NHKマイルカップ 出走馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

NHKマイルカップ 出走馬前走診断

前走診断
05 /07 2020
5/10(日)に東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(G1)の出走馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

ウイングレイテスト評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
3着
後方外目を回り距離ロスの多い競馬になってしまったが、
馬場のいいところを回れたのは逆に良かったかもしれない。
ただ、4コーナーで外に振られてしまう不利は痛かった。
それでもこの馬の良さが出せたレースだったように思う。
権利は取れたので、次走はG1になると思うが、
直線の叩き合いで敗れているのでまだ力不足の感があり、
一線級相手では流石に厳しそう。
もう一段成長が欲しいところ。
オーロラフラッシュ評価C
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
7着
ペースが速かったせいか、追走するのが精一杯の感じ。
各馬加速しているタイミングでの反応も鈍かった。
直線でもジリジリとしか伸びておらず、
まだ重賞レベルの力は無さそうに見える。
もう少し瞬発力も欲しく、力をつけてからの印象。
ギルデッドミラー評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
2着
スタートしてカリカリした走りをしていたが、
前に壁を置くと折り合いをつけて走れていた。
この馬らしい走りができており、
力は発揮できていたと思う。
勝ち馬とはハッキリと力の差が出てしまっているので、
逆転は厳しそう。
また、気性面はまだ幼そうなので、折り合いが難しい。
距離短縮してもいいかもしれない。
サクセッション評価B
20/3/22
中山芝1800m
スプリングS(G2)
3着
やや後方から進め、スローだったが動かずじっくり構える。
4コーナーで手応えよく外から上がっていき、
直線もいい伸びを見せていたが、届かず。
外を回らされてのが痛かった。
能力はあるがこの距離はギリギリで、
マイルまでの方が良さそうな感じ。
サトノインプレッサ評価B
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
1着
今回もスタートが悪く、今後の課題になっていきそう。
直線で馬群の中を割って伸びてきた内容は秀逸。
前が塞がれるようになりながらも力強く伸びてきていた。
ただ、今回のメンバーはアルジャンナ以外、
さほど強い相手では無く、評価しすぎるのも良くないかも。
ゲート難という欠点を持っているので、
前残りが予想される場合はバッサリ切ることも考えたい。
シャインガーネット評価B
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
1着
マズマズのスタートで好位からの競馬。
最初の直線は包まれるような形になり、
やや窮屈そうだったが、
コーナーでは落ち着いて走れていた。
直線で外に持ち出し、鋭く伸びて完勝。
ここでは力が違っていた。
これだけ走れていれば一線級相手にも食らいつけそう。
シャチ評価C
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
11着
スタートが悪く、最後方からになったが、
ゲートの問題というよりはダッシュが効かない感じ。
今回のペースにも全くついていけていなかった。
他の馬に比べて、一枚劣っていた。
上のクラスでは厳しいかもしれない。
ストーンリッジ評価B
20/3/28
阪神芝1800m
毎日杯(G3)
6着
中段で進めていたのに3コーナーでポジションを落とし、
位置取りが悪くなってしまったのは鞍上にミスに見える。
直線入口は前が壁になり、
外に出すしか無くなってしまった。
最後まで脚は止まっていなかったので、
もう少し位置取りが良ければ掲示板は取れていたと思う。
乗り難しさがあるのかもしれない。
腕のある騎手が乗ってきた時に注目したい。
ソウルトレイン評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
5着
好位につけて、この馬らしい競馬はできていたが、
上位に来た馬よりも早めに動いて行った分、
終いが甘くなってしまった。
また、直線で外に膨らんでしまう癖は治っていない。
もう少し成長を促してからかもしれない。
タイセイビジョン評価A
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
1着
