函館2歳ステークス レース回顧 - 競馬鹿の重賞レース予想

函館2歳ステークス レース回顧

レース回顧
07 /21 2019
7/21(日)に函館で行われた函館2歳ステークスのレース回顧になります。


着順馬番馬名性別年齢斤量タイム着差通過順位上り3F人気体重
1
1
ビアンフェ2541.09.2- -1-135.64510
ゲートはそれほど良くなかったが、ダッシュが速く、ハナを奪う。
リズム良く走れており、最後まで脚が止まることなく逃げ切って勝利。
ゲートを嫌う気性的な問題はあったが、優秀なタイムで逃げ切り。
洋芝適性の高さが見られた。
2
5
タイセイビジョン2541.09.51 3/4- -13-1234.72456
1200mのスピードはやや忙しかったようでスタートは後方から。
直線まで内目をロスなく走り、直線で外に出していき、一気の末脚を見せる。
敗れはしたものの能力の高さの片鱗は見せていた。
距離は1600mぐらいあった方がしやすそうな感じがする。
3
8
プリンスリターン2541.09.71 1/4- -3-435.811436
スタート良く、楽に先行のポジションを確保する。
道中は馬郡に包まれて、嫌がる素振りを見せるも我慢しながら走る。
派手さは無いが、堅実な走りができていた。
馬群で我慢の競馬ができたことが、今後につながるはず。
4
6
パフェムリ2541.09.81/2- -7-635.53424
スタートは五分に出るも、先行勢が殺到し、中段の位置になる。
直線を向いたときには、前に壁ができ、強引にインをついて伸びてくるも、
進路を探した分、追い出しが遅れてしまった。
スムーズなら上位に来れていたと思うので、残念な結果になってしまった。
5
3
レッドヴェイパー2541.09.93/4- -10-1035.31410
スタートで後手を踏み、後方からの競馬になってしまった。
そのため、内で閉じ込められるような形で、直線で馬郡を捌きながら外に出していくロスが発生してしまった。
この馬もパフェムリ同様スムーズさを欠いたレースになってしまっていた。
6
15
ブルーパピヨン2541.10.32 1/2- -3-236.48440
今回も前走同様やや行きたがるような素振りを見せていた。
そのためか直線では脚が上がってしまっていた。
もう少し落ち着いてレースを走れるようになれば、1200mはこなせると思う。
7
7
メイショウナパワン2541.10.4クビ- -14-1235.513458
スタートはあまり早くなく、後方から外目を追走。
外々を回り、3コーナーあたりから追っていたが、最後までしっかり伸びていった。
着順こそ平凡だが、かなり苦しいレースをしていたので条件戦ぐらいなら上位の力はある。
距離もマイルぐらいまで融通が利きそう。
8
4
リュウノゲキリン2541.10.72- -2-2379484
スタートはかなり良く、スンナリ2番手を追走する。
道中も問題なく走れていたが、直線の脚にキレは無かった。
先行力は魅力だが、芝では難しそう。
ダートの方がいいタイプ。
9
13
プリモジョーカー2541.10.7- -10-1136.115450
後方の外目からの競馬。
外枠で道中も外々を回らされ、距離ロスが大きかった。
直線も大外に回したが、流れ込んだだけ。
中央馬相手ではやはり厳しかった。
10
11
スマートカーリー2541.10.91 1/4- -7-736.75456
スタート直後、隣のアザワクに寄られ、蓋をされて中段に控える形に。
持ち味を殺されてしまい、いいところなく敗れる。
予想通り、先手を取らないと脆いタイプ。
11
2
ヤマメ2541.11.11 1/4- -3-437.212444
スタートは上手く出て、先手にとりつく。
道中も落ち着いてレースを進めるも、最後のコーナーあたりで手応えが悪くなり、直線失速してしまう。
ペースが速く、力勝負になってしまい、この馬には厳しかった。
12
12
アザワク2541.11.21/2- -6-737.27456
スタートダッシュをかけ、先手を奪おうとするも先手を取り切れず、中段の位置に。
芝の走りに苦戦しているようで、終始、走りづらそうな感じだった。
芝向きでは無かったのだと思う。
13
14
イーサンティラノ2541.11.31/2- -10-1436.710444
スタートからレースの流れについていくのが精いっぱいといった感じ。
能力が足りていないように見えた。
14
16
ゴッドスター2541.11.4クビ- -7-737.26484
スタートから出していくも中段のポジションが精いっぱい。
レースの流れを考えると、最後方からでは届かないので良かったが、
外目を回らされるロスは痛かった。
決め手もなくなってしまい、最後は流れ込んだだけになってしまった。
15
10
バブルガムダンサー2541.12.14- -15-1536.914514
明らかに能力が足りない。
中央馬相手には荷が重かった。
除外
9
マンバー254-----------458
ゲート内で暴れて、負傷し競走除外。
結果:不的中
本命にしたアザワクは芝が向いていなかったようで、前走の面影が見られませんでした。
また、馬体重も大きく減らしており、状態が良くなかったのかもしれません。
対抗にしたタイセイビジョンは後方から鋭い脚を使っての2着。
距離は長い方がいいタイプに見えます。
能力は高そうなので、距離延長で狙ってみたいです。
勝ったビアンフェはスタートダッシュを利かせて強引にハナを取りに行ったのが、上手くいき、包まれることなく、自分のレースをできたことが勝因に繋がったように思います。
この内容をレッドヴェイパーがするかと思ったのですが、逆に出遅れてしまい、厳しくなってしまいました。
今回のレースは、馬体重を大きく減らしている馬が多かったり、ゲートがスムーズにいかなかったりと2歳戦らしい難解なレースだったと思います。

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓


人気ブログランキング
**********************************


関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2019年11月結果
本命馬 (3.1.0.11)
回収率 127%

累計
本命馬 (11.6.10.32)
回収率 105%