2020年06月11日 - 競馬鹿の重賞レース予想

マーメイドステークス 出走馬前走診断

前走診断
06 /11 2020
6/14(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドステークス(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

エアジーン評価A
20/4/4
中山芝2200m
湾岸S(1600万)
3着
大外枠からのスタートで中段外目につける。
スローペースで流れ、上位2頭は好位から競馬をしており、
外を回らされる展開は厳しかったと思う。
4コーナーから上がっていったが、
前も止まらず、差を詰めるまで。
展開が向かなかった割には良く走れており、
準オープンの割にはメンバーレベルも高かった。
これだけ走れればオープン入りも近いはず。
オスカールビー評価C
20/5/24
京都芝2000m
御室特別(1000万)
1着
好スタートを決め、楽に先頭に立つ。
全く競られることも無く、悠々とマイペース。
先行集団に強い馬もおらず、
4コーナー辺りから早めにスパートをかけてリードを作り、
有力馬が外を回した分、粘りこむことができていた。
作戦勝ちのような感じなので、クラスが上がってどうか。
能力的には厳しく、展開が嵌るまでは苦戦しそう。
サトノワルキューレ評価C
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
13着
中段やや前目につけ、流れに乗った競馬はできていたが、
3コーナー辺りで手応えが怪しくなり、
勝負所に入るとズルズルと後退していってしまった。
直線で末脚を活かす競馬の方がいいかもしれない。
ただ、今回の負け方がかなり悪く、
終わってしまっている可能性も見ておきたい。
サマーセント評価C
20/5/2
京都芝2000m
下鴨S(1600万)
3着
かなりのスローペースで流れ、上がりだけの競馬。
2番手追走で楽に進めることができ、
直線も脚は止まらなかったが、決め手に屈してしまう。
展開にもハンデにも恵まれながら、
押し切れなかったのは物足りない。
この辺りで頭打ちかもしれない。
サラス評価C
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
15着
前走と同様に後方から直線に賭ける競馬。
展開や馬場状態的には厳しいと思うが、
この馬の良さを出すにはこれが一番だと思う。
直線は半ばまでは伸びていたが、
その後は止まってしまった。
休み明けの分もありそうだが、切れるタイプなので、
持続的な末脚は使えないのかもしれない。
どちらにせよ、一度使われたことで次は良くなってきそう。
展開待ちの馬ではあるが、一発の期待は持てる。
センテリュオ評価B
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
5着
馬場が合わなかったのか、少し置かれ気味に後方から。
渋った馬場は苦手かもしれない。
直線で最内から大外に持ち出して追い込んできたが、
位置取りが後ろ過ぎて差を詰めるので精いっぱい。
良馬場の方が決め手が活きて良さそうな感じ。
勝ち星から遠ざかっているが、内容はそれほど悪くない。
能力はあるので、いつ好走しても驚けない。
ナルハヤ評価B
20/5/16
新潟芝1800m
パールS(1600万)
2着
最内枠を活かして先頭へ。
道中はいいリズムで運べており、
長い直線でも粘り強い走りはできていたが、
勝ち馬の決め手が勝り、惜しい2着。
力は十分に発揮できた内容だったと思う。
鞍上との相性がいいので、このコンビの時は注目したい。
パンクデラモール評価C
20/5/16
新潟芝1800m
パールS(1600万)
9着
最後方から進めるが、脚を溜める感じでは無く、
