ユニコーンステークス レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

ユニコーンステークス レース回顧

レース回顧
06 /16 2019
6/16に行われたユニコーンステークスの結果と回顧です。

着順馬番馬名性別年齢斤量タイム着差通過4上り3F人気体重
11ワイドファラオ3571.35.51-137.13498
28デュープロセス3561.35.57-536.52464
311ダンツキャッスル3561.36.033-337.36478
410ヴァニラアイス3541.36.13/42-237.68444
54エルモンストロ3561.36.1ハナ5-537.210478
615アシャカトブ3561.36.31 1/413-1236.89486
76デアフルーグ3561.36.4クビ10-837.21496
87ザディファレンス3561.36.7212-1237.212470
914ノーヴァレンダ3561.36.81/25-537.95530
1013ニューモニュメント3561.36.8クビ10-837.67472
113ヴァイトブリック3561.36.9クビ7-837.84484
1212オンザウェイ3561.37.757-838.613520
132イメル3561.37.81/23-339.111460
ワイドファラオが粘りに粘っての勝利。
勝つ場合はこういう形なんだろうなと思った形通りの競馬をした。
芝、ダート問わず自分の競馬に持ち込んだ時はかなりしぶとい。
2着のデュープロセスはしっかり能力を出したと思う。
敗れはしたものの、この世代では力上位。
3着のダンツキャッスルは上位との差を見せつけられた形だが、自己条件なら勝ち負けする力はある。
本命のデアフルーグはゲート上手く出たので、いけるかと思ったが直線の伸びが案外。
明らかに伸びあぐねていた感じなので、重馬場が合わないタイプかもしれない。
地方のダートはかなり水を撒いたりするので地方出走時はは要注意。
良馬場で見直したい。
ノーヴァレンダもデュープロセスと並んで、おっと思いきや伸びず。
この馬も馬場が合わなかったのだろうか。

関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%