2020年08月11日 - 競馬鹿の重賞レース予想

関屋記念 過去5年データ分析

過去データ分析
08 /11 2020
8/16(日)に新潟競馬場で行われる関屋記念(G3)の過去5年データ分析になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3歳1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%82170
4歳1- 1- 0-11/137.70%15.40%15.40%4645
5歳2- 3- 4-24/336.10%15.20%27.30%5077
6歳1- 1- 0-16/185.60%11.10%11.10%2123
7歳0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
8歳0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
かなり速い時計になりやすく、高齢馬には厳しいレース。
7歳馬以上は多少割引したい。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
51kg1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%410180
53kg0- 0- 1- 3/ 40.00%0.00%25.00%0167
54kg0- 2- 2-14/180.00%11.10%22.20%052
55kg0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
56kg2- 2- 1-33/385.30%10.50%13.20%2636
57kg2- 1- 1- 9/1315.40%23.10%30.80%12996
58kg0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
今年は3歳馬の登録が無く、54kg~57kgまで。
牡馬の実績馬は悪くないが、牝馬の実績馬は苦戦傾向。
今年はプリモシーンが56kgでの出走予定で、重い斤量を克服できるかがカギ。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
420~439kg0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
440~459kg0- 1- 0- 7/ 80.00%12.50%12.50%035
460~479kg0- 1- 1-13/150.00%6.70%13.30%028
480~499kg2- 2- 1-22/277.40%14.80%18.50%3247
500~519kg0- 0- 1-12/130.00%0.00%7.70%017
520~539kg2- 1- 1- 6/1020.00%30.00%40.00%182136
540~1- 0- 1- 0/ 250.00%50.00%100.00%190420
長い直線があり、器用さは不問。
牡馬の場合は馬格があるに越したことは無い。
牝馬はキレがあれば小柄な馬でも好走できる。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
2枠1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%11.10%13455
3枠0- 0- 2- 7/ 90.00%0.00%22.20%052
4枠0- 1- 1- 7/ 90.00%11.10%22.20%058
5枠0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%027
6枠0- 2- 0- 8/100.00%20.00%20.00%066
7枠2- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%71116
8枠2- 1- 0- 9/1216.70%25.00%25.00%9060
開催が進み、内が荒れてきているせいか外枠の成績が優秀。
7,8枠に入った馬には注目しておきたい。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 0- 1- 2/ 540.00%40.00%60.00%158104
2番人気1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%9442
3番人気1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%12288
4~6人気0- 4- 2- 9/150.00%26.70%40.00%0114
7~9人気1- 1- 1-12/156.70%13.30%20.00%80103
10~人気0- 0- 0-33/330.00%0.00%0.00%00
1番人気はマズマズも2,3番人気が不振気味。
堅い決着になることは少なく、上位人気馬と中穴の馬での決着が多い。
また、二桁人気馬の激走もほとんど見られず、人気薄は軽視したい。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3週1- 4- 1-22/283.60%17.90%21.40%1660
4週0- 0- 0- 0/ 00.00%0.00%0.00%00
5~ 9週2- 0- 2-21/258.00%8.00%16.00%7247
10~25週1- 1- 2-19/234.30%8.70%17.40%1760
半年以上1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%19085
中2週で好走している馬はいずれも中京記念からの馬。
5番人気以内に支持されていた馬は着順にかかわらず注目しておきたい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ2- 0- 1- 2/ 540.00%40.00%60.00%336188
先行0- 2- 3-11/160.00%12.50%31.30%0116
中団2- 1- 0-33/365.60%8.30%8.30%2818
後方1- 2- 1-17/214.80%14.30%19.00%1846
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位0- 2- 1- 2/ 50.00%40.00%60.00%0162
3F 2位2- 0- 0- 4/ 633.30%33.30%33.30%13158
3F 3位0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
3F ~5位0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%026
3F 6位~3- 2- 4-43/525.80%9.60%17.30%4457
直線が長いので、差し馬や追い込み馬の好走もあるが、
逃げ馬が押し切ってしまうことも。
スローペースで流れることもあり、脚を残した先行馬も侮れない。
後方から差してきた馬だけで決着することは稀で、
少なくとも1頭は先行馬も抑えておきたい。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着1- 1- 1- 6/ 911.10%22.20%33.30%6782
前走2着0- 1- 0- 7/ 80.00%12.50%12.50%045
前走3着0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%048
前走4着0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%052
前走5着2- 2- 1- 4/ 922.20%44.40%55.60%87142
前走6~9着1- 0- 2-19/224.50%4.50%13.60%2147
前走10着~1- 0- 0-19/205.00%5.00%5.00%6025
近年前走二桁着順から巻き返してきたのは、2017年のマルターズアポジーのみ。
基本的には大敗しているような馬の巻き返しは厳しい。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
未勝利0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1600万下1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%12288
OPEN特別0- 0- 0-14/140.00%0.00%0.00%00
G32- 5- 2-33/424.80%16.70%21.40%4066
G20- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
G12- 0- 2- 9/1315.40%15.40%30.80%6091
前走G1の好走馬の内、半分はNHKマイルを使ってきた3歳馬。
古馬は格の高いレースを使ってきた馬というだけで高い評価はやや危険。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1200m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1400m0- 0- 1- 7/ 80.00%0.00%12.50%028
1600m4- 4- 3-39/508.00%16.00%22.00%3762
1800m0- 0- 1-11/120.00%0.00%8.30%020
2000m1- 1- 0- 4/ 616.70%33.30%33.30%201143
前走障害0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
頭数も多いが、好走馬のほとんどが前走同距離を使ってきた馬。
基本的には同距離を使ってきた馬を重視するのがベター。

