2020年10月 - 競馬鹿の重賞レース予想

菊花賞 予想と買い目

予想印&買い目
10 /25 2020
10/25(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ディアマンミノル3幸英明57(栗)本田優
条件戦レベルではあるものの、
京都コースは安定して走れている。
折り合い難があるようなタイプでも無いので、
長距離も問題無さそう。
京都でのコーナリングがかなり上手いので、
最内枠はこの馬にはピッタリ嵌るはず。
能力的には少し足り無さそうだが、
このコースなら3着ぐらいはあるかもしれない。
1
2
ガロアクリーク3川田将雅57(美)上原博之
長距離戦への出走が限りなく少ない産駒だけに、
距離適性には疑問が残る。
走り方からも長距離は向かなそうな走りで、
2000m前後が適性距離の可能性が高い。
調子自体は悪くなさそうだが、
積極的に狙いに行く必要は無さそう。
2
3
コントレイル3福永祐一57(栗)矢作芳人
2歳時は2400mはどうかと言われていた馬だけに、
距離への対応ができるかどうかがカギになりそう。
能力的にはここでは相手がいなさそうなので、
距離さえ持つようなら3冠の可能性は高い。
普通に走れば問題は無さそうだが、
競馬に絶対は無いだけに過剰人気気味な点がどうか。
2
4
マンオブスピリット3M.デム57(栗)斉藤崇史
京都コースに戻るのはプラスも、
前走やダービーでやや格付けが済んでしまったような感じ。
調教からもそれほど成長は感じられず、
得意コースでどこまでやれるか。
多少上がりがかかるようなレースになれば望みはあるが、
スローからの直線勝負は分が悪そう。
3
5
サトノインプレッサ3坂井瑠星57(栗)矢作芳人
前走は直線ほとんど追っていないので、着順は度外視でも。
ただゲート難はあまり良くなっていないようで、
一気の距離延長も気になるところ。
状態面は前走から上積みが見込めそうだが、
折り合い面に不安が残るので今回は軽視したい。
3
6
ヴェルトライゼンデ3池添謙一57(栗)池江泰寿
骨折明けだった前走に比べると、
状態面は格段に良くなって見える。
皐月賞こそ着外になっているが、
他のレースでは安定して走れており、
世代上位の力は持っているはず。
ただ、鞍上の池添騎手が菊花賞での好走が少なく、
15回騎乗して馬券になったのはオルフェーブルただ一頭。
人気薄の騎乗が多かったとはいえ、掲示板内まで広げても、
ブラストワンピースの4着があるぐらいで、
コース相性はかなり悪い。
馬は全く問題無いが、仕掛けるタイミングを誤る可能性も。
4
7
ダノングロワール3北村友一57(美)国枝栄
能力的にはまだ重賞では厳しいかもしれないが、
かなり長距離適性は高そう。
折り合い面にも不安はなく、
スタミナ勝負なら全く問題無く見える。
極端なスローペースにならずに、
スタミナが活きる展開になれば。
ここでは通用しないかもしれないが、
先々は長距離戦で活躍しそうなだけに、
先物買いで狙ってみてもいいかもしれない。
4
8
ディープボンド3和田竜二57(栗)大久保龍
前走は先行馬総崩れの中4着に粘っており、
地力の高さを感じさせる内容。
気性面も悪くないので、距離延長は問題無さそう。
上がり勝負では分が悪いが、多少タフな展開になれば、
早め抜け出しから粘りこみも期待できるかもしれない。
5
9
アリストテレス3ルメール57(栗)音無秀孝
前走見せた差し返した勝負根性は大したもの。
順調に力をつけてきているように見えるが、
一気の相手強化でどこまでやれるか。
2勝馬クラスを突破したばかりにもかかわらず、
かなり人気を集めている点は気になるところ。
伏兵馬としての魅力はあるものの、
上位人気になるほどの信頼性はまだ無さそうに見える。
人気が落ちないようなら嫌ってみても良さそう。
5
10
サトノフラッグ3戸崎圭太57(美)国枝栄
前走は勝ち馬に逃げ切られてしまったが、
夏を越して成長を感じさせるレース内容。
順調にここまで持ってこれているように見える。
上位の馬ともそれほど差は無さそうで、
注目の一頭ではあるものの、距離への適性はどうか。
2000mぐらいが一番競馬がしやすそうな感じで、
今回の距離は微妙かもしれない。
6
11
バビット3内田博幸57(栗)浜田多実
これまで逃げる競馬で結果を出してきているが、
調教では追いかける形で好内容の走りができており、
先手にこだわる必要は無さそう。
キメラヴェリテの出方次第では控える競馬になりそうだが、
鞍上の指示に従える馬なので2番手でも。
能力は低くは無いので、
後続が仕掛けるタイミングが遅れるようなことがあれば、
逃げ切りを許すような波乱もあるかもしれない。
6
12
レクセランス3松山弘平57(栗)池添学
春のクラシックでは結果が出せておらず、
G1だとまだ力不足の印象。
デビューから3連勝した馬だが、いずれも辛勝で、
このメンバーに入ると見劣り感が拭えない。
流れに乗った競馬もできなさそうな感じで、
後方のまま終わってしまう可能性が高い。
7
13
ロバートソンキー3伊藤工真57(美)林徹
神戸新聞杯で権利を取ったものの、かなりの格下馬。
切れる脚が使える馬だが、
今回の距離でも同様の脚が使えるかは微妙。
鞍上の重賞成績も前走の神戸新聞杯が初めての馬券内で、
それまで掲示板1回入ったのみ。
あまり過剰評価するのは危険かもしれない。
7
14
ヴァルコス3岩田康誠57(栗)友道康夫
三浦騎手が病気で急遽岩田(康)騎手へ乗り替わり。
京都コースということを考えれば、
この乗り替わりは悪くないかもしれない。
馬自身も距離は長ければ長いほど良さそうなタイプで、
今回の条件は嵌りそうな感じ。
調教の動きが今一つだった点は気になるが、
思い切った騎乗のある鞍上だけに不気味さはある。
7
15
ブラックホール3藤岡佑介57(美)相沢郁
調教で気の悪さを見せているだけに、
乗り替わり初戦でいきなりはどうか。
前走も決め手が不発に終わっており、
状態面にはやや不安が残る。
距離もこの距離が合うようには見えず、
チグハグな競馬で終わってしまうかもしれない。
8
16
ターキッシュパレス3富田暁57(栗)昆貢
あまり切れる脚が使えるタイプでは無いので、
馬場が渋ったりしない限り、このレベルでは厳しく見える。
基本的には重馬場のみで狙いたい馬。
枠にも恵まれなかった今回は軽視しても良さそう。
8
17
キメラヴェリテ3松若風馬57(栗)中竹和也
大外枠に入ってしまったが、おそらく逃げるのはこの馬。
大逃げを打つ可能性もありそうだが、
スタミナに不安があり、勝手に自滅する可能性が高い。
直線入口まで先頭キープできるかどうか。
8
18
ビターエンダー3津村明秀57(美)相沢郁
クラシックで結果が出ておらず、
夏を越してもあまり変化は感じられない。
距離が延びていい馬のようにも見えず、
距離ロスが大きくなりそうな大外枠もマイナス。
条件が全くかみ合っておらず、
この馬の本来の力も発揮できずに終わってしまいそう。

