京成杯 レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

京成杯 レース回顧

レース回顧
01 /20 2020
1/19(日)に中山競馬場で行われた京成杯(G3)のレース回顧になります。

<広告>


着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
1
クリスタルブラック2.02.18-11-10-1035.47
スタートはあまり上手くなく、後方からの競馬。
気持ちが入りすぎていて、スタート直後はかかり気味。
向こう正面でようやく落ち着いて走れていた。
直線に入った時は前とはかなり差があったが、
別格の脚を使い、抜け出した2着馬を捕えて勝利。
展開を考えるとかなり強い勝ちっぷり。
能力はかなり高そうだが、気性面がやや激しいのが気がかり。
距離はマイルぐらいの方が良さそうな感じ。
2
12
スカイグルーヴ2.02.21/22-2-2-136.21
スピードがかなりあり、自然と3番手の位置まで。
道中は楽な手ごたえで追走し、
前に馬がいてもリラックスして走れていた。
4コーナーで先頭に立ち、直線追い出して抜け出したものの、
勝ち馬の決め手に敗れてしまった。
3着馬とはしっかり差をつけており、脚も止まっていないので、
相手が悪かっただけ。
能力の高さは十分なので、すぐに勝てるはず。
3
7
ディアスティマ2.02.62 1/24-4-4-436.46
スタートは普通だったが、
追い出して好位までポジションを上げて追走。
ポジションを確保すると流れに合わせて進めることができ、
操縦性の高さがうかがえる。
4コーナーで2着馬についていこうとして離されてしまったが、
直線でジリジリと足を伸ばし、しぶとい走りはできていた。
上位とは現時点では走力に差が出た感じでが、
これからの成長次第では十分重賞でも戦えそう。
4
10
ビターエンダー2.02.6クビ8-8-7-736.24
スタートはあまり速くなく、後方からの競馬。
コーナリングがスムーズで中段馬群の後ろまで上げていく。
道中は包まれるような形になったが、落ち着いて走れていた。
直線は少しエンジンのかかりが悪かったが、
最後までしっかりと脚を使えている。
もう少し時計のかかるような馬場の方が良かったかもしれない。
これからの成長に期待したい。
5
5
キングオブドラゴン2.02.81 1/24-4-4-436.68
スタート良く、スムーズに好位の内目のポジションを取る。
道中はリズムよく流れに乗って走れていた。
直線はそのまま最内を突くが、
直線入口でスピードアップに多少もたつく。
最後まで走れているものの、反応がやや鈍かった。
鋭い決め手は無さそうなので、上がり勝負は厳しく見える。
時計がかかる馬場がいいかもしれない。
6
2
リメンバーメモリー2.02.9クビ12-12-12-1135.911
後方からのスタートだったが、
1コーナーで揉まれるのを嫌がって、最後方まで下がってしまう。
最後方に下がってからはリラックスして走れていた。
直線は大外に持ち出して追い込み、良く伸びてきていたが、
位置取りが後ろ過ぎた。
揉まれ弱いタイプかもしれないが、末脚は中々。
展開次第ではいずれ嵌るかもしれない。
7
4
ロールオブサンダー2.03.01/21-1-1-237.15
スタート直後は無理せず馬ナリで進めたが、
行く馬がいなかったため、自然とハナに立つ。
マイペースで行けたが、ピッタリとついてこられ、
プレッシャーがあったかもしれない。
4コーナーで2着馬に並んでこられ、早めにスパートをかけた分、
直線で苦しくなってしまった。
ここ2戦は早めに絡まれて負けているので、
単騎で行けた時は粘りこみがありそう。
8
11
ヴィアメント2.03.328-8-7-736.99
ゲートは一瞬飛び上がりそうになるものの、
多少遅れたぐらいでこれまでに比べると大分よくなっていた。
後方外目につけ、流れに乗った競馬ができていた。
3コーナーから追い出していったが、
直線に入る頃には勢いがなくなり失速してしまった。
ここは通用しなかったが、スタートの不安は減っているので、
自己条件なら好勝負できるはず。
9
6
ゼノヴァース2.03.53/47-7-7-437.13
中段馬群の中のポジションを取る。
馬群に包まれていたが、落ち着いて走れていた。
4コーナーからコースなりにいい形で直線に向いたが、
直線はあまり弾けなかった。
直線まで良かっただけに案外な内容。
馬体を減らしていたこともあり、ガス欠してしまったかも。
これからの成長に期待したい。
10
8
ヒュッゲ2.03.822-2-2-337.82
ハナの主張もできるようなスタートだったが、
無理せず2番手からの競馬。
ピッタリ逃げた馬をマークするような形で進める。
道中はペースが落ち着き、厳しい流れでは無かったが、
4コーナー辺りで手応えが怪しくなり、脱落してしまう。
あまり控える競馬は向いていないのかもしれない。
逃げてこその馬の可能性がある。
11
9
キムケンドリーム2.03.91/24-6-4-737.710
好位の外目につけ、流れに乗って競馬ができていたが、
3コーナーで早くも手応えが無くなってしまう。
ここでは力が足りなかった印象。
馬体を減らしていたのも良くなかった。
もう少し成長を促してからの方が良さそう。
12
3
チュウワジョーダン2.05.8大差8-8-10-1239.212
後方の内目を追走も、走りに力みが見られ、
行きたがっているように見えた。
気性面の幼さがあり、まだペース配分が上手くなさそう。
3コーナー手前で失速し始め、大差負け。
距離は現状マイルまででないと持ちそうにない。

結果:的中
能力は高そうだが、ちょっと前向きすぎる気性で距離延長がどうかで抑えにしたクリスタルブラックが勝利し、本命のスカイグルーヴが2着でなんとか的中しました。
直線向いた時点ではスカイグルーヴの楽勝かと思いましたが、後方外目からとんでもない脚で突っ込んできました。
新馬戦でも前有利の流れを差し切っており、凄い馬だと思いましたが、ここまでとは予想以上でした。
ただ、気性面はかなり課題でこのままの気性だと危なそうです。
もう少し落ち着いた走りができるように成長してもらいたいです。
スカイグルーヴは負けましたが、負けて強しの内容。
控える競馬でも問題無く、何よりスピードが絶対値がかなり高いように思います。
次走も人気になりそうですが、逆らわない方が良さそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%