2020年05月28日 - 競馬鹿の重賞レース予想

目黒記念 出走馬前走診断

前走診断
05 /28 2020
5/31(日)に東京競馬場で行われる目黒記念(G2)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アイスバブル評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
6着
ペースがスローになってしまい、
33秒台の上がり勝負はこの馬には厳しかった。
切れ味勝負は分が悪く、
速い流れでタフな展開の方が向いている。
今回は展開に泣かされてしまった。
近走はやや低迷しているが、
展開が合わなかったレースが多く、まだ見限れない。
アフリカンゴールド評価C
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
10着
ハナを切れるぐらいのスタートだったが、
ウラヌスチャームが主張したため控えて好位追走。
スローペースで流れは良かったと思うが、
あまり気持ちが入っていないような走り。
直線の速い上がりについていけなかった。
状態面がイマイチだったのかもしれない。
変わってこればこのレベルの相手なら。
ウラヌスチャーム評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
1着
これまで一度も逃げたことが無い馬だったが、
スタートから積極策に出てハナを奪って逃げる。
先手を取ると、スローに落としてマイペースの走り。
直線だけの競馬に持ち込み、末脚勝負で押し切って勝利。
脚質転換に柔軟に対応できたのは評価できるが、
ほぼ作戦勝ちのような内容。
力でねじ伏せたわけでは無いので、過大評価は禁物。
今後の走りに注目したい。
オセアグレイト評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
5着
ペースが遅く、
中段内目に閉じ込められてしまったのが痛かった。
道中は動けず、コーナーで後方の馬が上がっていき、
追い出しも遅れてしまっていた。
直線に入って内から大外まで持ち出していくロスもあり、
良く脚は使えていたが、前も止まらず。
もう一段前で競馬ができていれば、
このメンバーには負けなかったはず。
長距離適性は高いので、また改めて期待したい。
キングオブコージ評価A
20/4/4
中山芝2200m
湾岸S(1600万)
1着
ドスローの流れだったが、好位につけ、
折り合いもしっかりついて走れていた。
直線楽に前を捕えて、そのまま突き放して完勝。
ここでは力が違っていた。
3歳時はマイル以下を使われてきたが、
古馬になって2000m以上を使われ、これで3連勝。
血統的な面から短い距離を使われてきたと思うが、
かなり長距離適性がありそうな感じ。
引き続き注目しておきたい。
ゴールドギア評価B
20/5/10
東京芝2400m
緑風S(1600万)
1着
いつも通りの後方からの競馬だったが、
スローペースで3コーナー辺りで、
早めに動いていったことが功を奏した。
直線は外から多少ふらつきながらも良く伸びてきていた。
末脚は確かなので、
広くて直線の長い東京コースも良かったように思う。
展開利があれば、OPでもチャンスはありそう。
サトノクロニクル評価C
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
7着
2番手追走から流れに乗った競馬ができていたが、
直線の加速にもたつき、前に入られてしまい、
なだれ込むだけになってしまった。
長期休養明けから3戦目になるが、
あまり復調できていないように見える。
今後も厳しいかもしれない。
ステイフーリッシュ評価C
20/4/5
阪神芝2000m
大阪杯(G1)
9着
スタートがあまり良くなく、
中段からになってしまい厳しかった。
ペースも遅く、
上がりが速くないこの馬にはノーチャンス。
スタートの悪さは状態面の問題もあったかもしれない。
ただ、それを差し引いてもG1では足りない馬。
おそらくG2の出走のタイミングで仕上げてくるので、
タイミングよく狙いたい。
タイセイトレイル評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
3着
ダッシュが効かず、最後方から。
デムーロ騎手鞍上の時はあまり行き脚がつかない模様。
スローペースだったためか、
3コーナー手前から捲っていき、
直線最後まで長くいい脚を使えていたが、
決め手比べで惜しくも届かず。
安定感はあるが、ワンパンチ不足のタイプ。
重賞でもそれなりに走れるが、
勝ち切るところまでは難しいかもしれない。
ニシノデイジー評価B
20/3/15
中京芝2000m
金鯱賞(G2)
6着
スタートが上手くなく、後方からの競馬。
内で距離ロス無く進めるが、向こう正面でやや力んだ走り。
コーナー辺りで落ち着き、
直線は馬群の中からジワジワと伸びてきていた。
展開が向かなかったことを考えれば、
それほど悪くない内容。
距離はもう1ハロン短い方が良さそう。
人気を落としていくと思うが、
条件が噛み合えば一発ありそうなので気を付けたい。