本番前の叩き台のように見えたが、ここでは力が違った。
ペースが流れて展開が向いた点や、
鞍上の内を突く好騎乗もあったとはいえ、強い勝ちっぷり。
きっちり仕上げずにこれだけ走れれば全く問題無し。
スローの展開の経験が無いので、そこは懸念されるが、
本番でも期待できる内容だった。
ニシノストーム評価B
20/2/23
小倉芝1200m
あざみ賞(500万)
1着
好スタートを決めたが、控えて中段外目を追走。
馬場のいいところを走らせ、
直線も鋭く伸びて快勝。
開催が進み、馬場が荒れていたのが良かったかもしれない。
ローカルを中心に使われており、
今後もローカル戦で楽しみな馬。
ハーモニーマゼラン評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
6着
今回は展開が全て。
速いペースで外から追いかける形になってしまい、
最後は甘くなってしまった。
それでも崩れていないあたりは、
この馬の能力の高さを感じる。
展開次第では重賞を勝てるだけの力はあるはずなので、
同型馬が少ない時に狙ってみたい。
プリンスリターン評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
3着
スタート直後にかなり行きたがり、
ハイペースで進んでしまったのが痛かった。
4コーナーで先頭に立って、押し切りを図ったものの、
決め手が活きる流れになってしまい、踏ん張り切れず。
それでも崩れていないあたりは力のある証拠。
これぐらいのレベルなら展開次第でチャンスはありそう。
ボンオムトゥック評価B
20/4/18
阪神芝1600m
アーリントンC(G3)
4着
4着に敗れてしまったが、追走も問題無く、
最後までしっかり走れていたのは良かった。
調教で集中しきれていなかったが、
レースでも多少その雰囲気があったので、
その辺が良くなってほしいところ。
また、馬体も減り続けているので、
もう少しフックラしてこれば。
じっくり成長していけば重賞でもやれるはず。
メイショウチタン評価B
20/3/29
阪神芝1400m
3歳500万
1着
好位追走から直線はやや強引ながら馬の間を割って、
良く伸びてきて勝利。
スピードがあり、これぐらいの距離がピッタリ合いそう。
能力的にはまだ物足りないが、
クラス慣れしていけばそれなりに走れるはず。
ラインベック評価C
20/4/19
中山芝2000m
皐月賞(G1)
15着
ここではまだ力が足りなかった印象。
直線で一気に後続に飲まれてしまっていた。
兄のジナンボーと似たタイプで、
一線級には足りないかもしれない。
ローカル路線に向かえばいい線行きそうな感じだが、
王道路線は苦戦しそう。
ラウダシオン評価B
20/3/14
中京芝1400m
ファルコンS(G3)
2着
スムーズに好位につけ、理想的な競馬が出来ていた。
前がかなり飛ばしていたが、気にせずマイペースの走り。
直線でも良く伸びてきていたが、
勝ち馬にさらに上を行かれてしまい2着止まり。
それでも3着以下は離しており、十分な内容。
短い距離で今後も活躍できそう。
ルフトシュトローム評価B
20/4/11
中山芝1600m
NZT(G2)
1着
これまでのレースとは違い、
ハイペースで後方からになってしまったが、
落ち着いて追走できていた。
4コーナーで大きく外に振られる不利があったが、
直線はいい脚を使って良く伸びてきて勝利。
不利を跳ね返して勝ったことは評価できるが、
展開が向き、相手もそれほど強くなかった印象。
無傷の3連勝だが、いずれも中山マイルでの勝利で、
本番の相手強化と左回りに対応できるかは微妙なところ。
今回の勝利で過剰人気するなら嫌いたい。
レシステンシア評価A
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
2着
大外枠だったのでハナは切れなかったが、
この馬らしいスピードで理想的な競馬はできていた。
スピードで押し切って、
後続を寄せ付けないこの馬らしい走り。
負けはしたものの勝ち馬が強すぎただけだと思う。
距離が延びて良さそうな感じには見えないので、
マイル以下の時に狙っていきたい。

前走良かった馬はタイセイビジョンとレシステンシア。
タイセイビジョンは馬の能力も高いですが、前走は鞍上の好判断も光りました。
今回、継続騎乗は期待できそうです。
賞金を十分持っている馬なので、前走もトライアル仕様でしたがそれでも完勝しており、
さらに調子を上げてこればここでも勝ち負けできるレベルの馬だと思います。
レシステンシアは大外枠や重馬場をこなせたことはかなり評価できると思います。
牝馬の一線級ですので、初の牡馬対決でも見劣りはしないです。
桜花賞がかなりタフな馬場でしたので疲労が気になりますが、力が出せればチャンスは十分ありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%