みやこステークス 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

みやこステークス 登録馬前走診断

前走診断
10 /31 2019
11/3(日)に京都競馬場で行われるみやこステークス(G3)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。
<広告>


アドマイヤビクター評価A
19/9/29
阪神ダ2000m
竹田城S(1600万)
1着
スタートを決めたものの隣の馬がかなり飛ばし、
好位からの追走。
逃げ馬が飛ばしたため、かなりのハイペースで流れる。
直線は楽な手ごたえで前をかわして突き抜けて勝利。
ここでは力が違った。重賞でも期待できる。
アナザートゥルース評価B
19/5/18
京都ダ1900m
平安S(G3)
4着
スタート追い出していったが、
先行馬がこぞって先手を主張したため、
控えて好位からの競馬。
先行争いが激しくなり、ハイペースで流れる。
直線入口で各馬大きく広がったところを、
真ん中辺りから追い出す。
上位3頭には決め手が劣ってしまったが、
相手はどれも強い馬。
差し向きの展開だったこともあり、よく走れている。
アングライフェン評価B
19/9/28
阪神ダ2000m
シリウスS(G3)
2着
勝ち馬の後ろで流れ的には一番いいポジション。
道中も流れに合わせた競馬ができ、無理せず直線に行けた。
直線は前が塞がるも、狭いところを割って良く伸びての2着。
展開利も大きかったが、反応の素早いところが良かった。
インティ評価B
19/6/26
大井ダ2000m
帝王賞(G1)
6着
スタートを決めてハナを取りに行くが、
外の馬が飛ばしていき、2番手の追走。
マイペースの形に持ち込めず、
3番手の馬が並びかけてきたことで、
若干折り合いを欠いて力んだ走りになっていた。
直線入って先頭に立ち、意地を見せるも、
後続の馬を止める力は残っていなかった。
能力が高いことは間違いないが、
レース経験に乏しく、マイペースでいけないと、
脆い一面も見せている。
ウェスタールンド評価B
19/4/14
阪神ダ1800m
アンタレスS(G3)
4着
スタートは問題無く出たが、
ハイペースの流れについていけず、
最後方からの競馬。
3コーナー手前からマクリ気味に動いていき、
直線は馬群の中を割って伸びてきた。
先に脚を使った分届かずの4着。
序盤の行き脚がつかなかった分が痛かった。
休み明けの分もあったのかもしれない。
キングズガード評価B
19/9/28
阪神ダ2000m
シリウスS(G3)
5着
距離延長だったが、いつものように後方で脚をためる。
折り合いはしっかりついていて、外目を回りながらも、
リラックスして走れていた。
直線も良く伸びてきていて、
距離は微妙だったかもしれないが、
阪神巧者らしいところを見せていた。
適距離に戻って、楽しみ。
コスモカナディアン評価C
19/10/20
東京ダ2100m
ブラジルC(L)
12着
スタートを決めてスンナリと好位の内目のポジションに。
道中は流れに乗って、リズムよく走れていた。
直線も途中まではしぶとく走れていたが、
坂を上り切ったところで止まってしまった。
休み明けはあまり走らない馬。
一度使われて変わってくるかもしれない。
サトノプライム評価B
19/10/20
東京ダ2100m
ブラジルC(L)
6着
スタートでやや出負けして後方から。
そのまま内目を通り、脚をじっくりためる。
内ラチ沿いを走り、距離ロスを減らし、
4コーナーから仕掛けていき、
直線も内を突いて良く伸びてきていた。
勝ち馬からは離されたが、2着からは差の無い競馬。
やや長い距離ながら良く走れている。
ジョーダンキング評価B
19/9/28
阪神ダ2000m
シリウスS(G3)
4着
勝ち馬の後ろのポジションで理想的な競馬ができた。
道中も折り合いを欠くことなく、
流れに沿った競馬ができたが直線を向いて、
追い出してからの伸びがイマイチ。
調教の動きのまま、変わってこなかった。
使われて良くなれば、重賞でももっと好走できるはず。
スマハマ評価A
19/7/14
中京ダ1800m
名鉄杯(L)
1着
好スタートからハナを切って逃げる。
道中はマイペースの逃げが叶ったが、
3コーナーからジョーダンキングに並びかけられ、
プレッシャーをかけられる。
直線は2頭のマッチレースのような形になったが、
そのまま押し切ってのレコード勝ち。
着差以上に強い内容の勝利。
スワーヴアラミス評価A
19/9/14
阪神ダ1800m
オークランド(1600万)
1着
外枠から中段で前に壁を置いて脚をためる。
一頭大逃げを打つ馬がいたが、マイペース。
3コーナーから仕掛けていき、
直線で鞭が一発入ると一気に伸びて圧勝。
ここでは力が違った。
ダンツゴウユウ評価B
19/10/6
東京ダ1400m
グリーンCC(L)
10着
後方外目につけ、脚をためる。
縦長の展開になったが、動かずじっくり進める。
直線は前が潰れるところをなだれ込んだような形。
着順は良くないが、3着からは差の無い競馬。
このクラスならいずれチャンスは来るかもしれない。
