天皇賞・春 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

天皇賞・春 登録馬前走診断

前走診断
04 /30 2020
5/3(日)に京都競馬場で行われる天皇賞・春(G1)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

エタリオウ評価B
20/3/28
中山芝2500m
日経賞(G2)
6着
好位につけてゆったりとした流れで理想的にだったが、
直線は案外伸びず。
一緒に上がっていったスティッフェリオに、
アッサリかわされてしまった。
追い込んできたアイスバブルに差されているあたり、
勝ち切れない感じは残っているように見える。
調子は上がってきつつありそうなので、
次走は注目したいが一線級相手では無く、
G3あたりで勝ちに行く競馬を見てみたい。
オセアグレイト評価B
20/2/22
東京芝3400m
ダイヤモンドS(G3)
3着
スタート良く、好位から進めることができていた。
1周目のゴール前ではやや力んでしまっていたが、
その後は落ち着いて走れていた。
ペースが落ちることなく進んだため、
脚が溜まらず直線は苦しくなったが、
それでも良く踏ん張っていた。
もう少しペースが遅ければもっと粘れたはず。
長距離適性は高いので、今後に期待したい。
キセキ評価C
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
7着
ゲートから出ず、スタートで大きく出遅れ。
かなりの後手を踏み、その上、
折り合いも全くつかないまま走っていた。
かなり抑えようとしていたが、抑えきれなくなり、
1周目で一気に先行集団まで上がっていってしまった。
前につけてからは多少落ち着いたが、
ここまで暴走してしまっては流石に直線は苦しい。
ただ、致命的な出遅れからチグハグな競馬をした割には、
大崩れまではいかなかったのは能力の高さ。
父親譲りの気性の悪さが出てきたような感じなので、
今後は安定性は期待できない。
軸で狙うのは危険かもしれない。
シルヴァンシャー評価B
19/10/6
京都芝2400m
京都大賞典(G2)
3着
それほどスタートの出は良くなく、中段やや後方に。
折り合いはしっかりついており、
道中はいい感じで走れていた。
向こう正面でクリンチャーが斜行し、
前をカットされるもすぐに立ち直し、
影響を感じさせない走りができていた。
3コーナーから徐々にポジションを上げていき、
外に出して良く追い込んだが、前が止まらなかった。
一気の相手強化で展開も向かない中、良く走っていた。
これぐらいの距離はぴったり合う感じで、
チャンスはありそう。
スティッフェリオ評価B
20/3/28
中山芝2500m
日経賞(G2)
3着
スタートを決めるも、控えて中段外目から。
この馬のペースで無理させなかったのが、
好走に繋がった。
ペースはそれほど速くはならなかったが、
内の馬場は悪く、馬場のいい外目を回れたのも良かった。
3コーナーから早めに動いたので、
最後は甘くなってしまったが良く踏ん張っていた。
とはいえこの馬にはこの辺りが限界かもしれない。
G3なら期待できるが、このレベルのレースは厳しそう。
タイセイトレイル評価B
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
6着
ブリンカー効果が見られ、スタートはポンと好スタート。
スムーズに2番手につける競馬ができた。
レースの入りは良かったが、
道中でキセキが上がってきて、
反応してペースを上げてしまっていた。
このままペースを落とさず進んでしまい、
直線で差し馬の餌食になってしまった。
2着馬とはさほど差は無いので、
もう少し楽に運べていれば上位もあったと思う。
距離も問題無いので、長いところで結果は出せそう。
ダンビュライト評価C
19/11/24
東京芝2400m
ジャパンC(G1)
14着
スタート良く、スンナリと2番手追走。
ただ前走のようにリラックスして走れておらず、
力みながらの追走。
ダイワキャグニーが3コーナーでスパートしたが、
それについていけず、直線入ると止まってしまった。
G1とはいえアッサリ負けすぎで、
テンションが高かったのもあるかもしれない。
直線が長いコースは良くは無さそう。
トーセンカンビーナ評価B
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
2着
相変わらず飛び上がるようなスタートで後方から。
それでも大きくは離されず、リズムよく運べていた。
道中は全く動かず、流れに沿って走っていたが、
最後の3コーナーから押し上げていく。
外には持ち出せず、馬の間を狙って進路を探した分、
勝ち馬から離されてしまったが、
スムーズならもっと際どかったかも。
距離は問題無かったので、
2400m以上ならどこでもやれそう。
スタートは矯正できなさそうなので、
狙うときは目をつぶるしかない。
ハッピーグリン評価C
20/1/5
京都芝1600m
京都金杯(G3)
18着
スタート直後にごちゃついて後方からの競馬。
ポジションを取りに行くことができず、
後方の外目を回る羽目に。
じっくりと脚を溜める競馬もできず、
