2020年12月 - 競馬鹿の重賞レース予想

ジャパンカップ レース回顧

レース回顧
12 /01 2020
11/29(日)に東京競馬場で行われたジャパンカップ(G1)のレース回顧になります。

<広告>
競馬情報サイト『Gallop Japan』のご紹介です。
無料で予想だけでなく、以下のような情報も手に入れることができます。

◆鉄板(火曜日更新)
厳選した鉄板レース、鉄板馬の一部を紹介しているコンテンツ。

◆データオブマスターホース(水曜日更新)
データから有力馬を選出しているコンテンツ。

◆穴 超注目馬!(木曜日更新)
予想師による注目馬を紹介するコンテンツ。

◆ダートホース(不定期)
ダートで注目すべき馬とそのポイントを紹介しているコンテンツ。

◆BOSSの目線(不定期)
レースの注目馬とそのポイントを最高級の心眼BOSSの目で紹介しているコンテンツ。

◆大穴狙いヤスの今週の注目馬(不定期)
レースで大穴に繋がる馬を紹介するコンテンツ。

無料情報でも的中実績があり、直近では

11/8 阪神2R 2歳未勝利 3連複 74.3倍

を的中させており、無料でも侮れない情報が提供されております。

ご興味のある方は以下のリンクから無料登録してみて下さい。

※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です。


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
2
アーモンドアイ2.23.04-5-4-434.71
スタートを決めて、好位からの競馬。
キセキが大逃げを打ち、ハイペースの流れで、
道中はスムーズな競馬ができていた。
直線に向いて馬場の良い所に持ち出していき、
鞭が入るとこの馬らしい反応の良さを見せ、
抜け出して完勝。
この馬らしいレースを最後までできていた。
歴代の馬の中でもずば抜けた能力を持っていたと思う。
2
6
コントレイル2.23.21 1/49-9-9-934.32
中段からの競馬で、流れが速く、
包まれることも無くスムーズな走りができていた。
折り合い面は全く問題無かったが、
直線に向いて追い出すと左にヨレてしまっており、
いつもよりも苦しくなってしまっていた。
それでも2着争いの叩き合いを制しており、
かなりの能力の高さは見せていた。
菊花賞の疲労も残っていそうだっただけに負けて強しの内容。
来年も大きな活躍が期待できそう。
3
5
デアリングタクト2.23.2クビ7-7-7-734.43
スタートを決めて、アーモンドアイの後ろにつけて、
流れに乗った競馬ができていた。
道中は雰囲気よく走れていたが、周りの馬の動きも良く、
いつもよりも早い段階で追い出しを開始。
直線はかなり苦しくなってしまっており、
かなり内にヨレてしまっていたが、
それでも最後まで良く伸びてきていた。
古馬相手にこれだけ走れていれば上々の内容。
馬場を問わずに走れるので、
今後も安定した成績が期待できそう。
4
1
カレンブーケドール2.23.2ハナ7-8-7-634.85
アーモンドアイの後ろにつけ、道中は内を回り、
リズムよく走れていた。
コーナーで外に持ち出し、勢いよく上がっていったが、
直線はもう一つ伸びきれず、叩き合いにも敗れてしまった。
毎回安定した走りを見せているが、
やや決め手に欠けるところがある。
頭では狙い辛いタイプ。
5
15
グローリーヴェイズ2.23.3クビ4-4-2-235.24
スタートを決めて大外枠から好位につけ、
道中は内に入れて距離ロスを減らして追走。
行きっぷりも良く、いい雰囲気で走れていた。
直線は大逃げをしたキセキを捕まえに速めに動いた分、
最後にかわされてしまったが、力のある所は見せていた。
上位の馬が力のある馬ばかりとはいえ内枠で占められており、
この馬も内枠だったらもっと上の着順もあったかもしれない。
6
3
ワールドプレミア2.23.8310-10-10-735.07
久々のレースだったが、道中は折り合いを欠くことも無く、
中段内目からいいリズムで走れていた。
ハイペースの恩恵もあったかもしれない。
ただ、この馬向きの展開になりながらも、
前を走っていた上位の馬をかわすことはできず、
やや物足りない内容。
状態面ももう一つだったのかもしれないが、
能力的にも上位の馬とは差がある印象。
次走は調子を上げてくると思うが、
過剰人気するようなら危険かもしれない。
7
7
ミッキースワロー2.23.8クビ12-12-12-1034.710
