2020年05月07日 - 競馬鹿の重賞レース予想

京都新聞杯 出走馬調教診断

調教診断
05 /07 2020
5/9(土)に京都競馬場で行われる京都新聞杯(G2)の出走馬調教診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤビルゴ評価B
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
56.040.426.112.7
それほど強く追われておらず馬ナリで目立った動きでは無いが、
脚捌きは力強く、最後までしっかり走れている。
マズマズ状態はキープできていそうな感じ。
アンセッドヴァウ評価C
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.939.125.713.0
スピード感ある走りはできているが、やたらと外に引っ張られており、
癖が強そうな感じ。
乗り難しいタイプかもしれない。
イロゴトシ評価B
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.338.424.512.2
併せ馬にきっちり先着し、足取りも確か。
力は出せそうなデキ。相手関係がどうかだけ。
キッズアガチャー
映像無し
キングオブドラゴン評価B
5/6(水)
栗東CW 良
5F4F3F1F
70.354.339.111.8
3頭併せでラヴズオンリーユーに完敗は仕方が無いが、
頭の高い走りで加速がイマイチ。
良く食らいついてはいたので走力はありそうだが、
本格化はまだ先になりそう。
サペラヴィ評価B
5/6(水)
美浦南W やや重
4F3F1F
52.639.512.5
併せ馬に突き放されたが、相手は古馬オープン馬でかなり動けていた。
この馬なりには走れており、遅れは心配無さそう。
マズマズの状態。
シルヴェリオ評価C
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.339.025.612.8
時計は出ているが、頭の高い走りで脚捌きもこじんまりとしている。
力強さに欠ける走り。
重賞としては物足りない動き。
ディープボンド評価A
5/6(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
81.564.950.537.011.8
ストライドが大きく、リズムよく走れている。
距離延長は歓迎に見える。
前走の疲労も感じられず、巻き返しも期待できそう。
ファルコニア評価A
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.938.424.412.2
併せ馬を楽にかわし、その後も最後まで集中して走れている。
しっかりと追われて、脚が鈍らないのは評価できる。
ここは万全の出来で出走できそう。
プレシオーソ評価C
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.839.725.712.4
やや折り合いを欠いた感じで、力強さもあまり見られなかった。
あまりダート馬らしさは無く、芝向きかもしれないが、
それでも動きは散漫で、重賞ではどうか。
ホウオウエクレール評価C
5/6(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.339.125.312.7
行きたがる素振りを見せ、折り合い面に難がありそう。
気性的にこれまで通り逃げる競馬しかできないかもしれない。
走りは悪くは無いが、融通の利かなそうな感じ。
マンオブスピリット評価B
5/6(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
86.169.453.639.011.9
ラストはしっかり追って併せ馬と並走。
切れる感じは無いが、パワーはかなりありそう。
距離延長は微妙かもしれないが、
荒れた馬場は合いそうで一雨くればチャンス。
メイショウダジン評価C
5/6(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
80.564.850.437.712.3
脚捌きが硬く、芝よりダートの方が良さそう。
ストライドも大きくないので、2000mを超える距離はどうか。
動き自体はマズマズだが、適性が合わない可能性も。

調教の動きが良かったのはディープボンドとファルコニア。
ディープボンドは長距離が合いそうな走りができていました。
前走の皐月賞は強い相手によく食い下がっていたと思います。
距離延長は良いはずなので、これぐらいのメンバーなら巻き返してもおかしくなさそうです。
ファルコニアは最後までしっかり切れる脚を使えており、状態の良さを感じます。
距離延長で折り合い面がどうかはありますが、上手く折り合えればチャンス大。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

NHKマイルカップ 出走馬前走診断

前走診断
05 /07 2020
5/10(日)に東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(G1)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

