2020年07月17日 - 競馬鹿の重賞レース予想

函館2歳ステークス 予想と買い目

予想印&買い目
07 /17 2020
7/18(土)に函館競馬場で行われる函館2歳ステークス(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
 
1
1
リキサントライ2池添謙一54(栗)池添兼雄
勝利した前走と同じ最内枠はプラス。
ただ、前走ハナを切った馬が多数で、
ハイペース濃厚のメンバー構成。
そこまでスタートは速くないので、
最内枠とはいえハナを切れない可能性も。
メンバー最多の3戦経験しているが、
あまり時計を詰めれてはおらず、
能力的に厳しいかもしれない。
2
2
ホーキーポーキー2杉原誠人54(美)武市康男
新馬戦でモンファボリに完敗で、
2走目は楽な展開での逃げ切り勝ち。
函館で2連対中とはいえ、そこまでの能力は感じない。
また、調教の動きもそれほど良く見えず、
現時点での見劣り感は否めない。
2
3
ラヴケリー2団野大成54(栗)高柳大輔
前走は新馬戦にしては優秀なタイムで勝利。
開幕週の馬場で枠も良く、楽な展開だったが、
完勝の内容で底を見せていない魅力はある。
調教の動きも良く、成長を感じさせる走りを見せていた。
馬格が無いのが気になるが、抑えておきたい一頭。
3
4
リメス2松田大作54(栗)松永幹夫
新馬戦ではなんとか勝利もヨレる面を見せており、
最終追い切りでもその癖は治っていない模様。
既走馬同士の対戦になると、
真っ直ぐ走れない点は不利に映る。
まだまだ成長途上といった感じなので、
ここは見送った方が良さそう。
3
5
ラジアントエンティ2阿部龍54[地]角川秀樹
馬格がある点は評価できるが、
地方のダート戦で敗れるレベルでここで通用するかは疑問。
このレースでの近年の地方馬の成績も芳しくなく、
これまでの馬以上の能力があるようにも見えない。
それほど芝適性も高そうにないので、見送りが妥当。
4
6
カイザーノヴァ2坂井瑠星54(栗)矢作芳人
新馬戦では不利な外枠から差し切り勝ち。
他の馬にぶつかっても気持ちの切れることも無く、
時計以上に強い内容だった。
ただ、まだ走りが未熟な感じで、今回は連闘。
前走程度の走りはできそうだが、
勝ち馬同士の対戦でどこまでやれるか。
4
7
ニシノエルサ2勝浦正樹54(美)中野栄治
前走のレース内容からはまだクラス慣れが必要な感じはあるが、
調教ではしっかり動けており、中2週でも成長を感じる。
前走逃げた馬が多い中、控えることができている点も魅力。
成長分を加味して考えれば、人気以上の走りは期待できそう。
5
8
フォドラ2亀田温心54(栗)牧浦充徳
新馬戦は完勝の内容ながらも、減量騎手の3kgの恩恵も大きく、
通常斤量でどこまでやれるか。
馬格の無い牝馬なので、
斤量が増えることで全く走らない可能性も見ておきたい。
ただ、状態面は悪くなさそうなので、
揉まれずに先手を取れれば多少は。
5
9
ディープエコロジー2菱田裕二54(美)宮田敬介
前走は外枠から果敢にハナを奪い切って粘り勝ち。
テンのスピードはあるので、今回も先手を取りに来そう。
ただ、時計勝負はまだ厳しそうな感じで、
速い流れだと途中でついていけなくなるかもしれない。
時計がかかる馬場ならチャンスはありそうだが。
6
10
レディステディゴー2岩田康誠54(栗)浅見秀一
新馬戦のレース内容は良かったが、ダートでのもの。
芝で同様の走りができるかは微妙。
前走ダート組の好走率が低いレースなので、
過度の期待は禁物。
穴馬としてなら狙っても良さそうだが、
芝のスピードについていけない可能性も見ておきたい。
6
11
グレイトミッション2野中悠太54(美)菊川正達
新馬戦は東京コースで左回りでの勝利になるが、
調教の走りを見る限り右回りは問題無さそう。
新馬戦勝ちにありがちな逃げ切り勝ちでは無く、
差し切って勝利している点も評価できる。
1200mのペースについていけるかどうかはあるが、
流れに乗って走れれば面白そう。
7
12
ルーチェドーロ2横山武史54(美)高橋裕
新馬戦はダートの1000m戦だがかなり強い勝ちっぷり。
芝替わりでどうかはあるが、かなりの能力は感じる。
前走ダート馬の成績はあまり良くないが、
ここまでの勝ちっぷりから参戦してくる馬はおらず、
ダートを使ってきたという理由だけで、
評価を落とすのは危険かもしれない。
未知の部分が大きいので人気次第で狙うか判断したい。
7
13
リンゴアメ2丹内祐次54(美)菊川正達
新馬勝ちしているが、ゴール手前でかなりヨレており、
調教でもそのような素振りを見せていた。
まだ子供っぽさが残っている印象で、
距離が延びてやや不安が残る。
もう少しレース慣れしてからの方がいいかもしれない。
8
14
フォルセティ2大野拓弥54(美)田中博康
前走未勝利を逃げて勝っているが、
周りのレベルもそれほど高くなく、
そこまで評価するべきかどうか。
また、テンのスピードがそこまで速くないので、
大外枠に入ってしまった点は大きくマイナス。
ただ、調教はしっかりと動けており、
成長は感じられるのですぐに内に入れることが叶えば、
多少はやれるかもしれない。
8
15
モンファボリ2武豊54(栗)須貝尚介
前走は圧倒的なスピードの違いで外枠ながらハナに立ち、
そのまま後続を寄せ付けずに圧勝。
調教の動きも良く、デキは前走以上と見て良さそう。
不利な大外枠に入ってしまった点は気になるが、
出遅れなければアッサリ先手を取って押し切る可能性も。
先手を取れず脆さを見せるかもしれないが、
レベルの違いで圧勝してもおかしくない。

