秋華賞 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

秋華賞 登録馬前走診断

前走診断
10 /09 2019
10/13(日)に京都競馬場で行われる秋華賞(G1)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

エスポワール評価B
19/7/14
中京芝2000m
シンガポール(1000万)
1着
逃げ馬が飛ばし、行きたがるところを抑えながら走る。
向こう正面に入ると捲って上がっていく馬がいたが、
なんとかつられないように抑え込んでいた。
中盤以降は落ち着いて走れていて、
飛ばした2頭を離して3番手でいい流れの中競馬が出来た。
4コーナーカーブで前に並びかけ、楽に抜け出して勝利。
2着馬と差は開いたが、
2着馬は進路を探すのにやや手こずっていた。
斤量差も大きく、着差ほど力は抜けていないと思う。
気性面の成長ももう少し欲しいところ。
カレンブーケドール評価A
19/9/7
中山芝2000m
紫苑S(G3)
3着
前半多少行きたがっているように見える。
ペースが遅くもう少し流れた方が良かったかもしれない。
最後の直線も逃げ馬がすぐに潰れ、先頭に立つのが早く、
目標にされたのも厳しかった。
ただ、前哨戦としてはしっかり自分の競馬はできており、
本番に向けていいレースが出来ていた。
クロノジェネシス評価B
19/5/19
東京芝2400m
優駿牝馬(G1)
3着
スタートはマズマズだったが、内枠を活かして、
好位で内目を追走できた。
道中は牝馬限定戦にしてはよ速いペースで流れたが、
遅れることもなく、ポジションを維持できていた。
直線も内から頑張っていたが、最後は苦しくなった。
距離ロスがほとんどなかったにもかかわらず、
苦しくなったのは距離が厳しかったのだと思う。
コントラチェック評価C
19/5/19
東京芝2400m
優駿牝馬(G1)
9着
内枠ながら先手を取れず、2番手追走。
持ち味を出せていなかった。
直線で脚が止まってしまっていたので、
距離が長かった印象。
また、左回りもそれほどスムーズでは無く、
合っていなかったように思う。
マイペースで行けるかどうかの馬。
サトノダムゼル評価A
19/9/16
中山芝1800m
白井特別(1000万)
1着
スムーズに2番手を追走し、
スローペースもよく折り合いがついて走れていた。
直線入り口で2着馬にかわされたが、
直線のラスト1ハロンほどでもう一度伸びて、
差し返して勝利。
着差はないが、かなり強い内容。
今後の成長が楽しみ。
シェーングランツ評価B
19/5/19
東京芝2400m
優駿牝馬(G1)
7着
スタートの出はあまり良くなかったが、
後方の内目のポジションにスンナリおさまり、
しっかりと脚をためる競馬が出来ていた。
道中も自分のリズムで走れていて、
直線もいい形で入っていき、いい脚で伸びてきていたが、
後ろ過ぎて届かず、ラストは息が切れてしまった。
もう少し楽なメンバーならやれそう。
シゲルピンクダイヤ評価B
19/9/15
阪神芝1800m
ローズS(G2)
4着
流れに沿った好位での競馬ができていた。
内に潜り込み、直線で前が開いたところを狙うも、
いまいち伸びきれず。
速い流れで脚が溜まらなかったか。
ポジション取りは完ぺきだっただけに、
ちょっと物足りない内容。
シャドウディーヴァ評価C
19/9/15
阪神芝1800m
ローズS(G2)
9着
スタートは良く、好位追走できていたが、
コーナーあたりから手応えが怪しくなり、
かわされていってしまう。
左回りの方が走りやすいのかもしれない。
ダノンファンタジー評価B
19/9/15
阪神芝1800m
ローズS(G2)
1着
スタート良くハナを切れるぐらいの勢いで飛び出す。
先頭に立つのを嫌い、抑えて前に馬を置いて壁にするも、
かなり行きたがる素振りを見せていた。
コーナーでは落ち着き、外を回して直線はいい脚で伸び、