ウイングレイテスト評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
3着
後方外目を回り距離ロスの多い競馬になってしまったが、
馬場のいいところを回れたのは逆に良かったかもしれない。
ただ、4コーナーで外に振られてしまう不利は痛かった。
それでもこの馬の良さが出せたレースだったように思う。
権利は取れたので、次走はG1になると思うが、
直線の叩き合いで敗れているのでまだ力不足の感があり、
一線級相手では流石に厳しそう。
もう一段成長が欲しいところ。
オーロラフラッシュ評価C
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
7着
ペースが速かったせいか、追走するのが精一杯の感じ。
各馬加速しているタイミングでの反応も鈍かった。
直線でもジリジリとしか伸びておらず、
まだ重賞レベルの力は無さそうに見える。
もう少し瞬発力も欲しく、力をつけてからの印象。
ギルデッドミラー評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
2着
スタートしてカリカリした走りをしていたが、
前に壁を置くと折り合いをつけて走れていた。
この馬らしい走りができており、
力は発揮できていたと思う。
勝ち馬とはハッキリと力の差が出てしまっているので、
逆転は厳しそう。
また、気性面はまだ幼そうなので、折り合いが難しい。
距離短縮してもいいかもしれない。
サクセッション評価B
20/3/22
中山芝1800m
スプリングS(G2)
3着
やや後方から進め、スローだったが動かずじっくり構える。
4コーナーで手応えよく外から上がっていき、
直線もいい伸びを見せていたが、届かず。
外を回らされてのが痛かった。
能力はあるがこの距離はギリギリで、
マイルまでの方が良さそうな感じ。
サトノインプレッサ評価B
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
1着
今回もスタートが悪く、今後の課題になっていきそう。
直線で馬群の中を割って伸びてきた内容は秀逸。
前が塞がれるようになりながらも力強く伸びてきていた。
ただ、今回のメンバーはアルジャンナ以外、
さほど強い相手では無く、評価しすぎるのも良くないかも。
ゲート難という欠点を持っているので、
前残りが予想される場合はバッサリ切ることも考えたい。
シャインガーネット評価B
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
1着
マズマズのスタートで好位からの競馬。
最初の直線は包まれるような形になり、
やや窮屈そうだったが、
コーナーでは落ち着いて走れていた。
直線で外に持ち出し、鋭く伸びて完勝。
ここでは力が違っていた。
これだけ走れていれば一線級相手にも食らいつけそう。
シャチ評価C
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
11着
スタートが悪く、最後方からになったが、
ゲートの問題というよりはダッシュが効かない感じ。
今回のペースにも全くついていけていなかった。
他の馬に比べて、一枚劣っていた。
上のクラスでは厳しいかもしれない。
ストーンリッジ評価B
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
6着
中段で進めていたのに3コーナーでポジションを落とし、
位置取りが悪くなってしまったのは鞍上にミスに見える。
直線入口は前が壁になり、
外に出すしか無くなってしまった。
最後まで脚は止まっていなかったので、
もう少し位置取りが良ければ掲示板は取れていたと思う。
乗り難しさがあるのかもしれない。
腕のある騎手が乗ってきた時に注目したい。
ソウルトレイン評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
5着
好位につけて、この馬らしい競馬はできていたが、
上位に来た馬よりも早めに動いて行った分、
終いが甘くなってしまった。
また、直線で外に膨らんでしまう癖は治っていない。
もう少し成長を促してからかもしれない。
タイセイビジョン評価A
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
1着
本番前の叩き台のように見えたが、ここでは力が違った。
ペースが流れて展開が向いた点や、
鞍上の内を突く好騎乗もあったとはいえ、強い勝ちっぷり。
きっちり仕上げずにこれだけ走れれば全く問題無し。
スローの展開の経験が無いので、そこは懸念されるが、
本番でも期待できる内容だった。
ニシノストーム評価B
20/2/23
小倉芝1200m
あざみ賞(500万)
1着
好スタートを決めたが、控えて中段外目を追走。
馬場のいいところを走らせ、
直線も鋭く伸びて快勝。
開催が進み、馬場が荒れていたのが良かったかもしれない。
ローカルを中心に使われており、
今後もローカル戦で楽しみな馬。
ハーモニーマゼラン評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
6着
今回は展開が全て。
速いペースで外から追いかける形になってしまい、
最後は甘くなってしまった。
それでも崩れていないあたりは、
この馬の能力の高さを感じる。
展開次第では重賞を勝てるだけの力はあるはずなので、
同型馬が少ない時に狙ってみたい。
プリンスリターン評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
3着
スタート直後にかなり行きたがり、
ハイペースで進んでしまったのが痛かった。
4コーナーで先頭に立って、押し切りを図ったものの、
決め手が活きる流れになってしまい、踏ん張り切れず。
それでも崩れていないあたりは力のある証拠。
これぐらいのレベルなら展開次第でチャンスはありそう。
ボンオムトゥック評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
4着
4着に敗れてしまったが、追走も問題無く、
最後までしっかり走れていたのは良かった。
調教で集中しきれていなかったが、
レースでも多少その雰囲気があったので、
その辺が良くなってほしいところ。
また、馬体も減り続けているので、
もう少しフックラしてこれば。
じっくり成長していけば重賞でもやれるはず。
メイショウチタン評価B
20/3/29
阪神芝1400m
3歳500万
1着
好位追走から直線はやや強引ながら馬の間を割って、
良く伸びてきて勝利。
スピードがあり、これぐらいの距離がピッタリ合いそう。
能力的にはまだ物足りないが、
クラス慣れしていけばそれなりに走れるはず。
ラインベック評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
15着
ここではまだ力が足りなかった印象。
直線で一気に後続に飲まれてしまっていた。
兄のジナンボーと似たタイプで、
一線級には足りないかもしれない。
ローカル路線に向かえばいい線行きそうな感じだが、
王道路線は苦戦しそう。
ラウダシオン評価B
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
2着
スムーズに好位につけ、理想的な競馬が出来ていた。
前がかなり飛ばしていたが、気にせずマイペースの走り。
直線でも良く伸びてきていたが、
勝ち馬にさらに上を行かれてしまい2着止まり。
それでも3着以下は離しており、十分な内容。
短い距離で今後も活躍できそう。
ルフトシュトローム評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
1着
これまでのレースとは違い、
ハイペースで後方からになってしまったが、
落ち着いて追走できていた。
4コーナーで大きく外に振られる不利があったが、
直線はいい脚を使って良く伸びてきて勝利。
不利を跳ね返して勝ったことは評価できるが、
展開が向き、相手もそれほど強くなかった印象。
無傷の3連勝だが、いずれも中山マイルでの勝利で、
本番の相手強化と左回りに対応できるかは微妙なところ。
今回の勝利で過剰人気するなら嫌いたい。
レシステンシア評価A
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
2着
大外枠だったのでハナは切れなかったが、
この馬らしいスピードで理想的な競馬はできていた。
スピードで押し切って、
後続を寄せ付けないこの馬らしい走り。
負けはしたものの勝ち馬が強すぎただけだと思う。
距離が延びて良さそうな感じには見えないので、
マイル以下の時に狙っていきたい。