ノーブルマーズ評価B
20/2/16
京都芝2200m
京都記念(G2)
4着
今回は控えて中段後方から進める。
外枠からだったのと内が荒れていたため、
馬場の外目を走っていたが、内ラチを頼れず、
道中は少し内にササる面を見せていた。
それでも問題無く追走はできており、
直線も重馬場を苦にせず走れていた。
7歳馬になるが、こういった馬場は得意なので、
まだ見限る必要は無さそう。
バラックパリンカ評価C
20/4/19
阪神芝2400m
御堂筋S(1600万)
1着
積極的に出していき、先手を取る。
ハナを奪った後はゆったりとしたペースに落とし、
楽逃げの形。
余力たっぷりで直線に向くことができ、
リードを保ったまま押し切り勝ち。
かなり展開に恵まれての勝利なので、
クラスが上がって対応できるかは疑問。
しばらく様子を見たい。
パリンジェネシス評価C
20/1/6
京都芝3000m
万葉S(OP)
10着
スムーズに好位につけ、流れに乗った競馬はできていたが、
直線は脚が残っておらず、ズルズルと後退。
3000mは長すぎたかもしれない。
もう少し距離は短い方が良さそうだが、
能力に陰りが見えてる感もある。
しばらくは様子を見た方が良さそう。
ボスジラ評価C
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
8着
ゲートはうるさかったが、マズマズのスタートを決め、
好位からの競馬。
理想的な位置取りで、
流れに乗っていいリズムで走れていた。
道中は全く問題無く走れており、
最後のコーナーも内の馬についていき、
完璧なレース運びだったが直線でついていけなくなり、
後方の馬にもかわされる始末。
ばてた感じは無かったので、単純な力負けに見える。
慣れてこればそこそこやれそうだが、
人気ほどの力はまだ無さそうなので、
過剰人気には気を付けたい。
ポポカテペトル評価C
20/2/22
東京芝3400m
ダイヤモンドS(G3)
11着
先行勢の後ろにつけ、ピッタリ内ラチ沿いを走り、
距離ロスの無い競馬ができていた。
道中はいい感じで走れており、
4コーナーでは内を活かして前を捕える勢いだったが、
直線入った時にはバテてしまっていた。
そのため、直線半ばでは追うのも止めていた。
距離というよりは休み明けが影響しているように見える。
一度使われたことで、次走は良くなってきそう。
ミュゼエイリアン評価C
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
6着
好位につける脚はあるものの、
直線は苦しくなってしまっていた。
距離を延ばした影響ではなく、
単純に力負けのように見える。
8歳馬で上積みも見込めず、今後は厳しそう。
ミライヘノツバサ評価C
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
12着
最後のコーナーでのペースアップについていけず。
前走ダイヤモンドSを勝っているとはいえ、
能力が足りず、仕方ない結果だったと思う。
基本的には終わった馬と見ておいた方が良さそう。
メートルダール評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
7着
後方から進め、直線外に出して追い込むも、
なかなか反応せず、前が壁になってしまう。
ラスト100mほどはスペースに出して、いい脚を使えたが、
流石に遅すぎた。
反応の鈍さは休み明けの分かもしれない。
反応よくラストの脚が使えれば、重賞でもやれそうな感じ。
次走は変わってくるかもしれないので、
調教の動きに注意しておきたい。

前走良かった馬はキングオブコージ。
好位追走からのキレのある末脚は圧巻。
3勝馬クラスとはいえ、格の違いを見せるような内容だったと思います。
一線級相手はまだ早いと思いますが、今回ぐらいの相手なら十分通用しそうな感じです。
ロードカナロア産駒ですが距離は長い方が良さそうなタイプです。
人気が無くても注意しておきたい一頭です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

ダービー 登録馬前走診断

前走診断
05 /28 2020
5/31(日)に東京競馬場で行われるダービー(G1)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アルジャンナ評価B
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
2着
今回も相手が強く2着止まり。
道中や最後の直線で並んだ馬に寄ってしまうところがあり、
少し精神面で幼さが感じられる。
その辺りが決めきれない原因の一つかもしれない。
賞金的には大きいところにも使えそうだが、
ここで勝ち切れないようでは一線級相手は厳しい。
これまで先着した相手にそれほど強い馬がおらず、
強い相手には完敗の内容。
前評判ほどの能力は無いかもしれない。
ウインカーネリアン評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
4着
ペースはやや重の割に速かったが、
