2020年07月16日 - 競馬鹿の重賞レース予想

函館記念 出走馬前走診断

前走診断
07 /16 2020
7/19(日)に函館競馬場で行われる函館記念(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤジャスタ評価B
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
6着
スタートから積極的に押して行き、
1コーナーで折り合いを欠いてしまい、
位置取りを落としたのがもったいなかった。
その後は馬群の中で落ち着いて走れており、
マズマズ走れていた。
直線はキレは無かったが、最後までしぶとく走れていた。
復調の気配を感じられるレース内容。
人気の無いうちに、追いかけてみてもいいかもしれない。
カウディーリョ評価B
20/5/9
東京芝2400m
メトロポリタンS(L)
4着
スンナリと好位につけたが、かなりのスローペースで、
やや窮屈そうな走り。
折り合いを欠くことは無かったが、終始抑え込まれていた。
それでも道中は我慢ができており、
直線でも脚を使えていたが、上がりだけの競馬で、
前に逃げ切られてしまった。
能力的には問題無さそうなので、
スムーズな競馬ができればすぐに勝てそう。
スズカロング評価B
20/7/11
函館芝2000m
五稜郭S(1600万)
7着
好位の内目を追走。
ゆったりとした流れで、いい手ごたえで追走できていた。
直線で前の馬の間を狙おうとしたが、
壁になってしまい、ブレーキ。
再度アタックを試みるも、後ろの馬と同じタイミングで、
ごちゃついてしまい追い出し切れず。
やや不完全燃焼の競馬。
追えていれば上位進出できていたように見え、
次走見直してもいいかもしれない。
トーラスジェミニ評価B
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
1着
スタートを決めてハナを奪い切る。
競ってこられることも無く、
マイペースでスローに持ち込んでの逃げ。
コーナーで加速していき、直線も最後までしぶとく走り、
押し切って勝利。
自分の形に持ち込むとやはり粘り強く走れている。
同型馬不在の時は注意しておきたい。
ドゥオーモ評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
9着
いつも通り後方に構える競馬。
後方外目を走り、じっくり脚を溜めていたが、
かなりのスローペースで厳しい位置取り。
コーナーでのペースアップにややついていけず、
後手を踏む形になり直線も見せ場なく大敗。
展開が向かなかった点もあるが、
ペースの変化にも対応できなさそう。
一本調子のレースでないと難しいかもしれない。
ナイトオブナイツ評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
8着
中段からの競馬で流れに乗って走れていた。
3コーナー辺りから上がっていき、
直線で追い出しを開始するも伸びが見られず。
前残りの展開だったので、かわせないのは仕方ないが、
後続に差されてしまい、不甲斐ない結果に。
いつもよりポジションが前だったが、
ペース的には問題無いはず。
年齢的な衰えが出てきているのかもしれない。
ニシノデイジー評価B
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
18着
スタートはマズマズで、行き脚がついて好位の外目を追走。
ちょっと行きたがりすぎた感じはあるが、
久々積極的な競馬ができていた。
終わってみればシンガリ負けではあるが、
直線入ってすぐ一杯になっており、距離が長すぎた印象。
展開も厳しかったので、着順は度外視でも。
内容自体は着順ほど悪くなかったので、
距離短縮でそろそろ走ってきそうな感じはある。
バイオスパーク評価B
20/5/16
京都芝1800m
都大路S(L)
2着
スタート良く、好位の内目を追走。
逃げ馬を見ながらいいリズムで運べていた。
直線では一瞬先頭に立つも、差し返されて惜しい2着。
敗れたものの最後までしっかり走れており、
初めてだった重馬場を問題無かった点は評価できる。
レースセンスも高そうなので、
このレベルでも十分通用しそうな感じ。
プレシャスブルー評価B
20/5/10
新潟芝2000m
新潟大賞典(G3)
3着
中段やや後方に構え、直線大外に出して、
上がり最速の脚で良く追い込んでの3着。
開幕週の馬場を考慮すれば、
外から良く追い込んできたと思う。
良馬場で力を最大限発揮できたのかもしれないが、
いまいち狙いどころがわからないタイプの馬。
今回の結果はあまり評価しすぎない方が良さそう。
ベストアプローチ評価B
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
6着
2年ぶりのレースで後方から進める。
スローで追走は問題無かったが、
厳しい位置取り。
コーナーで外から上がっていき、
良く伸びてきていたが最後は息が上がってしまい、
上位には食い込めず。
それでも久々ということを考えれば上々の内容。
一度叩かれて息が持つようになれば、
これぐらいの相手なら十分通用するはず。
マイネルファンロン評価C
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
12着
スタート直後に両隣の馬に挟まれ、
後手を踏む厳しい立ち上がり。
中段ぐらいまで上がっていくが、
不良馬場の割にペースも速く、展開も厳しかった。
直線でも外に出して追い出すこの馬らしからぬ競馬。
全くいいところが出せていなかった。
鞍上は丹内騎手の方が合っていそうな感じ。
普通に走れれば、
OPレベルなら通用するだけの力はありそう。
ミスマンマミーア評価C
20/6/14
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
9着
この距離はやはり短かったようで最後方からの競馬。
流れに乗れず、やや追走に苦労していた。
3コーナーから押していくも、なかなか位置を上げていけず、
直線も切れ味は見せていたが、流れも悪かった。
もっと長い距離の方が競馬はしやすそうな感じ。
2400mぐらいは欲しいので、
牝馬限定戦はあまり良くないかもしれない。
ランフォザローゼス評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
15着
半年ぶりのレースで馬体を大きく増やしており、
初めての1400m戦。
条件が全くかみ合っていないような感じだったが、
流れにはマズマズ乗って走れていた。
直線はついていけなくなってしまったが、
度外視でも良さそう。
中距離に戻ればもっとやれるはずだが、
本調子には戻っていないような感じで、
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
レイエンダ評価C
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
10着
全体的に行き脚がイマイチ。
折り合いは問題無かったが、直線もあまり伸びてこず、
先行集団から離されてしまい、完敗の内容。
重馬場はあまり得意な感じは見られなかった。
良馬場の方が良さそうで、枠も内目がいいかも。
条件が噛み合えば、まだまだやれるはず。
レイホーロマンス評価C
20/6/14
阪神芝2000m
マーメイドS(G3)
13着
大外枠からのスタートで中段外目につける。
内の馬場がまだいいので、単純に距離ロスの多い競馬に。
それでも流れに乗って走れていたが、直線で失速。
流れに乗せる競馬はあまり向いていないような感じ。
後方からの決め打ちの方が一発の可能性はありそう。
レッドサイオン評価C
20/7/5
函館芝1800m
巴賞(OP)
7着
中段内目につけ、距離ロス無く流れに乗って運べていた。
道中の雰囲気は良かったが、
コーナーのペースアップでやや置かれてしまい、
直線はなだれ込むだけになってしまっていた。
休み明けで馬体を大きく増やしており、
本調子で無かったのかもしれない。
叩いてからの方が上積みが見込めるので、
次走の巻き返しには注意しておきたい。

