オークス 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

オークス 登録馬前走診断

前走診断
05 /21 2020
5/24(日)に東京競馬場で行われるオークス(G1)の登録馬前走診断をします。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アブレイズ評価B
20/3/20
中山芝1800m
フラワーC(G3)
1着
初戦と違い、今回は馬の気に任せてスタートから飛び出し、
2番手追走。
さらに行きたがっていたが、そこで折り合いをつけ、
向こう正面ではマズマズ落ち着いて走れていた。
直線に向いて先頭に立ち、最後まで止まることなく、
追撃を振り切って勝利。
まだ幼さが残っているので、
負ける時は大敗しそうな危険性はあるものの、
能力は高そうなので、今後の成長に期待したい。
インターミッション評価C
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
14着
馬場が悪かった点もあると思うが、
ここでは力が足りなかった印象。
追走で精一杯になってしまっていた。
いきなりのG1ではこの結果は妥当なところだと思う。
重賞で勝ち切るのはまだ先になりそう。
ウインマイティー評価B
20/4/12
阪神芝2000m
忘れな草賞(L)
1着
中段につけ、折り合い面も問題無く追走できていた。
直線に入って追い出すと、
前が開いてすぐに馬群の中から伸びてきていた。
鞭が入ると少しフラフラした面は見せていたが、
マズマズ走れている。
もう少し成長してこれば、重賞でもやれそうな感じ。
ウインマリリン評価B
20/4/26
東京芝2000m
フローラS(G2)
1着
ハイペースでタフな流れになったのが、
この馬にピッタリ嵌った。
内枠からまだ馬場の荒れていない内を距離ロス無く運び、
直線は我慢比べのような形。
切れ味勝負にならなかったのが功を奏した。
器用なタイプなので距離は伸びても問題なさそうだが、
オークスはどうか。
上がりの速い競馬は向いていなさそうなので、
中山の方が適性が高いように思う。
ウーマンズハート評価C
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
16着
走りに力みがあるような感じで、少しカリカリしていた。
速いペースについていってしまい、直線はガス欠気味。
流れに乗る競馬よりも脚を溜める競馬の方が合っていそう。
あまりごちゃつくのも良くないのかもしれない。
左回りで見直したい。
エヴァーガーデン評価C
20/4/5
中山芝2200m
山吹賞(500万)
1着
スタートを決め、最初のコーナーで先頭に立つ。
スローペースに持ち込み、競られることも無く、
楽にマイペースで運べていた。
4コーナー辺りで並びかけてこられるが、
道中じっくり進めた分、余力が残っており、
先に抜け出して後続を振り切って勝利。
かなり楽な競馬で、クラスが上がっていきなりはどうか。
クラヴァシュドール評価A
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
4着
3コーナーで狭くなってブレーキがかかったのが痛かった。
一気にポジションを落としてしまい、
直線で内から良く追い込んできていたが、
流石に前との差が大きすぎた。
不利が無ければ2着は十分にあったように思う。
今回はレース前にも挫石があったりと、
色々スムーズでは無かったにもかかわらず良く走れている。
力は相当高そうなので、巻き返しは十分期待できる。
クリスティ評価B
20/5/3
東京芝1800m
スイートピーS(L)
4着
スタート直後にかかってしまい、かなり行きたがっていた。
逃げ馬の後ろに置き、徐々に落ち着いてはいたが、
気性面に難があるのかもしれない。
直線は内の狭いところを割って伸びていたが、
外を回して差してきた馬の方が脚色が良く、
切れ負けしてしまった。
気性面が成長してこれば、2000mぐらいはこなせそう。
秋ぐらいには良くなってきそうな感じ。
サンクテュエール評価B
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
6着
最後はやや一杯になってしまったが、
多頭数でも落ち着いた走りができていた。
今回は重馬場が堪えてしまったが、悪くない内容。
G1は届かないかもしれないが、
前哨戦レベルなら十分勝ち負けできるレベル。
ショウナンナデシコ評価B
20/5/17
東京ダ1600m
青竜S(OP)
4着
好位追走も、速いペースについていき、厳しい流れ。
コーナーで外から並びかけ、
かなり脚を使ってしまっていた。
直線は前が潰れる中、辛抱強く走れており、
最後は後方の馬にかわされてしまったものの、
良く食らいついて走れていた。
これだけ走れていれば、ダートならすぐに勝てそうな感じ。
ショウナンハレルヤ評価B
20/4/26
東京芝2000m
フローラS(G2)
4着
2戦続けてぶつけられる不利があり、
鞍上の乗り方の問題があるかも。
ただ、今回は前走のように気持ちが切れてしまうことなく、
最後までしっかりと走れていたのは成長の証だと思う。
重賞でもやれる力はあるので、
乗り替わりした際に狙ってみたいタイプ。
スマイルカナ評価B
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
3着
スタートから飛ばしていったので、
最後はバタバタになってしまったが、
馬場が悪く、後続が馬場に苦戦したおかげで残せた印象。
上手く嵌った感があるが、逃げた方が持ち味は活きる。
今回は枠にも恵まれ、先手を取れたのが大きかった。
展開利が見込める時に狙ってみたい。
ソフトフルート評価C
20/5/2
京都芝2200m
矢車賞(500万)
1着
やや後方から淡々とした流れを折り合い良く追走。
道中は問題無く走れていたが、
下りのコーナリングでややポジションを落としてしまう。
直線ですぐに盛り返し、差し切って勝ったが、
あまりコーナリングは上手くは無さそう。
クラス慣れも必要そうな感じで、しばらくは様子を見たい。
チェーンオブラブ評価C
