2020年05月25日 - 競馬鹿の重賞レース予想

オークス レース回顧

レース回顧
05 /25 2020
5/24(日)に東京競馬場で行われたオークス(G1)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
4
デアリングタクト2.24.411-12-12-1333.11
悪くないスタートが切れ、中段ぐらいの位置につけようとするも、
外の馬にどんどん被せられてしまい、後方に下がってしまう。
最初のコーナー辺りはかなり窮屈な競馬を強いられていた。
道中はマズマズ落ち着いて走れていたが、
直線は前が壁でかなり厳しい状況になり、
なかなか追い出せず。
それでも内が開くと素早く反応して、
一気の末脚で前を捕えて完勝。
普通の馬なら3着ぐらいのところを勝ち切れたのは、
非凡さがうかがえる。
距離はやや長かった印象だが、
この世代の牝馬には格付けが終わったかもしれない。
2
16
ウインマリリン2.24.51/22-2-2-434.07
今回のレースを完全に支配していたのがこの馬。
大外枠だったがスムーズに2番手につけ、
道中でペースを落とし、後方勢を詰まらせるような競馬。
ペースを嫌った馬に3コーナー辺りで並びかけられたが、
自身は内でじっくり脚を溜め、ペースアップに付き合わず。
直線で早仕掛けした馬が潰れる中、最内から伸びて惜しい2着。
普通なら勝てていたレースで相手が悪かっただけ。
レースセンスが抜群にいいので、
中山のようなトリッキーなコースならなお良さそう。
3
7
ウインマイティー2.24.6クビ7-5-5-434.113
3コーナーから辺りからレースが動いていったのが大きかった。
決め手勝負では分が悪いので、
ジワジワと脚を使っていける今回の展開にガッチリ嵌っていた。
直線で前が垂れるところをバテない脚でかわしていき、
最後まで辛抱強い走りができていた。
高速決着にならなかったのも良かったと思う。
時計勝負は厳しいと思うので、今回の結果は過信できないが、
切れ味を必要としないコースでは注意しておきたい。
4
6
リアアメリア2.24.73/411-11-11-1033.78
馬群の中に入っても比較的辛抱して走れていた。
道中の走りは悪くなかったので、
気性面は克服したと見て良さそう。
直線ではこの馬らしい伸びを見せており、
見せ場はたっぷりの内容だったと思う。
距離はもう少し短い方が良さそうな感じで、
秋に期待が持てる走りはできたいた。
5
12
マジックキャッスル2.24.83/416-16-17-1633.414
直線はかなりいい脚を使えていたが、
最後方からでは流石に厳しかった。
また、直線で前が壁になって追い出しが遅れ、
空いた時にも瞬発力の差で、
デアリングタクトに位置を取られてしまったあたり、
もう少し成長は必要そうな感じ。
G3ぐらいなら十分勝負はできるはずなので、
秋のトライアルに期待したい。
6
15
チェーンオブラブ2.24.9クビ18-18-17-1733.417
最後方からの競馬で、内に入れて直線に賭けるだけの競馬。
直線は良く伸びてきていたが、
最初から着拾いのような乗り方で上位までは厳しく見えた。
G1では少し足りないので仕方のない乗り方だと思うが、
こういった形の競馬しかできなくなる可能性も。
自己条件で人気になるようなら危険かもしれない。
7
10
ミヤマザクラ2.24.9クビ9-8-8-934.14
中段の内目につけ、いいポジションで運べていたが、
向こう正面で少し行きたがってしまい、
消耗したのがもったいなかった。
内目を通り、距離ロス無く直線に向くことができたが、
そこから少し伸びあぐねてしまっていた。
もう少し操縦性が高くなれば、
上位にも食い込める力はありそうな感じ。
今後の成長に期待したい。
8
5
ホウオウピースフル2.25.0クビ5-5-5-734.310
終始テンションが高く、折り合いが全くついていなかった。
ここまで鞍上との呼吸が合わずに8着は能力の高さだと思う。
ただ、直線はかなりビッシリ追われ、ふらつきを見せており、
限界以上に追われていた印象。
経験の浅い3歳牝馬なので、