前走良かった馬は無し。
トーラスジェミニが前走勝利していますが、展開の助けもあってのもの。
今回も展開次第になりそうです。
逆に展開が合わずに負けてしまっているような馬も多数。
展開次第で多くの馬にチャンスがありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

函館2歳ステークス 出走馬前走診断

前走診断
07 /16 2020
7/18(土)に函館競馬場で行われる函館2歳ステークス(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

カイザーノヴァ評価B
20/7/11
函館芝1200m
2歳新馬
1着
終始頭の高い走りで、やや折り合い面に難がありそう。
道中は後方から進め、4コーナーで強引に馬の間に割り、
外の馬を弾き飛ばして直線追い出し。
良くない騎乗ではあったが、直線鋭く伸びて勝利。
距離はここが限界そうな感じで、
気性面の成長が欲しいところ。
グレイトミッション評価B
20/6/7
東京芝1400m
2歳新馬
1着
少しフワッとしたスタートで中段馬群の後ろにつける。
行き脚は悪くなく、4コーナーでは外から捲っていき、
先行集団に並びかける。
直線脚色が鈍ることなく、
最後までしっかり伸びて差し切り勝ち。
切れる感じでは無いが、長くいい脚を使え、
今後に期待できる内容。
ディープエコロジー評価B
20/6/28
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートが速く、外枠から果敢にハナを切っていく。
道中のペースはやや速く、
2,3番手にピッタリついてこられたが、
落ち着いて走れていた。
直線は多少脚色が鈍ったものの、後続を凌ぎきって勝利。
時計は平凡だが、先行力は高そうな感じ。
展開利があれば上のクラスでもやれそう。
ニシノエルサ評価C
20/6/28
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタート良く好位追走。
いい手ごたえで3コーナーで前に並びかけていくが、
コーナリングでの加速が微妙で前から離されてしまう。
直線で盛り返してジワジワと伸びて差し切ったが、
レースレベルがそれほど高くなかったかもしれない。
クラスが上がっていきなり通用する感じは無く、
多少慣れが必要かもしれない。
フォドラ評価B
20/6/27
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートが速く、スムーズにハナを奪って逃げる。
減量騎手で他馬に比べて3kg減で、
行き脚の違いを見せていた。
直線に入ってもスピードが落ちることなく、
後続を寄せ付けずに完勝。
軽斤量でスピードが活きた感じはあるが、
タイムは優秀なので、通常の斤量でも同程度走れれば、
クラスが上がっても期待できる。
フォルセティ評価C
20/6/27
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートでやや出遅れてしまったが、
積極的に追い出していき、内枠を活かして先頭へ。
それほど周りの馬も速くなく、
スンナリと前に立つことができていた。
直線は抜け出して独走のような形で完勝だったが、
他馬が勝手に潰れたような感じで、
レベルが低いように見える。
勝ち馬同士の対戦になるとまだまだ力が足りないかも。
ホーキーポーキー評価C
20/7/4
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートダッシュが決まり、先頭へ。
そのまま道中はマイペースで運べていた。
直線は2着馬にかなり詰められてしまったが、
この馬自身も止まっておらず逃げ切り勝ち。
牝馬限定戦でレースレベルはあまり高くは無さそう。
次走いきなりは厳しいかもしれない。
モンファボリ評価A
20/6/20