逃げたキメラヴェリテが飛ばし、
離れた2番手のこの馬は比較的楽な競馬ができていた。
直線で一気に捕まってしまったものの、
それまでは特に絡まれることも無く進めれたことが大きい。
今回の着順はあまり鵜呑みにしない方が良さそう。
次走ダービーなら迷わず消したい。
エヒト評価B
20/5/2
京都芝1800m
3歳未勝利
1着
スタートが悪く、最後方からになってしまったが、
道中での折り合い面は良く、ポジションを中段まで上げ、
リズムよく走れていた。
直線も手応え十分で、前をきっちりかわして完勝。
ゲートが良くなってこれば、
1勝馬クラスぐらいならすぐに勝てそう。
ガロアクリーク評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
3着
直線で反応よく伸びた辺り、調子が良かったように思う。
馬場のいいところを走り、申し分のない内容だったが、
上位2頭とは力の差が出てしまった。
これだけ嵌って離されては力の差があるように見える。
距離が延びても大丈夫だと思うが、
今回の出来をどれだけキープできるか。
かなり仕上げてきていたように見えるので、
次走の状態はしっかりと見極めたい。
キメラヴェリテ評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
17着
先手を取るためにかなりスタートから追っていたので、
単騎逃げできたものの3コーナーで捕まってしまった。
ただ、直線かわされても大崩れしていないのは評価できる。
もっと楽にハナを切っていければ好走できたかもしれない。
ダートより芝の方が良さそうで行ってこその馬なので、
そのうちまたチャンスはありそう。
コルテジア評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
7着
ポジションを取れず、後方からになってしまい、
直線も外に出せず、馬場の悪い内を走っていた。
厳しいところを走った割には良く走れていたと思う。
今回は距離やコースが不向きだったこともありそう。
阪神や京都なら変わってくるはず。
コントレイル評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
1着
スタート直後の行き脚がそれほど良くなく、
思った以上に後ろからの競馬になってしまい、
4コーナーで外を回す力のいる競馬をしながらも、
直線良く伸びてサリオスをかわして勝利。
着差以上に能力の高さを感じたが、
案外上手い競馬はできないタイプかもしれない。
広い東京コースのダービーは問題無いが、
その後はじっくり見極める必要がありそう。
サトノインプレッサ評価C
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイルC(G1)
13着
今回はスタートはマシだったが、
大外枠でかなり外を回り、ロスの多い競馬。
展開的にも前が残る流れで、出番が無かった。
高速決着には向かないタイプかもしれない。
時計がかかる馬場で見直したい。
サトノフラッグ評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
5着
弥生賞と同じ形でレースを進めることができていたが、
勝負所の直線入口で伸びきれず。
外を回したコントレイルにアッサリかわされ、
最後まで切れる脚を出せなかった。
直線まで完璧な内容だっただけに、不可解な負け方。
力が足りないといった感じでは無いので見直したいが、
あまり信頼しすぎるのも危険かもしれない。
サリオス評価A
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
2着
2着になってしまったものの、
一番安定した走りができていた。
勝ち馬とは直線で通った馬場の違いが出てしまったが、
この馬も良く伸びてきていた。
距離不安も全く感じさせず、
ダービーへ向けての仕上げのように見えたので、
さらに上向く可能性がある。
まだ格付けされたわけでは無いので、
次は逆転も考慮しておきたい。
ダノンファラオ評価C
20/5/24
京都ダ1800m
鳳雛S(L)
14着
ゲート内から落ち着きが無く、イレコミ気味。
スタートはちゃんと出たが、全く落ち着いていなかった。
かなり行きたがってしまい、スタミナを消費したのか、
4コーナー辺りで一杯になってしまっていた。
力を出しての敗戦では無いので、度外視でも良さそう。
落ち着いて走れれば変わってくるはず。
ダーリントンホール評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
6着
スタートで一歩出遅れて後方からの競馬になったのが、
もったいなかった。
直線は外から良く伸びてきているとはいえ、
本来の走りができなかった感がある。
今回は不慣れな競馬ながら良く走れているので、
力のある所は見せていた。
普通に走れればもっとやれるはず。
ディープボンド評価B
20/5/9
京都芝2200m
京都新聞杯(G2)
1着
ペースが速く、タフな展開になったのが良かった。
また、直線入口で前が壁になりそうなところで、