このクラスのスピードについていけていないような感じ。
直線で大外に回して追い込むも、
そこまで切れる脚は使えていなかった。
まだまだクラス慣れが必要かもしれない。
フィリアプーラ評価B
20/4/25
福島芝1800m
福島牝馬S(G3)
7着
いつものように後方待機から直線にかける競馬をしたが、
スタートこそ流れたものの道中は落ち着き、
展開が嵌るところまではいかず。
馬群を捌きながらの追い込みで、
スムーズとはいかなかった。
展開待ちなので、今回の結果は仕方ない。
嵌れば怖いタイプなので、
一発の可能性は常に見ておきたい。
マルシュロレーヌ評価C
20/5/16
新潟芝1800m
パールS(1600万)
12着
後方で脚を溜めて直線に賭ける競馬をしようとしていたが、
直線入口で内の馬にぶつけられて、
バランスを崩す不利があり、
追い出しがかなり遅れてしまっていた。
スムーズならもう少し伸びていたとおもうが、
上位までは厳しかったように見える。
まだクラス慣れも必要そうな感じで、
展開の助けも無いと難しい。
ミスマンマミーア評価B
20/5/24
京都芝2400m
烏丸S(1600万)
1着
スタートはあまり速くなく、後方から。
馬群から少し離されての追走になったが、
道中は終始マイペース。
直線は空いた内から一気の末脚で前をかわし、
ラストは2着馬に詰め寄られながらも完勝。
落ち着いた走りができており、距離は長い方が良さそう。
長距離重賞に出走することがあれば狙い目。
リュヌルージュ評価C
20/4/25
福島芝1800m
福島牝馬S(G3)
8着
周りの馬が速く、先頭にはつけれず。
好位で流れに乗った競馬はできていたが、
流れに乗っただけで終わってしまった。
良馬場だと重賞では少し足りないように見える。
重賞では重馬場でのみ狙うような形でもいいかもしれない。
リンディーホップ評価B
20/5/16
新潟芝1800m
パールS(1600万)
5着
中段につけ、流れに乗った競馬ができていた。
いいリズムで走れていたが、
直線はなかなか前が開かず、追い切れず。
まともに追えたのはラスト100mほどで脚を余してしまった。
スムーズならもっとやれていたかもしれない。
まずまず力はありそうなので、
このクラスを抜けるのも遠くは無さそう。
リープフラウミルヒ評価B
20/4/25
福島芝1800m
福島牝馬S(G3)
2着
前走は直線でスムーズに追えない場面があったが、
今回は最初から最後までスムーズな競馬ができていた。
直線も良いところに持ち出して、一瞬抜け出したが、
勝ち馬の決め手に屈してしまった。
負けはしたものの力を十分発揮できていたと思う。
3勝馬クラス止まりとはいえ、
安定して牡馬相手にも善戦できていただけあって、
落ち着いたレース運びができていた。
自己条件レベルならいつ決めてもおかしくなさそう。
レイホーロマンス評価C
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
11着
後方から進めるも、スローペースで上がりだけの競馬。
直線で最後方の位置から外に持ち出して脚を使ったが、
ロスも大きく、前も止まらずで、着順を上げれず。
シンガリ負けだが、離されているわけでは無いので、
展開が向けばもう少しやれていたかもしれない。
とはいえ、すでに7歳馬で上積みは見込めそうにない。
レッドアネモス評価B
20/4/25
福島芝1800m
福島牝馬S(G3)
6着
スタートは悪くなかったが、馬に囲まれ、
窮屈そうな走りになり、
1コーナーでは折り合いを欠いてしまっていた。
落ち着かせるのにポジションを悪くしてしまい、
直線で外を持ち出すしかなく、
厳しいレースになってしまった。
馬体も大きく減らしており、
状態面も良くなかったかもしれない。
馬体を戻してこれば、まだ見限れない。

