オーシャンステークス 過去5年データ分析 - 競馬鹿の重賞レース予想

オーシャンステークス 過去5年データ分析

過去データ分析
03 /03 2020
3/7(土)に中山競馬場で行われるオーシャンステークス(G3)の過去5年データ分析をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳1- 1- 1-13/166.30%12.50%18.80%1936
5歳3- 1- 2-10/1618.80%25.00%37.50%278116
6歳0- 2- 1-14/170.00%11.80%17.60%031
7歳1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%13367
8歳~0- 0- 1-20/210.00%0.00%4.76%026
5歳馬の好走率が他の年代に比べて抜けていて、ここから入るのがセオリー。
高齢馬の出走が多いレースではあるが、
近年8歳以上で馬券になったのは2016年のスノードラゴンのみ。
この馬は2014年の2着馬。リピーターでない高齢馬は軽視して問題なさそう。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
54kg2- 3- 1-16/229.10%22.70%27.30%2445
55kg0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
56kg3- 2- 3-42/506.00%10.00%16.00%11153
57kg0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%0110
別定戦で実績馬がやや苦戦傾向。
今年の登録馬は55kgや57kgの斤量を背負う馬はいないが、
タワーオブロンドンが58kgでの出走予定。
おそらく1番人気になる馬だが、この馬をどう見るかが重要になりそう。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
400~419kg0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
420~439kg0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
440~459kg0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00
460~479kg1- 0- 2-17/205.00%5.00%15.00%5539
480~499kg2- 2- 0-20/248.30%16.70%16.70%6842
500~519kg2- 1- 3-14/2010.00%15.00%30.00%168106
520~539kg0- 2- 0- 0/ 20.00%100.00%100.00%0150
540~0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
スプリント戦らしく、馬格のある馬が優勢。
500kg以上あるのが理想だが、最低でも460kg以上は欲しいところ。
450kg以下の馬は割引。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠0- 2- 0- 8/100.00%20.00%20.00%053
2枠0- 1- 1- 8/100.00%10.00%20.00%042
3枠0- 0- 1- 9/100.00%0.00%10.00%035
4枠1- 0- 1- 8/1010.00%10.00%20.00%313120
5枠1- 0- 1- 8/1010.00%10.00%20.00%2336
6枠2- 1- 0- 7/1020.00%30.00%30.00%24379
7枠1- 1- 1- 7/1010.00%20.00%30.00%3156
8枠0- 0- 0-10/100.00%0.00%0.00%00
8枠が厳しい数字。
コース形態的に大外枠は距離ロスが発生しやすく、この枠は割引。
極端なポジションを取る馬なら展開次第で多少可能性がある程度。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 1- 1- 1/ 540.00%60.00%80.00%108140
2番人気0- 2- 0- 3/ 50.00%40.00%40.00%060
3番人気0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%042
4番人気0- 1- 2- 2/ 50.00%20.00%60.00%0156
5番人気1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%22064
6番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
7番人気1- 0- 1- 3/ 520.00%20.00%40.00%266140
8番人気0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%0110
9番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
10~人気1- 0- 0-34/352.90%2.90%2.90%8918
過去は大荒れ傾向のレースだったが近年は平穏に収まりつつある。
それでも人気馬上位独占とはいかず、1頭紛れることも。
馬券の買い方が難しいレース。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
連闘0- 0- 1- 2/ 30.00%0.00%33.30%0116
2週0- 1- 1- 3/ 50.00%20.00%40.00%088
3週1- 0- 0- 1/ 250.00%50.00%50.00%550160
4週0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
5~ 9週2- 2- 2-31/375.40%10.80%16.20%9241
10~25週2- 2- 0-25/296.90%13.80%13.80%5334
半年以上0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0550
余裕を持ったローテーションで出走した馬の好走数は多いが、
出走数も多く、取り捨てが難しい。
間隔が詰まっている馬は数は少ないが、結果を出すことが多く、
勢いのある馬はもちろんのこと、前走ポカして大敗している馬も注意したい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ1- 2- 0- 2/ 520.00%60.00%60.00%62132
先行1- 2- 0-15/185.60%16.70%16.70%17354
中団3- 1- 3-22/2910.30%13.80%24.10%9161
後方0- 0- 2-26/280.00%0.00%7.10%027
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%26670
3F 2位2- 0- 2- 3/ 728.60%28.60%57.10%190131
3F 3位0- 1- 1- 2/ 40.00%25.00%50.00%0117
3F ~5位0- 0- 2-10/120.00%0.00%16.70%064
3F 6位~2- 4- 0-46/523.80%11.50%11.50%6632
ハイペースで流れるが、前半が下りなのでそれほど先行馬の負担は大きくなく、
そのまま押し切ってしまうことが多い。
後方に構える馬にはなかなか出番が無いレース。
上がりも最後の坂で止まることが無ければ十分で、切れ味は求められない。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着2- 0- 1-10/1315.40%15.40%23.10%4138
前走2着2- 1- 0- 5/ 825.00%37.50%37.50%30398
前走3着0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
前走4着0- 0- 2- 4/ 60.00%0.00%33.30%076
前走5着0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%036
前走6~9着1- 1- 1-12/156.70%13.30%20.00%20894
前走10着~0- 2- 1-28/310.00%6.50%9.70%028
前走好走している馬はマズマズの数字。
ただ、大敗している馬も巻き返しが見られ、
前走距離や条件が合わずに負けている馬には要注意。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000万下0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1600万下0- 0- 1- 5/ 60.00%0.00%16.70%038
OPEN特別4- 1- 1-21/2714.80%18.50%22.20%11047
G31- 2- 2-27/323.10%9.40%15.60%9750
G20- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%033
G10- 1- 0- 3/ 40.00%25.00%25.00%080
地方0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
海外0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0275
OPEN特別で勝ち負けできる力があれば能力は足りている。
逆にOPEN特別で掲示板にも入らないような馬には厳しい。
勢いがある馬か実績馬の巻き返しが主流。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1200m4- 3- 3-46/567.10%12.50%17.90%8951
1400m0- 2- 2-11/150.00%13.30%26.70%066
1600m1- 0- 0- 8/ 911.10%11.10%11.10%12235
2016年にエイシンブルズアイがマイル戦からここを使って勝っているが、
元々1200mもこなしていた馬。
距離短縮がマイナスにならなかった馬で、基本的にはマイラーは割引。

出走予定馬を見る限り、実績馬のタワーオブロンドン、ダノンスマッシュに人気が集まり、リピーターのキングハートとナックビーナスが穴人気するような感じがします。
あっさり人気馬決着は起こる可能性は低いと思いますが、上記以外の馬から好走する馬を探すのはかなり難しそうに見えます。
思いもよらない馬が3着に入ってくることは多々ありますので、3連系は危険かもしれません。

<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年7月結果
本命馬 (0.0.1.7)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.8.40)
回収率 71%