2週続けて3冠馬誕生なるか注目の一戦です。
ただ、先週同様相手候補は混戦模様。
今週も意外な馬の激走があるかもしれません。
本命は③コントレイル。
単勝1.1倍は過剰人気だと思います。
競馬に絶対は無いので、この人気なら嫌いたいところですが、
3冠馬の誕生が見たいので本命にします。負けたら仕方ないです。
対抗は①ディアマンミノル。
今回のメンバーで一番京都巧者だと思います。
下りのコーナー2回はこの馬にはアドバンテージになりそうな感じです。
能力は足りていないかもしれませんが、上手く運べれば上位進出は期待できそうです。
単穴は⑪バビット。
一発があるとすればこの馬が一番可能性がありそうです。
キメラヴェリテとの兼ね合いがどう出るかですが、後続がコントレイルを意識しすぎるようなことがあれば、
ノーマークで逃げ切りまであるかもしれません。
抑えは⑦ダノングロワール、⑧ディープボンド。

 
買い目
馬連  ③-①⑦⑧⑪
ワイド   ①-③
3連単  ③-①-⑦⑧⑪


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

富士ステークス 予想と買い目

予想印&買い目
10 /24 2020
10/24(土)に東京競馬場で行われる富士ステークス(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ブラックバゴ8笹川翼56[地]佐野謙二
地方レースでなんとか勝てるようなレベルでは、
ここに入ると格段に落ちるように見える。
もう8歳馬で上積みも見込めず、ここは見送りが妥当。
2
2
タイセイビジョン3石橋脩54(栗)西村真幸
前走のNHKマイルではスムーズな競馬ができなかったが、
能力の高さで良く粘りこんで走れていた。
能力は間違いなく高い馬。
ただ、今回は久々のレースになり、
調教の動きからもいかにも休み明けといった感じの動き。
ここを叩いてからの方が良くなりそうで、
今回人気するようなら切ってしまっても。
3
3
モズダディー5内田博幸56(栗)藤岡健一
前走の勝ち馬のスマイルカナとは2kg斤量差が縮まるが、
同型馬だけに結局厳しい展開になりそう。
左回りになるのは良さそうだが、
OP特別で太刀打ちできていない現状で重賞はどうか。
同型馬がマークされる立場でもあり、楽逃げは見込めず、
一緒にマークされて先に潰れる可能性が高い。
4
4
サトノアーサー6戸崎圭太56(栗)池江泰寿
パンパンの良馬場よりも多少渋った馬場の方が得意で、
前日の雨で馬場が乾ききらなければマッチしそうな感じ。
高速馬場にならなければ好走する可能性は高い。
調教で行きたがる素振りを見せていた点は気になるが、
折り合いがつくようなら連勝してもおかしくない。
5
5
ヴァンドギャルド4福永祐一56(栗)藤原英昭
決め手の鋭さはメンバーの中でも上位の存在。
休み明けでも動けており、流れに乗った競馬ができれば。
ゲート難のところがあるので、
スタートで後れを取ってしまう可能性はあるものの、
スムーズな走りができれば、最後に突っ込んでこれるはず。
5
6
レイエンダ5池添謙一56(美)藤沢和雄
ここ2戦大敗しているが、距離が長かった可能性も。
マイル戦になって本来の力が出せれば、
変わってきてもおかしくない。
かなり人気を落としているので、
狙いどころとしては悪くないかも。
信頼度は高くないものの、穴馬候補としてなら狙ってみても。
6
7
スマイルカナ3柴田大知52(美)高橋祥泰
東京コースでは結果が出ていないが、
オークスは距離が長すぎた感じなので度外視でも。
左回り自体には問題は無さそう。
前走から大きな変化は無く、調子は維持できていそうなので、
マイペースで運べれば粘りこんでも驚けない。
6
8
シーズンズギフト3横山典弘52(美)黒岩陽一
紫苑Sで結果を出しながらも秋華賞に出走しないあたり、
2000mの距離に多少不安がありそう。
マイル戦なら距離はベストに見える。
調教の動きも良く、走りもしっかりしてきた印象。
古馬相手で厳しくはなるが、52kgならチャンスはありそう。
7
9
ケイアイノーテック5津村明秀57(栗)平田修
3歳時から勝ち星こそ遠ざかっているが、
毎回最後は鋭く伸びてきており、
展開さえ嵌ればいつ勝ってもおかしくない。
今回も決め手に賭ける競馬にはなりそうだが、
頭数が少ないのでいつも以上に競馬はしやすいはず。
前が止まるような流れになれば直線一気が決まるかも。
7
10
ペルシアンナイト6大野拓弥57(栗)池江泰寿
富士Sは2年前と3年前はともに5着。
G2やG3では取りこぼしの多い馬だが、
惨敗は少なく、毎回安定して走れている。
今年はかなり調子が良さそうな感じで、
本番前に仕上がり具合は上々。
相手関係が楽なここなら好走してもおかしくない。
8
11
ラウダシオン3M.デム56(栗)斉藤崇史
休み明けでもマズマズ順調そうだが、調教はやや軽め。
賞金的には十分な馬だけにここは叩き台の可能性も。
マイルG1を勝利しているとはいえ、
本質はスプリンターに見え、距離が長い可能性も。
本調子ならこなせてもおかしくないが、
NHKマイル勝ち馬が苦戦するレースでもあり、
56kgを背負って古馬との対戦は厳しいかもしれない。
8
12
ワーケア3ルメール54(美)手塚貴久
前走の新潟記念での大敗で人気を落としているが、
かなり速い上がりを求められる高速馬場が合わなかった感じ。
そこまで敗戦を気にする必要は無さそう。
抜けた力は無いかもしれないが、
能力的にはそれほど劣ってもいないはず。
人気を落とした今回は狙い目かもしれない。

小頭数ですがやや混戦模様で、難解なレースかもしれません。
スマイルカナの逃げるペース次第で勝ち馬が変わりそうな感じです。
本命は④サトノアーサー。
気性面の難しいところはありますが、鞍上の継続騎乗で馬との呼吸は前走より良くなると思います。
能力的には引けも取っていませんし、この馬向きの多少渋った馬場になれば、チャンスは大きいと思います。
対抗は⑨ケイアイノーテック。
今回逃げそうなスマイルカナがそれほどペースを落として逃げるタイプではないだけに、展開が嵌る可能性はあると思います。
前が潰れるような展開になれば、この馬の直線一気が決まってもおかしくなさそうです。
単穴は⑤ヴァンドギャルド。
重賞勝ちこそ無いですが、いつ勝ってもおかしくないぐらいの能力はあると思います。
ゲートさえまともに出れば、突き抜けまであるかもしれません。
抑えは⑦スマイルカナ、⑧シーズンズギフト。

