワークでポジションを上げていき、
直線は内目から追い出していったがあまり伸びず。
渋った馬場が合わなかったかもしれない。
良馬場なら変わってくるはず。見直したい。
ウイングレイテスト評価B
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
6着
スタートは自然に中段のポジションにつける。
最内を回ったが、周りが内を嫌って少し外を回ったため、
スムーズに追走できていた。
直線に入り、馬の間を狙って追い出したが、
もう一つ伸びきれていなかった。
特に問題無く走れていたので、単純に力負けのような感じ。
もう少し成長が欲しいところ。
オーロアドーネ評価B
20/3/8
中山芝2000m
弥生賞(G2)
5着
スタートは良かったが、落ち着きが無く、
カリカリして走っていた。
向こう正面では多少落ち着いたが、外から並びかけられ、
行きたがってしまい、コーナーで早めに動いてしまう。
早めに動いた分直線は苦しくなってしまったが、
辛抱強く走れていた。
能力はかなり高そうなので、気性面の成長を期待したい。
オーロラフラッシュ評価B
20/2/23
東京芝1600m
3歳500万
1着
逃げた2着馬の後ろにつけ、落ち着いて追走し、
直線で内から並びかけて叩き合いを制して勝利。
落ち着いた流れになり、前を捕えるだけの競馬で、
長い直線だったおかげで差しきれた感じ。
もう少し瞬発力が欲しいところ。
上のクラスでいきなりは難しいかもしれない。
カフェサンドリヨン評価B
20/3/21
中山芝1600m
黄梅賞(500万)
2着
スタート良く飛び出していき、
先行争いになかなか決着がつかなかったが、
向こう正面でハナを切って逃げる。
コーナーでは別の馬に並びかけてこられたが、
直線は最後まで粘りの走りを見せ、2着に残した。
それほど楽な流れでは無かったので、評価できる内容。
いい走りができている。
カリオストロ評価B
20/3/15
阪神芝1400m
フィリーズR(G2)
4着
二の脚の違いで先頭に立って逃げの形。
スピードがかなりあり、ハイペースで飛ばしていく。
ペースは速かったが、力みはなく、いつも通り走れていた。
直線も良く踏ん張って入るが、苦しくなってしまった。
馬場が渋っていたので、最後がやや鈍ってしまったのかも。
良馬場なら違っていたかもしれない。
この馬のスピードが活きる阪神は合っているので、
今後もこのコースを使ってきた時は注目したい。
グレイトホーン評価C
20/3/21
中山芝1600m
黄梅賞(500万)
7着
スタートがあまり上手くなく、道中も行きたがっていた。
かかりながら追走したため、ラストはバテ気味。
気性面があまり良くなく、現状1ハロン短い方が良さそう。
1400mならもっとやれるはず。
コウソクスピード評価B
20/2/16
東京芝1400m
3歳500万
3着
距離短縮でスタートの速さについていけず、後方から。
道中は内を走り、直線も内を突いて良く伸びていたが、
距離ロス無く立ち回れ、直線も各馬が外に広がり、
スムーズに追い出せていたことを考えると物足りない結果。
上位には完全に力負けの内容。
もう少しクラス慣れが必要かもしれない。
シャチ評価B
20/4/4
中山芝1600m
3歳500万
1着
ゲート内で落ち着きが無かったが、
上手くスタートを切れて好位追走。
道中は馬群の中でも落ち着いて走れていた。
直線は馬群から抜け出してジワジワ伸び、
前をきっちり捉えて勝利。
これで連勝になるが、ゲート内で落ち着きが無いのは危険。
出遅れの可能性を考慮しておきたい。
シーズンズギフト評価B
20/3/20
中山芝1800m
フラワーC(G3)
3着
好スタートを決めたが、外の馬が飛び出していき、