上がり32秒台の馬も出てくる高速決着のレースながら、逃げ馬の粘りこみも見られ、
単純に末脚だけでは決まらない多少捻りが必要なレースです。
展開で決め打ちするようなことは避けて、手広く予想する方がいいかもしれません。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

レパードステークス レース回顧

レース回顧
08 /11 2020
8/9(日)に新潟競馬場で行われたレパードステークス(G3)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
1
ケンシンコウ1.49.22-1-1-136.67
スタート良く2番手につけるが、行きっぷりがかなり良く、
抑え込まずにコーナーで先頭へ。
ハナに立つと落ち着いてリズムよく走れていた。
直線はまだフワフワした走りながらも、
後続を寄せ付けずに逃げ切って勝利。
子供っぽいところはまだ残っているが、
能力的にはマズマズといったところ。
気性面の成長があれば大きいレースでも期待できそう。
2
7
ミヤジコクオウ1.49.62 1/27-7-7-636.12
スタートから出鞭を入れてかなり押していったが中段まで。
かなりズブい馬だが、馬群の中で砂を被っても全く問題無く、
ダートでこそといった感じ。
3コーナー辺りからビシビシ追われていたが、
やはりズブく加速に時間はかかったものの、
最後までしっかり伸びてきており、
スタミナはかなりありそうな感じ。
今回は逃げ切りを許してしまったが、
タフな流れでも最後までしっかり伸びていた点は評価できる。
距離はもっと長くてもこなせそうな感じで、
2000m以上を使ってきたときは注目したい。
3
2
ブランクチェック1.49.73/46-5-4-436.45
スタートは悪くなく、好位追走。
内枠だったがペースが速く、
それほど揉まれることも無く走れていた。
4コーナーではかなり手応えよく前をかわして行けたが、
逃げた勝ち馬がかなり前を走っており、
しっかり伸びていたが逃げ切られる形になってしまった。
それでも牡馬相手にこれだけ走れていれば上々。
距離は少し長かったかもしれないが、
牝馬限定戦ならいい線行きそうな感じ。
4
4
デュードヴァン1.50.01 3/44-3-4-536.81
前走とはうって変わって好位追走できていたが、
向こう正面に入った辺りで口を割り、
やや折り合いを欠いてしまっていた。
そこで消耗してしまったせいか、
直線はスムーズに追い出しを開始できていたが、
外の馬にアッサリかわされてしまい、
もう一つ伸びきれずに終わってしまった。
入りが速い方が良さそうなので、この距離は少し長いかも。
能力は間違いないはずなので、マイル戦で見直したい。
5
13
ニュートンテソーロ1.50.63 1/211-12-13-1036.611
スタートは悪くなかったが、外枠で内に入れるため、
下がって後方の内目から追走。
道中はリズムよく運べ、直線も良く伸びてきていたが、
やや前残りのレースで内枠馬が上位独占する流れで、
展開的に厳しかったように見える。
内枠に入っていれば、馬券内もあったかもしれない。
馬体を大きく増やすことができており、
体調面には復調気配が見られるので、
馬体の維持ができるようなら近々チャンスがありそう。
6
5
ラブリーエンジェル1.50.73/49-9-8-837.014
先行馬群を見る形で中段から。
やはり馬群の中で揉まれる競馬を嫌っているように見える。
直線は外に持ち出していき、末脚を活かすというよりは、
馬込を避けているようなレースぶり。
消極的な感じでこのレベルだとここが精一杯といった感じ。
極端な競馬しかできず、不利な立ち回りをしている印象。
自己条件なら展開が嵌って一発はあるかもしれないが、
重賞レベルでは厳しく見える。
7
6
ラインベック1.50.81/23-3-3-237.93
スタートは無理せず3番手追走。
飛ばした前の2頭を見る形で進めていく。
先手は取らなかったが、
マズマズリズムよく運べていたように見える。
4コーナーで前に並びかけていくが、
時計が速く、直線で一杯になってしまい失速。
時計のかかるような馬場の方が良かったかもしれないが、
それほどダートで強い馬では無いように見える。
OPクラスぐらいまでは通用しそうだが、
それ以上の活躍ができるかは現状では微妙なところ。
8
3
タイガーインディ1.50.91/21-2-2-238.26
