2020年07月02日 - 競馬鹿の重賞レース予想

CBC賞 登録馬前走診断

前走診断
07 /02 2020
7/5(日)に阪神競馬場で行われるCBC賞(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アウィルアウェイ評価C
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
11着
ポジションを取りに行こうとするが、
被せられて中段まで下がってしまった。
後手後手に回ってしまい、
この馬の良さは出せていなかった。
重馬場だったのも良くなかった。
ただ、G1は敷居が高いように見える。
G2やG3までの馬かもしれない。
アンヴァル評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
16着
外目から馬ナリで並びかけていき中段のポジションに。
距離延長で追走は問題無く、流れに乗れていた。
道中はいい感じで走れていたが、
直線に入って追い出されても反応が見られなかった。
まだ本調子には戻っていないように見える。
変わってこれば重賞でもやれそうだが。
イベリス評価C
20/1/11
京都芝1200m
淀短距離S(L)
10着
スタートを決め、2番手追走。
ペースもそれほど速くなく、絶好のポジションだったが、
4コーナーで手応えが怪しくなり、
直線に入ると馬群に沈んでしまった。
有利な展開から簡単に負けすぎで、
デキ落ちの可能性も。
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
エイシンデネブ評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
11着
いつも通り今回も後方からの競馬。
ペースが上がらず不向きな展開で、
直線も外に持ち出すような猶予も無く、
内目からジワジワと詰めるだけになってしまった。
もっと速く流れる展開にならないと厳しい。
展開さえ向けば重賞でも通用しそうだが、
展開が合わないと全くいいところが出せないタイプ。
クリノガウディー評価B
20/3/29
中京芝1200m
高松宮記念(G1)
4着
1200mのスピードにも良く対応できていて、
3番手につける。
距離短縮が良かったかもしれない。
直線はセイウンコウセイが隣にいる間は良かったが、
抜け出すと一気に内にモタレてしまい、
他馬に迷惑をかけてしまった。
距離は合っていそうなので、
真っ直ぐ走れるようになれば。
グランドロワ評価B
20/6/28
東京芝1400m
パラダイスS(L)
6着
スタートから飛ばしていき、単騎逃げに持ち込む。
ペースは速かったが、リズムよく走れており、
力は出せていたように思う。
直線は一頭だけ最内を回して粘りこむが、
不良馬場でゴール手前100mほどがかなり荒れており、
最後に捕まってしまった。
このクラスを勝つ力は十分ありそう。
先行力はかなり高いので、人気薄でも注意しておきたい。
ショウナンアンセム評価C
19/6/30
中京芝1200m
CBC賞(G3)
12着
先行勢を見る形で好位のインを追走。
4コーナー手前ぐらいで手応えが怪しくなり、
直線はズルズルと後退。
馬場が悪いだけでなく雨も凄かったので、
集中力が無くなってしまったのかもしれない。
出来は良さそうだっただけにこの結果は残念。
ジョイフル評価C
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
15着
中段やや後方の内を回り、
道中はいい雰囲気で追走できていたが、
直線に入ってからはあまり伸びてこなかった。
マイルの距離は長すぎるのかもしれない。
短い距離になれば切れる脚が使えるので、
距離短縮のタイミングで見直したい。
タイセイアベニール評価A
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
1着
前の馬が飛ばし、マズマズ流れる中、後方から進める。
4コーナーで外に持ち出し、気合を入れていき、
直線で大外から1番人気馬と併せ馬で良く伸びてきていた。
キレは相手の方があったが、先に抜け出したぶん、
抑えきって勝利。
今年に入って馬体の充実が目立ち、
本格化の兆しが見られる。
今の出来なら重賞でも通用しそう。
ダイシンバルカン評価C
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
10着
直線競馬で内枠に入ってしまい、やや不利だったが、
