2020年10月29日 - 競馬鹿の重賞レース予想

天皇賞秋 出走馬前走診断

前走診断
10 /29 2020
11/1(日)に東京競馬場で行われる天皇賞秋(G1)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アーモンドアイ評価B
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
2着
ゲート内でやや落ち着きが無く、スタートで後手を踏む。
それでも道中はスムーズに走れており、
それほど影響は無かったように見える。
それよりも多少渋った馬場のせいか、
直線はいつものような鋭い末脚では無かった。
それでも2着に来る辺りは能力が抜けている証拠だと思う。
高速馬場では相手はいなさそうだが、
渋った馬場の時には注意しておきたい。
ウインブライト評価C
20/3/1
中山芝1800m
中山記念(G2)
7着
中段やや後方から進める。
決め手はそれほど無いので、
もう一段前で競馬するべきだったと思う。
ただ、3コーナー半ば辺りから仕掛けられていたが、
反応が無かったので、
状態自体も今一つだったように見える。
今回はいいところを全く出せていなかった。
状態が上がってきてから改めて。
カデナ評価B
20/10/11
東京芝1800m
毎日王冠(G2)
4着
いつもほど後方に下げ過ぎない感じで、
マズマズ流れに乗せた競馬ができていた。
直線も勝ち馬の後ろで仕掛けどころを待って、
一瞬の脚は使えていたが、直線が長く、
適性の差で3着馬にはかわされてしまった印象。
一瞬の切れ味が活かせるコースなら3着はあった内容。
今回はハイペースの展開も良かったように思う。
一線級相手には少し厳しそうだが、
G3ぐらいなら展開やコース次第でまだまだやれそう。
キセキ評価B
20/10/11
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
2着
スタートは悪くなかったが積極的には行かず、
控えて最後方からの競馬。
位置取りよりもリズム重視の騎乗をしていた。
向こう正面半ばから徐々に進出していき、
4コーナーでは一気に突き抜けそうな勢いを見せていたが、
勝ち馬が直線で一伸びを見せて捉えきれずの2着。
負けはしたものの、この馬の強さは出せており、
鞍上の腕も光る内容だったと思う。
真面目に走ればこれぐらいは走れる馬。
ピークは過ぎたかもしれないが、
G1でも注意はしておきたい。
クロノジェネシス評価A
20/6/28
阪神芝2200m
宝塚記念(G1)
1着
スタート良く、自然と好位の外目のポジションに。
内の馬場がかなり荒れていたので、
外に楽につけれたのは良かったと思う。
折り合いもしっかりついていて、
3コーナーから徐々に進出していき、
直線入口で悠々と先頭に立ち、後続を突き放して完勝。
渋った馬場がよっぽど得意なのかもしれない。
馬体も良い感じで増えてきており、
まだまだこれからが楽しみな一頭。
ジナンボー評価B
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
2着
スタート直後に隣の馬にポジションを取られ、
後方に追いやられてしまったが、
他の馬が避けた馬場の内側を走り、
一気に先頭まで並びかけていく。
スローペースで楽に上がっていけたのも良かったと思うが、
直線は内から1頭で抜け出した形になってしまい、
外から叩き合いの形で上がってきた馬に強襲され、
粘り切れず惜しい2着。
最内を突いたのは鞍上の好判断だったが、
瞬発力勝負の直線は分が悪かったかもしれない。
それでも力のある所は見せており、
重賞級の能力は感じさせる内容。
気性面に課題があるので信頼性は置けないものの、
G3ぐらいなら常に注意しておきたい。
スカーレットカラー評価B
20/8/2
札幌芝1800m
クイーンS(G3)
3着
前の馬がやり合ってハイペースの理想的な展開。
後方インでじっくり脚を溜めていい流れになったが、
直線で内にこだわりすぎて前が開かず、
短い直線の中で進路を変える羽目に。
すぐに立て直して鋭く伸びてきていたが、
先に抜け出した馬をかわすところまではいかなかった。
もっとスムーズに運んでいれば勝てていた内容。
逆にこれだけのミスをした騎乗でも3着に入っており、
G3レベルではかなり力は上と見て良さそう。
ダイワキャグニー評価B
20/10/11
東京芝1800m
毎日王冠(G2)
2着
去勢明け初戦だったがそこまでレース間隔も空いておらず、
状態面は悪くなかった模様。
去勢効果もあったようで、前が飛ばす流れだったが、
ついていかずに落ち着いてマイペースの走りができていた。
直線早めに前を捕えて押し切りを図ったところで、
勝ち馬には一気に抜きさられてしまったが、
粘り強い走りはできていた。
気性の悪さを見せなければこれぐらい走れる馬。
このコースに出走してきたときは注目しておきたい。
ダノンキングリー評価C
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
7着
先行集団を見る形で、いいポジションにつけれていた。
道中は落ち着いて走れており、
直線もいい形で向くことができていたが、
イマイチ伸びきれていなかった。
調教の動きが悪かったので、
状態面が良くなかったのかもしれない。
馬格が大きくないので、58kgの斤量が堪えた可能性も。
本来の力はこんなものでは無いはずなので、復活に期待。
ダノンプレミアム評価C
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
13着
いつものように好位から進めることができていたが、
やや前向きさが出過ぎていたようにも見える。
馬場が多少渋っていたのも合わなかったかもしれない。
不利のあった昨年に引き続き、大敗の内容。
能力がそこまで劣っているわけでは無いので、
東京マイルはあまり良くないのかもしれない。
昨年は次走で巻き返ししているが、
ちょっと今年の負け方は今後に不安が残る。
フィエールマン評価B
20/5/3
京都芝3200m
天皇賞春(G1)
1着
スローからの上がり勝負にはやはりめっぽう強く、
下りの坂を活かして勢いをつけて直線は良く伸びて、
粘るスティッフェリオを何とかかわして勝利。
大外枠だったが、前に馬を置いて落ち着いて走れ、
この馬向きの展開だったのも良かったと思う。
これでG1は3勝になるが、
いずれも京都で3000m以上でのもの。
G2やG3を取りこぼしており、京都巧者の可能性も。
末脚は確かだが、距離短縮で凡走の目も見ておきたい。
ブラストワンピース評価C
20/6/28
阪神芝2200m
宝塚記念(G1)
16着
好位の外目を追走し、ベストポジションで運べていた。
道中は良かったが、
3コーナー半ば辺りでついていけなくなり、
直線も全くいいところなく惨敗。
馬場の影響もありそうだが、
58kgの斤量も良くなかったかも。
斤量を背負うとラストが甘くなってしまっている。
ただ、57kgで出走できるようなレースは少なく、
時計勝負にも向いていないため、
今後も厳しいかもしれない。