 
買い目
馬連  ④-⑤⑦⑧⑨


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

菊花賞 出走馬調教診断

調教診断
10 /23 2020
10/25(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アリストテレス評価B
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
82.867.552.538.312.1
2週続けてWコースでしっかり乗り込んできている。
動きに派手さはないものの、落ち着いた走りで気性面は悪くなさそう。
スタミナ面がどう出るかはわからないが、仕上がり具合はマズマズ。
ヴァルコス評価C
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
57.441.326.613.4
時計がかかる馬場だったことを考慮しても動きが重たい。
1週前はそれほど悪くなかったが、最終の動きは微妙に見える。
軽い馬場なら変わってくるかもしれないが、
直前の動きとしては評価できない。
ヴェルトライゼンデ評価A
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
84.467.051.837.411.7
併せた相手が最後にいい伸びを見せ、やや遅れをとってしまったが、
この馬自身もしっかり伸びており、状態面の心配は無さそう。
順調に仕上がっているように見え、期待できるデキ。
ガロアクリーク評価C
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
67.352.038.112.9
力強い足捌きで調子自体は悪くなさそうだが、
頭の高い走りで距離延長はどうか。
トビもあまり大きくなく、スタミナ面は気になるところ。
キメラヴェリテ評価C
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.538.224.912.5
2週続けて坂路調教。
スピード感はあるものの、スタミナ面の強化が見られない点はどうか。
今回も行くだけ行って尻つぼみになりそうな感じ。
コントレイル評価A
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.538.325.312.9
時計のかかる今週の坂路を馬ナリで外を回して52秒台はは大したもの。
1週前も軽く仕掛けて好反応を見せており、好調を維持できている。
よほどのアクシデントが無い限り、逆らう必要は無さそう。
サトノインプレッサ評価B
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
87.169.452.538.012.2
終い重点の調教内容で、ラストは重心の低い走りでいい伸びを見せていた。
間隔は詰まっているが、動きは悪くなく、調子は上がってきていそう。
距離やゲートなど不安点はあるものの、力は出せそうなデキ。
サトノフラッグ評価B
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
66.051.938.612.9
併せたアーモンドアイにはやや遅れたものの、
しっかり食らいついて走れており、迫力ある走りを見せていた。
キッチリ仕上がってきた印象で、距離が持つようなら。
ターキッシュパレス評価B
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
83.967.452.438.011.7
追ってからの反応がやや鈍いところがあるものの、
長くいい脚を使ってラストまでしっかり伸びて走れていた。
瞬発力勝負は分が悪そうだが、スタミナはマズマズありそうな感じ。
時計がかかる馬場なら一考しても良さそう。
ダノングロワール評価B
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
67.352.838.812.8
併せ馬と馬ナリで並走させ、やや余裕残しの調教。
輸送を考慮しての軽めに見えるが、
1週前にある程度仕上がっていそうなので問題無さそう。
今回の相手関係はどうかだが、出来としてはマズマズ。
ディアマンミノル評価A
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
83.166.451.738.412.3
走りのフォームが綺麗でトビも大きく、
長距離戦がピッタリ嵌りそうな走り。
間隔は詰まっているが、デキ落ちの心配は無さそう。
京都も得意なだけに侮れないかもしれない。
ディープボンド評価A
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.038.624.912.3
かなり内目を回していたので時計的には平凡も、
脚を高く上げて力強い走りを見せていた。
1週前も迫力ある走りを見せており、状態面は上々。
距離が延びても問題無さそうなだけに、注目しておきたい一頭。
バビット評価B
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
55.740.626.313.0
舌を出しながら走っていたが、集中力を欠くような素振りは無く、
最後まで真っ直ぐ走り切れていた。
順調にレースまで持ってこれそうな感じ。
同型馬がどうかはあるが、状態は悪くない。
ビターエンダー評価C
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
66.652.839.212.5
走りに力強さはあるものの、トビはあまり大きくなく、
3000mの距離への対応はどうか。
走りを見る限り2000m前後ぐらいがベストの馬に見える。
特に一変したような感じも無く、ここは厳しいかもしれない。
ブラックホール評価C
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
65.150.237.412.5
1週前に比べると大分動けるようにはなっているが、
まだ脚捌きが硬く、いい頃のデキには戻ってきていない印象。
展開次第では侮れないが、この出来だと差し損ねの可能性も。
マンオブスピリット評価B
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
89.071.555.341.112.7
馬ナリで軽めに流す程度の調教。
一週前にビッシリ追っているので状態はある程度仕上がっていそう。
走りのフォーム自体は悪くなかった。
ただ、1週前に併せ馬に遅れをとっており、
絶好調とまではいかず、この馬の能力でどこまでやれるか。
レクセランス評価B
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.339.725.712.5
仕掛けられて好反応を見せ、ラストは良い脚を使えていた。
一度使われたことでかなり状態面は良くなっていそう。
距離が延びてどうかはあるものの、前走以上には走れそう。
ロバートソンキー評価B
10/21(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
52.438.925.612.6
2週続けて坂路での調教。
1週前はいい伸び脚を見せていたが、
最終調教では直線で舌を出し、やや集中を欠いた走り。
末脚は良いものを持っているが、長距離はやや微妙に見える。

調教の動きが良かったのはヴェルトライゼンデ、コントレイル、ディアマンミノル、ディープボンド。
ヴェルトライゼンデは最後の1冠に向けて入念な調教ができているように見えました。
コントレイルを倒しに行く競馬が期待できそうです。
コントレイルは順調そのものといった感じ。
距離もタフな流れにはなりにくそうなので、十分こなせる範囲だと思います。
ディアマンミノルは間隔が詰まっていますが、状態はすこぶる良さそうです。
京都巧者でもあるので、注目しておきたい一頭です。
ディープボンドは1週前に抜群の動きを見せていました。
好調を維持して望めそうで、展開にも左右されずに走れそうな点も魅力です。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

富士ステークス 出走馬調教診断

調教診断
10 /23 2020
10/24(土)に東京競馬場で行われる富士ステークス(G2)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

ケイアイノーテック評価B
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.838.324.912.7
馬ナリで時計的には平凡も力強い足捌きで走れていた。
状態はマズマズといった感じに見える。
展開に左右されるタイプではあるが、嵌れば力は発揮できそう。
サトノアーサー評価B
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.338.525.412.9
きれいなトビで走れていたが、
鞍上が後ろに体重をかけてやや抑え気味の調教。
動き自体は悪くないが、気性面に難しさがあるかもしれない。
シーズンズギフト評価A
10/21(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
51.838.225.412.8
外ラチ沿いをスピード感ある走りで駆け抜けていた。
モタれるところも見せておらず、馬体の成長が感じられる。
レースでも同様の走りができれば古馬相手でも面白そう。
スマイルカナ評価B
10/21(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
69.453.839.412.3
やや行きたがる素振りは見せていたが、
制御できないほどではなく許容範囲。
逃げ馬だけに行きっぷりがいいのは悪くは無さそう。
大きな変化は見られないが、いつも通りの走りはできるはず。
タイセイビジョン評価C
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
54.138.625.413.0
一杯に追われたが、追ってからの反応がイマイチ。
脚の出もあまり良くなく、一度叩いてからの印象。
ここを使って次走の方が良くなってきそうな感じ。
ブラックバゴ
映像無し
ペルシアンナイト評価A
10/21(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.739.025.112.3
一杯に追われて最後まで良く伸びていた。
脚捌きが力強く、動きがパワフルで状態の良さを感じられる。
デキについては申し分無さそう。レースでも期待できる。
モズダディー評価C
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
83.466.051.037.612.4
シッカリと負荷をかけた調教をこなせてはいるものの、
終始頭の高い走りで、追ってからもイマイチ伸びきれていない感じ。
休み明けの影響かはわからないが、現状の走りでは重賞は厳しく見える。
ラウダシオン評価B
10/21(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
88.171.054.940.112.3
馬ナリで軽く流す感じの調教。
時計は遅かったが、軽やかな脚捌きで走りはマズマズ。
休み明けで少し軽すぎるような面は気になるが、動き自体は悪くない。
レイエンダ評価B
10/21(水)
美浦南芝 良
5F4F3F1F
68.952.438.212.0
軽やかな走りで手前替えもスムーズ。
動き自体は悪くなかった。
マイル戦に戻ってこれば変わってくるかもしれない。
ワーケア評価B
10/21(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
53.139.125.412.8
坂路をシッカリとした足取りで駆け抜けていた。
前走よりは良くなっていそうな感じも、
春から大きな成長はあまり感じられず。
古馬相手に圧倒できるほどの力は無いかもしれない。
ヴァンドギャルド評価A
10/21(水)
栗東CW 良
5F4F3F1F
64.650.337.312.0
併せ馬を後ろから追いかけ、軽く仕掛けて楽な手ごたえで突き放した。
休み明けでも動ける体勢には仕上がっていると見て良さそう。
決め手が活きる展開になればチャンス。

調教の動きが良かったのはシーズンズギフト、ペルシアンナイト、ヴァンドギャルド。
シーズンズギフトはレースで見せる折り合いの悪さやもたれる癖は全く見せていませんでした。
この調教通りにレースでも走れれば面白そうです。
ペルシアンナイトはいつもマイルCSに標準を合わせて調子を上げていますが、今年はすでに仕上がっていそうな感じです。
前哨戦では結果を残せていませんが、侮ってはいけないかもしれません。
ヴァンドギャルドは休み明けですが、順調に調子を上げてきているように見えます。
ある程度流れて末脚が活きる展開になればチャンスはありそうです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