テーオーエナジー評価C
19/8/11
札幌ダ1700m
エルムS(G3)
8着
スタートは水準以上のスタートを切れ、マズマズの位置に。
飛ばした前とは距離のある6番手の追走。
悪い位置では無かったが、
なぜか向こう正面で外に持ち出す。
結局、コーナーでは内に切り替えていくので、
なぜ一度外に持ち出したのかは疑問。
直線伸びもなく、大敗。
変なことをしなければ掲示板ぐらいはあったかもしれない。
ノーヴァレンダ評価A
19/10/1
金沢ダ2100m
白山大賞典(G3)
3着
好スタートも内外の差で2番手の追走。
逃げたリアンヴェリテを終始ぴったりとマークし、
かなり積極的にプレッシャーをかけていく。
直線で競り落とし、グリムの追撃を粘りこむも最後は3着。
差されはしたものの最後までしぶとく走れている。
かなり力は付けてきている。
フェニックスマーク評価B
19/10/20
東京ダ2100m
ブラジルC(L)
11着
スタートでごちゃつき、ポジションを取りに行けず。
内に入れることが出来ず、中段外目を終始回らされる。
大幅な距離ロスをした競馬で、
直線は脚が残っていなかった。
位置取りが悪すぎる競馬で、乗り方に問題があった。
もう少しいいポジションで走れれば、
もっと上の着順でもおかしくなかった。
マイネルユキツバキ評価B
19/10/12
京都ダ1800m
太秦S(OP)
5着
中段やや後方から進める。
かなりの不良馬場で適性の問われるような馬場だったが、
問題無く追走できていった。
3コーナーから仕掛けていき、直線追い出すが、
前と同じ脚色になってかわせず。
内容は悪くないが、もうワンパンチ欲しい。
ミキノトランペット評価C
19/10/20
東京ダ2100m
ブラジルC(L)
16着
スタートはマズマズで好位の外目を追走。
流れに乗った競馬ができていたが、
3コーナー辺りから手応えが無くなり、
ズルズルと後退して最下位。
1年ぶりのレースで息が持たなかったか。
何戦かしていくうちに良くなってくるかもしれない。
メイショウウタゲ評価C
19/2/17
フェブラリーS(G1)
14着
ダッシュがつかず、後方のインを回る。
じっくりと内で構えて直線でそのまま内で追い出すも、
全く伸びる気配は無く、最後は止まってしまった。
流石にここに入ると力が通用しなかった。
メイショウスミトモ評価C
19/10/20
東京ダ2100m
ブラジルC(L)
9着
後方からの競馬になり、内で脚をためる。
道中は馬群にしっかりついていけていた。
ただ、3コーナーで周りの動きについていけず、
ポジションを悪くし、直線は止まった馬をかわしたのみ。
ピークは過ぎた印象で、
このクラスを勝ち切るのは難しそう。
ラビットラン評価B
19/10/3
大井ダ1800m
レディスプレ(G2)
3着
スタート直後で脚がつかず、最後方になったが、
すぐに追い出して、後方馬群にとりついていく。
かなり前とは距離があり、苦しい流れになり、
3コーナーから仕掛けていき、直線も外から良く伸びたが、
前を捉えるには至らず。
よく追い込んできていたが、前半の遅れが厳しかったか。
それでも牝馬同士なら力上位だと思う。
リアンヴェリテ評価C
19/10/1
金沢ダ2100m
白山大賞典(G3)
7着
逃げたもののノーヴァレンダに徹底マークされ、
プレッシャーをかけられ続ける。
直線でかわされてから力尽きてしまった。
もっと楽なペースでいければ、変わっていたはず。
今回で見限る必要は無いと思うが、
同型馬がいると苦しくなる。
ロードアルペジオ評価C
19/10/12
京都ダ1800m
太秦S(OP)
10着
不良馬場が合わなかったのか行き脚がつかず、
最後方からの競馬。
やや縦長で最後方からは厳しく、
3コーナーから動いていった。
直線外に持ち出して伸びてきたが、
ラスト100mほどで止まってしまった。
重馬場は苦手かもしれない。良馬場で見直したい。
ワイドファラオ評価B
19/9/12
浦和ダ1400m
オーバルスプ(G3)
2着
スタートは平凡で3番手追走。
逃げた馬は単騎逃げが叶いマイペースの逃げ。
かなりのリードを許し、4コーナーから追いかけるが、
直線の短い地方ダートでは届かずの2着。
もっと早めに動くべきだったが、
マークされる立場でもあり難しいところ。
初の地方ダートということを考えれば、
上々の結果だと思う。
ヴェンジェンス評価B
19/10/12
京都ダ1800m
太秦S(OP)
2着
マズマズのスタートが切れたが、
外の馬に寄られてリズムを崩し、後方から。
向こう正面ですぐに立て直し、3コーナーから進出開始。
外を回して良く伸びて2着まで上がってきた。
スムーズな競馬が出来ていれば、
際どい勝負になったかもしれない。
引き続き期待できる内容。

有力どころに先行馬が多く、先行争いが激しくなりそうなレース。
前でつぶし合うような流れになれば、後ろからの一発があるかもしれない。
おそらくフルゲートになるので、枠並びがかなり重要になりそうです。
能力よりも自在に動けるようなタイプを狙ってみるのもいいかもしれません。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%