重賞ですが、1戦しかしていない馬が多く、レースレベル的には普通の1勝馬クラス。
過去の勝ち馬は早熟馬が多いので、仕上りの早い馬を見つけ出したいレースです。
本命は⑮モンファボリ。
枠的には最悪ですが、前走も外目の枠から圧勝しており、この馬のスピードならそこまで不利では無いと思います。
速い流れになってしまっても押し切れるだけの強さはありそうです。
人気は確実ですが、逆らわずに行きたいです。
対抗は③ラヴケリー。
新馬戦の内容が優秀で、同程度走れれば十分勝負になると見ています。
新馬戦より斤量が1kg増えますが、問題無く克服できると思います。
単穴は⑫ルーチェドーロ。
ダートの1000mの勝ち馬なので、危険な人気馬の可能性はありますが、かなり強い勝ちっぷりを見せていました。
芝も全くダメといった感じでは無いので、力を出せれば十分好走できそうです。
抑えは⑪グレイトミッション。

買い目
馬連  ⑮-③⑪⑫

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

函館2歳ステークス 出走馬調教診断

調教診断
07 /17 2020
7/18(土)に函館競馬場で行われる函館2歳ステークス(G3)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

カイザーノヴァ評価B
7/16(木)
函館W 良
キャンター調整
    
連闘のため、キャンター調整。
脚は高く上がっており、疲労感は感じさせない。
前走程度のデキはキープできていそう。
グレイトミッション評価B
7/15(水)
函館芝 良
4F3F1F
53.039.612.6
馬ナリで軽めの調整。
右回りも特に問題無く走れている。
まだ脚捌きに硬さは残るが、全体的な動きは悪くない。
力は出せそうなデキ。
ディープエコロジー評価B
7/15(水)
函館W 良
5F4F3F1F
69.353.240.113.5
併せ馬を内側から追いかけ、楽に突き放したが、時計は平凡。
首の使い方は悪くないが、前肢の出がもう一つ。
走りはまだこれからといった感じだが、状態自体は悪くなさそう。
ニシノエルサ評価B
7/15(水)
函館W 良
5F4F3F1F
68.954.239.813.0
併せ馬と並走させていたが、相手よりかなり行きっぷりが良く、
終始抑え気味の調教。
行き過ぎることも無く、抑えながらもしっかりとした走りを見せていた。
いい雰囲気でレースに臨めそう。
フォドラ評価B
7/15(水)
函館W 良
4F3F1F
55.640.913.2
併せ馬と並走し、外ラチ一杯を回る。
併せ馬に前に出られるところはあったが、しっかり互角に走れていた。
小柄で馬格がもう少し欲しいところではあるが、デキはマズマズ。
フォルセティ評価B
7/15(水)
函館芝 良
5F4F3F1F
69.252.538.211.7
3頭併せの真ん中を走らせる。
馬ナリながら行きっぷりは良く、相手を待つ余裕も見せていた。
最後は外の併せ馬にやや前に出られたが、終始落ち着いた走り。
レースに向けて順調な仕上がりと見て良さそう。
ホーキーポーキー評価C
7/15(水)
函館W 良
4F3F1F
57.041.412.9
馬ナリで外ラチ一杯を回したが、動きは平凡。
