京都新聞杯 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

京都新聞杯 登録馬前走診断

前走診断
05 /06 2020
5/9(土)に京都競馬場で行われる京都新聞杯(G2)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アドマイヤビルゴ評価A
20/3/21
阪神芝2000m
若葉S(L)
1着
マイペースで好位につけ、
スローの流れでしっかり脚を溜めて進めていた。
直線で単騎逃げしていたキメラヴェリテをアッサリ捕らえ、
ラストは流す余裕もあった。
相手や展開が楽だったとはいえ、まだ余裕もあり、
重賞でも期待できる内容。
アリストテレス評価B
20/3/1
阪神芝2200m
すみれS(L)
2着
小頭数のスローペースで直線の追い比べだけのレース。
道中は折り合いも良くついており、
距離延長は悪くなかった。
直線もいったんかわされるが良く盛り返してきており、
力のある所を見せていた。
小頭数レースが続いているが、
レースセンスはありそうなので多頭数も問題無さそう。
惜しい競馬が続いているが、自己条件ならすぐ勝てるはず。
アンセッドヴァウ評価C
20/3/28
阪神ダ1800m
3歳未勝利
1着
不良馬場で滑るようなスタートだったが、
すぐに好位にとりついていき、流れに乗って進めた。
直線入口では前とは距離があったが、
前の馬の脚はそれほど残っておらず、
しっかり伸びて差し切って勝利。
ここでは力が違ったが、相手が緩く、
まだ体も出来上がっていない感じ。
良くなってくるのはまだ先になりそう。
イロゴトシ評価C
20/3/21
阪神芝2000m
若葉S(L)
7着
中段内目から進めたが、流れに乗った競馬で精一杯で、
終始位置が変わらずそのままなだれ込んだだけの競馬。
2勝しているとはいえ、いずれも九州限定戦で、
少し能力が足りない印象。
距離延長には良く対応できていたが、3勝目は厳しそう。
ウシュバテソーロ評価B
20/4/26
東京芝2400m
3歳未勝利
1着
かなりのスローペースを後方から進めたが、
折り合いはついていて、リズムよく走れていた。
3コーナー辺りからジワジワ進出していき、
直線は楽な手ごたえで前を捕えて完勝。
それほど強くは追われておらず、余力残しの内容。
ペースが上がってどうかだが、能力はマズマズ。
ゆったり運べる長距離が良さそう。
キッズアガチャー評価B
20/4/5
阪神ダ1800m
3歳500万
1着
後方から進め、4コーナーで外に出して、
直線でジワジワと前の馬を詰めて何とかかわして勝利。
派手さは無いが、末脚は安定して使えており、
力はありそうな感じ。
重賞で勝ち切るのは難しいかもしれないが、
善戦ぐらいなら現状でもできるかもしれない。
キングオブドラゴン評価B
20/4/5
中山芝2200m
山吹賞(500万)
4着
好位追走していたが、4コーナーで前が壁になり、
勝負所で控える形になったのが痛かった。
直線で外に持ち出して良く追い込んできていたが、
スローで前も止まらなかった。
このクラスでは力上位のはずなので、
流れ次第ですぐに勝てそう。
サペラヴィ評価C
20/4/18
中山芝2000m
山藤賞(500万)
4着
スタート直後にかかってしまった感じで、
折り合いをつけるのに苦労していた。
道中最後方まで下がってしまい、
コーナーで外を回して追い込むも不良馬場であまり伸びず。
不完全燃焼のような結果に終わってしまった。
良馬場ならもっとやれてもいい馬。
ただ、気性難が出ているかもしれないので、
距離短縮が良さそう。
シルヴェリオ評価B
20/1/26
京都芝2000m
若駒S(L)
6着
道中は走りに力みが見られ、落ち着きが無かった。
結局直線も伸びることなく、小頭数で最下位。
それほど離されてはいないので、
悲観するほどでは無いように思う。
実力通り走れればもっとやれていい馬。
気性面が課題になってくるかもしれない。
ディープボンド評価B