特に見せ場も無く、
ただ追走するだけで終わってしまった。
この内容だと枠が良かったとしても、
着順はさほど変わらなかったかもしれない。
ペースが全く緩むことの無い直線競馬よりは、
1200mのレースの方が良さそうな感じ。
8歳馬になるがOP特別ぐらいなら、
上手く嵌れば掲示板ぐらいはあるかもしれない。
ディメンシオン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
3着
※ヴィクトリアM 
疾病〔右前肢跛行〕
のため出走取消
スタートを決めて、前につけ、
早めに動いていったのが功を奏した。
直線は馬群が一塊で後続がかなりごちゃつく展開。
先に動いて内の馬場もそれほど荒れていなかったので、
最後まで粘りこんだ走りができていた。
スムーズに走れた今回は良く走れていたが、
中々走り時が難しく、狙い時が難しい。
ディープダイバー評価B
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
10着
スタート良く好位からの競馬。
前を見ながら競馬が出来るいいポジションにつけ、
流れに乗って走れていた。
直線は苦しくなってしまったが、
最後までしっかり走れている。
ここ2戦ブービー人気だが、そこまで悪い馬では無い。
調教の動きが良くなれば、十分重賞で勝負できそう。
変化を見極めていきたい。
ナインテイルズ評価C
20/5/10
京都芝1200m
鞍馬S(OP)
11着
スタートから積極的に出していき、ハナを主張。
グランドロワとの先行争いが激しくなり、
2頭でやや飛ばし気味に走ってしまい、
直線に入ると一杯になってしまって大敗。
既に9歳馬でもあり、衰えも出てきている。
今後の好走は厳しいかもしれない。
ノーワン評価B
20/4/11
阪神芝1600m
阪神牝馬S(G2)
13着
着順ほど悪い内容では無かったが、
前半はあまり行き脚がついておらず、
直線で前が壁一面になってしまい、
どうすることもできなかった。
多少状態は上向いていそうに見え、
人気しないままなら展開次第では面白くなりそう。
ミッキースピリット評価B
20/5/31
京都芝1200m
朱雀S(1600万)
1着
スタートを決め、好位の内目から追走。
直線に入ると前が開き、絶好の追い出しができた。
なかなか前をかわすことができずにもたついたが、
最後に一伸びを見せて、差し切り勝ち。
着差こそ無いがいい勝負根性を見せていた。
今年の3連勝で1勝馬クラスから一気にOP入り。
流石にOP特別だといきなりは厳しそうだが、
勢いは侮れない。
ラブカンプー評価B
20/5/24
新潟芝1000m
韋駄天S(OP)
7着
内枠だったがマズマズ前のポジションにつけ、
いい雰囲気で走れていた。
ラストはやや伸びあぐねてしまったが、
外枠からならもう少し伸びていたかもしれない。
途中で止めてしまう気性の悪さは出なくなっており、
馬体もしっかりしてきている。
そろそろ走ってきてもおかしくなさそう。
レッドアンシェル評価B
20/5/16
東京芝1400m
京王杯SC(G2)
11着
中段内目を追走も、直線はそれほど伸びなかった。
ただ、脚部不安の心配は無さそうで、
最後までしっかり走ることはできていた。
次走はもっと良くなりそうな感じ。
ここ2戦の着順で人気を落とすようなら狙いたい。
ロケット評価B
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
7着
好スタートを決め、2番手から進めるも、
口向きが悪く、終始、内にササリながらの走り。
ややスムーズさを欠いたような感じになっていた。
それでも直線は一瞬抜け出しそうな場面もあり、
力のある所は見せていた。
決勝戦手前で後方の馬にぶつけられ、
たじろいだため着順を落としてしまったが、
もっと上位に来ていてもおかしくなかった。
気性面が難しそうなところはあるが、
このレベルはいずれ勝てそう。

前走良かった馬はタイセイアベニール。
展開が向いたこともあるが、直線では人気馬同士の叩き合いを制しており、
ここに来て大きく力をつけているように思います。
毎回安定した末脚を使えており、この調子なら重賞でも通用しそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年7月結果
本命馬 (0.0.1.7)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.8.40)
回収率 71%