ダービー卿チャレンジトロフィー 出走馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

ダービー卿チャレンジトロフィー 出走馬前走診断

前走診断
04 /02 2020
4/4(土)に中山競馬場で行われるダービー卿チャレンジトロフィー(G3)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
エメラルファイト評価C
20/2/23
小倉芝1800m
小倉大賞典(G3)
11着
中段やや後方から進める。
少しポジションは後ろになってしまったが、
リズムよく走れていた。
コーナーで勢いをつけながら回ってきたが、
直線入口で内からぶつけられ、萎えてしまって伸びず。
能力的にはもっと走れそうな感じはあるが、
案外打たれ弱いタイプなのかもしれない。
カツジ評価B
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
6着
向こう正面で内の馬に寄られ、
かなり外を回らされてしまった。
3コーナーから内の馬についていくように動いていったが、
直線で止まってしまい、やや不完全燃焼。
ただ、1年ぶりのレースで不慣れな形になったわりに、
良く走れている。
一度使われて良くなってくるかもしれないので、
次走は注意しておきたい。
クルーガー評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
5着
好スタートを決め、ハナを切る勢いだったが、
内からモルフェオルフェがハナを主張し、2番手追走。
前を行かせてマイペースの走りにすぐに切り替えていた。
道中は落ち着いて、リズムよく走れており、
直線も最後まで粘り強い走りができていた。
8歳馬になるが衰えている感じは見られず、
もっと時計のかかるような馬場なら前進があるかも。
ケイアイノーテック評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
11着
最後方からじっくり脚を溜める競馬。
落ち着いたペースになり、展開が合わなかった。
直線も前が止まらず、一団のままの上がり勝負になり、
最速の脚を繰り出すも、前も止まらなかった。
展開が嵌らず、凡走が続いているが、
末脚はしっかりしているので、嵌る展開の時に注意したい。
ジャンダルム評価C
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
10着
前に壁を置いて走っていたが、
向こう正面でやや馬が行きたがってしまい、
外に出すと周りの馬の動きに反応してコーナーで脚を使い、
直線で失速。
かなりチグハグなレースになってしまった。
気性面で難しいところがあり、なかなか安定しない。
もう少し落ち着きのあるレースができれば、
重賞でももっと活躍できそうだが。
ストーミーシー評価A
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
1着
これまでとは違い、先行策に打って出て、
馬場の悪い内目を走りながらも力強い走りができていた。
直線外から伸びる馬が多い中、
内から伸びてきて勝利したのは評価できる。
前からの競馬ができたことも収穫で、
G3ぐらいなら勝負になるかもしれない。
トーラスジェミニ評価B
20/3/20
中山芝1600m
幕張S(1600万)
1着
最内枠からスタートを決めてハナを奪い、
そのまま押し切って勝利。
向こう正面から2着馬にずっと競ってこられ、
ペースも落とせなかったがなんとか凌ぎきった。
ただ、楽逃げとまではいかないまでも、
枠にも展開にも恵まれた感がある。
クラス慣れが必要なタイプでもあり、
昇級初戦は苦戦するかもしれない。
ドーヴァー評価C
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
13着
後方から進めるも、今回も前が止まらない流れ。
後ろからだと全く出番が無かった。
ただ、他の追い込み馬にも脚色が見劣っており、
展開が向いたとしても、厳しかった可能性も。
やや精彩を欠いてきているかもしれない。
ナインテイルズ評価C
20/3/7
中山芝1200m
オーシャンS(G3)
14着
好位からの競馬はできていたが、
スタートダッシュは悪くなってきている。
コーナーでの加速にもついていけておらず、
直線に入る前に後退していってしまった。
衰えが顕著になってきている。重賞は厳しく見える。
ブラックムーン評価B
20/3/8
阪神芝1800m
大阪城S(L)
7着
いつものように最後方から直線に賭ける競馬をして、
直線は良く伸びてきていたが、内の馬場が良く、
前残りの流れになり届かず。
どうしても展開に左右される馬なので、
届かないのは仕方ない。
末脚はまだ衰えていないので、
これぐらいの相手になら展開さえ嵌れば一発あるかも。
プリモシーン評価A
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
1着
最内枠からのスタートだったが、
隣のヴァンドギャルドが出遅れて、
楽に好位のポジションを取れたのが大きかった。
道中もいいリズムで運ぶことができ、落ち着いた走り。
直線で馬群の外に持ち出して、力強く抜け出して勝利。
56kgを背負っていたことを考えるとかなり評価できる走り。
この出来ならG1でも期待できる。
ペプチドバンブー評価B
20/3/8
中京芝1600m
トリトンS(1600万)
1着
昨年はダートを使っていたが、
芝に戻して2戦目でオープン入り。
強い勝ちっぷりだったが、馬場が悪く、
重馬場を得意とするこの馬向きの馬場が良かった感がある。
決め手はいいものを持っているが、
いきなりは厳しいかもしれない。
ただ、重馬場になればオープン馬相手でも侮れない。
ボンセルヴィーソ評価C
20/3/15
中山芝1600m
東風S(L)
12着
好位追走していたがペースが速く、
3コーナーで後続が外から並びかけてきて苦しい展開。
かなり早仕掛けをする羽目になり、
自分のリズムで走ることができなかった。
スピードはあるので、先行は簡単にできるが、
能力的には乏しく、相手次第のところがある。
マイペースで運べないと厳しい。
マイスタイル評価C
20/3/1
阪神芝1400m
阪急杯(G3)
12着
好スタートを決めて2番手からの競馬。
多少ペースは速かったかもしれないが、マズマズの流れ。
道中の雰囲気は良く、
4コーナーで前をかわして直線に入ったが、
直線は全く粘りが見られなかった。
いい時に比べるとかなり状態が落ちているように見える。
暖かくなってからかもしれない。
ムーンクエイク評価C
20/1/18
中山芝1600m
ニューイヤーS(L)
9着
かなり行きたがってしまい、抑えきれずに前につけるが、
道中もずっとカリカリして走っていた。
体力の消耗が激しく、直線ではキレが全く見られなかった。
短い距離を中心に使われてきたので、
ペースが合わなかったのかもしれない。
元々使ってきた距離なので、一度使われて慣れてこれば。
レイエンダ評価B
20/2/9
東京芝1600m
東京新聞杯(G3)
8着
スタートは積極的に出していき、3番手追走。
展開的にはいいポジションから進めることができていた。
鞍上は初騎乗だったが、特に折り合いを欠くこともなく、
上手く乗りこなせていたように思う。
直線で先頭に立ち、いい粘りこみを見せていたが、
ラスト100mほどで止まってしまい、
一気に交わされてしまった。
止まったのは休み明けの分もありそうなので、
次走は変わってきそうな感じはある。

前走良かった馬はストーミーシーとプリモシーン。
ストーミーシーは楽な展開で無かったにもかかわらず、完勝している辺りは評価すべきだと思います。
脚質に幅も出てきたので、状態を維持できていれば今回も勝負になりそうです。
プリモシーンは牡馬混合の重賞で56kgを背負って勝っているのは着差以上に強い内容だったと思います。
力を出せずに凡走もあるので、信頼しづらいところはありますが、能力はここでは上位です。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年11月結果
本命馬 (6.2.0.6)
回収率 75%

2020年累計
本命馬 (32.14.11.61)
回収率 62%