2020年10月09日 - 競馬鹿の重賞レース予想

毎日王冠 出走馬調教診断

調教診断
10 /09 2020
10/11(日)に東京競馬場で行われる毎日王冠(G2)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アイスストーム評価B
10/7(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
82.266.251.638.312.0
一杯に追われてラストまでいい伸び脚を見せていた。
軽やかな走りで、状態面はすこぶる良さそう。
追い込み一辺倒ではあるものの、展開が嵌れば一発は期待できるデキ。
カイザーメランジェ評価B
10/7(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
55.139.925.812.5
併せ馬は楽な手ごたえで突き放したが、相手は新馬なので当然か。
骨折明けになるが、動き自体は悪くは無さそう。
久々と一気の距離延長と不安要素は多々あるものの、
自分の力は出せそうなデキ。
カデナ評価C
10/7(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.939.325.913.1
一杯に追われてしっかりとは走れているが、いい頃に比べると動きは平凡。
絶好調の仕上がりとまではいかないように見える。
展開が嵌っても差し損ねる可能性も見ておきたい。
コントラチェック評価B
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
69.854.940.312.9
1週前は併せ馬の後ろから進めていたが、今週は先行して粘りこむ調教。
前に立った方がスムーズな走りを見せており、
控える競馬は難しそうな感じ。
今回は逃げそうな馬が小頭数ながらチラホラいるので、
自分の形に持っていけるかがカギになりそう。
ザダル評価B
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
70.654.139.613.4
1週前にビッシリ仕上げており、最終は併せ馬ながらサッと流す程度。
リラックスして走れていて、順調さを感じられる。
馬場が渋ってどうかはあるが、雰囲気は悪くない。
サトノインプレッサ評価A
10/7(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
82.166.852.539.412.3
重心の低い走りで追われて反応も良く、いい伸びを見せていた。
馬体も成長が感じられ、春よりもかなり力をつけてきているように見える。
古馬とは初対戦になるが侮れない。
サリオス評価A
10/8(木)
美浦南芝 重
4F3F1F
54.139.212.2
併せ馬と並走させるために終始手綱を引かれながら走っていた。
折り合いはしっかりついており、追えばかなり伸びそうな感じ。
キッチリ仕上がっているように見え、期待できそうなデキ。
サンレイポケット評価B
10/7(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.038.025.212.6
一杯に追われて真っ直ぐ坂路を駆け上がってこれていた。
距離短縮がどうかはあるものの、いい状態をキープできていそう。
前走と変わらず調子は良さそう。
ダイワキャグニー評価B
10/7(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
52.037.624.712.2
一杯に追われてやや外を向いて口向きの悪さは見せていたが、
走り自体はスピード感ある走りができており、
最後までいい伸びを見せていた。
去勢明け初戦になるが、気性面が良くなっていれば面白そう。
トーラスジェミニ評価C
10/7(水)
美浦坂路 良
800m600m400m200m
52.938.025.213.1
キビキビとした脚捌きで外ラチ一杯を駆け上がってきていたが、
追われるとやや苦しくなってしまい、頭の高い走りになり、
終いが甘くなってしまっていた。
そこまで好調というようには見えず、同型馬もいる今回は厳しいかも。
ワンダープチュック評価C
10/7(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.239.025.312.6
頭の高い走りで、やや気合ノリに欠ける走り。
時計的には悪くはないが、内を回していることを考えれば平凡。
一気の相手強化で通用するようなデキには見えない。

調教の動きが良かったのはサトノインプレッサとサリオス。
サトノインプレッサは夏を越して大きく成長しているように見えました。
重馬場経験もあり、馬場を問わずに走れそうな点は魅力です。
サリオスはきっちりこのレースに向けて仕上がっているように見えました。
本番はこの先になるレベルですが、これだけの出来なら勝ち負けする可能性は高いと思います。
馬場の悪化は怖いですが、力は出せそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

サウジアラビアロイヤルカップ 出走馬調教診断

調教診断
10 /09 2020
10/10(土)に東京競馬場で行われるサウジアラビアロイヤルカップ(G3)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