一旦控えて好位の外目を追走。
先行馬群が固まっていたため、
外を回らされる羽目になってしまった。
最初のコーナーでは少し行きたがる素振りを見せていたが、
向こう正面では落ち着いて走れていた。
直線は上位馬にはかなわなかったが、
最後までしっかり走れていた。
負けたものの、今回一番強い競馬はできていた。
次走に期待したい。
ソウルトレイン評価B
20/1/19
京都芝1600m
白梅賞(500万)
1着
スタート良く2番手からリズムよく運べた。
3コーナー辺りからかなり追われていたが、
反応が鈍く、ズブい所があるかもしれない。
それでも直線ではしっかりとした足捌きで、
最後まで良く伸びていた。
マズマズ力はありそうなので、今後の成長に期待したい。
ソングオブザハート評価B
20/3/15
中山芝1600m
アネモネS(L)
5着
新馬戦以来の芝レースだったが、問題無くこなせていた。
それほど切れのある感じでは無かったが、
バテない脚は使えそうな感じ。
多少時計のかかるような馬場が合っていそう。
十分このクラスで戦えるだけの力はある。
ハーモニーマゼラン評価A
20/3/1
中山芝1600m
3歳500万
1着
スタート良くハナを奪って進めていくが、
5着馬に競ってこられ、少しかかってしまい、
タイトな流れに。
それでも3コーナー辺りで後続を引き離し、
直線もセーフティーリードを保って完勝。
ここでは力が違った。
決して楽な展開では無かったが強い勝ちっぷり。
十分上のクラスでも通用する内容。
フルートフルデイズ評価B
20/3/21
中山芝1600m
黄梅賞(500万)
5着
後方内目から進めていたが、
最初のコーナーで前の馬が内に入り、
ブレーキしたのが痛かった。
馬群から置かれてしまい、かなり後手を踏んでしまった。
4コーナーで外から勢い上がっていき、
良く伸びていたが不利が大きく届かず。
スムーズならもっと上位に際どく迫っていた。
運がなかったが、このクラスの目途は立った内容。
ペールエール評価C
19/12/15
阪神芝1600m
朝日杯FS(G1)
16着
中段内目につけ、道中は流れに乗った競馬ができていたが、
3コーナー辺りで手応えが無くなってしまっていた。
仕掛けても全く反応せず、直線は追っていなかった。
力を出していないのでこの着順は仕方なし。
ここまで負けるような馬では無いので、
原因が気になるところ。
チークピーシーズが合わなかったのかもしれない。
マイネルグリット評価C
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
12着
スタートはそれほど積極的に行かず、後方待機。
前に馬を置くような形になり、やや力みながら走っていた。
コーナーに入ると、走る気を失くしてしまったのか、
追われても全く反応しなくなり、
直線もついていっただけになってしまっていた。
積極的に前につけていった方が良かったかもしれないが、
気性面に難しさが出ていそうな感じ。
ルフトシュトローム評価A
20/3/7
中山芝1600m
3歳500万
1着
落ち着いてレースに入っていて、
コーナーで余裕をもって上がっていき、
直線でも鞭を入れることなく完勝。
ここでは力が違った。
まだ底を見せておらず、上のクラスでも好勝負必至。
ロードベイリーフ評価B
20/4/4
中山芝1600m
3歳500万
9着
大外枠からのスタートで中段につけ、
内に入れるチャンスはあったにもかかわらず、
なぜか外を回って距離ロスの多い競馬をしていた。
結局終始外を回り、直線は伸びきれない疑問の残る内容。
ロス無く立ち回っていれば、着順はもっと上だったはず。
鞍上の騎乗ミスの可能性が高い。
この結果は度外視でも良さそう。