前走良かった馬はエアジーン。
不向きな流れの中、良く追い込んできており、
1着馬はこの後、目黒記念を制したキングオブコージということを考えれば、相手が悪かっただけ。
これぐらい走れるのであれば、重賞とはいえ牝馬限定戦のハンデ戦なら十分通用しそうです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

エプソムカップ 登録馬前走診断

前走診断
06 /11 2020
6/14(日)に東京競馬場で行われるエプソムカップ(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アイスストーム評価B
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
1着
いつも通り後方からの競馬。
道中は内でじっくり脚を溜め、
直線は外に出さずに馬の間を割って良く伸び、
差し切り勝ち。
同じような位置にいたザダルが外に回して3着なので、
鞍上のコース取りが光ったレースだったと思う。
左回りは安定して決め手を発揮できているので、
重賞は左回りのタイミングで狙いたい。
アトミックフォース評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
2着
積極的に行く馬がおらず、無理せずハナへ。
マイペースの走りができ、理想的な競馬ができていた。
直線も良く粘ってはいたが、
ラスト100mほどは苦しくなっていた。
左回りは合っていると思うが、
直線が長すぎるかもしれない。
中京の経験が無いが、中京コースが一番嵌りそうな感じ。
アドマイヤジャスタ評価B
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
6着
スタートから積極的に押して行き、
1コーナーで折り合いを欠いてしまい、
位置取りを落としたのがもったいなかった。
その後は馬群の中で落ち着いて走れており、
マズマズ走れていた。
直線はキレは無かったが、最後までしぶとく走れていた。
復調の気配を感じられるレース内容。
人気の無いうちに、追いかけてみてもいいかもしれない。
アメリカズカップ評価C
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
14着
スタート直後に隣の馬にぶつかったせいか、
落ち着きが無くなってしまっていた。
やや暴走気味に外から上がっていき、なかなか折り合えず。
3コーナー辺りではすでに一杯になってしまっていた。
前走に引き続き折り合い難を見せており、気になるところ。
元々重賞では厳しい馬なので、今後も軽視でも良さそう。
アンドラステ評価A
20/5/16
新潟芝1800m
パールS(1600万)
1着
スタートはあまり良くなく、中段やや後方から。
スローペースでやや窮屈そうな走りだったが、
なんとか我慢させつつ走っていた。
前がかなり楽な競馬で脚が残っていたが、
直線で追われると一気の脚で楽に差し切って勝利。
展開を考えると着差以上に強い内容だったと思う。
重賞を使わず、わずか6戦でオープン入りは大したもの。
引き続き注目しておきたい。
インビジブルレイズ評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
5着
良いポジションにつけ、理想的な競馬ができていたが、
直線はもう一つ伸びきれず、
この馬らしいキレは見られなかった。
休み明けで状態面がまだだったのかもしれないが、
初めての重賞でこれだけ走れていれば上々。
次走調子を上げてきていれば狙ってみたい。
エメラルファイト評価B
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
5着
スタートを決め、好位から運ぶことはできたが、
上がり勝負の競馬で分が悪かった。
上位4頭は33秒台の脚を使えているが、
この馬にはそこまでの脚は無く、キレ負けしてしまった。
時計のかかる馬場の方が得意なタイプ。
東京コースはあまり合っていないかもしれない。
キョウヘイ評価C
20/5/16
京都芝1800m
都大路S(L)
10着
後方外目につけたが、やや折り合いを欠いてしまい、
ポジションを下げて折り合いに専念していた。
展開的に後方からでは厳しかったように思う。
また、直線は追い出したところで前が壁になり、
勢いがつかなかった。
まともに追えたのがラスト1ハロンほどで、
やや脚を余してしまっていた。
かなりチグハグな競馬になってしまい、
力を出し切れてはいない。
今回は度外視でも良さそう。
OP競走レベルならもっとやれていいはず。
ギベオン評価C
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
13着
あまりいいスタートが切れず、やや後方から。
良いポジションで進めることはできなかった。
直線も途中までは良かったが、
ラスト1ハロンほどで止まってしまっていた。
あまり長い直線は良くないのかもしれない。
全くいいところが無く、調子を落としていた可能性も。
斤量もトップハンデは厳しかった。
もっと走れる馬だと思うが、低迷しており、
復調の気配があるまでは様子を見たい。
ゴーフォザサミット評価C
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
7着
スタートはあまり速くなく、後方から。
この距離だとちょっと流れに乗るのが厳しそうな感じ。
向こう正面でじわじわと上がっていったが、
直線もずっと同じような脚色で、
メリハリがついていなかった。
距離はもう少し長い方が競馬がしやすそうな感じ。
2000mを超えるような距離の方がいいかもしれない。
サトノアーサー評価B
20/5/16
京都芝1800m
都大路S(L)
3着
中段につけ、馬群の中でやや窮屈になりながらも、
マズマズ我慢して走れていた。
重馬場でもそれほど馬場を気にすることも無く、
いいリズムだったが、
直線入口で追い出し開始のところで、
外の馬に寄られてワンテンポ追い出しが遅れてしまい、
良く伸びてきていたが、
先に抜け出した2頭を捕えることができず。
スムーズなら差し切ってもおかしくなかった。
能力は十分なので、次走に期待したい。
サトノガーネット評価C