菊花賞 出走馬前走診断

前走診断
10 /22 2020
10/25(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アリストテレス評価B
20/9/20
中京芝2200m
小牧特別(2勝)
1着
好位追走していたが、逃げた馬の脚色が悪く、
3コーナー手前で自然と先頭へ。
折り合い面は問題無かったが、早めに目標とされ、
直線入口で2着馬にかわされてしまったが、
そこからしぶとく脚を使い、ゴール手前で差し返して勝利。
突き放されてもおかしくない流れだっただけに、
勝負根性はかなりありそう。
上のクラスでも十分やれるだけの力はあるはず。
ヴァルコス評価B
20/9/21
中山芝2200m
セントライト(G2)
5着
直線は良く追い込んできていたが、
スローペースで位置取りが後ろ過ぎた。
3コーナー辺りから動いていければ良かったが、
反応が鈍く、直線に入るまでもたつき気味。
伸びてきたころには大勢が決してしまっていた。
スタミナはありそうなので、長距離向きに見える。
長距離戦に出走するようなら注目したい。
ヴェルトライゼンデ評価B
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
2着
大外枠のせいもあってか後方からの競馬。
向こう正面で内に入れてじっくり構えて進めていく。
いつもよりも後ろのポジションになってしまったが、
直線で外に持ち出すと鋭く伸びてきて2着は確保。
もう少し前で競馬をしたかったと思うが、
脚質が広がったことを考えると悪くない内容だった。
勝ち馬の陰に隠れているが、
この世代では一線級の力を持った馬。
叩いて次走はもっとよくなってきそうなので、
次走も無視はできない。
ガロアクリーク評価B
20/9/21
中山芝2200m
セントライト(G2)
3着
好位から競馬ができており、安定した走りは見せていたが、
直線は逃げた勝ち馬と同じ脚色になってしまい、
差を詰めることができず。
休み明けの分もありそうだが、
決め手に欠けるところは変わっていないような感じ。
距離ももう少し短い方が良さそうで、
2000m以下で見てみたい。
キメラヴェリテ評価C
20/10/3
中京ダ1900m
シリウスS(G3)
13着
外枠から先手を主張していくが、内の馬も速く、
ハナを切るまでに脚を使ってしまっていた。
先手を取ってからはペースを落ち着かせることができたが、
直線に入る頃には一杯になってしまい、
脚が上がってしまっていた。
この馬の競馬はできたが、
逃げてどこまでの競馬しかできなさそうな感じ。
展開に恵まれそうなら狙ってみてもいいかもしれない。
コントレイル評価A
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
1着
最内枠だったこともあり、
中段で馬群の中で包まれながらの追走。
密集した中でも落ち着いて折り合いはついて走れていた。
直線で前が開くと一瞬で先頭に立ち、
そのまま鞭も入れずに余裕の勝利。
着差以上に強い内容のレースをしていた。
瞬発力が一頭だけ別格。
トラブルが無ければ3冠の可能性はかなり高そう。
サトノインプレッサ評価C
20/10/11
東京芝1800m
毎日王冠(G2)
10着
スタートで立ち上がってしまい、大きく出遅れ。
懸念されていたゲート難は治っていなかった。
すぐに後方馬にりついて走れていたが、
ここまでスタートが悪いと厳しく見える。
また、直線は鞭を使っておらず、
そこまで強くは追っていなかった。
力を出し切ってはいなさそうなので、
着順は度外視しても良さそうだが、ゲート難は厳しい。
力はあるので重賞でも活躍できると思うが、
あまり人気になるようなら嫌ってみてもいいかもしれない。
サトノフラッグ評価B
20/9/21
中山芝2200m
セントライト(G2)
2着
中段から進み、4コーナーで捲り気味に上がっていき、
最後までしっかり伸びていたが、
バビットに逃げ切られてしまった。
ゆったりとした流れで前が楽な競馬になったのが痛かった。
それでも操縦性の高さは見せており、
この馬の力は十分発揮できた内容。
春から大きな成長が見られ、今後に期待できる。
ターキッシュパレス評価B
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
5着
中段外目につけて追走。
外枠発走で内に入れれず、終始外を回らされていたが、
スタミナ面での不安は無さそうな感じ。
直線で切れる脚は見られなかったが、
じりじりと最後までいい脚は使えていた。
末脚は平凡ではあるが、力は付けてきている印象。
不良馬場をそれほど苦にせず走れるので、
馬場が悪化するタイミングなら狙ってみる価値はある。
ダノングロワール評価B
20/9/26
中山芝2500m
九十九里特別(2勝)
1着
道中は馬群の中で落ち着いた走りを見せていた。
コーナーで仕掛けられると反応よく捲っていき、
直線も追われて最後までいい脚が使えていた。
気性面がかなり良さそうで、
折り合い面は全く心配無いはず。
瞬発力もあり、長距離戦ではどんな展開にも対応できそう。
ディアマンミノル評価B
20/10/10
京都芝2400m
高雄特別(2勝)
1着
後方から進めていたが、コーナーの下りで一気に加速し、
直線入口で先頭のすぐ後ろまでつけ、
アッサリ捕らえてリードを保って完勝。
下りの加速がかなり上手く、かなりの京都巧者。
他のコースはわからないが、
京都では抑えておいた方が良さそうなタイプ。
ディープボンド評価B
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
4着
スタートを決めて3番手からの競馬。
先行した2頭をマークする形で進めていく。
4コーナー辺りから早めに動いて押し切りを図ったが、
決め手のある馬にかわされてしまった。
ただ、前にいた2頭は直線で失速しており、
同じような位置で競馬をしながら、
4着に踏みとどまった辺りはかなり能力はありそう。
距離はもっと長くても問題無さそうなので、
菊花賞では前進があるかもしれない。
バビット評価B
20/9/21
中山芝2200m
セントライト(G2)
1着
積極的にスタートから出していき、いつも通りの逃げ。
絡まれることなく先手を取り、スローペースに持ち込み、
理想的な流れで運べていた。
3コーナー辺りからペースを上げていき、
最後まで脚色が鈍ることなく逃げ切り勝ち。
マイペースの逃げに持ち込んだ時はかなりしぶとい馬。
同型馬不在の時は注意しておきたい。
ビターエンダー評価C
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
11着
好位の内目を追走し、道中は折り合いも良く、
いい雰囲気で走れていたが、
4コーナー辺りで手応えが怪しくなり、
直線はバタバタの走りになってしまっていた。
特にペースも速すぎるわけでは無く、
左回りがダメな馬でも無いので、
案外距離の壁があるのかもしれない。
2000m以下の距離で見直してみたい。
ブラックホール評価C
20/8/23
札幌芝2000m
札幌記念(G2)
9着
中段につけ、流れに乗った競馬はできていたが、
コーナーから追い出していってもあまり反応は見せず。
直線も全く伸びることなく、馬群に沈んでしまった。
太目感は無かったので、
馬体は成長分と見て良さそうだが、
伸びなかった点は気になるところ。
休み明けの分かもしれないが、
胴が短く、マイル向きの体系にも見えるので、
距離が合わなくなってきているのかもしれない。
距離短縮で見直してみたい。
マンオブスピリット評価C
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
9着
スタートしてからの行き脚が全くつかず最後方からの競馬。
道中の行きっぷりも良くなく、
左回りが良くないのかもしれない。
3コーナーから仕掛けていったが、
かなり外を回らされてしまい、
直線はやや伸びを欠く結果に終わってしまった。
現状は左回りでは軽視しても良さそう。
京都コースを使うときに注目したい。
レクセランス評価B
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
7着
後方内目から進め、落ち着いた走りを見せていた。
位置取りは後ろになりすぎてしまったが、
直線は馬群の間を割って良く伸びてきており、
前が止まる展開ならもっと上位に食い込んでいたかも。
今回は結果が出なかったが、能力的には低くは無さそう。
大敗が続いているが、G3ぐらいなら十分通用するはず。
ロバートソンキー評価B
20/9/27
中京芝2200m
神戸新聞杯(G2)
3着
後方馬群の中でマズマズ落ち着いて走れていた。
距離ロスも無く運ぶことができ、ペースも悪くなかった。
位置取りが勝ち馬の後ろのポジションで、
直線は勝ち馬の流れに乗って良く追い込んできていた。
末脚は良いものを持っているが、
今回は鞍上のポジション取りが絶妙だったように見える。
菊花賞の権利は取れたものの、
距離延長が向いているようには見えず、
出走してきても軽視した方がいいかもしれない。