今後にダメージを残さなければいいが…
次走がどこであれ、いったん様子を見た方がいいかもしれない。
9
11
リリーピュアハート2.25.11/217-16-15-1233.96
スタートで躓いてしまい、後方からの競馬。
全く自分の競馬ができなかった。
直線はマズマズ伸びていたので、
距離適性は高かったように思う。
ただ、スムーズだったとしても上位まではどうか。
良くなってくるのはまだ先かもしれない。
10
17
マルターズディオサ2.25.19-8-8-734.412
中段外目につけるが、2コーナー辺りで行きたがっており、
距離が少し長すぎた印象。
直線もそれほど弾けず、なだれ込んだだけになってしまった。
1800mぐらいまでの距離の方が良さそうな感じ。
気性面ももう少し良くなってきて欲しい。
11
1
デゼル2.25.1ハナ14-14-15-1333.82
ペースはそれほど速くなく、展開的には良かったと思うが、
直線で前走のようなキレは見られなかった。
後方で脚を溜める競馬をしていた割には案外な結果。
デビューからそれほど間隔も開いておらず、
馬体重も落としてきている辺り、
状態面も良くなかったのかもしれない。
休んで馬体を戻してくるようなら、再度見直したい。
12
13
ウーマンズハート2.25.21/28-8-8-1034.215
中段のいいポジションにつけることができたが、
道中は少し力みが見られた。
この距離は長すぎたように見える。
また、直線の坂でも苦戦しているように見え、
平坦コースの方がいいかもしれない。
新潟コースなら前進が期待できそう。
13
18
サンクテュエール2.25.41 1/414-14-12-1334.15
スタートがあまり良くなく、ポジションを取りに行けず。
末脚はしっかりしているが、
それほど切れないので後方からでは勝負にならなかった。
また、道中も外目を回らされ、距離ロスも響いていた。
デキもそれほど良くなかったように見えるので、
距離を短縮して、調子を戻してからかもしれない。
14
14
フィオリキアリ2.25.61 1/25-5-5-435.116
スタートを決め、好位追走も外目を回り、ロスの多い競馬。
直線で失速してしまい、
距離もポジションを取りに行く競馬も合わなかった印象。
脚を溜める競馬の方がいいレースができたかもしれないが、
一発狙いとしては悪くなかった。
G1で流れに乗ったレースができていたことは評価でき、
自己条件なら好走できそうな感じ。
15
2
クラヴァシュドール2.25.73/43-3-2-235.43
好位の内目を追走し、道中はほぼ理想的な競馬ができていた。
手応えよく3コーナーから上がっていき、
直線に向いた時は突き抜けそうな感じだったが、
そこから全く伸びずにズルズルと後退。
距離もあったかもしれないが、馬体を減らし続けており、
多少のデキ落ちもあったように思う。
ここまで負けるような馬では無いので、
しっかり休養して馬体を戻してこれば、
また活躍できるはず。
16
8
スマイルカナ2.25.8クビ1-1-1-135.69
かなりイレコミが目立っており、ハナを切って逃げたものの、
折り合い面はあまり上手くいっていなかった。
抑えてなんとか我慢させながら走らせていたが、
思い切って飛ばしても良かったかもしれない。
また、内にずっとササっており、左回りは微妙かも。
右回りの方が良さそうな感じ。
17
3
アブレイズ2.26.123-3-4-335.711
好位から運べていたが、直線の走りはガタガタ。
東京の馬場は全く合っていないように見えた。
また、スタート直後は落ち着きも無く、
力も出し切れなかったかもしれない。
今回は大敗してしまったが、スンナリ先行できるので、
コースが変われば巻き返す可能性は十分ある。
18
9
インターミッション2.26.33/411-12-12-1734.718
途中までは流れに乗って走れていたが、
ジリジリとかわされていってしまい、
4コーナーでは最後方まで下がってしまう。
直線も盛り返すことができず、完全に力負け。
距離以前にG1では力が足りていない。
もう少し成長が無いと、今後も厳しそう。

