きさらぎ賞 予想と買い目 - 競馬鹿の重賞レース予想

きさらぎ賞 予想と買い目

予想印&買い目
02 /09 2020
2/9(日)に京都競馬場で行われるきさらぎ賞(G3)の予想と買い目になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
コルテジア3松山弘平56(栗)鈴木孝志
あまりキレのある脚を使えるタイプでは無いが、
今の京都の馬場にはピッタリ合いそうな感じ。
経験も豊富で、展開に合わせて進めれるのもいい。
人気はあまりないが、侮ってはいけない。
2
2
サイモンルモンド3和田竜二56(栗)松田国英
いい末脚を持っているが、ダートでのもの。
芝で同様の脚が使えるかどうか。
ダートでこそといった感じで、芝替わりが合うとは思えない。
見送りが妥当。
3
3
トゥルーヴィル3北村友一56(栗)斉藤崇史
まだ子供っぽさを見せ、成長途上な感じはあるが、
能力はなかなか高そう。
少し様子を見たいところだが、
手頃な人気なので、先物買いとしては十分妙味はある。
4
4
ギベルティ3武豊56(美)小島茂之
新馬戦では強い勝ちっぷりで、相手を寄せ付けず。
同じような走りが再度できればここでも好走可能。
ただ、控えていきそうな感じもあり、
距離延長がどのように出るか注意したい。
5
5
グランレイ3池添謙一56(栗)池添学
走りはまだ全然できていない。
前走も展開が嵌ったところを突っ込んできただけ。
やや過大評価気味の人気に見える。
危険な人気馬のように思う。
6
6
サトノゴールド3幸英明56(栗)須貝尚介
夏以来のレースになり、間隔が開いているのが気になるが、
調教の動きからは順調に成長しているように見える。
久々の影響が無ければ、好走してもおかしくない。
7
7
ストーンリッジ3シュタル56(栗)藤原英昭
新馬戦の相手関係や展開を考えると少し物足りない内容。
いきなりといった感じは無く、
徐々に力をつけていく必要がありそうな感じ。
いずれは走ってきそうなので、先物買いするかどうか。
8
8
アルジャンナ3川田将雅56(栗)池江泰寿
現状クラシック候補のレベルでは無いが、
重賞を勝てるぐらいの力は十分ある馬。
小頭数で相手関係にも恵まれた今回は勝ち負け必至。

小頭数でちょっと寂しいレースになりました。
本命は①コルテジア。
パンパンの開幕週の良馬場なら迷わず不要なタイプですが、今の荒れた京都の馬場には一番合うように思います。
走りのフォームの完成度も高く、緩急のつきやすいこのコースにも適応できそうです。
対抗は⑧アルジャンナ。
ここは負けられない一戦になりますが、上がりのかかりそうな馬場がフィットするかどうか。
力では上だと思いますが、決め手が削がれた時が若干危なそうなので、評価を一段落としました。
単穴に⑥サトノゴールド。
一番間隔が開いていますが、じっくり乗り込んで成長が見込めるはず。
前走から一気に成長している可能性もあるので、抑えておきたいです。


買い目
単勝  ①
馬連  ①-⑥⑧
ワイド ①-⑥⑧


<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年10月結果
本命馬 (3.1.2.5)
回収率 20%

2020年累計
本命馬 (26.12.11.55)
回収率 61%