レース間隔が詰まっているので、意識的に軽めにしたのかもしれないが、
脚捌き自体が硬くて脚の出もイマイチ。
あまり上積みは見込め無さそう。
モンファボリ評価A
7/15(水)
函館芝 良
5F4F3F1F
67.751.637.811.6
併せ馬を外から追走。
馬ナリだったが楽な手ごたえで併せ馬をかわしていく。
自分からしっかり動けており、いい状態に持ってこれている。
かなり期待できそう。
ラジアントエンティ
映像無し
ラヴケリー評価A
7/15(水)
函館W 良
5F4F3F1F
69.652.939.312.9
併せ馬の外を回り、並走。
馬ナリから軽く仕掛けると、併せ馬を一気に突き放した。
追ってからの反応が速く、きれいな脚捌きを見せていた。
成長が感じられ、いい状態で出走できそう。
リキサントライ評価C
7/15(水)
函館W 良
キャンター調整
    
連闘のため、かなり軽い調教。
あまり元気が無さそうな感じで走っていたのが気になるところ。
レース間隔も詰まっており、ここで4戦目。
疲労が溜まっている可能性も見ておきたい。
リメス評価C
7/15(水)
函館芝 良
5F4F3F1F
65.850.237.111.8
3頭併せの後方で、前に壁を作って走らせ、直線で内からかわしたが、
かなりフラフラとした走りで、気性面に課題がありそう。
ラストも大きく左にヨレており、まだ危なっかしさを見せている。
もう少し経験を積んでいかないと厳しいかもしれない。
リンゴアメ評価C
7/15(水)
函館ダート やや重
4F3F1F
56.240.812.7
コーナリングから口向きの悪いところを見せ、
直線に入っても矯正しきれず、左にモタレて走っていた。
レース経験を積んでいけば解消されるかもしれないが、
今の時点ではすぐには治りそうにない感じ。
ルーチェドーロ評価B
7/15(水)
函館芝 良
5F4F3F1F
67.951.637.511.6
芝はそれほど問題無さそうな感じ。
ただ、併せ馬に直線の脚色で見劣ってしまっていたのは気になるところ。
基準ぐらいの動きはできているが、
ダートほどの強さは発揮できないかもしれない。
レディステディゴー評価B
7/15(水)
函館芝 良
5F4F3F1F
66.850.636.711.8
単走で走っていたが、
直線では前にいたルーチェドーロを追いかけるような形に。
内側を走り、ビッシリ追われていたがやや突き放されてしまった。
芝は問題無さそうだが、現状はまだ力が足りない感じ。

調教の動きが良かったのはモンファボリとラヴケリー。
モンファボリは馬ナリながらかなりスピードの乗った走りができていました。
レースでもスピードの違いが発揮されそうで、注目しておきたい一頭です。
ラヴケリーはスムーズな加速ができており、前走からかなり成長していそうな感じです。
控えても直線でいい末脚を使えそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

中京記念 出走馬前走診断

前走診断
07 /17 2020
7/19(日)に阪神競馬場で行われる中京記念(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