前走良かった馬はコントレイル。
包まれても落ち着いた走りで、一瞬前が開くと一気に突き抜けて余力を残しての勝利。
同世代では力が2枚ぐらい抜けていると思います。
今回は距離がどうかはありますが、能力だけでなんとかしてしまうかもしれません。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

富士ステークス 出走馬前走診断

前走診断
10 /22 2020
10/24(土)に東京競馬場で行われる富士ステークス(G2)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

ケイアイノーテック評価B
20/7/19
阪神芝1600m
中京記念(G3)
4着
スタートしてやや外に持ち出していき、
後方外目で勝ち馬の後ろのポジションにつける。
流れもマズマズ速く、展開的には良かったと思う。
3コーナーから勝ち馬の動きに合わせて上がっていくが、
直線ラスト100mほどでやや伸びを欠いてしまった。
直線まで脚を溜めて末脚を活かした方が良かったかも。
距離は現状は1400mがベストで、
マイルだと脚の使いどころが難しい印象。
サトノアーサー評価B
20/8/16
新潟芝1600m
関屋記念(G3)
1着
スタートで出遅れて最後方からの競馬になってしまったが、
直線の長い新潟だったのでそれほど不利にはならず。
じっくりと脚を溜めて、
直線は馬群の中からジリジリと伸びて差し切り勝ち。
上がり最速の脚は使っているが、
新潟マイルで33.7秒は重賞にしては平凡な数字。
多少上がりのかかる馬場がこの馬にマッチした感がある。
これぐらいの脚が限界のように見えるので、
馬場状況で取り捨てをハッキリさせていきたいタイプ。
シーズンズギフト評価B
20/9/12
中山芝2000m
紫苑S(G3)
3着
距離延長でも折り合いはマズマズついていた。
好位で流れに乗って走れていたが、
コーナーで後続が殺到してやや窮屈な形に。
最内から良く走れてはいたが、やや伸びを欠いており、
休み明けの分もあったかもしれない。
距離もこなせてはいたが、
もう少し短い方が嵌りそうな感じ。
スマイルカナ評価B
20/9/13
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
2着
大外枠から積極的に出していき、先手を取って逃げる。
外から行ったため、ややペースが速くなってしまい、
すぐにペースを落とすことができず。
それでも直線は粘り強く走れていた。
ハナを切ってこその馬なだけに、
やはり同型馬がいる時は厳しい展開になりがち。
今後も枠や同型馬の存在が大きく影響しそう。
タイセイビジョン評価B
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイルC(G1)
4着
スタートを決め、
内目の3番手と絶好のポジションにつけたが、
プリンスリターンにぶつけられ、かかってしまった。
途中でかかった分、
最後が伸びきれずに4着になってしまった。
自身のミスでは無いだけに、かなり不運なレース。
リズムよく走れていれば、
上位にも迫れていたかもしれない。
敗れたとはいえ評価は全く下げる必要は無く、
むしろ不利がありながら、
これだけ走れていることを評価していいと思う。
ブラックバゴ評価C
20/4/9
大井ダ1800m
エイプリル賞(OP)
7着
道中は勝ち馬と同じ位置で運べていたが、
直線で一気に突き放されてしまっていた。
ダートが全くダメといったことは無さそうだが、
この馬らしい決め手は見せることができず。
もう8歳馬で上積みは望めそうにもなく、
今後の活躍は厳しいかもしれない。
ペルシアンナイト評価B
20/8/23
札幌芝2000m
札幌記念(G2)
2着
勝ち馬をマークするような感じで、
後方からじっくり進める。
勝ち馬についていくように、4コーナーから動いていき、
直線は外に出していい脚を使って伸びてきていたが、
勝ち馬と同じような脚色でかわしきれず。
勝ち切れなかったものの、内容は悪くは無かった。
ただ、終始頭の高い走りになっているのが気がかり。
その辺りが改善されてこれば復活があるかもしれない。
モズダディー評価B
20/6/21
阪神芝1600m
米子S(L)
8着
先手を取ったものの、
3コーナー辺りで後続がかなり速く仕掛けてきて、
直線に入る前にかわされてしまい、
厳しいレースになってしまっていた。
それでも直線でバタバタにはなっておらず、
着順ほど悪い結果では無かった。
道中内にささるような仕草を何度か見せており、
右回りよりも左回りの方が良さそうな感じ。
もう少し楽な展開ならこのレベルでも問題無さそう。
ラウダシオン評価B
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイルC(G1)
1着
スタートを決めて、スムーズに内に入れて二番手追走。
それほど速い流れにならず、内の馬場も良かったので、
スタート直後の動きが大きかった。
道中はリズムよく走れていて、
直線はこの距離でも最後まで脚色が鈍らなかった。
今回はマイル戦をこなすことができたが、
ベストは1400mだと思う。
1400m戦では高い評価をしていきたい。
レイエンダ評価C
20/7/19
函館芝2000m
函館記念(G3)
11着
スタートで脚を滑らせたが、すぐにダッシュを利かせて、
好位の内目のポジションへ。
最内枠だったが外の馬に被せられることなく、
良い位置取りで運べていたが、ややペースが速め。
直線入口で一杯になってしまい、失速してしまった。
それでも4コーナーまでの雰囲気は良かったので、
少し距離が長かったのかもしれない。
ここ2戦人気を裏切っているが、どちらも人気過剰気味。
血統や鞍上で過剰に人気になっているが、
そこまで抜けた強さでは無いので、
上位人気の時は疑ってかかりたい。
ワーケア評価C
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
10着
スムーズに好位につけ、馬群の中でも落ち着いて、
流れに乗って走れていた。
直線もスムーズに前が開いたところに出すことができ、
理想的な形で競馬ができていたが、
直線上がり勝負では決め手の無いこの馬には厳しかった。
もう少しタフな馬場の方が合っていそうな感じ。
負けはしたもののレースセンスは悪くなく、
コースが合わなかっただけなので、度外視でも。
コース替わりで改めて期待したい。
ヴァンドギャルド評価B
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
10着
マズマズのスタートを決め、中段のポジションにつける。
やや行きたがる素振りは見せていたが、
なんとか我慢は利いていたように見える。
道中の走りは良かったが、
4コーナーで内にいたダノンキングリーにはじかれて、
位置取りを悪くしてしまったのが致命傷になってしまった。
直線は多少盛り返す程度に終わってしまった。
スンナリなら掲示板ぐらいはあった内容。
強い相手だったことを考えると悲観する必要は無さそう。
普通の重賞ならいつ勝ってもおかしくない。

前走特別良かった馬は見当たりませんが、注目しておきたい馬はシーズンズギフト。
紫苑S3着で秋華賞の出走権を確保しておきながらパスしてマイルのここに出走。
距離適性的にはこちらの方が合っているように思います。
52kgで出走できれば能力差も埋めれそうなので、
スマイルカナやモズダディーがある程度引っ張ってくれるような展開ならチャンスはありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