前走良かった馬はクロノジェネシス。
馬場が渋っていたとはいえ、一線級の馬を相手に1秒差をつけて勝利しているのは大したもの。
これまで掲示板を外していない安定派で、牡馬相手にも全く見劣りすることは無いと思います。
アーモンドアイとは初対戦になりますが、馬場次第では逆転まであってもおかしくなさそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

スワンステークス 出走馬前走診断

前走診断
10 /29 2020
10/31(土)に京都競馬場で行われるスワンステークス(G2)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


アドマイヤマーズ評価B
20/6/7
東京芝1600m
安田記念(G1)
6着
スムーズに好位追走し、流れに乗った競馬はできていた。
先行集団の中では先着できており、
力のある所は見せていた。
ただ、直線でもう一つ伸びきれない間に、
後続にかわされてしまったのが残念。
ラストに盛り返していただけに休み明けで、
反応が鈍いところがあったのかもしれない。
久々だったことを考えればマズマズ。
距離も1800mぐらいまではこなせそうなので、
今後の活躍に期待したい。
アルーシャ評価B
20/9/13
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
6着
位置取りがかなり後ろになってしまったのが痛かった。
上位は先行馬が独占しており、前残りの展開。
直線は窮屈なところがありながらも良く伸びてきており、
展開が向けばまとめて差し切れるだけの脚は使えていた。
これだけ走れていれば重賞でも問題無さそう。
後は展開が向くかどうかだけ。
カツジ評価C
20/10/10
京都芝1200m
オパールS(L)
9着
初めてのスプリント戦で、やや行き脚に差が出てしまった。
鞭を入れて流れに乗せてはいたものの、
忙しい感じで直線伸びきれず。
マイルぐらいの距離はあった方が競馬はしやすそう。
適距離に戻ればOP特別ならいずれチャンスはあるはず。
カテドラル評価B
20/8/30
新潟芝1400m
朱鷺S(L)
1着
前の馬が飛ばしてハイペースの理想的な展開で、
後方から直線一気の脚が嵌って勝利。
展開が嵌った点が大きいが、決め手は流石。
脚質的に信頼が置けるタイプではないが、
展開次第でいつ上位に来てもおかしくないので、
人気薄の時は注意しておきたい。
キングハート評価C
20/10/4
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
12着
流れに乗った競馬はできていたが、
あまり切れる脚は使えず、伸びを欠いてしまっていた。
直線に賭ける競馬に徹した方がいいのかもしれない。
ここは相手も強かった印象。
衰えはそれほど感じられないので、
OP特別ぐらいなら展開が嵌れば一発があっても。
サウンドキアラ評価A
20/5/17
東京芝1600m
ヴィクトリアM(G1)
2着
大外枠だったが、隣のコントラチェックについていき、
スムーズに好位のポジションにつけれていた。
内がかなりごちゃついていたので、
大外枠で良かったかもしれない。
直線も最後までしっかり走れており、
この馬の競馬はできていた。
今回は相手が悪かっただけで、十分能力はある馬。
シヴァージ評価B
20/9/13
中京芝1200m
セントウルS(G2)
10着
いつも通りのスタートで最後方からの競馬。
ペースはマズマズも直線でも前が止まらず、
上がり最速で良く追い込んできたが届かなかった。
末脚は毎回目を見張るものがあるが、
追い込み一辺倒で不器用なタイプ。
決め手は一線級も展開が嵌らないと厳しい。
人気を落とした時に狙ってみたい。
