菊花賞 出走馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

菊花賞 出走馬前走診断

前走診断
10 /17 2019
10/20(日)に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。
<広告>


カウディーリョ評価B
19/8/11
札幌芝2000m
HTB賞(1000万)
1着
スタートが良すぎたせいか、
やや行きたがる素振りをみせる。
向こう正面で前に壁を置くと、
流れに沿った走りができていた。
4コーナーからグイグイと追い出していき、
直線の叩きあいも踏ん張って見せた。
もう少し落ち着きがあれば、上のクラスでも通用しそう。
カリボール評価A
19/10/6
京都芝1800m
清滝特別(1000万)
1着
スタートはやや出負けして最後方から。
淡々としたペースで、動きが無かったため、
4コーナーからマクリ気味に外から上がっていく。
前も止まらなかったが、鋭い決め手でなんとか差し切る。
かなり雑なレースで勝ち切っているので、能力は高い。
素質はあるので、今後も注目。
サトノルークス評価B
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
2着
スタート直後はある程度押していき、中段前目につける。
内目でじっと我慢し、
直線でリオンリオンが開けたコースについていき、
ザダルとの競り合いを制し、2着確保。
これぐらいは走れる馬ではあるが、
ポジション取りが良かった。
ザダル評価A
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
3着
スタートは良く、枠なりで内目を楽に好位追走ができた。
道中もいいポジションで流れに乗った競馬が出来ていた。
4コーナーから各馬が動いてきて、混戦模様になるも、
全く動じることもなく、狭いところをスッと抜けてきた。
最後はサトノルークスにかわされるも、
混戦の抜け出しは立派。多頭数レースで輝くタイプ。
シフルマン評価B
19/9/22
阪神芝2400m
神戸新聞杯(G2)
6着
行く馬がおらず、押し出されるように先頭へ。
ゆったりとしたペースに持ち込めたが、
サートゥルナーリアに3コーナー半ばから来られて、
一気のペースアップについていけなくなってしまった。
本来の形ではなく、苦しい競馬を強いられたので、
そこまで悲観する内容ではなさそう。
自己条件で改めて。
タガノディアマンテ評価B
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
6着
道中は落ち着いてレースには入れていて、
手応えも良く、3コーナーから仕掛けていくも、
直線の伸びがイマイチだった。
重馬場が合わなかったかもしれない。
良馬場で見直したい。
ディバインフォース評価C
19/8/17
札幌芝2600m
札幌日刊S杯(1000万)
5着
トモが甘く、スタートダッシュが利かず最後方から。
縦長で前とは距離があったが、じっくりと脚をためる。
直線で外に出して、いい脚で伸びてきたが後ろ過ぎた。
まだ成長途上なので、これからの馬。
トモがしっかりしてこれば、大きいところも狙える。
ナイママ評価C
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
9着
積極策に打って出て、2番手の追走。
道中はマイペースで行けていたが、
直線入って余力が残っておらず、
どんどんかわされてしまった。
このメンバー相手に戦っていけるほどの成長は見られない。
ニシノデイジー評価B
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
5着
馬のリズムに合わせて後方からの競馬になったが、
流石にポジションが後ろ過ぎだったと思う。
リラックスして走れていて、状態も良さそうで、
直線は外からいい脚で追い込んできていたが、
前も簡単に止まらない馬場では届かず。
このレースだけを考えるともうちょっと積極的に、
ポジションを取りに行く競馬をしても良かったと思うが、
先を見据えて馬のリズムを重視したのかもしれない。
次はしっかり勝ちにこだわる競馬をするはず。
ヒシゲッコウ評価A
19/7/27
札幌芝2600m
阿寒湖特別(1000万)
1着
ゲートの出はイマイチだったが、置かれない程度に出る。
道中は後方に構えて、縦長の展開になったが、
マイペースで走ることに専念。
3コーナーからペースが上がったのに合わせて、
自身も追い出していき、直線であっという間にかわす。
まだ余力は残っているような感じで、
クラスが上がっても楽しみ。
ホウオウサーベル評価A
19/8/18
新潟芝2200m
阿賀野川特別(1000万)
1着
道中は中段でリズムよく走れていた。
前がハイペースで飛ばして、直線すぐに先頭に立ち、
そのまま突き放して圧勝。
相手関係が楽だった面もあるが、かなり強い内容。
今後も楽しみな一頭。
メイショウテンゲン評価C
19/9/16
中山芝2200m
セントライト(G2)
11着
スタートのタイミングが合わず出遅れて後方から。
今回のレースでは、後方からはノーチャンス。
ある程度流れに乗った競馬をした方がいいタイプなので、
ゲート難が治らない限り、厳しそう。
メロディーレーン評価C
19/9/28
阪神芝2600m
3歳上500万
1着
外枠から馬群に入らないように後方につけ、
揉まれないような位置につける。
とにかく包まれるのを避けるようにして走っていて、
向こう正面では最後方まで下がってしまう。
3コーナーから外に出して追い出していき、
直線も一頭離れた外から鋭い脚で伸びての勝利。
かなり走りに注文がつきそうで、馬格もなく、
減量騎手でないと活躍は難しそう。
ハンデ重賞なら一発は期待できる脚質。
ユニコーンライオン評価B
19/9/22
阪神芝2400m
神戸新聞杯(G2)
5着
距離延長もスローで流れに乗った競馬はできていた。
最後までしっかりとした脚が使えていて、
自身の力は出せた。
一気の相手強化で上位とは差があるが、
自己条件なら十分やれる力はある。
レッドジェニアル評価B
19/9/22
阪神芝2400m
神戸新聞杯(G2)
4着
かなり前目のポジションになってしまったが、
折り合いはついていて、流れに乗った競馬ができていた。
かなりのスローペースで、上がりだけの競馬になり、
決め手の差が出てしまった。
もっとタフな流れの方が合っていそう。
ワールドプレミア評価B
19/9/22
阪神芝2400m
神戸新聞杯(G2)
3着
スタートはゆっくりで後方から。
休み明けの分もあるかと思うが、
スローを後方からでは厳しい。
もう少し流れに乗った競馬ができるようになれば。
直線は大外に出して、いい脚を使えているが、
まだ少し幼い感じに見える。
気性面が成長すれば、大きいところでもやっていけそう。
ヴァンケドミンゴ評価B
19/9/14
中山芝2000m
レインボーS(1600万)
3着
中段やや後ろからの競馬。
向こう正面でやや外目を回り、
追い出しをかけやすいポジションへ。
3コーナーから仕掛けていき、直線をいい形で迎えたが、
最後に脚が鈍ってしまい、差し切れず。
距離というよりは、相手強化の方が大きかったと思う。
慣れればいずれは通用。
ヴェロックス評価A
19/9/22
阪神芝2400m
神戸新聞杯(G2)
2着
スタート直後はやや行きたがる面を見せていたが、
最初のコーナーを回ると、折り合いはついていた。
いいリズムで走れていて最後もしっかり伸びてきていた。
今回は相手が悪かっただけで、かなり能力は高い。

ヴェロックスは前走2着ではありますが3着以下は封じ込めており、実力はやはり一枚上の感じがします。
ただ3000mということで、絶対的とまでは言えないですが、有力どころがこぞって避けているため、相手関係的には間違いなく有力馬の一頭。
よっぽどのことがないかぎり、この馬を切るのは無謀な気がします。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%