インフィナイト評価B
10/7(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
53.338.825.312.7
併せ馬の内側を走ったとはいえ、追ってからは楽に突き放していた。
脚捌きも最後までしっかりしており、順調さを感じさせる走り。
力は出せそうな感じはあるが、ゆったりとした走りなので、
距離はもう少し長い方がいいかもしれない。
カガフラッシュ評価C
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
67.152.739.413.9
併せ馬に並びかけていくが、やや頭の高い走りで、
追い出してからの加速が遅い。
まだ鞍上の意のままに動かせるような感じは無さそう。
気性面には課題が残ったままかもしれない。
キングストンボーイ評価C
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
69.955.140.613.2
3頭併せで並走させるも、追ってからの伸びがイマイチ。
それほど強くは追っていないとはいえ、
動ける体勢にはまだ持ってこれていないように見える。
前走の内容や鞍上で人気になるようなら危険かもしれない。
ジャンカズマ評価A
10/7(水)
栗東CW 良
5F4F3F1F
69.253.638.912.2
併せ馬に先行し、直線で待つような形になったが、
手応えたっぷりで並走する前に相手を突き放す。
並走させてから抜け出すようにしたかったと思うが、
これだけ動きが良ければ問題は無さそう。
距離延長も問題無く見え、かなり期待できるデキ。
ステラヴェローチェ評価B
10/7(水)
栗東CW 良
6F5F4F3F1F
82.766.051.337.512.2
併せ馬と並走させ、楽な手ごたえで突き放す。
頭の高い走りで首の使い方はまだまだな感じはあるが、
脚捌きは力強く、パワフルな走りを見せていた。
走り方が上手くなっていけば大きいところを狙えそうな感じ。
スペシャルトーク評価C
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
69.653.539.013.2
3頭併せの外側を走っていたが、終始折り合いがついておらず、
コーナーでは大きく外に膨らんでしまっていた。
ラストはいい伸びを見せて併せ馬には先着したものの、
かなり荒れた感じの走りで鞍上が制御しきれていなかった。
能力はありそうだが、気性面の成長が無いとレースでは厳しいかも。
セイウンダイモス評価C
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
68.354.039.613.2
走りが個性的で地面を叩きつける力強さはあるものの、
前への推進力というよりはジャンプしながら走っているような感じ。
馬場状態の得意不得意がハッキリしていそうなタイプ。
あまりスピード感も無いので、ダートの方が面白いかもしれない。
ダディーズビビッド評価A
10/7(水)
栗東CW 良
4F3F1F
51.838.112.2
3頭併せの外側を走り、追ってから好反応を見せていい伸び脚を見せていた。
大きなストライドで走れていて、走りのフォームは綺麗。
気性面も悪くなさそうで、完成度の高い走りができている。
いい雰囲気で出走できそう。
ビゾンテノブファロ評価B
10/7(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
71.254.839.713.0
スピード感はあまり感じられなかったが、脚捌きは力強い。
力のいる馬場には強そうで、芝よりもダートの方が良さそう。
状態面は悪くなさそうなので、馬場が渋るようなことがあれば。
ピンクカメハメハ評価C
10/7(水)
栗東坂路 良
800m600m400m200m
52.838.725.813.4
直線で手前を自分から変えており、ラストはかなり苦しくなっていた。
併せ馬にもついていけず、ラストはバタバタな感じに。
直前の調教としてはかなり不安の残る内容。
それほど成長が感じられず、距離短縮でどう出るか。

調教の動きが良かったのはジャンカズマとダディーズビビッド。
ジャンカズマは格下相手なので突き放して当然ではありますが、
走りのフォーム自体がかなり良く見えました。
ルメール騎手を確保はできませんでしたが、戸崎騎手を鞍上に持ってきている辺り、勝負気配は十分ありそうです。
ダディーズビビッドはこの時期の2歳馬にしてはかなり完成度の高い走りができていたと思います。
上位人気になりそうな馬が気性面に不安がありそうなので、
そういった馬が自滅するようなら出番はありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