菊花賞 過去5年データ分析

過去データ分析
10 /21 2020
10/25(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)の過去5年データ分析になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
~399kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
400~419kg0- 0- 0- 0/ 00.00%0.00%0.00%00
420~439kg0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
440~459kg0- 1- 0-11/120.00%8.30%8.30%041
460~479kg0- 2- 2-19/230.00%8.70%17.40%090
480~499kg4- 1- 2-27/3411.80%14.70%20.60%8172
500~519kg0- 1- 1- 9/110.00%9.10%18.20%030
520~539kg1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%19152
460kg未満の馬は馬券に絡んでおらず、馬格はあった方が良さそうだが、
該当馬は人気薄ばかりでほとんどの馬が人気以上に走っている。
掲示板内の馬もチラホラいるので、
穴狙いで小柄な馬を狙うのはアリかもしれない。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 0- 0-10/100.00%0.00%0.00%00
2枠2- 1- 0- 7/1020.00%30.00%30.00%157127
3枠1- 0- 0- 9/1010.00%10.00%10.00%6518
4枠0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%060
5枠0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%016
6枠1- 2- 0- 7/1010.00%30.00%30.00%145112
7枠1- 1- 3-10/156.70%13.30%33.30%30150
8枠0- 0- 1-14/150.00%0.00%6.70%010
毎年フルゲートで行われ、枠による有利不利が大きく出そう。
6,7枠の成績は優秀も、8枠はかなり不振傾向。
また、最内枠や真ん中付近の枠も近年はサッパリ。
内を攻めるなら枠、外を攻めるなら6,7枠から入るのがいいかもしれない。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 0- 2- 1/ 540.00%40.00%80.00%136124
2番人気0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%066
3番人気1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%13036
4~6人気1- 0- 1-13/156.70%6.70%13.30%8953
7~9人気1- 2- 0-12/156.70%20.00%20.00%9689
10~人気0- 1- 2-42/450.00%2.20%6.70%055
全馬初めてのコースながら1番人気馬が優秀な成績。
2018年の1番人気のブラストワンピースは馬券外も4着に入っており、
1番人気馬を無視するのは危険かもしれない。
ただ、堅いレースになるとは限らず、人気薄馬も飛び込んでくるので、
相手候補は広く考えたい。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2週0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
3週0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
4週3- 2- 3-25/339.10%15.20%24.20%4047
5~ 9週1- 3- 2-36/422.40%9.50%14.30%3189
10~25週1- 0- 0- 5/ 616.70%16.70%16.70%24175
半年以上0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
神戸新聞杯かセントライト記念を使ってきている馬が主流。
それ以外のローテーションの馬は間隔は多少空いている馬が無難。
中2週以内のような間隔が詰まっている馬には長距離レースは厳しい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
先行0- 1- 3-17/210.00%4.80%19.00%0102
中団5- 4- 2-29/4012.50%22.50%27.50%10389
後方0- 0- 0-23/230.00%0.00%0.00%00
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位4- 2- 1- 3/1040.00%60.00%70.00%347231
3F 2位0- 2- 0- 2/ 40.00%50.00%50.00%0167
3F 3位1- 0- 1- 2/ 425.00%25.00%50.00%162322
3F ~5位0- 1- 3- 5/ 90.00%11.10%44.40%0164
3F 6位~0- 0- 0-63/630.00%0.00%0.00%00
スローペースで進むことが多いが、逃げ切りは困難。
行くしかない馬は割り引いて考えたい。
直線勝負になりやすく、上がりの速い馬がしっかり勝ち切ってくれるレース。
ただ、切れる脚は無くても長くいい脚を使える馬の粘りこみも。
バテないことが第一条件。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着2- 0- 3-24/296.90%6.90%17.20%5481
前走2着2- 3- 1- 6/1216.70%41.70%50.00%158125
前走3着1- 1- 0- 9/119.10%18.20%18.20%5961
前走4着0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
前走5着0- 0- 1- 7/ 80.00%0.00%12.50%053
前走6~9着0- 1- 0-16/170.00%5.90%5.90%045
前走10着~0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
前走馬券内に入った馬が基本。
2016年の3着馬エアスピネルは神戸新聞杯5着だったが、
皐月賞ダービー共に4着で神戸新聞杯で2番人気に支持されていた馬。
2017年の2着馬クリンチャーはセントライト記念9着から巻き返してきたが、
この馬も皐月賞で4着に入っていた。
クラシックで掲示板内の経験が無く、前走馬券外の馬は評価を落としたい。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
500万下0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
1000万下0- 0- 2-20/220.00%0.00%9.10%077
1600万下0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
OPEN特別0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
G31- 0- 0- 3/ 425.00%25.00%25.00%362112
G24- 5- 3-46/586.90%15.50%20.70%4661
トライアル組から組み立てるのが基本。
別路線組は来るとでかいが、抑え程度に留めておくのが良さそう。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1800m1- 0- 0- 3/ 425.00%25.00%25.00%362112
2000m0- 1- 0-13/140.00%7.10%7.10%035
2200m1- 2- 2-25/303.30%10.00%16.70%44108
2400m3- 2- 3-26/348.80%14.70%23.50%3945
2500m0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
2600m0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
神戸新聞杯組は毎年最低でも1頭は馬券に絡んでいて、無視はできない。
ただ、頭数は多く、回収率は低いので、別路線組の馬を絡める必要がある。

15年ぶりの無敗のクラシック3冠馬が誕生するか注目の一戦です。
1番人気馬が強いレースでもあり、3冠達成する確率はかなり高そうです。
ただ、相手については先週のオークス同様かなり混戦模様になりそうです。
登録馬29頭とかなり多くなっており、伏兵馬にも注意が必要かもしれません。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

富士ステークス 過去5年データ分析

過去データ分析
10 /21 2020
10/24(土)に東京競馬場で行われる富士ステークス(G2)の過去5年データ分析になります。
予想の参考にしてみて下さい。
※過去5年はG3での開催