20/5/17
東京芝1600m
ヴィクトリアM(G1)
13着
距離が短く、追走で脚が溜まり切らなかった印象。
いつも通り後方から進めたが、直線キレは見られず。
また、体重を大きく減らしており、
状態面も良くなかったかもしれない。
距離も状態も展開も全くいい面が無かったように思う。
いったん休養を挟んだ方が良さそうな感じ。
サラキア評価B
20/4/25
福島芝1800m
福島牝馬S(G3)
5着
最初の直線で周りの馬に挟まれて下がってしまい、
この馬らしい競馬ができず。
4コーナーから直線にかけても、バテた前の馬が壁になって、
ごちゃついてしまい、追い出しが遅れてしまっていた。
今回は展開が向かなかったことを考えると、
マズマズ走れていたと思う。
好走にはスローペースが必須の馬。
展開面の恩恵がありそうな時に狙っていきたい。
シャドウディーヴァ評価C
20/5/17
東京芝1600m
ヴィクトリアM(G1)
10着
今回の流れでは後方からは厳しかった。
マズマズ脚は使えているものの、前も止まらず出番なし。
状態自体もまだ万全では無かったように見える。
また、G1では力が足りない印象。
左回りならもっとやれると思うので、調子を上げてこれば。
ソーグリッタリング評価B
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
2着
先手を取れるぐらいのスタートを切るも、
前に馬を置いて好位からの競馬。
道中は落ち着いた走りで、流れに乗れていた。
直線は早めに先頭に立ち、押し切れそうだったが、
勝ち馬に上手く内を掬われてしまい、惜しい2着。
ちょっと運がなかったような感じ。
力はあるので、すぐに勝てるはず。
ダイワキャグニー評価C
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
14着
それほど積極的に前を取りに行かず、好位追走。
道中はやや折り合いを欠いており、
リズムよく運べていなかった。
マイペースで走れず、脆いところが出てしまった。
トップハンデの斤量も見込まれてしまった印象で、
もう少し楽に運べないと厳しい。
トーラスジェミニ評価C
20/4/4
中山芝1600m
ダービー卿CT(G3)
11着
先手を取れず、ハイペースに巻き込まれる苦しい展開。
相手も強く、直線でアッサリかわされてしまった。
重賞ではまだ力不足の印象。
展開利が無いと厳しいかもしれない。
最内枠ならもう少しはやれるかも。
ピースワンパラディ評価B
20/5/16
東京芝1600m
湘南S(1600万)
1着
好位につけ、流れに乗った競馬でソツなく走れていたが、
直線抜け出したところをかなり詰められての辛勝。
勝つには勝ったが、逆転されてもおかしくなかった。
馬券外になっていない安定した走りができているが、
それほど爆発力も無いような感じ。
オープン入りして壁にぶつかる可能性も見ておきたい。
ブレステイキング評価C
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
9着
やや後方から進め、
道中の折り合い面は問題無さそうだったが、
直線追われてからの反応がイマイチ。
伸びきれずに終わってしまった。
休み明けで馬体を大きく増やしており、
まだ仕上り途上だったのかもしれない。
一度叩いて良くなる馬なので、次走は変わってくるはず。
マイネルハニー評価C
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
13着
大外枠だったが積極的に出していき、2番手追走。
3コーナーで早くも先頭に立ったが、
直線に入ると一杯になってしまい、シンガリ負け。
休み明けだったとはいえ、
前に厳しい流れでは無かったわりに止まりすぎている。
もう7歳馬でここから一変はあまり期待できそうにない。
マイネルファンロン評価B
20/4/19
福島芝2000m
福島民報杯(L)
5着
スタートを決め、好位のポジション。
2頭が飛ばし、離れていいリズムで運べていたが、
飛ばした2頭がかなり早く垂れ始め、
3コーナーで先頭に立ってしまい、
目標になってしまったのが痛かった。
直線しぶとく粘りこむも、最後は苦しくなってしまった。
このレベルなら展開一つで勝てそうな感じ。
札幌や函館で狙ってみたい。
ミラアイトーン評価B
20/5/9
新潟芝1600m
谷川岳S(L)
3着
どの馬も積極的にはいかず、
最内枠とスピードの差でスンナリと先頭に立つ。
いいリズムで単騎逃げに持ち込むことができ、
長い直線もかなり粘り強い走りはできていた。
好走はできたが、かなり展開に助けられた印象。
距離も短い方が良さそうに見える。
レイエンダ評価B
20/4/4
中山芝1600m
ダービー卿CT(G3)
3着
周りのスピードについていけず、
中段からになってしまったが、
折り合いは良くついていて、
しっかり脚を溜める競馬ができていた。
直線も隙間を縫って良く伸びてきており、
いい走りをしていた。
今回のようなハイペースで好走できたのは収穫。
状態もまだ良くなりそうなので、今後に期待したい。
レッドヴェイロン評価B
20/5/23
東京芝1800m
メイS(OP)
4着
中段につけ、いいリズムで走れていたが、
この馬には少し時計が速すぎたかもしれない。
直線で馬の間を割って伸びては来ていたが、
キレのある馬についていけず。
もう少し馬場が荒れた方が良かったかもしれない。
ただ、今年のレースの中では一番いい内容。
復調気配はあるので、条件が合えば好走は可能。
ロシュフォール評価C
19/8/11
新潟芝1600m
関屋記念(G3)
9着
中段後方で脚をためる。
直線はやや外目に出し、追い出すもそこまでのキレが無く、
前が空いて絶好の形になるも伸びなかった。
末脚が魅力の馬だがここ2走不発になっており、
状態を落としているのかもしれない。

前走良かった馬はアンドラステ。
逃げた馬が絶妙なペースで運んでいたので、
普通なら逃げ切ってしまうところをきっちり差し切っており、
相当な能力の高さを感じました。
賞金が足りないので除外候補ではありますが、出てこれば面白そうです。
今回出走できなくとも、いずれは重賞で活躍できそうな感じです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%