ステルヴィオ評価B
20/5/16
東京芝1400m
京王杯SC(G2)
2着
好位につけ、流れに乗った競馬ができていた。
1200mよりは競馬がしやすそうな感じで、
もう少し長くても良さそうな感じ。
前が止まらずかわせなかったが、脚色は悪くなかった。
この状態を維持できるようなら、安田記念でも。
スマートオーディン評価B
20/6/28
東京芝1400m
パラダイスS(L)
8着
いつも通り最後方から直線良く追い込んできていたが、
馬場が悪く、前が大きく広がったため、
かなり外を回らされてしまった。
末脚も良馬場の方が発揮できるタイプで、
トップハンデなど条件的にも厳しかった。
高齢馬にはなるものの、末脚の衰えは感じられないので、
展開が嵌ればどこかで一発あるかもしれない。
タイムトリップ評価C
20/4/26
京都芝1600m
マイラーズC(G2)
11着
この距離は長かったようで、直線は一杯になってしまった。
1400mなら多少前進はあるかと思うが、
重賞ではハンデが無い限りは通用しそうな感じはない。
プロディガルサン評価C
20/8/16
新潟芝1600m
関屋記念(G3)
10着
中段外目につけ、流れに乗った競馬はできており、
直線もこの馬なりには走れていた。
ただ、7歳馬で能力が落ちてきているように見え、
現状だと重賞は厳しくなってきているような感じ。
OP特別ぐらいなら通用するかもしれないが、
重賞では基本的には軽視したい。
ベステンダンク評価C
20/7/19
阪神芝1600m
中京記念(G3)
18着
最内枠から積極的に出していこうとしていたが、
馬場がかなり悪く、ダッシュが効かず、中段が精一杯。
道中も内を走っていたが、
コーナー辺りで一杯になってしまった。
馬場に泣かされてしまった感じで、
外目の枠ならここまでは負けなかったかもしれない。
ただ、調子自体も良くなさそうだったので、
上位は難しかったかも。
京都巧者なので、京都なら多少は。
ボンセルヴィーソ評価B
20/9/13
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
3着
好スタートを決めて飛び出していき、先手を取るが、
2コーナーでスマイルカナとトロワゼトワルが捲ってきて、
3番手追走。
控える形になったが、ペースを乱さず走れていた。
直線に入ってもしっかり脚を使えており、
前の馬を捕えきれなかったが良く伸びてきていた。
良い走りができていたことは間違いないが、
前残りの有利な展開でもあり、
今回の好走を評価しすぎるのは危険かもしれない。
メイショウオーパス評価B
20/10/10
京都芝1400m
長岡京S(3勝)
1着
後方から直線一気で差し切って勝利したが、
前が潰れる展開が嵌った感じも。
ただ、不良馬場でも末脚は切れるようで、
重馬場適性は高そうな感じ。
上のクラスでは展開利が無いと厳しそうだが、
馬場が渋っても変わらず走れそうなので、
雨の時は注目しておきたい。
レインボーフラッグ評価C
20/10/18
新潟芝1400m
信越S(L)
9着
直線で鞍上が外に持ち出そうとしていたが、
全く反応できずに他の馬にポジションを取られてしまい、
後手を踏んでなだれ込んだだけの結果に。
かなりズブくなってしそうな感じ。
年齢的にも良くなってきそうな感じはなく、
今後も苦戦が続きそう。
ロケット評価C
20/10/4
中京芝1600m
ポートアイランドS(L)
16着
先行馬が揃っていて先行争いが激しく、
厳しい展開になった面もあるが、
終始口向きが悪く、まともに走り切れていなかった印象。
前走も同じように口向きの悪さを見せており、
左回りや右回り関係なく、気性面に問題がありそう。
能力的にはここまで負ける馬では無いはずだが、
この問題を解決しないことには好走は厳しそう。