前走良かった馬はハーモニーマゼランとルフトシュトローム。
ハーモニーマゼランは前走1.1倍の人気に応えて快勝しており、決して楽な展開では無かったにもかかわらず力の違いで押し切りました。
元々リステッド競走でも好走していた馬なので、重賞でも十分期待は持てそうです。
ルフトシュトロームは相手が楽だったところもありますが、かなり余力を残しながらの勝利で、まだ本気で走ってなさそうです。
今回結果が出れば、NHKマイルの有力馬と見てもいいかもしれません。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

桜花賞 過去5年データ分析

過去データ分析
04 /08 2020
4/12(日)に阪神競馬場で行われる桜花賞(G1)の過去5年データ分析をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
400~419kg0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
420~439kg0- 2- 2-16/200.00%10.00%20.00%075
440~459kg0- 1- 1-24/260.00%3.80%7.70%044
460~479kg4- 0- 1-14/1921.10%21.10%26.30%30661
480~499kg1- 2- 1- 6/1010.00%30.00%40.00%50110
500~519kg0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
520~539kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
450kg~500kg程度の馬体重の馬が理想で多少馬格がある馬がいい。
小柄な馬の好走もあるが、頭数が多いので、
揉まれる競馬を避けて極端な競馬になりやすく、勝ち切れないケースが目立つ。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 1- 1- 7/ 90.00%11.10%22.20%095
2枠0- 0- 1- 8/ 90.00%0.00%11.10%022
3枠1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%10250
4枠1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%3478
5枠1- 0- 2- 7/1010.00%10.00%30.00%408143
6枠0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%026
7枠2- 0- 1-12/1513.30%13.30%20.00%5932
8枠0- 1- 0-14/150.00%6.70%6.70%026
揉まれやすい最内枠と後手に回りやすい大外枠はマイナス。
周りを見ながら位置取りのデキる真ん中付近の枠がベスト。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気0- 1- 1- 3/ 50.00%20.00%40.00%044
2番人気2- 1- 0- 2/ 540.00%60.00%60.00%146114
3番人気1- 1- 2- 1/ 520.00%40.00%80.00%100164
4番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
5番人気1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%20452
6番人気0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%0162
7番人気0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%0202
8番人気1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%816246
9番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
10~人気0- 0- 0-43/430.00%0.00%0.00%00
上位人気の信頼度はマズマズだが、1番人気の成績は微妙。
替わりに中穴どころが良く絡んでくる。
二桁人気馬は通用しないケースがほとんどで、極端な穴狙いは禁物。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2週0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
3週0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
4週1- 0- 1-36/382.60%2.60%5.30%10733
5~ 9週2- 5- 4-27/385.30%18.40%28.90%4087
10~25週2- 0- 0- 4/ 633.30%33.30%33.30%12151
中4週になるチューリップ賞からが王道ローテ。
ただ、出走馬が多く、取捨選択は重要。
近年は2歳G1からの直行なども見られるので、間隔が空く分には問題無い。
穴狙いなら中3週のフィリーズR組だが、ローテーション的には厳しい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%20452
先行2- 1- 0-17/2010.00%15.00%15.00%22138
中団0- 3- 5-32/400.00%7.50%20.00%072
後方2- 1- 0-20/238.70%13.00%13.00%3843
脚質上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位2- 1- 0- 2/ 540.00%60.00%60.00%178156
3F 2位0- 1- 1- 6/ 80.00%12.50%25.00%0101
3F 3位0- 1- 1- 1/ 30.00%33.30%66.70%0133
3F ~5位3- 1- 3- 9/1618.80%25.00%43.80%340176
3F 6位~0- 1- 0-55/560.00%1.80%1.80%01
ペースは年によってまちまちなので、展開次第で有利な脚質は変わってくる。
そのため、ある程度自在に動けるようなタイプの方が安定感はあるかもしれない。
ただ、高速馬場になりやすいので、速い上がりを使えることは必須。
上がり33秒前半の脚は欲しいところ。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着1- 2- 2-22/273.70%11.10%18.50%1430
前走2着2- 1- 1-16/2010.00%15.00%20.00%22996
前走3着2- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%12373
前走4着0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
前走5着0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
前走6~9着0- 0- 1-10/110.00%0.00%9.10%068
前走10着~0- 1- 0-10/110.00%9.10%9.10%055
前走馬券になっていないような馬の巻き返しは厳しい。
4着以下に負けている馬は大きく割引したい。
好調馬を素直に評価すべき。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
500万下0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
OPEN特別0- 0- 0-13/130.00%0.00%0.00%00
G33- 3- 3-28/378.10%16.20%24.30%5175
G21- 2- 2-29/342.90%8.80%14.70%12057
G11- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%17085
抽選を抜けて出走してくるレベルだと通用しない。
前走重賞以外の馬は大きく割引。
トライアルでしっかり好走できる力のある馬を中心に考えたい。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1400m1- 0- 1-25/273.70%3.70%7.40%15147
1600m4- 5- 4-41/547.40%16.70%24.10%4167
1800m0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
同距離を使ってきた馬を中心に考えたい。
前走1400mで好走しているのは全てフィリーズR組。
それ以外のレースの馬は割引。前走1800mの馬も軽視したい。

阪神JFやトライアル上位組がしっかりと結果を出すので堅い決着が多いイメージだが、2番人気馬の活躍が多く、1番人気はそれほど信頼度は高くない。
単勝1倍台になるようなら嫌ってみてもいいかもしれない。
また、ここ2年別路線の馬が勝利しているので、格付けの済んでいない馬には気を付けたい。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年4月結果
本命馬 (4.0.1.6)
回収率 27%

2020年累計
本命馬 (12.7.5.23)
回収率 82%