瞬時に外に出したのが勝ちに繋がったように思う。
外から伸びてきた2着馬といい形で競って伸びてこれていた。
距離はもっと長くても良さそうだが、
切れ味勝負になりそうなレースでは出番が無さそう。
ビターエンダー評価B
20/5/9
東京芝2000m
プリンシパルS(L)
1着
コントロールの良い馬でスムーズに好位につけ、
スローの流れでも折り合い面は全く問題無く走れていた。
直線で外に出してからも良い脚を使えていて、
2着馬に際どく迫られるもなんとか振り切って勝利。
折り合い面については申し分ない馬だが、
ラストはやや苦しくなっており、
距離は2000mが限界かもしれない。
また、スローペースに強い馬なので、
展開から取り捨てを決めたいタイプ。
ブラックホール評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
9着
フルゲートで最後方からでは流石に厳しい。
大きく距離ロスもあり、それほど切れる脚も使えず。
ちょっと一線級相手には厳しいかもしれない。
夏の北海道競馬まで待った方がいいかも。
ブラックマジック評価B
20/4/25
東京芝2300m
新緑賞(500万)
1着
スタートを決め、どの馬も行かないと見るやハナに立つ。
ペースを落として、ゆったりとマイペースの逃げ。
競ってこられることも無く、道中はかなり楽に走れていた。
4コーナー辺りから仕掛けていき、
そのまま押し切って勝利。
まんまと逃げきった形で、展開利が大きかったと思う。
クラスが上がっていきなりは厳しいかもしれない。
マイラプソディ評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
13着
3コーナー辺りまでは良い走りができていたが、
4コーナーで外からコントレイルが上がってくると、
ついていけなくなってしまった。
ビッシリ馬体を合わせるのが苦手なのかもしれない。
多頭数もこの馬には向いていないように見える。
大きいところは厳しく見える。
マンオブスピリット評価B
20/5/9
京都芝2200m
京都新聞杯(G2)
2着
4コーナーで先行勢が動いていく中追い出しを我慢して、
直線勝負に持ち込めたのが好走に繋がった。
また、ペースが速く、
上がりがかかる競馬になったのも良かったと思う。
京都での好走が続いているが、京都巧者というよりは、
上がりがかかる競馬が得意そうな感じ。
馬場や展開次第のところがありそう。
メイショウボサツ評価B
20/5/2
東京芝2400m
青葉賞(G2)
5着
スタートで出遅れ、
位置を上げようとしてかかってしまった。
スムーズさを欠いてしまい、直線は外を回して追い込むも、
前半かかった分キレが鈍ってしまった。
能力的には足りそうな感じだったので、出遅れが痛かった。
左回りなら期待しても良さそう。
レクセランス評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
11着
スタートがそれほど速くなく、
後方からになってしまったのが痛かった。
ペースも速く、やや流れに乗れない感じ。
直線はジリジリと伸びてきていたが、
決め手があるタイプでは無いので前を捕えきれず。
後方からで良さが出なかった。
ゆったりとしたペースで前で運ぶのが合っている馬。
まだ成長途上の感じもあるので、秋以降に注目したい。
ワーケア評価B
20/3/8
中山芝2000m
弥生賞(G2)
2着
今回はスムーズなスタートが切れ、中段につける。
この馬の力の出しやすい位置取りで競馬が出来ていた。
直線までじっくりと脚を溜め、
直線に入って一気に明日を使ったが、勝ち馬には届かず。
力は十分に出せていたと思うが、勝ち馬には完敗の内容。
重賞級の力はあるが、逆転は難しいかもしれない。
ヴァルコス評価B
20/5/2
東京芝2400m
青葉賞(G2)
2着
スタート直後は行き脚が悪かったが、
向こう正面で外を回して無理なく上がっていけていた。
他の上位馬が内でじっと脚を溜めていたことを考えると、
距離ロスの差が出てしまったかもしれない。
距離については長い方が良さそう。
G1では足りなさそうだが、
トライアルレベルならまた好走してもおかしくない。
ヴェルトライゼンデ評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
8着
サリオスをマークして道中進めていたが、
直線で外に出さずに内を突いたのは失敗だったと思う。
馬場が荒れてしまっていて、全く伸びなかった。
他の有力馬をマークしていれば、
もっと外から脚を使えていたはず。
マークする相手を間違ってしまったかもしれない。
馬場の良い所を走っていれば上位もあったように思うので、
今回の結果は度外視でも。

前走良かった馬はサリオス。
コントレイルに敗れてしまったとはいえ、良く食らいついており、3着以下も突き放している。
一番強いレースはできていたと思う。
距離が延びてどうかはあるが、能力的にはコントレイルに全く劣っていないはず。
十分逆転の可能性はありそう。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%