前走良かった馬はタイセイビジョンとレシステンシア。
タイセイビジョンは馬の能力も高いですが、前走は鞍上の好判断も光りました。
今回、継続騎乗は期待できそうです。
賞金を十分持っている馬なので、前走もトライアル仕様でしたがそれでも完勝しており、
さらに調子を上げてこればここでも勝ち負けできるレベルの馬だと思います。
レシステンシアは大外枠や重馬場をこなせたことはかなり評価できると思います。
牝馬の一線級ですので、初の牡馬対決でも見劣りはしないです。
桜花賞がかなりタフな馬場でしたので疲労が気になりますが、力が出せればチャンスは十分ありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

新潟大賞典 登録馬前走診断

前走診断
05 /07 2020
5/10(日)に新潟競馬場で行われる新潟大賞典(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アウトライアーズ評価C
20/4/25
東京ダ1600m
オアシスS(L)
14着
6歳馬にして初ダート。
芝と同じように後方からの競馬で、内でじっくり進める。
特に砂を被っても問題は無かったが、
直線はこの馬らしいキレは全く見られなかった。
ダート適性は高くなさそう。
芝で頭打ちとはいえ、ダートの方が厳しく見える。
アップクォーク評価C
20/4/25
東京ダ1600m
オアシスS(L)
16着
2走続けてダート戦になるが、
今回はペースについていけず最後方から。
全く見せ場も無く終始最後方のまま終わってしまった。
年齢的にも高齢になってきており、
オープンレベルでは歯が立たない印象。
今後も厳しいかもしれない。
アトミックフォース評価A
20/2/23
東京芝2000m
アメジストS(1600万)
1着
積極的に出していき、2番手からの競馬。
すぐに流れが落ち着いて、
内で脚を溜めて進めることができた。
直線も先に抜け出さず、
内で追い出しを待って末脚を活かす形で勝利。
左回りの良馬場がかなり良く、
この条件なら上のクラスでも期待できる。
アドマイヤアルバ評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
10着
3コーナー辺りからかなり追われていたが、
あまり反応が見られなかった。
最後までバテている感じは無かったが、伸びてこず。
かなりズブい馬かもしれない。
走り自体は悪くないので、
追える騎手なら一発があるかもしれない。
アドマイヤジャスタ評価C
20/2/22
東京芝3400m
ダイヤモンドS(G3)
14着
好位の外目につけ、リズムよく走れていた。
1周目のゴール前で外からバレリオが上がっていったが、
つられることもなく、マイペースを維持できていた。
馬の雰囲気は悪くなかったが、
4コーナーで馬群に沈んでしまい、
直線はバテてほとんど追わず。
元々距離は長すぎたので今回の結果は度外視でも。
長距離を使ったことで馬が変わってこれば。
インビジブルレイズ評価B
20/2/1
東京芝2000m
白富士S(L)
1着
中段馬群から直線で外に持ち出していき、
良く伸びてきていた。
好メンバー相手に勝ち切れたのは評価できるが、
追われてから外にモタレ気味で、
重賞ではやや厳しく見える。
鞍上の腕込みの勝利でもありそうなので、
次走は様子見の方が無難かもしれない。
エアウィンザー評価C
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
12着
ポジションを取りに行き、5番手追走。
いい形でレースに入ることはできていたが、
3コーナー辺りから周りのスピードについていけなくなった。
休み明けで息が持たなかったのかもしれない。
距離も少し長かった印象。
カツジ評価B
20/4/4
中山芝1600m
ダービー卿CT(G3)
8着
直線は大外を回して良く伸びてきていたが、
流石に最後方からでは厳しかった。
ただ、休み明けだった前走よりは良くなっていた。
もう少し流れに乗れていれば上位もあったかもしれない。
そろそろ走ってきそうなので、注意しておきたい。
ギベオン評価B
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
4着
