アルゼンチン共和国杯 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

アルゼンチン共和国杯 登録馬前走診断

前走診断
10 /30 2019
11/3(日)に東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。
<広告>


アイスバブル評価B
19/8/4
小倉芝2000m
小倉記念(G3)
7着
好位追走の理想的なレースを進めるも、
3コーナーの仕掛けどころで反応が鈍くなり、
内に閉じ込められてしまう。
直線に入り、立て直すもコーナーでの立ち遅れが響いた。
道中はスムーズだっただけに、意外な敗戦。
アドマイヤジャスタ評価C
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
15着
近走のレースとは違い、
いいスタートが切れて好位につける。
向こう正面まではいい競馬ができていたが、
ペースアップに対応できず、
馬群の中に押し込まれてしまう。
直線も勢いが失われて、止まってしまった。
2000mぐらいの距離の方がいいかもしれない。
アフリカンゴールド評価B
19/10/6
東京芝2400m
六社S(1600万)
1着
普通に走って3番手の追走。
かなりスローな流れになったが、折り合いもつき、
じっくりと逃げ馬の後ろで脚をためることができた。
道中は脚を使うことなく走り、
直線で外に出してから追い出して差し切った。
スローからの上がり勝負が嵌った感はあるが、
いい脚を使えており、重賞でも楽しみ。
ウインテンダネス
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
競走中止
発走直後に落馬
オジュウチョウサン評価B
19/10/6
東京芝2400m
六社S(1600万)
10着
スタートから出していき、2番手追走。
逃げ馬に並びかけるような形で追走するも、
ペースは上がらず淡々と流れ、馬群は詰まって一団。
結局、直線ヨーイドンの競馬になり、
決め手の無いこの馬には苦しくなってしまった。
スタミナ勝負なら問題無いが、
こういった決め手勝負は全く適性が無い。
今回は自分で動いて行った方が良かったように思う。
サンシロウ評価B
19/9/21
中山芝2500m
九十九里特別(1000万)
2着
ゆったりとしたスタートで、後方待機。
道中はかなりのスローペースだったが、
折り合い良く追走できていた。
途中から動いていく馬が出てきてペースが上がったが、
すぐにペースアップにも反応して、
流れに乗って走れていた。
直線はじわじわと伸びてきて、惜しい2着。
長くいい脚を使えるタイプで切れ負けはあるが、
流れに合わせた競馬が出来る器用さは魅力。
タイセイトレイル評価B
19/9/1
札幌芝2600m
丹頂S(OP)
3着
スタートしてスムーズに好位からの競馬。
淡々と流れるところをしっかり折り合いをつけていく。
最後のコーナーで動いていき、
直線で前に抜け出したドレッドノータスを目標に、
きっちり捉えたものの外から一気にかわされてしまう。
軽量馬の決め手に屈した感じで力負けでは無い。
ただ、決め手勝負は分が悪かった。
トラストケンシン評価C
19/10/6
東京芝2400m
六社S(1600万)
2着
勝ち馬と並んで好位からの競馬。
スローペースでじっくりと脚をためる。
直線もアフリカンゴールドについていくように追い出し、
着順も2着。
勝ち馬の流れに乗っての好走のため、
あまり評価はできない。
ポジションは良かったが、逆転できるような感じは無く、
まだクラス慣れが必要そうな感じ。
ノーブルマーズ評価B
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
4着
まずまずのスタートを切れたがそれほどダッシュは利かず、
先行勢を内から見る形に。
もう一段前で競馬ができれば理想的だった。
内で閉じ込められていたため、動いていけず、
直線のみになったが、しっかりと走れていた。
距離は長い方が良さそう。
時計ももっとかかるようになればチャンス。
ハッピーグリン評価C
19/10/6
東京芝1800m
毎日王冠(G2)
8着
ここに入ると、能力の差がハッキリと出てしまっていた。
競馬自体はしやすかったように見えたが、
追い出してからの伸びはいまいち。
オープンぐらいでないと厳しい。
バリングラ評価B
19/10/5
東京芝2400m
本栖湖特別(1000万)
1着
小頭数でかなりのスローペースを後方から。
ほぼ一団で進み、完全にヨーイドンの競馬。
前も全く止まらなかったが、
後方から別次元の脚で余裕を残して勝利。
流石にスロー過ぎて評価が難しいが、
決め手は上々で上のクラスでも展開次第で。
パリンジェネシス評価C
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
10着
スタートがイマイチで先手を取ることができなかった。
全く自分の走りができておらず、
向こう正面で内からプッシュされて、
さらにポジションを悪くしたのも痛かった。
展開的に本来の形ができていたらもっとやれていたと思う。
間隔が開いたことも影響したかもしれない。
ポポカテペトル評価C
19/7/14
函館芝2000m
函館記念(G3)
10着
スタート五分で中段の内目を追走。
調教の時にも感じたが、走りがまだ重たい印象。
小回りコースも合っているようには見えず、
この着順は妥当なところだと思う。
状態が上がってこれば、もっとやれていい。
マコトガラハッド評価C
18/11/4
東京芝2500m
アルゼンチン(G2)
3着
譲り合いのようなハナ争いでかなりのスローペース。
好位につけ、スローの流れに上手く乗っていけた。
道中はずっとスローで流れ、
直線に入ってヨーイドンの競馬。
全頭鋭い脚を使う中、ポジションの差で3着確保。
どの馬も余力があるような感じで、
位置取りの差で着順が決まった。評価の難しいレース内容。
ムイトオブリガード評価B
19/5/26
東京芝2500m
目黒記念(G2)
5着
マズマズのスタートが切れたが、
後方に下げて脚をためる。
ハイペースでレースは流れ、絶好の展開になる。
直線でインを選択し、ちょうど前がぽっかり空いて、
ソールインパクトと並走して伸びてきたが、
ラスト100mほどで止まってしまった。
流石に時計が速すぎたのかもしれない。
ルックトゥワイス評価A
19/5/26
東京芝2500m
目黒記念(G2)
1着
スタート直後、両隣の馬に挟まれてしまい、
後方からになってしまう。
ハイペースで流れたため、
じっくりと脚をためれる位置で逆に良かった感じ。
直線に入った時はまだ前との差はかなりあったが、
ハイペースのツケで先行馬が一杯になる中、
外から鋭い脚で伸びてレコード勝ち。
前が崩れる流れがピッタリ合ったが、
強い内容の勝ちっぷり。

スローからの上がり勝負が得意な馬と速いペースで流れてスタミナ勝負が得意な馬と分かれるようなメンバー構成。
どのような展開になるかが重要で前走の結果を鵜呑みにするのは危険そうです。
調子の善し悪しより展開を読んで、その展開にマッチする馬を決め打ちで選ぶのがいいかもしれないです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%