フラワーカップ レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

フラワーカップ レース回顧

レース回顧
03 /23 2020
3/20(金)に中山競馬場で行われるフラワーカップ(G3)のレース回顧になります。

<広告>
着順馬番馬名タイム着差通過順位上り3F人気
 
1
13
アブレイズ1.48.22-2-2-236.712
初戦と違い、今回は馬の気に任せてスタートから飛び出し、
2番手追走。
さらに行きたがっていたが、そこで折り合いをつけ、
向こう正面ではマズマズ落ち着いて走れていた。
直線に向いて先頭に立ち、最後まで止まることなく、
追撃を振り切って勝利。
まだ幼さが残っているので、
負ける時は大敗しそうな危険性はあるものの、
能力は高そうなので、今後の成長に期待したい。
2
14
レッドルレーヴ1.48.33/48-8-8-636.34
スムーズに中段につけ、先行馬群を見ながらの競馬。
ややペースは速かったが、落ち着いてリズムよく運べた。
4コーナーで後続が上がってきて、窮屈になったが、
上がってきた馬を押しのける気の強さも見せていた。
直線も良く伸びており、勝ち馬には届かなかったが、
上々の内容。2勝目も近そう。
3
12
シーズンズギフト1.48.61 1/23-5-4-436.91
好スタートを決めたが、外の馬が飛び出していき、
一旦控えて好位の外目を追走。
先行馬群が固まっていたため、
外を回らされる羽目になってしまった。
最初のコーナーでは少し行きたがる素振りを見せていたが、
向こう正面では落ち着いて走れていた。
直線は上位馬にはかなわなかったが、
最後までしっかり走れていた。
負けたものの、今回一番強い競馬はできていた。
次走に期待したい。
4
3
チェスナットドレス1.48.81 1/410-10-12-1136.110
スタートは良かったが、控えて後方まで下げていく。
道中はリズムよく進め、
3コーナー辺りから周りの馬の動きにつられず、
じっくり脚を溜めながら追走。
直線は馬群の間から良く伸びてきていた。
ポジションを問わず善戦でき、脚質にとらわれない馬。
気性面が良く、自己条件なら好勝負必至。
5
11
クリスティ1.48.8クビ3-3-3-237.22
スタート良く、3番手からの競馬。
勝ち馬を見ながら最高のポジションで進めることができていた。
道中の折り合いも問題無く、理想的な競馬が出来ていたが、
直線でやや苦しくなってしまい、上位馬に後れを取ってしまった。
休み明けで少し息が持たなかったかもしれない。
使っていけば良くなってくるはず。
6
9
ミアマンテ1.49.01 1/412-12-11-1036.43
スタートはポジションを取りに行かず、後方から。
マイペースでリズムよく進めていた。
3コーナーで他の馬が上がっていくのに合わせて上がっていくが、
4コーナーで前を塞がれてしまい、急ブレーキ。
すぐに立て直して直線は良く伸びてきていただけに、
4コーナーの不利が痛かった。
現状、馬込で走るのが苦手そうなので、
そこが改善されればこのレベルでもやれそうな感はある。
7
10
ポレンティア1.49.06-5-7-637.26
好位からの競馬で、先行集団にとりついていく。
馬に挟まれながらの走りで、終始窮屈な競馬になってしまった。
それでも道中は我慢して走れており、気性面は問題無し。
直線に入り、前の狭いポジションの取り合いで、
内の馬と体をぶつけながら走っていたが、
相手を吹き飛ばすパワーを見せていた。
ただ、そこでかなりやり合ってしまったため、
上位には食い込んでいけず。
スムーズな競馬を全くしていない割には頑張っている。
勝負根性もあり、すぐに勝ち負けできそう。
8
6
キングスタイル1.49.1クビ14-13-14-1236.211
スタートが速くなく、最後方からの競馬。
やや1頭置かれてしまったが、1コーナーでとりついていく。
じっくりと内で脚を溜め、直線で一気に外に持ち出し、
良く伸びてきていた。
外の馬とぶつかっていたが、
気にせず脚を使えていたのは良かった。
今回は距離が短かったかもしれない。
2400mぐらいで面白そうな馬。
9
8
フラワリングナイト1.49.31 1/413-13-12-636.69
今回もスタートダッシュが効かず、後方から進める。
道中はマズマズ落ち着いて走れていたが、
前との距離を気にしてか3コーナーから一気に捲っていく。
結果的にはこれが悪かったようで、
直線で一杯になってしまい、伸びきれず。
動くしかない展開だったので仕方のない部分はあるが、
鞍上との相性がイマイチ良くないように見える。
能力はそこそこありそうなので、
乗り替わりのタイミングで狙ってみてもいいかもしれない。
10
5
ナリノクリスティー1.49.41/21-1-1-138.17
ハナを取る勢いで飛ばしていったが、勝ち馬も飛ばし、
枠の差で先頭に立つも、ペースを落とせず。
やや力んだ走りになってしまい、
自分のペースの競馬はできなかった。
直線入口でかわされ、踏ん張り切れず。
マイペースならここまで止まることは無さそう。
今回は展開が向かなかった。
11
4
アミークス1.49.53/411-10-9-637.113
今回は控えて後方から。
道中は折り合い良く、じっくり脚を溜めて追走できていた。
3コーナーで後ろの馬が動いてきたのに合わせて、
一緒に上がっていったが、他の馬よりも脚色が悪く、
直線に入る辺りで脱落してしまっていた。
単純に重賞では力負けのレースが続いている。
1勝馬クラスでないと話にならない。
12
7
ショウナンハレルヤ1.49.92 1/26-5-4-438.25
スタートから出していき、好位追走。
先行集団にとりついて、いいポジションで進めていた。
直線までは理想的な競馬で進めることができていたが、
直線で前が狭くなり、スペースの取り合いで、
他馬とかなりぶつかり、気持ちが萎えてしまっていた。
ラストは全く追っていないので、
着順は度外視でいいと思うが、精神的なダメージが気になる。
次走は様子見した方がいいかもしれない。
13
1
エンジョイ1.52.2大差8-9-9-1439.814
中段から進め、道中はマズマズ走れていたが、
3コーナーで脚色が悪くなり、早々と終わってしまった。
芝の重賞では明らかに能力が足りていなかった。
現状は芝では通用しなさそう。
ダートの自己条件で力をつけていくのが良さそう。
14
2
トリンカデイラ1.53.585-3-4-1241.88
スタート良く飛び出していったが、周りの馬も速く、
ややかかってしまっていた。
ポジションこそ好位につけることができたが、
落ち着きは全く無く、前走のように頭を上げて落ち着きない走り。
4コーナー辺りでバテてしまい、自滅してしまった。
気性面がまだまだ。
落ち着いて走れるようにならないと今後も厳しい。

結果:不的中
スローペースからの上がり勝負の展開予想をしていましたが、
勝ち馬のアブレイズが予想以上に強い馬だったようで、
ゆったりとしたペースにはならず、本命のナリノクリスティーには厳しいレースでした。
展開がサッパリ違っていたので、買い目もサッパリ。
全くダメな予想でしたが、仕方ないと割り切るしかないです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年3月結果
本命馬 (5.2.2.7)
回収率 34%

2020年累計
本命馬 (8.7.4.17)
回収率 100%