結果:不的中
本命の⑱サンクテュエールは見せ場なく大敗。
鞍上に期待して本命にしましたが、配当に目がくらんでしまったかもしれません。
調教で良く見えた⑯ウインマリリンを買い目にも入れずに、
調教の動きがイマイチだった馬を本命にしたのは反省です。
あまり配当を気にしすぎるのも良くないのかもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

平安ステークス レース回顧

レース回顧
05 /25 2020
5/23(土)に京都競馬場で行われた平安ステークス(G3)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
5
オメガパフューム1.56.06-6-7-735.53
先行集団を見ながら進め、いいポジションで運べていた。
4コーナーで外を回して前に並びかけていき、
楽な手ごたえで前を捕え、
粘るヴェンジェンスを全く相手にせず完勝。
ここに入ると流石に力が違っていた。
状態がすこぶる良さそうなので、引き続き期待できそう。
2
11
ヴェンジェンス1.56.21 1/43-3-2-336.15
スタートを決めて好位を追走。
流れも落ち着いたので、初めから前につけれたのは大きかった。
道中もリズムよく運べており、直線で先に抜け出したが、
相手が悪かった印象。
最後まで脚色が鈍ることなく走れており、内容は良かった。
一線級相手では厳しそうだが、衰えも無く、
G2やG3ならまだまだやれそうな感じ。
3
7
ゴールドドリーム1.56.524-4-4-436.22
この馬らしい安定した走りはできていたものの、
直線入口で狭いところに押し込まれ、
他馬と併せるような形に持ち込めなかったのが残念。
それでも力のある走りはできており、
海外帰り初戦としては悪くなかったと思う。
叩き台としては問題無い内容。
調子を上げてこれば、次走は期待できる。
4
3
ヒストリーメイカー1.56.81 1/29-9-8-836.210
末脚を伸ばして4着に食い込んだものの、
上位には完敗の内容。
とはいえ、上位はかなりの実績馬だったので、
現状の力関係を考えれば仕方なかったかもしれない。
また、馬体重を大幅に減らしており、前走時に比べて、
馬体が少し寂しい感じに見えた。
同レベルの重賞なら戦えるだけの目途は立ったと思うが、
暑い時期は微妙かもしれない。
夏競馬を使うようなら馬体には注意しておきたい。
5
10
スワーヴアラミス1.56.91/22-2-2-136.94
出鞭を入れて、積極的にポジションを取りに行き2番手追走。
結果的にはやや強引に行き過ぎたかもしれない。
勝ちに行く競馬で、最後まで崩れなかったことは評価できる。
4コーナーで先頭に立って押し切ろうとしたが、
ここは相手が強かった印象。
コンスタントに使われてきているので、
疲労もたまっているかもしれない。
立て直してこれば、また重賞で活躍できそうな感じ。
6
12
マグナレガーロ1.57.01/26-6-4-436.76
好位の外目を追走し、この馬なりには走れていた。
休み明けで馬体にも余裕があったかもしれない。
今回はメンバーレベルが高かったので、
これぐらい走れていれば上々だと思う。
OP特別ぐらいなら普通に勝てるぐらいの力はあるはず。
7
14
ダンツゴウユウ1.57.0ハナ8-8-8-936.29
中段につけ、流れに乗った競馬ができていたが、
コーナーでの加速についていけず、ややもたついていた。
直線で盛り返してきたものの、瞬発力の差が大きかった。
マズマズ力はあると思うので、経験を積んでいけば、
いずれ重賞でもチャンスはありそう。
8
1
アシャカトブ1.57.21 1/24-4-4-437.08
ポジションは取れており、流れには乗れていた。
道中で鞭が入る場面があったものの、
直線最後まで辛抱強く走れていた。
まだ4歳なので、これからの上積みも期待できそう。
関西圏よりは関東のレースで狙ってみたい。
9
6
ヒロブレイブ1.57.3クビ14-13-11-1136.414
いつも通り後方からの競馬で、
展開が向かなかったこともあるが、
ここは相手が強すぎた印象。
重賞で戦えるだけの力があるようには見えず。
ハンデのあるOP特別ぐらいでないと厳しそう。
10
2
ロードレガリス1.57.41/211-11-14-1435.91
スタートから行きっぷりが悪く、全く進んでいかず。
走る気が感じられなかった。
最後は伸びており、バテテる感じは無かったので、
気持ちが入ればもっとやれてもおかしくなさそう。
ただ、能力では無く精神的なところに問題がありそうで、
今後の狙いどころは難しい。
11
9
ミツバ1.57.71 3/410-10-11-1236.613
後方から進めるも、直線は全く伸びず。
距離が短いのもあるかもしれないが、
ここまで伸びないのはピークは過ぎている印象。
地方の長距離なら多少見直せるかもしれないが、
復活は厳しそうな感じ。
12
4
ハヤヤッコ1.57.81/211-11-10-936.911
ここは相手が強く、完敗の内容。
マズマズ自分の競馬はできていたと思うが、
上位に来るだけの力は足りなかったように見える。
状態面もまだ万全では無かったかもしれない。
OP特別ぐらいの相手ならもっとやれても良いと思うが、
多少展開利は欲しいタイプ。
13
13
アッシェンプッテル1.58.3313-13-11-1237.212
今回もスタートで後手を踏み、外を回らされる苦しい展開。
良いポジションが取れず、
脚を溜めつつ追走はできていなかった。
直線も離されないよう食らいつくのが精一杯で、
力も足りなかったかもしれない。
ダートでスタートの悪さはかなり不利になりそうで、
今後も狙い辛い。
14
8
スマハマ2.01.5大差1-1-1-241.67
スムーズに先手を取れ、マズマズのペースで運べたが、
4コーナーで脚色が悪くなってしまい、
全く踏ん張ることができずに大敗。
デキ落ちの可能性もあるが、京都が苦手の可能性も。
直線では完全に止まってしまっており、
いくらなんでも負けすぎだと思う。
一変は厳しそうなので、少し様子を見たい。

結果:不的中
本命の⑤オメガパフュームが予想通りここでは力の違いを見せつけて勝利してくれましたが、馬券は取れず。
前日は1番人気でしたので、単勝を抑えませんでしたが、3番人気までなぜか人気が落ちており、配当も5倍ついていました。
これぐらいの人気なら単勝を買っておきたかったです。
また、1番人気でないならゴールドドリームとのワイドも抑えておくべきでした。
買い方を工夫していれば、損は無かったはずですのでもったいなかったです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%