<広告>

年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3歳1- 0- 0-17/185.60%5.60%5.60%5516
4歳3- 2- 1- 7/1323.10%38.50%46.20%11090
5歳1- 2- 4-16/234.30%13.00%30.40%1991
6歳0- 1- 0-18/190.00%5.30%5.30%010
7歳0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
以前は3歳馬の活躍が目立っていたが、近年は不振傾向。
6歳馬以上も不振ではあるが、こちらは上位人気馬が少なく仕方のない面も。
4,5歳馬を中心に考え、3歳馬は疑ってみた方がいいかもしれない。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
54kg1- 1- 2-11/156.70%13.30%26.70%6662
55kg0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
56kg2- 1- 0-35/385.30%7.90%7.90%2412
57kg2- 1- 2-10/1513.30%20.00%33.30%63108
58kg0- 2- 1- 3/ 60.00%33.30%50.00%0120
59kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
斤量を背負う馬はマズマズ好成績。
実績馬は素直に評価して良さそう。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
440~459kg0- 1- 2- 7/100.00%10.00%30.00%064
460~479kg3- 0- 0-14/1717.60%17.60%17.60%10938
480~499kg0- 3- 2-16/210.00%14.30%23.80%057
500~519kg1- 0- 0-16/175.90%5.90%5.90%269
520~539kg1- 1- 1- 9/128.30%16.70%25.00%4691
540~0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
馬格はそれほど気にしないで良さそう。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 0- 1- 7/ 80.00%0.00%12.50%031
2枠1- 0- 1- 7/ 911.10%11.10%22.20%11052
3枠1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%11.10%6221
4枠2- 1- 0- 6/ 922.20%33.30%33.30%9363
5枠0- 1- 0- 8/ 90.00%11.10%11.10%034
6枠0- 2- 0- 8/100.00%20.00%20.00%033
7枠0- 0- 3- 9/120.00%0.00%25.00%0104
8枠1- 1- 0-10/128.30%16.70%16.70%4033
偶数枠に比べて奇数枠の好走率がやや低い。
特に1枠は過去遡っても成績が悪く、割り引いて考えた方が良さそう。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気1- 1- 0- 3/ 520.00%40.00%40.00%7860
2番人気2- 0- 1- 2/ 540.00%40.00%60.00%186108
3番人気1- 2- 1- 1/ 520.00%60.00%80.00%112196
4~6人気1- 2- 2-10/156.70%20.00%33.30%6678
7~9人気0- 0- 0-15/150.00%0.00%0.00%00
10~人気0- 0- 1-32/330.00%0.00%3.00%023
1番人気の好走率はそれほど高くはないが、上位人気での決着が多く、
比較的平穏傾向のレース。
二桁人気馬の激走も無いことは無いが、
基本的には上位人気馬を中心に考えたい。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2週0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
3週0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
4週0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%093
5~ 9週2- 2- 1-20/258.00%16.00%20.00%3340
10~25週2- 3- 2-26/336.10%15.20%21.20%3142
半年以上1- 0- 1- 6/ 812.50%12.50%25.00%123133
マイルCSの前哨戦になるレースだけに、間隔が詰まっている馬よりは、
ローテーションをシッカリ組んで出走している馬の好走率が高い。
あまり間隔が開きすぎている馬は危険かもしれないが、
半年程度なら問題無し。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
先行3- 0- 2-11/1618.80%18.80%31.30%8761
中団1- 2- 2-30/352.90%8.60%14.30%1330
後方1- 3- 1-17/224.50%18.20%22.70%4577
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位1- 2- 1- 1/ 520.00%60.00%80.00%198316
3F 2位1- 2- 0- 2/ 520.00%60.00%60.00%96106
3F 3位1- 1- 0- 6/ 812.50%25.00%25.00%4851
3F ~5位0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
3F 6位~2- 0- 4-47/533.80%3.80%11.30%1923
逃げ馬の好走が見られないがいずれも人気薄の馬。
2,3番手の馬の好走は見られるので、
逃げ馬というだけで評価を下げる必要は無さそう。
とはいえ、直線の長いコースで差し馬の活躍が目立つレース。
上がりの速い馬を中心に考えたい。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着2- 0- 0- 9/1118.20%18.20%18.20%9435
前走2着0- 2- 0- 5/ 70.00%28.60%28.60%047
前走3着1- 0- 2- 5/ 812.50%12.50%37.50%5666
前走4着0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%056
前走5着1- 1- 0- 4/ 616.70%33.30%33.30%6568
前走6~9着0- 1- 0-21/220.00%4.50%4.50%09
前走10着~1- 1- 2-15/195.30%10.50%21.10%5285
前走がG1なら着順は不問。
それ以外のレースの場合は掲示板には入っていた方がベター。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1600万下0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
OPEN特別0- 0- 0-11/110.00%0.00%0.00%00
G32- 3- 1-31/375.40%13.50%16.20%2731
G21- 0- 2- 3/ 616.70%16.70%50.00%65205
G12- 2- 2-13/1910.50%21.10%31.60%7772
地方0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
海外0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
ある程度メンバーが揃いやすいレースのため、
OP特別レベルの馬は通用していない。
重賞で好走できるぐらいの下地が無いと厳しい。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1400m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1600m3- 3- 4-42/525.80%11.50%19.20%2849
1700m0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
1800m0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%021
2000m2- 1- 0- 7/1020.00%30.00%30.00%13877
2200m0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0140
2400m0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
3000m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
同距離を使ってきている馬が中心も、2000mを使っている馬も悪くない。
直線の長い新潟記念やハイレベルの札幌記念で好走し、
ここに出走してくる馬には注意しておきたい。

今年からG2に格上げされ、今後はよりマイルCSの前哨戦としての価値が高くなりそうです。
3歳馬が近年不振気味ですが、今年は3歳牝馬が2頭登録。
牝馬の出走は少ないですが好走率は悪くなく、斤量の恩恵も大きそうなのでこの2頭は侮れないかもしれません。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

秋華賞 レース回顧

レース回顧
10 /20 2020
10/18(日)に京都競馬場で行われた秋華賞(G1)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
13
デアリングタクト2.00.613-13-8-535.81
後方外目につけ、安全策の競馬。
コーナー辺りから徐々に進出していき、
ラスト1ハロンで一気に加速して完勝。
着差以上に強い勝ちっぷりを見せていた。
この世代では圧倒的な強さを見せているが、
他の馬がそれほど強くない可能性も。
古馬との対戦でどこまでやれるか注目したい。
2
12
マジックキャッスル2.00.81 1/411-11-11-1335.810
周りのペースに惑わされることなく、
終始自分のリズムで流れに乗って走れていた。
コーナーで勝ち馬に前に出られるが、
目標にしていい形で伸びてこれていた。
馬場がやや渋っていたが、なんとか我慢できており、
前が潰れる展開もこの馬には良かったように思う。
今回は相手が強すぎたが決め手は確実な馬。
良馬場ならもっとやれそう。
3
8
ソフトフルート2.00.93/418-18-18-1235.79
スタートでやや後手を踏んでしまい、
最後方からの競馬になってしまったが、
ハイペースの流れに巻き込まれず、
自分のリズムで運べて逆に良かったかもしれない。
コーナーの下りで一気に捲っていき、
直線はしっかりと脚を使えていた。
展開が嵌ったような感じなので、
この着順を素直に評価するのは危険かもしれない。
次走人気するようなら嫌っても良さそう。
4
16
パラスアテナ2.00.9ハナ15-15-15-535.812
勝ち馬を見ながらいいポジションで走れていたが、
コーナーの下りでもたついてしまい、
流れに乗り切れていなかった。
その分上位2頭に離されてしまったように見える。
今回のような器用さが求められるコースは微妙かも。
力はついてきているので、広いコースなら楽しみな一頭。
5
15
ミスニューヨーク2.01.53 1/27-8-8-1536.716
先行集団を見ながら道中はいいリズムで運べていたが、
4コーナーでゴチャつき、
後方まで下がってしまったのが痛かった。
それでも直線は良く巻き返して伸びてきており、
牝馬ながら気性面はかなり優秀。
もう少し成長してこれば重賞でも活躍できそう。
6
14
オーマイダーリン2.01.5ハナ17-17-11-536.614
後方から勝ち馬を見ながら進め、勝ち馬の動きに合わせて動いていったが、
力の差があったせいか、直線で失速してしまった。
流れに乗った競馬は上手そうだが、力不足の感がある。
自己条件に戻ればそれなりにやれそうではあるものの、
勝ち切るのは時間がかかりそう。
7
3
マルターズディオサ2.01.6クビ1-1-1-137.44
スタートを決めて先頭に立って逃げたが、
後ろから突かれるような形で、
ペースを落とせなかったのが痛かった。
また、前走勝っているとはいえ、この距離は少し長そうで、
直線は脚が上がってしまっていた。
牝馬3冠全て結果は出ていないが、重賞級の力はあるはず。
距離短縮してこれば見直せそう。
8
7
ムジカ2.01.71/214-13-15-1536.711
後方内目から進めていたが、
他の上位馬のようにコーナーで動いていけず。
直線も馬群の中に入っていけず、
遅れて外を回す形になり、チグハグな競馬になっていた。
馬群の中に入るとの嫌うような感じなので、
常に展開待ちになりそうで、安定した成績は望めそうにない。
9
5
ウインマイティー2.01.91 1/211-11-11-537.13
直線入口までは完璧なレース運びができていたが、
直線に入ってからの伸びが案外。
キレ負けするのは仕方ないにしても、
ちょっと走れなさすぎだった。
前走から体重が増えており、やや重かったのかもしれない。
不可解な負け方は気になるが、
次走人気を落とすようなら狙ってみても。
10
11
フィオリキアリ2.02.11 1/46-6-5-537.515
好位追走も、終始ギアが上がるようなところは無く、
なだれ込んだだけの走りになってしまっていた。
落ち着いた走りで安定感はありそうだが、
格上相手に一発は期待できなさそう。
自己条件で力をつけてからの馬に見える。
11
18
アブレイズ2.02.21/29-9-11-1737.217
3コーナーと4コーナーでそれぞれ別の馬に寄られて、
位置取りを悪くしてしまっていた。
流石に2回不利があってはこの着順も仕方なし。
直線で多少盛り返してきていたので、
スムーズならもう少し上の着順もあったかもしれない。
今回は度外視でも。右回りならまだ見限れない。
12
6
ダンツエリーゼ2.02.2クビ15-15-17-1737.018
芝が全くダメといった感じは無かったが、
流石に今回の相手に通用するだけの力は無かった印象。
バテた馬をかわす程度しか走れなかった。
芝よりもダートの方がこの馬の良さが出そうな感じ。
ダートに戻ればもっとやれるはず。
13
2
リアアメリア2.02.41 1/45-5-5-337.82
折り合いも良く、好位から流れに乗って走れていたが、
直線に入ると一杯になってしまっていた。
道中は馬場の良い所を走らせていたが、
渋った馬場は苦手かもしれない。
本来の走りができていなかったので、良馬場で見直したい。
14
1
ミヤマザクラ2.02.933-4-4-338.46
内枠だったので終始馬場の悪いところを走ったのが痛かった。
休み明けで距離もこの馬には長かったように見え、
直線に入る頃には止まってしまっていた。
一度使われて次走は良くなってきそう。
マイル戦に出走するようなら注目しておきたい。
15
17
ウインマリリン2.03.11 1/23-2-2-238.75
ペースが速かったとはいえ、直線で止まりすぎな印象。
休み明けで息が持たなかったかもしれない。
京都コース特有の坂を上がって下る形態も向かなかったかも。
今回は力負けというよりは、何か別の敗因がありそう。
関東圏のコースで見直したい。
16
9
サンクテュエール2.03.2クビ7-6-5-1338.68
位置取りは悪くなかったが、
4コーナーで手応えが無くなってしまっていた。
直線はほとんど追っていないので、
着順の悪さは気にしないで良さそう。
距離は合わなかったかもしれないので、
マイル戦ならもっとやれても。
17
10
クラヴァシュドール2.03.83 1/29-9-8-539.07
外から差してくる馬が多い中、唯一内から伸びてきていたが、
直線ラスト1ハロンのところで躓き、その後は追わずに失速。
最後までしっかり追えていれば、
少なくとも掲示板はあったような内容で、
かなりもったいなかった。
今回の着順は度外視でも。
力負けでは無いので、
脚に異常が無ければ次走は狙い目。
18
4
ホウオウピースフル2.04.862-2-2-540.413
ややイレコミ気味で制御が効かなくなってきている。
距離はもっと短くないと厳しいかもしれない。
調教でのダートの走りが悪くなかったので、
ダートを使ってくるようなことがあれば面白そう。

