ダイヤモンドステークス レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

ダイヤモンドステークス レース回顧

レース回顧
02 /23 2020
2/22(土)に東京競馬場で行われたダイヤモンドステークス(G3)のレース回顧になります。

<広告>

着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
1
16
ミライヘノツバサ3.31.210-10-10-1037.416
スタートから終始、中段やや後方の内目から追走。
道中は落ち着いて走れており、
この距離にも問題無く対応できていた。
直線は内から馬群の間を割って伸びてきたが、
鞭が入るとかなり外にヨレて走っていた。
なんとか凌ぎきった感じだが、
2着馬に体をぶつけるまでヨレているので、
審議でもおかしくなかった。
スタミナ勝負の展開が良かった感じだが、
フロック勝ちのように見え、次走はあまり期待できない。
2
14
メイショウテンゲン3.31.2ハナ14-14-13-1337.23
後方内目から進め、リズムよく走れていた。
ペースも丁度いい感じで、馬群から遅れることなく、
マイペースの走りができていた。
4コーナーから外に回し、直線はしっかりとした末脚を見せ、
良く伸びていた。
以前のようなフラフラすることが無くなっていた。
最後に勝ち馬にぶつけられた分、
体勢が悪くなってしまったかもしれない。
勝っていてもおかしくない内容。
古馬になって良くなってきている。
3
1
オセアグレイト3.32.054-4-2-238.72
スタート良く、好位から進めることができていた。
1周目のゴール前ではやや力んでしまっていたが、
その後は落ち着いて走れていた。
ペースが落ちることなく進んだため、
脚が溜まらず直線は苦しくなったが、
それでも良く踏ん張っていた。
もう少しペースが遅ければもっと粘れたはず。
長距離適性は高いので、今後に期待したい。
4
6
レノヴァール3.32.0ハナ8-9-9-338.54
スタートを決めて中段から先行勢を見ながら進めていく。
道中落ち着いて走れており、じっくり構える競馬ができていた。
3コーナーから外に持ち出し、
4コーナーで勢いをつけて上がっていき、
直線ジワジワと伸びていたが、
勝ち馬が斜行して前をカットされてしまい、
最後の伸びを欠いてしまった。
直線の不利が無ければもっと伸びていたはず。
かなり長距離適性が高そうなので、
3000m以上のレースは今後もチャンスはありそう。
5
11
タイセイトレイル3.32.5312-12-10-738.85
スタートダッシュが効かず、後方からの競馬。
近走は毎回後ろからになっており、
スタートが鈍くなってきている。
道中は折り合いもしっかりついて、落ち着いた走り。
4コーナーから押し上げていき、直線もいい脚は使えていたが、
切れ味の差が出てしまった。
鞍上によってはいい末脚を見せていたので、
馬の能力を引き出せていない可能性も。
鞍上強化した時に狙ってみたい。
6
9
ステイブラビッシモ3.33.13 1/215-15-13-739.415
スタートは抑えて後方から。
道中はじっくりと脚を溜める競馬に徹し、
マイペースの走りで馬群から離されて追走。
3コーナーから馬群にとりついていき、
いい感じで上がってきていたが、直線はそれ以上は伸びず。
この馬なりには良く走れているが、ここら辺が限度かも。
7
7
タガノディアマンテ3.33.31 1/416-16-16-1539.21
スタートから行き脚がつかず最後方からの競馬。
左回りもあまり得意ではないようで、
コーナリングのたびに離されていってしまっていた。
3コーナー半ば辺りからやや強引に上がっていったが、
流石に東京の直線では最後まで伸びきれず。
ここまで流れに乗った競馬ができないのは想定外。
思ったほど強い馬では無いのかもしれない。
8
10
サトノティターン3.33.51 1/413-12-13-1539.411
後方からの競馬。
芝自体はそれほど悪くなく、
後方からだったが追走はしっかりできていた。
ただ、直線に入って追い出す頃には一杯になってしまい、
かなりフラフラしながら走っていた。
この距離は長すぎた印象で持ち味が全く出ていなかった。
芝も悪くは無いが、2000m前後でないと厳しそう。
9
13
ヴァントシルム3.33.71 1/26-6-6-340.27
スタート良く、好位からの競馬。
