青葉賞 過去5年データ分析 - 競馬鹿の重賞レース予想

青葉賞 過去5年データ分析

過去データ分析
04 /29 2020
5/2(土)に東京競馬場で行われる青葉賞(G2)の過去5年データ分析をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
420~439kg0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
440~459kg0- 1- 2-10/130.00%7.70%23.10%063
460~479kg1- 2- 1-20/244.20%12.50%16.70%1729
480~499kg3- 1- 2-17/2313.00%17.40%26.10%13162
500~519kg1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%1534
520~539kg0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
馬格については特に気にする必要は無さそう。
当日10kg以上の増減が無ければ問題無し。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠1- 0- 0- 7/ 812.50%12.50%12.50%13133
2枠0- 2- 0- 6/ 80.00%25.00%25.00%041
3枠0- 0- 2- 6/ 80.00%0.00%25.00%063
4枠1- 1- 0- 7/ 911.10%22.20%22.20%4543
5枠2- 0- 2- 6/1020.00%20.00%40.00%19791
6枠0- 0- 0-10/100.00%0.00%0.00%00
7枠1- 2- 0- 9/128.30%25.00%25.00%1260
8枠0- 0- 1-11/120.00%0.00%8.30%013
1枠有利のコースではあるが、このレースではそれほど数字は出ていない。
ただ、大外枠の不利は顕著に表れており、8枠はやはり厳しい。
多頭数の場合、大外枠は割引したい。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 1- 2- 0/ 540.00%60.00%100.00%112146
2番人気0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
3番人気0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%050
4~6人気3- 3- 1- 8/1520.00%40.00%46.70%201108
7~9人気0- 1- 1-13/150.00%6.70%13.30%046
10~人気0- 0- 0-32/320.00%0.00%0.00%00
1番人気の信頼性が高いレース。
距離に問題が無ければ、馬券には組み込んでおきたい。
ただ、2,3番人気は不振気味で、中穴の馬の好走が目立つ。
距離実績があるにもかかわらず、人気の盲点になっている馬には注意したい。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
連闘0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
2週0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
3週0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
4週3- 0- 1-11/1520.00%20.00%26.70%7138
5~ 9週2- 4- 2-35/434.70%14.00%18.60%5850
10~25週0- 1- 2- 9/120.00%8.30%25.00%047
半年以上0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
中3週のアザレア賞、中4週の大寒桜賞の勝ち馬の成績が優秀。
2000mを超えるレースが直近にないため、
間隔が詰まっている馬は軽視して良さそう。
重賞で取りこぼしている馬と長距離実績のある馬との構図になる一戦。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%21054
先行0- 2- 0-15/170.00%11.80%11.80%032
中団3- 1- 5-21/3010.00%13.30%30.00%7964
後方0- 2- 0-22/240.00%8.30%8.30%018
マクリ1- 0- 0- 0/ 1100.00%100.00%100.00%150110
脚質上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位1- 1- 1- 2/ 520.00%40.00%60.00%3098
3F 2位3- 1- 0- 1/ 560.00%80.00%80.00%476170
3F 3位0- 0- 3- 4/ 70.00%0.00%42.90%098
3F ~5位0- 1- 1- 8/100.00%10.00%20.00%067
3F 6位~1- 2- 0-47/502.00%6.00%6.00%2112
昨年はリオンリオンがハイペースで飛ばし、
後続に脚を使わせる競馬で振り切って勝利しているが、
それほど速いペースにならないことが多い。
決め手勝負になりやすく、位置取りよりは速い上がりが使えるかが重要。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着4- 2- 5-23/3411.80%17.60%32.40%6265
前走2着0- 2- 0- 9/110.00%18.20%18.20%050
前走3着0- 0- 0- 6/ 60.00%0.00%0.00%00
前走4着0- 1- 0- 5/ 60.00%16.70%16.70%035
前走5着0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00
前走6~9着1- 0- 0-12/137.70%7.70%7.70%11224
前走10着~0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
前走勝ち馬の成績がいいが、数も多く、取捨選択が大事。
基本的には2000mを超える距離での勝ち馬を評価すべき。
負けている馬の巻き返しは重賞を使ってきた馬がほとんど。
距離への対応力がある馬か能力が高い馬でないと通用しない。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
未勝利0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
500万下4- 3- 5-33/458.90%15.60%26.70%4758
OPEN特別0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
G30- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%015
G21- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%14653
重賞では初めての距離になるので、重賞経験のある馬でも案外なことも。
また、ここに出走してくる時点で賞金的に厳しい馬なので、
能力が抜けた重賞経験馬はほぼいないと思っていた方が良さそう。
2200m以上の1勝馬クラスを使ってきた馬の成績が良く、
距離に適性の高い馬を見つけ出したい。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1400m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
1600m0- 0- 1- 0/ 10.00%0.00%100.00%0250
1800m1- 0- 0-24/254.00%4.00%4.00%5812
2000m0- 2- 0-10/120.00%16.70%16.70%030
2200m1- 2- 1-19/234.30%13.00%17.40%4541
2300m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
2400m3- 1- 3- 7/1421.40%28.60%50.00%76100
同距離を使ってきている馬は半数が馬券になっており、距離実績は重要。
2000m以下の馬は重賞出走馬には注意が必要だが、
それ以外の馬はよほどいい勝ちっぷりをしていない限り割引したい。

ダービートライアルでありながら、ダービー勝ち馬が一頭も出ていない稀有なレース。
勝ち馬にはG1馬も多くいるので、レベル自体は低くはないはずだが…
底が見えてしまった重賞経験馬よりは1勝クラスを勝って勢いのある馬に注目したい。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年7月結果
本命馬 (0.0.1.7)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.8.40)
回収率 71%