エントシャイデン評価B
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
1着
中段の内目を追走し、じっくり構える競馬。
淡々とした流れで前有利の展開だったが、
直線まで我慢させ、追い出してからは力強い走りで、
前を捕えて差し切り勝ち。
混戦を勝ち切ったのは評価できるが、
抜けた強さは感じないので、もう少し成長が欲しいところ。
ギルデッドミラー評価B
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイルC(G1)
3着
ペースが速くならず、
向こう正面ではややかかる素振りを見せていたが、
内に入れて前に壁を置き、折り合いをつけて走れていた。
牝馬へのあたりの良さが発揮できていたように思う。
直線も内の狭いところを良く割って伸びてきていた。
今の時点でこれだけ走れていれば上々の内容。
まだ成長途上なので、今後に期待が持てそう。
ケイアイノーテック評価B
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
5着
いつものように後方から。
じっと構える競馬と思いきや、
3コーナーからジワジワ動いていき、
勝ち馬と並走する形に。
先に動いて行った分、直線は甘くなってしまったが、
強敵相手に良く食らいついていけていた。
あと1ハロン短い方が最後まで脚が使えそうな感じ。
展開に左右される馬なので、なかなかチャンスは無いが、
嵌ればどんな相手でも期待できる。
ストーミーシー評価B
20/6/28
東京芝1400m
パラダイスS(L)
3着
好位追走も、不良馬場でかなり内が荒れており、
内を空けてかなり外を回して走っていた。
前がかなり飛ばしていったので、先行馬には厳しい流れで、
最後は決め手のある差し馬にかわされてしまった。
長い直線でロスも多かったため、苦しかったと思うが、
やはりワンパンチ不足の感はあり、
これぐらいが精一杯かもしれない。
ソーグリッタリング評価B
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
2着
スタートを決め、好位追走。
最内枠で馬場の悪いところを回っていたが、
重馬場で外も伸びない状態で、
距離ロス無く立ち回った鞍上の好判断が光った。
直線はジリジリとした感じで、勝ち馬には押し切られたが、
2着は確保。
馬場状態やコース不問で走れており、安定感は抜群だが、
もう一つパンチ力が無いのが惜しい。
G3ぐらいならいつ勝ってもおかしくないが、
一線級相手に勝ち負けまでは厳しいかもしれない。
ディメンシオン評価C
20/7/5
阪神芝1200m
CBC賞(G3)
11着
スタートから積極的に出していくが、
内の馬も速く、なかなかポジションを取れず。
コーナーまで先行争いをしてしまい、
かなり序盤に脚を使ってしまった。
そのせいか直線では脚が無くなってしまって失速。
短距離戦は微妙かもしれない。
マイルぐらいの方が競馬はしやすそう。
トロワゼトワル評価B
20/5/17
東京芝1600m
ヴィクトリアM(G1)
4着
セラピアの出走取り消しが大きかったように思う。
先手を主張すると内を走っていたメジェールスーが、
アッサリ引いてマイペースで運ぶことができていた。
直線も内の馬場がそれほど傷んでおらず、
最後までしぶとく走れていた。
暖かくなってきて、
状態面が良くなってきているように見える。
開幕週の馬場が得意なので、
夏のローカル初戦に出走するようなら注目したい。
ハッピーアワー評価C
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
12着
スタートのタイミングが合わず、最後方から。
どのみち後方から運ぶタイプなので、
それほど問題は無さそう。
道中はじっくり脚を溜めて、
コーナーで外を回して上がっていくが、
直線はそれほど伸びず、
上がりが速くない馬をかわした程度。
3歳秋から全く結果が出ておらず、早熟馬の可能性も。
当面は手を出さない方が無難かもしれない。
ブラックムーン評価C
20/4/26
京都芝1600m
マイラーズC(G2)
8着
スローで展開も向かず。
前が止まらない流れでは出番が無かった。
途中で動いていけず、直線だけの競馬ではやはり厳しい。
よほど嵌る展開にならない限り、
届かずに終わるケースが多くなりそう。
プリンスリターン評価C
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイルC(G1)
15着
スタートがイマイチで、
ポジションを積極的に取りに行ったが、