スンナリといいポジションにつけることができたが、
道中ペースが落ちず、息を入れれない流れは厳しかったかも。
それでも直線はいい形で向くことができ、
前を捕える勢いで上がっていたが、
ラスト1ハロンほどのところで止まってしまった。
もっとスローなら最後まで持ったかもしれない。
長距離が苦手な感じは無いので、今後に期待。
10
2
ウインテンダネス3.34.026-7-6-1340.014
スタートを決め、好位につける。
初めての3000m以上だったが、折り合いは問題無く、
流れに乗った競馬ができていた。
最後の3コーナーまでは良かったが、
4コーナーを回るときに手応えが無くなり、
後方まで下がってしまう。
直線で多少持ち直したが、一杯になってしまい、
最後は苦しくなってしまっていた。
ここまでの距離は厳しかった様子。
11
3
ポポカテペトル3.34.21 1/48-7-6-340.78
先行勢の後ろにつけ、ピッタリ内ラチ沿いを走り、
距離ロスの無い競馬ができていた。
道中はいい感じで走れており、
4コーナーでは内を活かして前を捕える勢いだったが、
直線入った時にはバテてしまっていた。
そのため、直線半ばでは追うのも止めていた。
距離というよりは休み明けが影響しているように見える。
一度使われたことで、次走は良くなってきそう。
12
4
ロサグラウカ3.34.3クビ1-1-1-141.29
スタートから押していき、ハナを奪いに行く。
絡まれることなく最初のコーナー手前で先頭に立ち、
マイペースの競馬。
1周目のゴール前を回り、
ペースを落としたいところでバレリオに並びかけられて、
タフな流れになってしまったのが厳しかった。
直線入口までなんとか先頭を守っていたが、
直線は流石に力尽きていた。
道中で休む間が無かったわりには良く踏ん張っていた。
楽逃げできれば重賞でもチャンスはありそう。
13
5
リッジマン3.35.1510-10-10-1041.212
中段から進め、勝ち馬と並んで走っていた。
道中はリズムよく走れていたが、
4コーナー辺りで手応えが無くなってしまっていた。
馬格や年齢的に57kgの斤量では走れなくなってきている。
今後も厳しそうな感じ。
14
8
アドマイヤジャスタ3.35.424-4-5-341.813
好位の外目につけ、リズムよく走れていた。
1周目のゴール前で外からバレリオが上がっていったが、
つられることもなく、マイペースを維持できていた。
馬の雰囲気は悪くなかったが、4コーナーで馬群に沈んでしまい、
直線はバテてほとんど追わず。
元々距離は長すぎたので今回の結果は度外視でも。
長距離を使ったことで馬が変わってこれば。
15
12
ダノンキングダム3.35.933-3-2-1042.010
スタートはそれほど押していなかったが、
スピードがあり、2番手から進める。
初めての長距離戦で折り合いが心配だったが、
特に問題無く、逃げた馬の後ろに入れて、落ち着いた走り。
いい感じで走れてはいたが、距離が長すぎたのか、
4コーナーでズルズルと後退していき、バテてしまっていた。
適距離に戻って見直したい。
16
15
バレリオ3.37.5102-2-2-743.86
スタートは後方から。
最初のコーナー辺りでかかってしまい、
内に潜らせて前に壁を置けばいいところを、
何を思ったのか外に出して一気に2番手まで上がってしまう。
チグハグな競馬をしすぎで、4コーナーでバテてしまった。
若手騎手以上に酷い乗り方。
馬に変な癖がつかなければいいが。

結果:不的中
最低人気馬が勝利するという波乱の結果は流石に予想できませんでした。
波乱の要因は、バレリオの暴走に尽きると思います。
本来はどこかで緩んで息を入れるタイミングがありますが、
今回のレースでは道中緩むことが無く、全て12秒台のラップで刻み、13秒台のラップタイムがありませんでした。
落ち着きそうなタイミングで一気に捲って上がっていき、かなり自分勝手な走りをしていたように思いました。
好走するのであればどんな競馬をしようが構いませんが、この騎乗はレースをただ壊しただけのような走り。
鞍上には重賞でもう乗ってもらいたくないですね。
どんなに有力馬に乗っていたとしても、本命に打つことは無さそうです。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年2月結果
本命馬 (1.2.2.6)
回収率 54%

2020年累計
本命馬 (3.5.2.10)
回収率 133%