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
10着
最低人気だったが良く走れていた。
好位から馬場の悪い内を走っていたが、
最後まで崩れることなく走れていたのは評価できる。
スピードはそれほど無いが、スタミナはかなりありそう。
芝2600m戦辺りを使ってきたら狙ってみたい。
距離は長ければ長いほどいいかもしれない。
ファルコニア評価B
20/3/22
中山芝1800m
スプリングS(G2)
4着
スタートは控えて最後方から進めていくが、
ペースが遅く、向こう正面で押し上げて、前に並びかける。
途中で大きく動いたため、直線はキレが無く、
後続にかわされてしまった。
かなりチグハグな競馬をしていて、
その割には良く走れている。
普通に走っていれば、勝ち負けできていたように思う。
かなりもったいない乗り方をしてしまっていた。
プレシオーソ評価A
20/4/11
中山ダ1800m
3歳500万
1着
スムーズにハナを切り、
道中はマイペースで最後まで脚色が鈍ることも無く、
後続を寄せ付けずに完勝。
ここでは力が違っており、
クラスが上がっても期待できる内容。
引き続き注目しておきたい。
ホウオウエクレール評価C
20/4/4
阪神芝2400m
アザレア賞(500万)
4着
今回も積極的に出していき、先手を主張。
すんなりハナを奪って、ゆったりとしたペースに持ち込み、
楽な感じで単騎逃げ。
いいリズムで運べていたが、
直線並びかけられてからは急にフラフラとした感じになり、
アッサリかわされてしまった。
脆い面があるようで並ばれると厳しい。
今回の理想的な流れで押し切れないようでは、
クラスを抜けるのは時間がかかりそう。
マイネルブラシウス評価B
20/2/2
東京芝1800m
3歳未勝利
1着
久々のレースで馬体を大きく増やしていたが、
スタート良く飛び出し、好位の内目を追走。
道中は折り合いも良くついており、
直線は外に出して粘る前をしっかりとらえて勝利。
良い勝ちっぷりができており、
次走に十分期待が持てる内容。
マンオブスピリット評価B
20/2/22
京都芝1800m
つばき賞(500万)
1着
スタートは悪くなかったが、抑えて最後方から。
脚を溜める競馬がいいのかもしれない。
直線は前の馬が止まってはいなかったが、
馬の間を割って一頭鋭い脚を使い、
差し切って勝利。
強い勝ち方だが、騎手の腕込みの可能性も。
重賞では過度の期待はし過ぎない方がいいかもしれない。
メイショウサンガ評価C
20/3/28
阪神芝2000m
3歳未勝利
1着
大外から差し切っての勝利だが、
ハイペースで前が潰れる流れで上位3頭はいずれも差し馬。
展開利が大きかったように思う。
今後も展開に左右されるような感じがあり、
そこまで能力は高くなさそう。
メイショウダジン評価C
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
5着
初芝でペースにややついていけずに最後方から。
それほど離されずについていけていたが、
稍重の馬場が良かったように思う。
良馬場だと芝のスピードについていけなかったかも。
直線は外から追い出したが、内が止まらず。
芝よりもダートの方が良さが出そうな感じ。
馬体を減らしているので、少し休養を挟んだ方が良さそう。

前走良かった馬はアドマイヤビルゴとプレシオーソ。
アドマイヤビルゴは着差以上に強い勝ちっぷりだったと思います。
スローからの速い上がりなら重賞でも通用しそうな感じです。
ハイペースの経験が無いのが気がかりですが、評判通りの力はありそうです。
プレシオーソはダートならいい線行きそうではありますが、芝挑戦がどうか。
距離が長いのも微妙な感じで、ここで使うのはちょっともったいない気がします。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年4月結果
本命馬 (4.0.1.6)
回収率 27%

2020年累計
本命馬 (12.7.5.23)
回収率 82%