前でやり合っていた所を一気に交わしての勝利。
ペースが落ち着かずに流れたことで、
速い時計の決着になったことが功を奏した。
まだまだ折り合い面に不安が残り、
マイルぐらいの流れの方が合っていそう。
トゥーフラッシー評価B
19/9/28
中山芝2000m
茨城新聞杯(1000万)
4着
中段の内目を追走し、リズムよく運べた。
ただ、直線は内に閉じ込められるような形になり、
内を突こうとするも、前の馬がフラフラ走って壁になり、
追い出すことが出来なかった。
スムーズに追えていれば、際どい勝負になったはず。
ちょっともったいなかった。
パッシングスルー評価A
19/9/7
中山芝2000m
紫苑S(G3)
1着
スタート良く、カレンブーケドールについていき、
最初の直線で好位の3番手につけ、大外枠ながら、
それほど外を回らされることなく強い馬をマークできた。
道中も気配よく、
追い出すタイミングだけ気を付けている感じ。
カレンブーケドールを捕えに行ったため、
最後は2着馬に詰め寄られるが、なんとか押し切った。
展開が向いた点はあるが、力はつけている。
今後も楽しみな一頭。
ビーチサンバ評価A
19/9/15
阪神芝1800m
ローズS(G2)
2着
スタートが良く、流れに乗った競馬が出来た。
コーナー手前で2番手まで押し上げていき、
外を回ることなく、
距離ロスの無い競馬が出来たのが良かった。
いつもと違い、前々で進める競馬になったが、
最後まで止まることなくしっかりと走れたことは好印象。
乗り方も上手く、かみ合ったレースだったと思う。
フェアリーポルカ評価A
19/9/7
中山芝2000m
紫苑S(G3)
2着
いいスタートが切れ、内に行く馬がいなかったため、
スムーズに内に潜り込み、
逃げ馬の後ろにつけることができた。
勝負所で、垂れてきたメイクハッピーと
カレンブーケドールの間の狭いところを割るようになり、
多少もたついた分、勝ち馬に凌がれてしまったが、
力は発揮できた。
馬体を大きく増やしていたが、余裕残しがありそう。
次走で完璧に仕上がれば、上位相手でも。
ブランノワール評価B
19/9/21
阪神芝1800m
夕月特別(1000万)
1着
スローの流れを好位で追走。
ゆったりと流れて直線ヨーイドンのような競馬。
直線はスムーズに外に持ち出し、突き放して勝利。
ただ、小頭数で相手関係も緩かったように見え、
クラスが上がっていきなりは難しそう。
メイショウショウブ評価B
19/9/15
阪神芝1800m
ローズS(G2)
5着
スタートは普通だったが、積極的に出していき、
先手を奪いきる。
コーナーで2着馬と並ぶ形になり、
直線入ってすぐかわされてしまうも、
よく踏みとどまっていた。
マイルまでならもっと踏ん張れたかも。
強い相手にここまで走れていれば上出来。
レッドアネモス評価C
19/6/30
ラジオNIKKEI賞(G3)
13着
スタートはポンと飛び出して良かったが、
ダッシュはつかず、中段まで下がる。
重い馬場が苦手なのかスピードに乗り切れていなかった。
直線も全く走っておらず、力は出せていないように思う。
良馬場で見直してみたい。
ローズテソーロ評価B
19/9/7
中山芝2000m
紫苑S(G3)
6着
積極的に先行勢についていき、前々で進めた。
コーナーでやや置かれ気味になるも、
直線では盛り返していた。
コーナーで位置が下がってしまったのが今後の課題だが、
マズマズの走りはできている。

ローズステークスが絡むレースではありますが、今年は紫苑S組の方がいいレースをしているように思います。
その中でも、カレンブーケドールが本番を見据えたレースができており、前哨戦の内容としては文句無しで、このまま仕上げてこれば上位の可能性は高いと思います。
ローズSの勝ち馬のダノンファンタジーも強かったですが、距離に少し不安を感じます。



<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%