スワンステークス 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

スワンステークス 登録馬前走診断

前走診断
10 /23 2019
10/26(土)に京都競馬場で行われるスワンステークス(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


アマルフィコースト評価B
19/9/29
阪神芝1600m
ポートアイS(L)
3着
好スタートを決め、そのまま4番手の追走。
2頭飛ばしたがついていかず、
離れて追走でマイペースの走り。
直線は先に抜け出したロードマイウェイを追いかけるも、
同じ脚色になってしまい、
外からサトノアーサーに差されて3着。
休み明け初戦としてはしっかり動けており、悪くない内容。
イエローマリンバ評価C
19/8/18
小倉芝1200m
北九州記念(G3)
10着
快速馬相手に内枠とはいえハナを取れたのは、
力を付けているように思う。
ただ、かなり突かれ、ハイペースで行ってしまったため、
直線は厳しくなってしまった。
開幕週のような馬場なら、チャンスはありそう。
カルヴァリオ評価B
19/9/8
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
4着
3着馬の後ろにつけ、速いペースのレースだったが、
追走は全く問題無く、むしろ合っている感じ。
直線は余裕をもって外に出して伸びてくるも、
前も止まらず捉えることはできなかったが、
能力差を考えると良く走れている。
斤量が軽くなったことが良かったのかもしれない。
ハンデが軽い時は注目しておきたい。
キャナルストリート評価C
19/8/25
新潟芝1400m
朱鷺S(L)
7着
好スタートから2番手追走。
道中はやや力んだような走りも自分のペースで走れていた。
直線に入って追い出すが、伸びは見られず、
前を捕まえられず、後続にかわされていってしまう。
ちょっと負けすぎな印象。状態面が悪いのかもしれない。
キングハート評価C
19/10/6
新潟芝1400m
信越S(L)
15着
好位のポジションで走れていたが、
4コーナー辺りで手応えが怪しくなり、
直線に入る頃には止めてしまっていた。
1200mを中心に使われてきたため、息が持たなかったか。
いくらなんでも負けすぎで、立て直せるかどうか。
グァンチャーレ評価B
19/6/2
東京芝1600m
安田記念(G1)
4着
スタートを決め、2番手追走。
逃げたアエロリットの後ろをピッタリついていく。
ハイペースで飛ばしたが、直線に入っても、
止まることなく辛抱強く走れていた。
一発狙いのような騎乗だったが、上位馬には完敗。
一線級相手は流石に厳しかった。
スマートオーディン評価C
19/6/2
東京芝1600m
安田記念(G1)
13着
いつも通り後方から直線に賭ける競馬。
ただペースが速く、前も止まらない厳しい展開になり、
道中でしっかり脚をためることはできず。
直線も伸びてはいるが、前を捕まえるまでには至らず。
どうしても展開待ちのところがあるので、
この結果は仕方なし。
セイウンコウセイ評価C
19/9/29
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
12着
スタート良く好位にとりついて、
いつもの競馬ができていたが、
4コーナーから直線入り口にかけて、
馬群を捌くのに手間取り、ポジションを悪くしてしまい、
出番なし。
器用に立ち回れないのが響いてしまった。
コース替わりで改めて。
タイムトリップ評価C
19/10/6
新潟芝1400m
信越S(L)
10着
中段内目に入れて、コーナーで外に持ち出して追い出し。
外へ持ち出したが、周りの脚色に及ばず。
特に不利もなく、力を出し切ってそうなので、
まだ力不足感は否めない。
ダイアトニック評価B
19/5/26
京都芝1400m
安土城S(L)
1着
スタート五分から中段に構える。
前の一団とは距離を置き、マイペースの走り。
3コーナーから距離を詰めていき、
直線で前が開いた瞬間に割って抜け出す。
最後は叩きあいになったが、なんとか凌ぎきって勝利。
反応の良さは目を見張るものがある。今後も期待。
デアレガーロ評価B
19/10/6
新潟芝1400m
信越S(L)
3着
中段外目につけ、流れに乗った競馬。
直線もスムーズに追い出すことができたが、
追い比べで敗れてしまう。
上位の馬とは斤量差もあり、悪い内容では無かった。
トゥザクラウン評価C
19/5/26
京都芝1400m
安土城S(L)
13着
好スタートを決め、2番手追走。
先行馬が多く、ややペースは流れた。
苦しくなるようなペースでは無かったはずだが、
直線を向く頃には手応えが無くなってしまった。
ここまで負けるような馬では無いはず。
間隔を詰めて使うのは良くないのかもしれない。
ノーワン評価B
19/9/29
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
8着
勝ち馬の後ろでいい流れに乗り、リズムよく走れていた。
流石にスプリントの一線級相手で、
直線の決め手では劣ってしまったが、
長期休み明けと大幅な距離短縮を考えると、
いきなりの割には良く走れていた。
マイルぐらいまでが守備範囲になっていきそう。
マイスタイル評価B
19/7/14
函館芝2000m
函館記念(G3)
1着
スタート決めて行く馬がいなかったため、ハナへ。
短期逃げのような形になったが、
ペースはミドルペースぐらい。
ここまで楽な競馬ができれば、最後まで止まらない。
枠も良かったし、展開にもかなり恵まれた。
マルターズアポジー評価C
19/9/29
中山芝1200m
スプリンターズS(G1)
14着
追い出していくも、中距離のレースのようにはいかず、
ハナは切れず、他の先行勢と並走しての追走。
スピードに差があり、このクラスでは通用せず。
形を活かせるのはやはり中距離だと思う。
ムーンクエイク評価C
18/12/22
阪神芝1400m
阪神カップ(G2)
14着
スタートで立ち上がり、最後方からの競馬。
道中もあまり行き脚はついておらず、
4コーナーから仕掛けていってからの直線の追い出しも、
全く伸びは見られなかった。
荒れた馬場は苦手なのかもしれない。
良馬場で見直したい。
モズアスコット評価B
19/10/6
東京芝1800m
毎日王冠(G2)
6着
後方から脚をためる競馬。
末脚はマズマズだったが、
休み明けでまだ体もできていなかった感がある上、
1800mという距離もやや長い印象。
この着順は仕方なし。
距離は1400mぐらいの方がいいかもしれない。
モーニン評価C
19/9/8
阪神芝1200m
セントウルS(G2)
9着
スタートで置かれてしまった。
イマイチ芝は合っていないように思う。
それでも最後はいい脚を使えていたので、
ダートに戻ればまだまだやれるはず。
ロジクライ評価C
19/10/19
東京芝1600m
富士S(G3)
17着
前にとりついていったが、前に壁を置けず、
馬群の一番外を回らされる。
終始、距離ロスの大きい競馬になり、
走りも力んだような感じだった。
直線は力なく後退していき、良さが全く見られなかった。
休み明けの影響があったのかもしれない。
ロードクエスト評価B
19/9/8
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
8着
スタートはゆっくりで後方からになったが、
じわじわと馬群にとりついていく。
いい手ごたえでコーナーを回っていくも、
4コーナーで大きく膨らんでしまい、距離ロス。
直線は内と外から挟まれる形になり、嫌気をみせ、
最後のキレは見られなかった。
落鉄もしていたらしく、不完全燃焼のレースだったと思う。

主役不在で混戦模様のメンバー構成。
前走勝ち馬も2頭だけとちょっとG2としてはレベルが低そうな気がします。
ただ、もともと前走負けていた馬が巻き返すことが多いレースですので、直近の成績は気にしなくてもいいかと思います。
前走の動きから一変しているような馬がいるかを見つけていきたいです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%