終始頭が高く、走りもぎこちなかった。
左回りはやはり得意では無さそうな感じ。
それでも大きくは崩れておらず、
タフな競馬でもスタミナのある所は見せていた。
距離は長い方がこなせそうな感じ。
状態自体は悪くなさそうなので、
有馬記念に出走するようなら見直してもいいかもしれない。
8
4
キセキ2.24.121-1-1-138.96
スタートを決めて先頭へ。
ヨシオが外から並びかけてきて、
気持ちが入りすぎてしまったのか飛ばして単騎逃げの形に。
抑え込むことはせずに馬のリズムで道中走らせ、
あわやのレースを演出するも、
直線の坂で止まってしまい、一気にかわされてしまった。
思い切って行き過ぎた感はあるが、
ゲート難が解消されてきている点は好印象。
気性面の課題があるので、過信はできないが、
今の状態を維持できれば一発があるかもしれない。
9
12
マカヒキ2.24.2クビ13-13-13-1035.111
後方内目に構えて直線に賭ける競馬。
直線で外に持ち出しながら追い込んでくるも、
それほど鋭いキレは見られず、上位進出までは至らず。
長期休養明けだったこともあるが、
ハイペースの展開でこの結果では、
一線級相手には通用しなくなっていそうな感じ。
一度使われて状態は良くなるかもしれないが、
G1では厳しそう。
10
8
ウェイトゥパリス2.24.62 1/215-15-15-1535.19
ゲート入りをかなり嫌い、消耗があったかもしれない。
レースは最後方からの競馬になったが、
マズマズ日本の芝には対応して走れていた。
直線も脚は使えており、
日本の芝への適性は悪くなかったように見える。
ただ、特別得意そうな感じはなく、
アウェイでは厳しかったかもしれない。
11
10
パフォーマプロミス2.24.8110-11-11-1235.612
ペースが速く、後方からの競馬になってしまったが、
流れに乗って走れており、道中の雰囲気は悪くなかった。
直線でも最後までしっかり走れており、
相手関係が厳しかっただけでこの馬なりには悪くなかった。
G1では厳しいと思うが、G3ぐらいなら十分やれる走り。
高齢馬になるが、まだそれほど衰えは見られないので、
長距離戦に出走するようなら面白そう。
12
13
ユーキャンスマイル2.25.0114-14-13-1235.78
いつも通り後方から進め、直線で満を持して追い出すも、
全く反応を見せることなく、伸びを欠いてしまっていた。
調教もかなり軽かったので、
前走からの疲労が残っていたのかもしれない。
あまりレース間隔が詰まるのは良くないタイプなのかも。
休養を挟んで一度立て直した方が良さそう。
13
11
クレッシェンドラヴ2.25.326-5-4-437.014
スタート良く好位につけ、
アーモンドアイの隣のポジションにつける。
絶好の位置取りを確保でき、道中はベストの走りができたが、
直線に入ると周りの速さについていけず、
馬群に沈んでしまった。
距離もこの馬には長かったのかもしれない。
もう少し相手関係が楽にならないと厳しそう。
14
9
トーラスジェミニ2.25.61 3/43-2-2-237.515
スタートは良かったが、キセキとヨシオが飛ばし、
競って行かずに3番手からの競馬。
先手は取れなかったが、
控えても落ち着いた走りを見せていた。
ただ、道中は後続にピッタリついてこられ、
直線に入ると一気に飲み込まれてしまった。
距離もこの馬には長かった印象。
2000m前後ならもっとやれるはず。
15
14
ヨシオ2.29.2大差2-2-6-1240.013
スタートから積極的に出していき先手を主張するが、
内枠のキセキが引かず、離れて2番手追走。
見せ場はここで終わってしまっており、
道中は流れに乗れず、徐々に後れを取っていき、
直線に入る頃にはついていけなくなってしまっていた。
ここでは全く能力が足りていなかった印象だが、
OP特別レベルでも厳しく見える。

結果:不的中
本命の②アーモンドアイは1着でしたが、2着のコントレイルを買い目に入れておらず、的中できず。
終わってみれば3冠馬決着でガチガチの結果になりました。
3強で一点勝負する度胸は無かったので、これは買えませんでした。
馬券は紛れを期待して外してしまいましたが、強い馬が強い競馬をするレースを見れたので良かったです。


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年10月結果
本命馬 (3.1.2.5)
回収率 20%

2020年累計
本命馬 (26.12.11.55)
回収率 61%