神戸新聞杯 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

神戸新聞杯 登録馬前走診断

前走診断
09 /19 2019
9/22(日)に阪神競馬場で行われる神戸新聞杯の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


カリボール評価A
19/9/7
阪神芝1800m
野分特別(1000万)
2着
前はやや飛ばしたが、
引っ張られることなく中段でじっくり構える。
落ち着いてレースには入れていて、雰囲気は良かった。
直線入り口の勝負所で勝ち馬が外に斜行し、
追い出しが遅れてしまい、届かずの2着。
不利が無ければ勝てていたレース。
残念な結果になってしまったが、
このクラスを抜けるのは時間の問題。
キタサンバルカン評価C
19/8/18
新潟芝2000m
出雲崎特別(500万)
4着
好位の内目を追走し、手応え十分で直線に向き、
外に出しながら追い出しするも、前を捉えることができず。
単純な決め手勝負では分が悪いかもしれない。
悪化した馬場を苦にしないので、
重馬場の時に狙った方がいいかもしれない。
サートゥルナーリア評価B
19/5/26
東京芝2400m
東京優駿(G1)
4着
スタートで出遅れてしまい、後方になってしまう。
道中の折り合いは問題なさそうだったが、
縦に長い展開で後ろからは厳しく、
4コーナーから早めに仕掛けていく。
切れ味は素晴らしく直線良く伸びていたが、
早仕掛けした分、最後は甘くなってしまい、
ヴェロックスに差し返されてしまう。
能力は間違いなくこの世代トップクラスだが、
気性の悪い面が出てきているところが懸念される。
シフルマン評価B
19/6/22
阪神芝2000m
京橋特別(1000万)
1着
道中は内目の好位でじっと脚をため、前を捕まえる位置に。
4コーナーでペースが速くなり、
外から動いていく馬がいる中、じっと内で我慢。
直線を向いて、一瞬の隙間を割って入り、
逃げた2着馬との叩きあいを制する。
若干割ったのは、乱暴気味ながらレースぶりは上手い。
ジョウショームード評価C
19/8/31
小倉芝2000m
玄海特別(1000万)
5着
前半は後方からも2着馬をマークするような形で、
手応えも良く走れていた。
ずっとついていき、直線もいい形で向いて追い出すも、
決め手の差が出て、捕まえることはできず。
まだこのクラスで経験が必要な感じ。
ユニコーンライオン評価B
19/7/21
函館芝2000m
松前特別(1000万)
1着
スローペースを好位で追走。
前半はかなり遅いペースだったが、
中盤からペースアップ。
流れるレースとなったが、しっかり流れに乗れていた。
直線で外に出し、追い出すと少し内にふらつきはするも、
なんとか前をかわして勝利。
もう少ししっかりと走れるようになれば、
大きいところもいけそうな感じはある。
レッドサイオン評価B
19/7/21
函館芝1800m
3歳上500万
1着
好位からの競馬ができ、流れに乗った競馬ができていた。
直線は先に抜け出した2着馬を目標に外から伸びて、
差し切り勝ち。
ただ、減量騎手の3kgが大きかった感じで、
上のクラスではクラス慣れが必要そうな感じ。
レッドジェニアル評価B
19/5/26
東京芝2400m
東京優駿(G1)
8着
スタートは出負けして後方から。
遅れはしたが、馬群にすぐ取りついていき、
じっくり脚をためる。
ポジションが後ろ過ぎた感じだが、
直線は最後まで良く伸びていて、
内容は着順ほど悪くは無かった。
これぐらい走れていれば、また重賞で好走しても。
ワールドプレミア評価B
19/3/16
阪神芝2000m
若葉S(OP)
2着
後方で脚をためて、終いを活かす競馬。
ペースはスローでやや前有利の流れになってしまう。
ヴェロックスが直線半ばで独走態勢になるも、
最後まで諦めずによく走れていた。
力の差も出た感じはあるが、
展開を考えればマズマズ良く走っている。
ヴィント評価C
19/5/26
東京芝2400m
東京優駿(G1)
14着
まずまずスのタートは切れていたが、
テンのスピードについていけず、前に入られてしまい、
ポジションが後ろになってしまう。
道中は追走で手いっぱいとなり、
直線もバテた馬をかわすのみ。
ここでは能力が足りなかった印象。
もう少し楽な相手関係でないと厳しい。
ヴェロックス評価B
19/5/26
東京芝2400m
東京優駿(G1)
3着
すぐに中段に入れ、流れに乗った競馬ができていた。
折り合いもついていて、前にも後ろにも対応できる位置。
道中は文句なしだったが、4コーナーから追い出し、
直線の伸びはいい脚は使えていたが、もう一つのキレ。
ラスト1ハロンは良く伸びたが、反応がやや鈍かった。
いい出来なら2着馬はもっと詰めれたはず。

前走から間隔が空いている馬が多く、成長度がカギを握りそうな一戦。
春までの実績だとサートゥルナーリアとヴェロックスの2強のように思いますが、急成長している馬がいるかどうか。
この2頭のここから始動は既定路線だと思うので、ここに出走する馬は多少は自信があるはず。
小頭数ですが、ハイレベルのレースになることを期待したいです。


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%