マイルの流れにやや忙しそうな感じ。
全くいいところが出なかったレースになってしまった。
距離はもう少し長くないとペースが合わなそう。
フィエールマン評価B
19/12/22
中山芝2500m
有馬記念(G1)
4着
中段やや後方からの競馬。
1周目でアーモンドアイが上がっていってからは、
アーモンドアイをマークするような形に。
ピッタリとついていき、4コーナーから並びかけて、
直線入口で競り落としたものの、
外からの後方馬にかわされてしまった。
マークした馬には完勝だったが、仕掛けがやや早かった。
それでも最後まで踏ん張ることはできており、
力のある所は見せていた。
速いペースは苦手な感じで、
スローで流れた方が理想的な競馬ができたと思う。
ミッキースワロー評価A
20/3/28
中山芝2500m
日経賞(G2)
1着
大外枠からだったが、スムーズに後方から追走。
道中も折り合い良く走れていた。
ペースが遅かったが、3コーナーで早めに動いていき、
直線は外にモタレながらもしっかり伸びて勝利。
2着馬に迷惑をかけてしまったが、強い内容だった。
本格化して充実しているので、
今後はこの状態をどれだけ維持できるか。
ミライヘノツバサ評価B
20/2/22
東京芝3400m
ダイヤモンドS(G3)
1着
スタートから終始、中段やや後方の内目から追走。
道中は落ち着いて走れており、
この距離にも問題無く対応できていた。
直線は内から馬群の間を割って伸びてきたが、
鞭が入るとかなり外にヨレて走っていた。
なんとか凌ぎきった感じだが、
2着馬に体をぶつけるまでヨレているので、
審議でもおかしくなかった。
スタミナ勝負の展開が良かった感じだが、
フロックかもしれず、次走はあまり期待できない。
メイショウテンゲン評価B
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
3着
中段やや後方から進め、
道中は落ち着いて追走できていた。
3コーナーから前との差を詰めていき、
直線は外に持ち出して追い出し。
ジリジリとした脚しか使えず、
決め手の差が出てしまったが、
超長距離の適性の高さは見せていた。
安定した走りをしているが、
少し足りないレースが続いている。
馬場が渋って上がりがかかるようなレースで狙いたい。
メロディーレーン評価B
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
5着
中段内目を回り、いつもより積極的な競馬。
他の馬が外にいても、落ち着いて走れていた。
直線は外に持ち出さず、
馬群の間を突いてしっかり伸びてきていた。
負けはしたものの精神面の成長がかなりみられる。
ここは力負けしてしまった感じだが、
長い距離は合っているようで、ハンデ戦なら面白そう。
モズベッロ評価A
20/3/28
中山芝2500m
日経賞(G2)
2着
後方で脚を溜め、勝ち馬を見るような形で進めていく。
道中は内に入れて、
距離ロスもなくスムーズに走れていた。
4コーナーで外から上がっていくも、
直線でミッキースワローに強引に外に出してこられ、
真っ直ぐ走ることができず。
不利を受けてしまって悔しい2着になってしまった。
一気の斤量増を克服できていたのは良かった。
まだこれからの馬なので、
この調子で成長していけば大きいところでも活躍しそう。
ユーキャンスマイル評価A
20/3/22
阪神芝3000m
阪神大賞典(G2)
1着
後方から進め、道中は折り合いもよくついて、
リズムよく運べていた。
道中でキセキが一気に上がっていったが、
落ち着いてマイペースを崩さず走れていた。
最後の3コーナーからジワジワと上げていこうとするが、
内に包まれていたため外に出せず、そのままイン付き。
直線で前が開いて、スムーズに伸びて完勝。
ロス無く最短距離で走れたのが大きかった。
右回りも問題無く、馬の間を突いて伸びたのは立派。
順調に成長できているので、次走も期待できそう。

前走良かった馬はミッキースワロー、モズベッロ、ユーキャンスマイル。
ミッキースワローは完全に今が充実期。
4歳時はG1で大敗していますが、今ならやれても良さそうです。
積極的に強い相手と戦ってきており、今回はG1馬も2頭だけ。
長距離さえこなせれば末脚はかなりのものなので、勝ち切る力はあると思います。
モズベッロはクラシック未出走ながら4歳になって急激に強くなっている印象。
前走も別定戦のG2ながら勝っていてもおかしくない内容でした。
距離は問題無さそうなので、56kgまでの斤量の経験が無いのがどうか。
58kgの斤量をこなせるかどうかだと思います。
ユーキャンスマイルは文句なしの前哨戦でした。
周りの馬の出方に左右されず、自分の走りに徹して完勝。
常に自分の走りができるタイプなので、安定したレースが毎回できているのだと思います。
今回は確勝級だと思っていましたが、直前の乗り替わりがやや不安。
それほど乗り難しいような気性では無いと思いますが…

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年10月結果
本命馬 (3.1.2.5)
回収率 20%

2020年累計
本命馬 (26.12.11.55)
回収率 61%