ポンと好スタートを決め、スムーズに内に入れて好位追走。
道中はゆったりとしたペースを落ち着いて走れていた。
いい感じで進めていたが、4コーナーで周りが動いて、
直線で行き場を失ってしまっていた。
追い出すタイミングがかなり遅れ、
外に出したときには大勢が決してしまっていた。
かなりもったいない内容。
上手く乗れていれば際どかったかもしれない。
ケイデンスコール評価C
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
7着
中段につけ、スローペースの初距離だったが、
折り合い面は全く問題無く走れていた。
道中の雰囲気は悪くなかったが、
直線に向いて外に出しながら追い出しても、
それほど伸びは見られなかった。
いい時のデキにまでは戻ってきていない印象。
距離は問題無さそうだが、現状の決め手では重賞は厳しい。
ゴールドサーベラス評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
7着
外枠からのスタートで終始外を回らされ、
距離ロスが大きくなってしまい、直線はイマイチ伸びず。
重馬場だったのも良くなかったかもしれない。
もう少し上手く運べていれば掲示板ぐらいは。
高齢馬だが人気ほど悪い馬では無いので、
どこかで3着ぐらいはあるかもしれない。
サトノクロニクル評価C
20/3/28
中山芝2500m
日経賞(G2)
10着
好位からの競馬はできていたが、最内枠で外に出せず、
馬場の悪い内目を終始走らされたのが痛かった。
4コーナー辺りから外に出すものの、
直線は脚が残っていなかった。
馬場が悪いのが合わなかったので、着順は度外視でも。
もっと走れていい馬なので、荒れていない馬場で狙いたい。
サトノフェイバー評価C
20/3/29
阪神芝1600m
六甲S(L)
13着
大外枠からの発走で内の同型馬とのハナ争いに敗れ、
2番手追走。
ペース的にはそれほど悪くなかったと思うが、
直線で後続が押し寄せてくると飲み込まれて大敗。
絡まれると止めてしまうところがあるのかもしれない。
大敗するのは脚質的にもある程度仕方のない部分はある。
この馬のペースで行ければ、
これぐらいのレベルなら通用するので、
人気を落とした時の粘りこみには注意しておきたい。
サラス評価B
19/6/9
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
1着
最後方でじっくり脚を溜め、
4コーナーから追い出していくと、素早く反応し、
直線ではすぐに加速でき、
抜け出していたレッドランディーニを、
ゴールできっちり捉えて勝利。
斤量や展開の恩恵も良かったとが、
溜める競馬が向いていそうな感じ。
今後も展開待ちにはなりそうだが、注意はしておきたい。
シャイニープリンス評価C
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
16着
終始後方からの競馬で、
逃げてバテたヤマカツライデンすらかわせず最下位。
10歳馬で走力はかなり衰えていると見た方が良さそう。
復活は期待できそうにない。
ダイワキャグニー評価B
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
3着
スタートから積極的に出していき、ハナを奪いきる。
他の馬に競りかけられることもなく、楽に先頭を走れた。
単騎で悠々と走れ、かなりのスローに落としての逃げ。
理想的な流れに持ち込むことができていた。
4コーナー辺りからロングスパートで逃げ切りを図ったが、
2着馬にピッタリとつけられ振り切れず、
勝ち馬には直線だけでアッサリかわされてしまった。
この展開利があって3着は少し物足りない。
重賞ではやや力不足かもしれない。
トーセンスーリヤ評価B
20/4/12
中山芝1800m
美浦S(1600万)
1着
スムーズに好位につけ、
ゆったりとした流れで絶好のポジション。
4コーナーから後続が上がってくるが、
振り切って前の馬との叩き合いを制して勝利。
派手さは無いが堅実な走りができている。
鞍上との相性も良く、このコンビの時は要注目。
ドゥオーモ評価B
20/2/23
小倉芝1800m
小倉大賞典(G3)
2着
スタート直後は後方外目から進める。