京都大賞典 出走馬前走診断

前走診断
10 /09 2020
10/11(日)に京都競馬場で行われる京都大賞典(G2)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アイスバブル評価C
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
16着
後方から進めたが、
スローペースで流れて上がり勝負の展開。
速い上がりの使えないこの馬には不向きな流れで、
全く良さの出せないレースになってしまっていた。
タフな流れでこその馬なので、今回の結果は度外視でも。
距離はもう少しあった方が流れに乗れやすそうな感じ。
休み明けでまだ動きも本調子でも無かったかも。
叩いて調子を上げてこれば。
アルバート評価B
19/11/30
中山芝3600m
ステイヤーズS(G2)
2着
後方からじっくり脚を溜める競馬。
2周目で大きく流れが変わったが、
慌てることなく自分の走りに集中できていた。
3コーナーから追い出していき、かなり後ろからだったが、
鋭い脚で伸びてきていた。
ラスト1ハロンのところで前の馬に寄られて、
外に振られた分最後は届かなかった。
かなり惜しい内容。
前走からしっかり立て直せている。
長距離戦ではやはり存在感がある。
カセドラルベル評価B
20/8/16
小倉芝2000m
博多S(3勝)
1着
好位の外目を追走し、流れに乗って走れていた。
4コーナーから仕掛けていき、直線入口で先頭に立ち、
最後は後方の馬にかなり迫られながらも、
粘り切って勝利。
順調に勝ち星を重ねてきてOP入りになるが、
10頭前後の頭数レースしか経験が無い点は気になるところ。
多頭数レースでは様子を見た方がいいかもしれない。
キセキ評価B
20/6/28
阪神芝2200m
宝塚記念(G1)
2着
スタートはやや出負け気味で後方から。
前につける競馬は難しくなってきているのかもしれない。
後方から外を回し、
距離ロス覚悟で馬場の良いところを走らせていたが、
これがうまく嵌っていたようで、
コーナーでは手応えよく上がっていくことができ、
直線も良く伸びてきていた。
勝ち馬とは離されたが、自身も3着を突き放しており、
力のある所は見せていた。
古馬になって以降勝ててはいないが、
2000m前後ではまだ侮ってはいけない馬。
キングオブコージ評価B
20/5/31
東京芝2500m
目黒記念(G2)
1着
スタートがあまり良くなく、後方からになってしまったが、
慌てず落ち着いて追走。
4コーナーで動く馬にもつられず、じっくり構えて、
直線は馬群の中を割って良く伸びて差し切り勝ち。
外を回していたら届かないような感じだったので、
鞍上の腕込みの勝利だったと思う。
重賞でやや流れに乗れなかったような感じなので、
まだ力をつける必要はありそうだが、長距離適性は高い。
走り方が長距離向きなので、血統で嫌う必要は無さそう。
グローリーヴェイズ評価C
20/6/28
阪神芝2200m
宝塚記念(G1)
17着
スタートでやや後手を踏み、後方から。
馬体もやや太目で動きもあまり良くなかった。
馬場の影響だけでは無く、
状態面も良くなかったかもしれない。
4コーナーで上がっていくが、直線ですぐに失速し、
休み明け特有のガス欠が見られた。
今回は全く力を出せていないので、度外視で良さそう。
普通に走れば、こんな着順になることはないはず。
シルヴァンシャー評価C
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
14着
長期休養明けのせいか途中で息が持たなかった。
直線は歩くような感じで、距離も長すぎたかもしれない。
調教でも長距離を意識したような内容では無く、
あまり勝負気配は見られなかった。
どれぐらい調子を戻してくるかはわからないが、
G3ぐらいなら十分やれる馬。
今回は度外視でもいいかもしれない。
ステイフーリッシュ評価B
20/9/27
中山芝2200m
オールカマー(G2)
3着
2番手につけ、流れに乗った競馬ができていた。
スローペースから向こう正面半ばで、
一気のペースアップにもしっかり対応できていた。
道中でペースが上がったため、
直線上がり勝負にならなかったのは、
この馬には良かったかもしれない。
粘り強い走りを見せ、3着を確保。
どんな競馬にも対応できる柔軟性はあるものの、
決め手が無いので勝ち切れないレースが続いている。
長距離などのタフなレースが合っていそうな感じ。
タイセイトレイル評価B