そこで折り合いを欠いてしまい、
抑えきれないぐらいかかってしまった。
かなり消耗が大きかったようで、
直線は何もできずに失速。
折り合いを欠いたことが敗因の大きな要因だと思うが、
左回りもあまり良くなさそうな感じ。
右回りで改めて見直したい。
ベステンダンク評価B
20/5/16
京都芝1800m
都大路S(L)
1着
好スタートを決め、2番手追走。
逃げ馬を見る形で道中はリズムよく運べていた。
直線に入って一瞬内の馬にすくわれてしまったが、
最後までジリジリ伸びて差し返して勝利。
切れるタイプでは無いが、粘り強い走りができていた。
もう8歳馬になるので、これ以上の走りは厳しそうだが、
京都コースは相性がいいので、
京都出走時に注意しておきたい。
ペプチドバンブー評価C
20/4/4
中山芝1600m
ダービー卿CT(G3)
13着
スタートは良かったが、
徐々にペースについていけなくなる。
オープン入り直後で重賞のハイペースは厳しかったかも。
クラス慣れがもう少し必要そうな感じ。
しばらくクラスの壁に阻まれるかもしれない。
ただ、重馬場巧者なので、雨が降った時は注意したい。
ミッキーブリランテ評価B
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
3着
スタート直後のポジション争いに敗れ、後方から。
あまりいい位置取りでは無かったが、
内目を距離ロス無く運べていた。
直線に入ってからもかなり厳しい位置取りだったが、
内を突いて鋭く伸びてきての3着確保。
慣れない後方からの競馬でいい決め手を見せていた。
本格化してきつつあるので、注目しておきたい。
メイケイダイハード評価C
20/5/30
東京ダ1400m
欅S(OP)
11着
新馬戦以来の久々のダート戦。
後方からになってしまったが、
砂を被っても問題無さそうで、適性は悪くなさそうな感じ。
ただ、直線で追い出してからの加速にかなり時間がかかり、
行き場を失ってしまっていた。
加速したころには大勢が決していて、
ダートはこなせるが、勝てるほどの力は無いかも。
芝の短いところの方がまだ可能性はありそう。
ラセット評価A
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
2着
あまりポジションを取りに行かず、後方からの競馬。
道中はやや前と離されたが、マイペースの走り。
直線でもまだ最後方近くでかなり厳しい位置取りだったが、
外に出さずに馬群の間を器用に縫って良く伸びて2着。
上がりも最速の脚を使えており、能力も高そう。
この出来なら重賞でも期待できる。
リバティハイツ評価C
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
12着
中段外目につけ、マズマズ流れに乗って追走。
いいリズムで走れており、
直線は外に持ち出して追い出したが、
末脚は物足りず。
前残りの展開でもあり、上位は厳しかったにせよ、
伸びてこなかった点は気になるところ。
調子を落としているのかもしれず、
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
レッドレグナント評価B
20/6/21
東京芝1400m
多摩川S(1600万)
1着
スタートを決めて、積極的に出していったが、
外枠だったこともあり、先手を取れず3番手で外目を追走。
外を回らされてしまったが、落ち着いたペースで、
流れは悪くなかった。
直線半ばで先頭に立ち、最後はかなり迫られたが、
なんとか押し切っての勝利。
ラストがかなりきつそうだったので、
もっと距離は短い方がいいかもしれない。
1200m戦に出てきたときは注目してみたい。
ロードクエスト評価B
20/5/31
京都芝1400m
安土城S(L)
5着
後方からの競馬で、すぐに内に入れて距離ロス無く運ぶ。
道中はリズムよく走れており、いい雰囲気を見せていた。
直線に入って馬群の間から伸びてきていたが、
最後に前が壁になってスムーズさを欠いてしまった。
上手く前が開いていれば、
もう少し着順は上がっていたかも。
松若騎手との相性が良さそうな感じなので、
高齢にはなるが、展開次第では注意しておきたい。

前走良かった馬はラセット。
前走敗れはしたものの、最後方から直線だけで2着まで上がってきた末脚は驚異的だと思います。
操縦性も高そうな感じで、馬群の中を突いて伸びてきた器用さは重賞でも通用しそうです。
末脚も毎回しっかりしており、期待してみたい一頭です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%