前走良かった馬はサウンドキアラ。
アーモンドアイにはちぎられてしまっていますが、ヴィクトリアM後の重賞で勝利しているノームコアとトロワゼトワルを抑え込んでおり、この馬の能力の高さを感じられます。
今回は得意の京都にもなり、斤量も手頃な54kgは有利な印象で、休み明けで仕上がり具合が気になるものの、まともなら好走する可能性は高そうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

アルテミスステークス 出走馬前走診断

前走診断
10 /29 2020
10/31(土)に東京競馬場で行われるアルテミスステークス(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

ウインアグライア評価B
20/8/15
札幌芝1800m
コスモス賞(OP)
1着
スタートでややバランスを崩していたが、
遅れることなく流れに乗って走れていた。
3コーナー辺りから早めに仕掛け、
直線は2着馬にかなり詰められたが粘り切って勝利。
レース内容はマズマズだったが、
半数が地方馬でメンバーレベルも楽だった面もあり、
2連勝とはいえそれほど強さは感じられず、
次走人気するようなら危険かもしれない。
オレンジフィズ評価C
20/7/19
福島芝1800m
2歳新馬
1着
スタートが速く、悠々と先頭へ。
競ってこられることも無く、
ペースを落として楽な展開の逃げ。
直線も余力を残して入ることができ、
そのまま押し切って勝利。
いかにも新馬戦らしい勝ち方で時計も平凡。
クラスが上がってからは苦戦するかもしれない。
ククナ評価A
20/8/23
札幌芝1500m
2歳未勝利
1着
ポジションは取れずに後方からになってしまったが、
コーナーで外を回して楽に上がっていき、
直線は末脚の違いを見せ、きっちり前をかわして勝利。
馬体も増やしていて、成長が感じられる内容。
まだ余力がありそうな勝ちっぷりだったので、
上のクラスに上がっても十分好走できそう。
クールキャット評価A
20/6/20
東京芝1400m
2歳新馬
1着
スタートは平凡も、馬群の中でも落ち着いた走り。
操縦性も高そうで、折り合い面も良く、
直線は内を突いて経済コースを走り、
他馬を寄せ付けずに完勝。
鞍上の好騎乗もあったが、
これだけ走れれば能力もありそうな感じ。
次走も期待できる。
シャドウファックス評価B
20/10/3
中山芝1600m
2歳新馬
1着
馬群の中に入ったが落ち着いた走りを見せていて、
気性面の心配は無さそうな感じ。
追ってからの反応も良く、スムーズな加速を見せて完勝。
これだけ気性面が良ければ距離延長にも対応できそう。
次走も人気しないようなら注目しておきたい。
ストゥーティ評価B
20/8/8
新潟芝1600m
2歳新馬
1着
好位からの競馬で馬群の中に入れて、
落ち着いて追走できていた。
直線は外に持ち出して追い出したが、
やや内にモタレ気味の走りで、
ラストはやや苦しくなりながらも粘りこんで勝利。
ペースはそれほど厳しくなかったので、
距離が限界なのかもしれない。
馬格も無いので、もう少し成長してからかも。
スライリー評価C
20/9/5
札幌芝1800m
札幌2歳S(G3)
14着
スタート良く好位につけることができたが、
3コーナー辺りから徐々についていけなくなり、
4コーナーで両隣の馬に挟まれて、
走る気を失くしてしまった。
追走が遅れだした時点で力が足りなかった感じだが、
揉まれる競馬も弱そう。
相手関係に恵まれないと2勝目は遠いかもしれない。
ソダシ評価B
20/9/5
札幌芝1800m
札幌2歳S(G3)
1着
スタート直後は折り合いを欠く面が見られたが、
向こう正面では落ち着いて、好位の外目を追走。
やや速いペースで流れ、
3コーナー辺りから2着馬が後方から上がってきて、
かなりタフな競馬になったが、
こういった競馬の方が向いていそうな感じ。
直線入口で先頭に立ち、
ラストはやや苦しくなりながらも、振り切って勝利。
レコード勝ちではあるが、
それほど切れる感じはやはり感じられない。
力のいる馬場なら芝でも問題無さそうだが、
軽い馬場では切れ負けする可能性も見ておきたい。
タウゼントシェーン評価B
20/10/4
中山芝1600m
サフラン賞(1勝)
5着