20/9/6
札幌芝2600m
丹頂S(OP)
3着
後方で構える競馬になったが、
重賞を使って以降後ろからの競馬が多くなっている。
あまり決め手がある馬では無いので、
後方からだと厳しく見える。
今回は前が潰れる展開で、
コーナーで上がっていけたので好走できたが、
上位の馬とはやはり決め手の差が出てしまっていた。
長距離戦では安定感はあるものの、
勝ち切るには少し足りないかもしれない。
ダンビュライト評価C
20/6/28
阪神芝2200m
宝塚記念(G1)
9着
3番手から前をピッタリマークするように追走。
ただ、馬場の割には流れが速く、苦しい展開だったかも。
3コーナーで上がってきた後続にかわされてしまい、
直線で盛り返すことなく、そのままなだれ込む結果に。
馬場云々というよりはG1では少し足りないように見える。
G2以下に出てきたときに狙ってみたい。
ドゥオーモ評価B
20/7/19
函館芝2000m
函館記念(G3)
2着
スタートの行き脚が悪く、いつも通り最後方から。
流れが速かったので、後方のこの馬には理想的な展開に。
コーナリングが上手く、内から馬群の中を上がっていき、
直線も馬群の中を突いて良く伸びてきていた。
展開が嵌った点はあるが、
やはり最終週の馬場は滅法強い。
極端な脚質なので届かないことも多いが、
荒れた馬場では注意しておきたい。
ノーブルマーズ評価C
20/9/19
中京芝2000m
ケフェウスS(OP)
10着
中段内目から落ち着いて走れてはいたが、
直線追われてもあまり反応を見せずに、
伸びを欠いてしまっていた。
あまりキレは無い馬ではあるが、
それにしても負けすぎの印象。
衰えが出てきているのかもしれない。
バイオスパーク評価B
20/7/19
函館芝2000m
函館記念(G3)
3着
初めての重賞でペースも速かったが、
しっかり流れに乗った競馬ができ、好位追走。
内枠を活かして距離ロス無く上手く運べていた。
直線も狭いところを抜けてきており、
器用さも見せていた。
最後は脚が甘くなってしまったが、
ペースを考えると上々の内容。
重賞でも目途が立つ走りができているので、
次走以降も期待できそう。
パフォーマプロミス評価A
20/6/6
阪神芝2000m
鳴尾記念(G3)
1着
中段内目につけ、ロス無く流れに乗った競馬ができていた。
ペースもそれほど速くはならず、
この馬にはピッタリの流れだったのかもしれない。
直線に入るとスムーズに外に持ち出し、
ラヴズオンリーユーと同じような脚色になったが、
首の上げ下げで何とかしのいで勝利。
ロスの無い位置取りで運べたのも良かったと思う。
1年ぶりのレースだったが、地力の高さは出せていた。
年齢は感じさせない走りができていたので、
長距離路線では気を付けておきたい。
ミスマンマミーア評価B
20/9/19
中京芝2000m
ケフェウスS(OP)
5着
後方からじっくりと脚を溜めて進めていく。
道中はやや置かれてしまい、コーナーで差を詰めたが、
前の馬が外に広がり、直線で進路を求めながらの追い出し。
内から馬群の間を割って良く伸びては来ていたが、
いい形で追い出した上位には届かず。
負けはしたものの力は出せた内容だった。
まだ伸びそうな感じがあったので、
距離はもっと長い方がいいかもしれない。
モンドインテロ評価B
19/11/30
中山芝3600m
ステイヤーズS(G2)
1着
好位からの競馬で1週目のスローな流れも問題無く、
2周目のスピードアップにも対応できていた。
長距離への適性がかなり高いところを見せた走り。
勝負どころの最終コーナーも遅れることなくついていき、
直線はやや内に刺さってしまったが立て直して凌ぎきった。
スタミナはかなりありそうで、
3000mを超えるようなレースならまだやれそう。
リッジマン評価C
20/2/22
東京芝3400m
ダイヤモンドS(G3)
13着
中段から進め、勝ち馬と並んで走っていた。
道中はリズムよく走れていたが、
4コーナー辺りで手応えが無くなってしまっていた。
馬格や年齢的に57kgの斤量では走れなくなってきている。
今後も厳しそうな感じ。

前走良かった馬はパフォーマプロミス。
ラヴズオンリーユー以外はそれほど強い相手では無かったですが、それでも1年ぶりのレースで勝利したのは底力の証だと思います。
元々G1でも好走していた馬だけに、能力はかなり高いはず。
高齢馬にはなりますが、注意しておきたい一頭です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%