スタート良く先頭に立ったが、
最初のコーナーで最内枠の勝ち馬が引かずに、
道中は2番手から。
引っ張られるような感じでマイペースには持ち込めず。
4コーナーでは後続も並びかけてきて苦しくなってしまい、
直線で馬群に飲み込まれてしまった。
リズムよく運べていればこの距離でもやれそうな感じ。
今回は先手を取れずにリズムが崩れたようなので、
同型馬不在ならもっと粘れていたはず。
9
8
ダンツエリーゼ1.51.11 1/215-15-15-1436.812
ペースが速く、最後方からの競馬に。
追走にやや手間取っている感じで、
じっくり脚を溜めることはできず。
直線は外に持ち出しながら脚は使えていたが、
この馬には時計が速すぎたように見える。
パワー型なので、時計のかかるような馬場の方が得意そう。
今回は相手関係も厳しかったので、
良馬場で自己条件なら巻き返しも見込める。
10
11
フレイムウィングス1.51.52 1/29-9-8-837.89
ペースが速く、流れに乗れずに後方から。
道中も追走で精一杯といった感じで、
ついていくだけの形になってしまっていた。
直線も余力は残っておらず、なだれ込んだだけの競馬に。
この馬なりには走れていたが、
まだ重賞で好走できるだけの力は無さそうな感じ。
自己条件で力をつけてからの方が良さそう。
11
14
フリーフロー1.52.13 1/213-13-13-1138.113
速い流れで展開的には悪くは無かったが、
この馬にはペースが速すぎた印象。
まだ1勝馬クラスを勝ったばかりで、
ペースについていけていなかった。
道中脚を溜めて追走できずに、直線も伸びが見られず。
相手関係が厳しかったように見える。
もう少し楽な相手でないと展開以前に厳しい。
12
10
ライトウォーリア1.52.52 1/24-5-4-739.24
好位の外目につけることができたが、
前走のような行きっぷりは無く、やや追走に苦労する感じ。
3コーナー手前で前の馬についていけなくなり、
そのまま失速してしまった。
これまでの重い斤量を背負った時と同じような負け方。
54kg以下の時に比べると明らかにパフォーマンスが悪い。
軽斤量の時にだけ狙うのがいいかもしれない。
13
15
フェイバリット1.52.61/211-9-11-1338.715
この馬には時計が速すぎた感じで、追走で手いっぱい。
大外枠の発走で終始外を回っていたのも厳しかった。
ただ、重賞でやれるだけの力はまだ無さそうに見え、
自己条件もまだ時間がかかりそうな感じ。
今後も厳しいかもしれない。
14
12
バンクオブクラウズ1.52.91 3/47-7-8-1139.210
中段につけたものの、ペースが速く、
向こう正面で鞭が入るぐらい押っ付けっぱなし。
当然最後まで脚が持たずに失速してしまった。
もっと時計のかかる馬場でないと厳しそうな感じ。
今回はかなり厳しい流れで何もできなかったが、
自己条件ぐらいならもっとやれるはず。
15
9
メイショウダジン1.52.9クビ14-13-11-1439.08
ゲートの出が悪く、最後方からの競馬。
いつもゲートは良くないが、今回はさらに悪かった。
道中は多少行く気を見せていたものの、
4コーナー辺りで止めてしまったような感じで、
直線は全く走れていなかった。
気持ちが全く入っていなかったので、
今回は度外視でも良さそうだが、
ゲートの出が悪くなっているのは気になるところ。
ゲート難が解消されるまで様子を見た方が良さそう。

結果:不的中
本命の④デュードヴァンは4着でした。
状態面は悪くなかったと思うのですが、やや折り合いを欠いた面もあり、距離が少し長かったのかもしれません。
マイル戦に戻れば、結果は出してくれると思います。
上位に印をつけた馬が来てくれましたが、勝ち馬の①ケンシンコウは消してしまっていました。
今回は逃げる競馬でそのままレコードで押し切って勝利となかなか強い内容だったと思います。
前につけた馬に有利なレースなので、レースにあった走りができていました。
逃げる想定は全くしていませんでしたが、2走目に前に行く競馬をしており、
今回最内枠だったので思い切った競馬をしてくる可能性を考慮すべきだったのかもしれません。
ただ、気性面がまだ子供っぽいので買い目に入れるまでは流石にできなかったと思います。
このレースを的中させるのは自分には難しかったです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%