後方で脚を溜め、
直線で追い出すタイミングで前の馬に進路を塞がれ、
スムーズに追い出して行けなかった。
ラストは立て直して伸びてはきたものの、
大勢は決してしまって上位には食い込めず。
不利が原因の敗戦なので、評価を落とす必要は無さそう。
次走改めて期待したい。
テンハッピーローズ評価B
20/10/4
中山芝1600m
サフラン賞(1勝)
2着
コーナーでは大きく膨らんでしまっていて、
直線も追ってすぐには反応できていなかったが、
ジワジワといい脚は使えていた。
道中口向きの悪いところを見せていたり、
まだ子供っぽいところは残っているが、
成長してこれば上のクラスでもやれそう。
ニシノリース評価B
20/9/5
新潟芝1400m
2歳新馬
1着
ダッシュを利かせて好位の外目から追走し、
直線もそのままの勢いで後続を寄せ付けずに完勝。
追ってからもぶれることなく真っ直ぐ走れており、
マズマズ能力はありそうな感じ。
距離は短くても良さそうだが、
馬体はもう少し増えて欲しいところ。
ハイプリーステス評価C
20/10/3
中京芝1400m
ききょうS(OP)
7着
スタートを決めて、2番手追走するも、
頭の高い走りでやや力んだような感じ。
逃げ馬を見ながら進めていたが、
直線でついていけなくなり失速してしまった。
走りがまだできておらず、まだ時間がかかりそう。
ペイシャフェスタ評価C
20/10/4
中山芝1600m
サフラン賞(1勝)
6着
流れに乗った競馬はできていたが、
直線追われて伸びてこず。
能力的には平凡そうな感じで、クラス慣れが必要そう。
もう少し力をつけてこないと通用しないかも。
ミルウ評価B
20/9/6
札幌芝2000m
2歳未勝利
1着
ややカリカリした感じの走りの走りで、
鞍上の指示にも遅れて反応するようなところはあったが、
直線入口で先頭に立ってそのまま後続を寄せ付けずに完勝。
道中は外を回しており、
距離ロスがあったことを考えると悪くない内容。
折り合い面がもう少し良くなってこれば上のクラスでも。
モリノカンナチャン評価A
20/8/29
札幌芝1800m
2歳未勝利
1着
3コーナーで前の馬の脚色が鈍くなり、
位置取りが悪くなってしまい、厳しいレースになったが、
直線は目の覚めるような末脚で、
先に抜け出していた2着馬をアッサリかわして勝利。
札幌でこれだけの脚を使えているので、
直線の長いコースならもっと鋭い末脚が使えそう。
コース替わりで期待できる。
ユーバーレーベン評価B
20/9/5
札幌芝1800m
札幌2歳S(G3)
2着
スタートの出脚が悪く、最後方からの競馬。
やや置かれてしまっていたが、
3コーナー手前ぐらいからジワジワと外から捲っていき、
4コーナーでは3番手まで上がっていく。
コーナリングで少し外に膨らんでしまい、
前との差が開いてしまった点はもったいなかったが、
直線は良く伸びてきており、惜しい2着。
荒削りな競馬ながらここまで走れるのは、
能力の高さかもしれない。
将来性はありそうで、もう少し上手い競馬ができれば。
ヴァーチャリティ評価A
20/9/26
中京芝1600m
2歳未勝利
1着
好位の外目につけ、
コーナーで余力たっぷりで上がっていき、
直線入口で自然と先頭へ。
最後まで気を抜かせないように追っていたが、
全く後続を相手にしていなかった。
マズマズポテンシャルの高そうな走り。
クラスが上がっても問題無さそう。

前走良かった馬はククナ、クールキャット、モリノカンナチャン、ヴァーチャリティ。
ククナはまだ余力がありそうな感じで、もっと高いパフォーマンスを出せそうです。
左回りが苦手でなければここでも好走が期待できます。
クールキャットは新馬戦から操縦性の高い走りを見せていました。
折り合い面には問題無さそうなので、距離延長にも対応できそうです。
モリノカンナチャンは直線の末脚が他の馬に比べて別格でした。
末脚が活きるコースはピッタリ嵌りそうな感じです。
ヴァーチャリティはレースセンスが高そうです。
状態の維持ができるようなら展開を問わずに期待できそうです。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年10月結果
本命馬 (3.1.2.5)
回収率 20%

2020年累計
本命馬 (26.12.11.55)
回収率 61%