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
11着
最後方に構えて一発狙いの競馬。
馬場のいいところを走らせ、4コーナーから外を回って、
進出していったが、前を捕まえるだけの脚は無かった。
展開自体は嵌っていたが、ここでは力が足りていなかった。
自己条件でないと厳しい。
デアリングタクト評価A
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
1着
重馬場ながらハイペースで流れ、
直線でどの馬も脚が止まる中、
一頭だけ別次元の脚でかなり前にいた2,3着馬を差し切る。
かなりの大物感を漂わせる勝ちっぷりを見せた。
距離も問題無さそうなので、
調子を落とさなければ次も期待できそう。
次走は人気がかなり集中してしまいそうだが、
逆らいづらい。
デゼル評価A
20/5/3
東京芝1800m
スイートピーS(L)
1着
後方から進め、折り合い面は問題無く走れていた。
スローで流れたが、じっくり脚を溜めて進めていき、
直線は外から前をアッサリかわして完勝。
ゆったりした流れからの上がり勝負はかなり強そうな感じ。
まだ2戦しかレース経験は無いが、
距離が延びるのは問題無さそうで、
ペース次第ではオークスでも侮れない。
フィオリキアリ評価B
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
7着
直線は後方から良く追い込んできていたが、
良馬場でこその感じに見える。
重馬場で決め手が削がれてしまっていた。
今回はハイペースで潰れる馬が多かったので、
マズマズ着順を上げれたが、やはり展開待ちの馬。
一線級相手には厳しく見え、
展開が向かないと出番は無さそう。
ホウオウピースフル評価B
20/4/26
東京芝2000m
フローラS(G2)
2着
道中で行きたがる素振りを見せ、
そこでの消耗が無ければ勝っていてもおかしくなかった。
直線は狭いところで我慢できており、
追われてからも反応よく伸びてきていた。
能力については文句無し。
ただ、道中で折り合いを欠いていた辺り、
気性難があるからこそ、
前走で短い距離を試したのかもしれない。
距離延長には多少不安が残る。
マジックキャッスル評価C
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
12着
重馬場が響いて全く切れ味を活かせなかった。
今回の凡走は馬場が全てだったと思う。
良馬場ならここまで負けることは無かったはず。
この結果は度外視でも。良馬場で見直したい。
マルターズディオサ評価C
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
8着
流れが速かったにもかかわらず、
それでもかかってしまっていた。
前半にかなり消耗してしまい、
直線はかなりバテてしまっていた。
重馬場だったので、そこまで後続にかわされなかったが、
良馬場ならもっと大敗していたかもしれない。
距離はマイルが限界のように見える。
ミスニューヨーク評価C
20/4/12
中山芝1800m
3歳500万
1着
スタート良く、好位追走から直線で前を捕えて完勝したが、
レースレベルはそれほど高くなく、ペースも緩かった。
2連勝とはいえ、力をつけてきたような感じでは無く、
相手関係に恵まれた印象。
相手強化で通用しない可能性が高い。
しばらくは様子を見たい。
ミヤマザクラ評価B
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
5着
好位につけていながらも3コーナーで脚色が鈍ってしまい、
ズルズルと後退。
直線で多少巻き返してはいたが、
馬場が合わなかったかもしれない。
ただ、行きっぷりが良くなりすぎているので、
距離延長した際にペースが合わなさそうに見える。
オークスでは危険かもしれない。
リアアメリア評価B
20/4/12
阪神芝1600m
桜花賞(G1)
10着
気性面は大分良くなっているようで、
落ち着いて流れに乗った競馬ができていたが、
内に閉じ込められてしまい、直線は外に出せず。
重馬場も良くなかったようで、キレが見られなかった。
今回は馬場が合わなかったとみて良さそう。
難しさは無くなっていそうなので、良馬場で改めて。
リリーピュアハート評価B
20/4/12
阪神芝2000m
忘れな草賞(L)
3着
スタート直後は好位につけ、いいリズムで運べたが、
向こう正面に入ると、行きたがってしまい、
少し折り合いを欠いてしまっていた。
その分直線で伸びきれずにかわされてしまった。
本格化はまだ先かもしれない。
秋以降に楽しみな馬。
ルトロヴァイユ評価B
20/4/26
東京芝2000m
フローラS(G2)
8着
ペースが速く、後方からの競馬。
折り合い面は全く心配するようなところは無く、
落ち着いた走りができていた。
直線もジリジリとではあるが、良く伸びており、
まずまず力は発揮できた内容だったと思う。
時計が速すぎたので通用しなかったが、
自己条件なら十分勝負になる。
気性がいいので、長い距離も面白そう。

前走良かった馬はクラヴァシュドール、デアリングタクト、デゼル。
クラヴァシュドールは3コーナーでポジションを落としながらも、直線で良く盛り返してきており、かなりの能力を感じます。
チューリップ賞の時点でかなり仕上がっていたと思うので、どれだけ状態を維持できているかがカギになりそうですが、力を出せる出来なら今回も好勝負できそうな感じです。
デアリングタクトは一頭だけ別次元の脚で追い込んできており、かなり衝撃的な強さでした。
破ったレシステンシアがその後のNHKマイルでも好走しており、この馬にはさらに期待ができそうです。
デゼルは2戦目ながらメンバーレベルが高かった相手に完勝しているあたり、かなりの素質を感じます。
経験不足なので過信はできませんが、桜花賞別路線では一番怖い馬だと思います。

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年4月結果
本命馬 (4.0.1.6)
回収率 27%

2020年累計
本命馬 (12.7.5.23)
回収率 82%