向こう正面から徐々にポジションを上げていき、
直線は前をめがけていい形で向くことができていた。
軽斤量を活かして外目から良く脚を使えていたが、
勝ち馬の一瞬の切れ味にやられてしまっての2着。
連闘策で体重を落としており、ギリギリの感じだったが、
良く走れていた。
小倉が合っているのか鞍上との相性が合っているのか、
能力以上の結果が出ていたように思う。
ブラックスピネル評価B
20/1/5
中山芝2000m
中山金杯(G3)
16着
今回は内枠を活かして積極策に出て、
ハナを奪いきっての逃げ。
道中はリズムよく走れ、
マズマズのペースで進めることができていた。
ただ、4コーナーで勝ち馬に並んでこられ、
直線は内の悪い馬場のところに押し込まれてしまい、
粘りを見せることができず。
直線まで単騎で行けていれば良かったが、
大敗は逃げ馬の宿命でもあり、
道中の内容は着順ほど悪くは無かった。
ブラヴァス評価B
20/3/7
阪神芝2000m
但馬S(1600万)
1着
好位追走もやや力んだ走りで、
折り合いには苦労している感じ。
それでもなんとか落ち着かせると、
直線は馬の間を割って良く伸びてきて、
叩き合いを制して勝利。
乗り難しさはありそうだが、かなりの能力を感じる。
重賞でも活躍できるレベルの馬。
ブレステイキング評価A
20/1/5
京都芝1600m
京都金杯(G3)
5着
後方からの競馬になったが、
初のマイル戦でも折り合いは良くついていて、
追走に苦労するような感じも無かった。
ただ、道中の流れが落ち着いてしまい、
後方の馬には苦しい展開。
コーナーも綺麗に回り馬群の中を突いて、
内から良く伸びてきていたが、前が止まらず。
レースの展開を考えると一番強い競馬をできていた。
中山金杯を除外で距離も合わないところで仕方ない。
重賞はすぐに勝てそう。
プレシャスブルー評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
8着
行き脚が悪く、出鞭を入れて追走。
もう少し前のポジションを取りたい感じだったが、
後方からの競馬。
あまり重馬場は良くないようで、
直線はしっかり上がりが使える馬だが伸びなかった。
良馬場になれば変わってくるはず。
クラス慣れしていけばこのレベルならいずれ勝てそう。
メートルダール評価C
19/11/10
福島芝2000m
福島記念(G3)
8着
後方からの競馬。
道中の走りはマズマズだったが、
最後のコーナーで周りのスピードアップについていけず、
やや立ち遅れる。
直線に入って伸びてはいたが、
この反応の遅さでは重賞では厳しく見える。
当分様子を見たい。
レイホーロマンス評価B
20/3/14
中山芝1800m
中山牝馬S(G3)
5着
スタートがあまり速くなく、最後方からになってしまう。
それでも無理することなく、
ピッタリ内を回ってロスの無い競馬に徹する。
直線も外に回さず、内を突いて良く伸びてきていた。
もう少し流れていれば、上位もあったぐらいの伸び脚。
まだまだやれそう。
レッドガラン評価B
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
1着
脚を溜める競馬もできるが、今回は2番手追走。
結果的に逃げた馬が2着に粘りこみ、
鞍上の好判断が光ったレースだった。
ピッタリと逃げ馬に追走していたので、
スムーズにかわして勝利。
後方からだと逃げ切られていたかもしれない。
かなり脚質に幅がある馬なので、
ペースの読める騎手との相性が良さそう。
重賞でも活躍できるはず。

前走良かった馬はアトミックフォースとブレステイキング。
アトミックフォースは前につけながらも脚を溜めることができ、
開幕週の今回はこの馬にマッチしそうな感じです。
重賞では少し足りないかもしれませんが、左回り巧者なので、能力差はカバーできるはず。
人気次第では面白そうです。
ブレステイキングは初マイルで苦しい展開ながら良く走れていました。
ベストは2000mなので、得意距離に戻ればアッサリまであってもおかしくないです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年4月結果
本命馬 (4.0.1.6)
回収率 27%

2020年累計
本命馬 (12.7.5.23)
回収率 82%