結果:不的中
本命の⑬デアリングタクトは危なげなく勝利してくれましたが、相手がサッパリでした。
データ的に悪そうな馬を思い切って切りましたが、それが失敗でした。
また、逃げ馬不在なのでスローペース予想で前残り中心に馬券を組み立てたのも良くなかったです。
ハイペースで差し馬が台頭してきやすいレースだけに、デアリングタクトと一緒に上がってきそうな
決め手のある馬を一頭も抑えておかなかったことは反省です。
 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

府中牝馬ステークス レース回顧

レース回顧
10 /19 2020
10/17(土)に東京競馬場で行われる府中牝馬ステークス(G2)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
4
サラキア1.48.5-4-5-335.77
重馬場だったが終始馬場の良い所を走らせており、
その分直線で末脚が鈍らず走り切れていたように見える。
あまり位置取りに左右されずに走れるので、
ハイペースでも自分のリズムで走れていたのも良かった。
この距離のG3ならまだ勝てそうな感じはあるが、
これ以上のレベルは厳しそう。
1800m戦だけで狙うのがいいかもしれない。
2
6
シャドウディーヴァ1.49.03-7-5-636.06
久々に左回り巧者っぷりを発揮できていた。
重馬場でキレは削がれていたが、
他の馬はそれ以上に悪化した馬場に苦戦していた印象。
前が潰れる展開もこの馬向きになっていたように見える。
良く走れてはいたが、やはり良馬場の方が良さそうな感じ。
良馬場で展開が嵌ればこのレベルなら十分やれそう。
3
8
サムシングジャスト1.49.21 1/4-8-8-835.98
重馬場で時計がかかる馬場がピッタリ嵌った感じ。
それに加え、鞍上が馬場の良い所を走らせ、
直線で他の馬が外に広がる中、
距離ロス無く内を突いてきたのも好判断だったと思う。
逃げていたトロワゼトワルが粘っていたので、
併せ馬の形で最後まで良く伸びることができていた。
今回は良く走れていたが、まだ重賞では力は足りなさそう。
次走人気するようなら危険かもしれない。
4
7
トロワゼトワル1.49.2クビ-1-1-136.94
この馬らしいスピードを見せており、ハイペースの単騎逃げ。
いつも通りの競馬ができていたが、
渋った馬場と距離が長かった分、
最後の粘りが甘くなってしまったかもしれない。
ただ、敗れはしたものの、
同型馬不在の時は強気の走りを見せる馬。
今後も相手関係次第では十分粘りこみが期待できる。
5
5
ラヴズオンリーユー1.49.31/2-4-3-336.51
道中は良いポジションで運べていたが、
直線で追われてからあまり伸びてきていなかった。
馬体を大きく増やしており、本調子では無かったかも。
渋った馬場もあまり良くなさそうな感じ。
今回は条件が合わずに負けてしまった感じで、
見限る必要は無さそう。
距離はもう少しあった方が良さそうなので、
2000m以上のレースで見直したい。
6
2
ダノンファンタジー1.49.61 3/4-2-2-237.22
馬場の悪いところを避けて、
2番手からマイペースで追走できていたが、
直線はあまり伸びることはできていなかった。
渋った馬場はかなり苦手そうな感じ。
状態面は悪くなさそうだっただけに、
馬場に泣かされてしまった。
良馬場なら巻き返してこれるはず。
7
1
シゲルピンクダイヤ1.49.91 3/4-4-5-636.95
ゲート入りで気の悪さを見せていたが、
レース中はマズマズ落ち着いて走れていた。
ただ、渋った馬場は良くなさそうで、
行きっぷりはかなり悪く、直線も全く伸びてこれなかった。
能力はあるものの、気性面が気がかり。
人気が落ちて関西圏の出走時に、
一発を期待するのが良さそう。
8
3
フェアリーポルカ1.49.9クビ-3-3-337.13
左回りがあまり得意でないかもしれない。
追ってから全く伸びておらず、加速できていなかった。
ちょっと負けすぎな印象。
右回りになればもっとやれると思うが、
55kg以上を背負わされる時は危険かも。
当面は様子を見た方がいいかもしれない。

結果:不的中
本命の②ダノンファンタージーは6着でした。
道中は悪くなかったですが、直線で不発で、馬場が合わなかったように見えました。
良馬場になれば巻き返してこれそうです。
結果的には上位人気全滅の波乱になりました。
馬場の悪化をもっと考慮すべきだったかもしれませんが、馬場を考慮すると2着のシャドウディーヴァは買えそうになく、小頭数ながら難しいレースでした。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%