エリザベス女王杯 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

エリザベス女王杯 登録馬前走診断

前走診断
11 /07 2019
11/10(日)に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯(G1)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>


アルメリアブルーム評価C
19/10/14
京都芝2000m
大原S(1600万)
1着
縦長の流れを後方から追走。
前が単騎逃げのような形になったが、落ち着いたペース。
4コーナーから追い出しを開始し、
直線外に出して追い込み。
最後までしっかり伸び、差し切って勝利。
前が残る流れを差し切ったのはいいが、
いかにも条件戦といったメンバー構成。
オープンの壁に苦戦しそうな感じ。
ウラヌスチャーム評価B
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
7着
いつものように後方からの競馬。
久々の2400mと初京都であったが、
しっかりと脚をためる競馬が出来ていた。
開幕週で前残りの展開になり、出番は無かったが、
自分の走りはしっかりできていた。
これぐらいの出来をキープできれば、
いずれチャンスはある。
クロコスミア評価B
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
5着
先手は取れなかったが、
2番手でも落ち着いた走りができている。
直線入ってすぐ、
ラッキーライラックにかわされてしまったが、
最後までしっかりと走れていて、崩れていないのはプラス。
もう一段階状態が上がってこれば、好走も期待できる。
クロノジェネシス評価A
19/10/13
京都芝2000m
秋華賞(G1)
1着
スタート直後はやや追い出してポジションを取りに行き、
好位から進めることが出来た。
ハイペースだったが、流れに乗ってリズムよく走れていた。
4コーナーを回り2着馬とぶつかり合いながら、
追い比べの形になったが、いい勝負根性をみせた。
馬体はやや余裕残しのように見え、次走への期待が膨らむ。
ゴージャスランチ評価C
19/8/17
新潟芝2200m
日本海S(1600万)
1着
スッと先頭に立ち、ペースを落として逃げ込み。
道中は競ってこられることなく、マイペースの逃げ。
4コーナーで詰め寄られるも、脚を残していたため、
そのまま押し切った。
かなり楽なペースで、展開が嵌った。
かなり走り方に癖があり、左脚の運びが外に広がっている。
左回り専門かもしれない。
サトノガーネット評価B
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
8着
周りのペースについていけず、最後方からの競馬。
道中も追走に苦労していて、やや置かれそうになる。
それでも直線に向くと、外からいい脚で伸びてきていた。
この距離だと忙しい。
もっと長い距離の方がいい結果が出そうな感じ。
サラキア評価B
19/10/21
東京芝2000m
オクトーバーS(L)
3着
スタート五分も行く馬がおらず、
じわっと内に入れていきハナを奪う。
エプソムCと同じようにペースを上げずに、
マイペースの形。
道中競ってこられることなく、直線の叩きあい勝負。
惜しくも3着になってしまったが、
この形はかなりしぶとい。
逃げ馬不在の時は注意したい。
シャドウディーヴァ評価B
19/10/13
京都芝2000m
秋華賞(G1)
4着
出たなりのスタートから、最内にコースを取り、
脚をためる競馬。
道中はいい感じで走れていたが、
3コーナー辺りで馬群が固まり苦しい体勢になるも、
直線で外に持ち出しながら追い出し、良く伸びていた。
やはり脚をしっかりためた方がいいタイプで、
流れよりも自分の競馬に徹した方がいいレースをする。
スカーレットカラー評価A
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
1着
脚をためて直線に賭ける競馬。
道中は後方ながらリズムよく走れていた。
直線に入り、前が開くと外から一気の末脚を見せ、
粘る相手を並ぶ間もなく抜きさっての勝利。
3歳時から期待されていた馬がようやく重賞制覇。
まだまだ勝ち星を積み重ねれる力のある馬。
センテリュオ評価C
19/9/1
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
7着
スタートが良すぎて前に壁を置くような形にできず、
先行して脚をためるような競馬ができなかった。
直線入り口で前の馬が一斉に外に持ち出し、
進路を求めて内に持ち込んだのもマイナス。
ちぐはぐな競馬になってしまった。
フロンテアクイーン評価A
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
2着
ラッキーライラックの後ろにつけ好位のベストポジション。
道中もずっとマークする形で、上手く乗れていた。
直線に入り、前が開いてラッキーライラックに並びかけて、
競り落とすも外からの強襲に屈しての2着。
レースセンスは高いが、勝ち運に見放されている。
勝ち切るタイプではないが、展開に合わせた器用さがある。
ブライトムーン評価C
19/10/26
京都芝2400m
古都S(1600万)
3着
好スタートを決め、3番手追走。
かなりのスローペースになり、小頭数で一団で進む。
3コーナー辺りからペースアップし、直線での追い比べ勝負。
ほぼ直線だけの競馬で、全頭それほど差の無い競馬。
あまり見どころのあるレースでは無かった。
ポンデザール評価B
19/9/1
札幌芝2600m
丹頂S(OP)
1着
中段やや後方からの競馬。
馬群に包まれるような形になるも、落ち着いた走り。
3コーナーから外に出していき、
直線入ってすぐ先頭に並びかけ、突き放しての勝利。
斤量差があったこともあるが、強い勝ちっぷり。
これで未勝利戦から一気の4連勝。
長距離戦なら期待できそう。
ミスマンマミーア評価B
19/10/6
東京芝2400m
六社S(1600万)
3着
外枠から後方外目につける。
道中は前に壁を置き、じっくりと脚をためる競馬。
ゆったりとした流れで、一塊のまま進む。
直線は外から伸びてくるも、前も脚を残していて、
届かずの3着。
このクラスの目途は立った感じ。
もう少し流れる展開になれば前進可能。
ラッキーライラック評価B
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
3着
好位につけ、理想的なポジションで競馬が出来た。
道中の折り合いも問題無く、直線を向いて追い出し、
逃げ馬に変わって先頭に立って押し切りを図ったが、
粘り切れずの3着。
少し早く先頭に立ってしまった感はあるが、
勝ちに行った分なので仕方ない。
牝馬同士なら能力は上だが、
もう少し時計のかかるような馬場の方が良さそう。
ラヴズオンリーユー評価A
19/5/19
東京芝2400m
優駿牝馬(G1)
1着
中段やや後方につける。
初めての多頭数で馬群に包まれる形になるも、
落ち着いて走れていた。
直線は外に持ち出し、
先行馬が粘るところを一気の差し切り勝ち。
かなり強い勝ちっぷりで、今後も期待できる。
レイホーロマンス評価C
19/10/21
東京芝2000m
オクトーバーS(L)
10着
中段内目を追走。
流れに乗った競馬はできていたが、かなりのスロー。
直線も馬群の中に入って追い出すも、前が止まらず。
展開待ちの馬でこの展開は厳しかった。
いずれ嵌るかもしれない。
レッドランディーニ評価C
19/10/14
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
7着
後方の外目に構えて、自分のリズムで走ることはできた。
ただ、ある程度流れる競馬になり、前に壁を置かず、
脚をためるようなことはできず、直線は周りと同じ脚色で、
伸びることはできなかった。
ここは相手が強かったので、自己条件で。

古馬があまり大きいところで戦っておらず、ここでは秋華賞勝ち馬のクロノジェネシスとオークス勝ち馬のラヴズオンリーユーが一枚上の力を持っているように思います。
初の古馬との対戦になりますが、世代屈指の実力の2頭。
一線級が相手なら難しいかもしれませんが、G1馬はラッキーライラックのみで重賞勝ち馬も3頭だけ。
両馬とも人気してしまうと思いますが、無視はできなさそうな感じです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%