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スピードの違いで楽に先頭に立つ。
道中も落ち着いて折り合いをつけて走りながらも、
かなりのスピードを見せていた。
直線に入ってからもスピードが落ちることなく、
後続を突き放してレコード勝ち。
タイム的にも優秀で、現状は一枚抜けた強さに見える。
ラジアントエンティ評価C
20/6/30
門別ダ1200m
栄冠賞
6着
マズマズのスタートを決め、好位追走。
3コーナー辺りから仕掛けていき、
前に並びに行こうとするが、直線で伸びきれず、
逆に離されてしまっていた。
地方馬同士で負けてしまうようでは中央馬相手は難しい。
ラヴケリー評価B
20/6/13
函館芝1200m
2歳新馬
1着
スタートは平凡だったが、ダッシュを利かせて先頭へ。
最内枠だったこともあり、スムーズにハナを切れた。
道中の行きっぷりも良く、やや離し気味に独走。
直線も後続をそのまま寄せ付けずに完勝。
揉まれてどうかの部分はあるが、
いいスピードを見せていた。
これだけ走れていれば、次走も期待できそう。
リキサントライ評価C
20/7/11
函館芝1200m
2歳未勝利
1着
スタートはそれほど速くなかったが、押していき、
先行集団へ。
前が4頭並走する形になったが、
最内枠を活かしてコーナリングで先頭に立つ。
外を回した先行馬が苦しくなる中、
後ろの馬が伸びてきたが、距離ロス無く運べた分、
粘り通して勝利。
枠の有利が活きた感じで外枠だったら厳しかったかも。
2着馬の方が走りが良く、1勝馬クラスでは苦戦しそう。
リメス評価C
20/6/14
函館芝1200m
2歳新馬
1着
外枠だったがスタートを決めて先頭に立ち、内に入れる。
道中は行きっぷり良く走れていたが、
直線に入ると少しヨレるような感じで走っていた。
最後は2着馬にかなり詰められてしまったが、
何とか残せて勝利。
まだ地力はそれほど無いように見える。
これからどれだけ成長してくるかに注目。
リンゴアメ評価B
20/6/13
函館芝1000m
2歳新馬
1着
スタートは悪くなかったが、隣の馬を先に行かせて、
好位の内目を追走。
道中はマズマズ落ち着いて走れており、
直線で力強く抜け出したが、
ゴール手前で大きく外にヨレてしまっていた。
周りに馬がいなかったので大ごとにはならなかったが、
気性面には不安が残る。
多頭数や馬群に揉まれるような競馬は不向きかもしれない。
ルーチェドーロ評価A
20/6/27
函館ダ1000m
2歳新馬
1着
スタートダッシュを利かせてスムーズに先頭へ。
不良馬場をスピードの違いで後続を離しての逃げ。
直線に入ると独走態勢になり、鞭を入れることも無く、
余裕を残して完勝。
脚抜きの良い馬場が良かったかもしれない。
まだ底を見せていないので、次走も期待したい。
レディステディゴー評価B
20/6/20
阪神ダ1200m
2歳新馬
1着
スタートダッシュを利かせて先手を主張していくが、
内の馬も速く、先行集団の外目を回らされる羽目に。
コーナーで外を回り、不利な流れだったが、
直線での叩き合いを制して勝利。
勝負根性があり、内容のあるレースができていた。
楽な流れでの勝利では無いので、
上のクラスに上がっても大崩れの心配は無さそう。

前走良かった馬はモンファボリとルーチェドーロ。
モンファボリはスピードがかなりある感じで、この時期の2歳馬としては一枚上の力がありそうです。
これからの成長度合いはわかりませんが、現時点での完成度は高いように見えます。
ルーチェドーロは新馬戦がダートの1000mなので、芝に行ってどうかはありますが、
新馬戦では余力を残しての勝利で能力は高そうです。
前走ダート馬の成績はパッとしないので、評価しすぎるのは危険かもしれませんが、
人気次第では抑えても良さそうな一頭です。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%