クイーンステークス 予想と買い目 - 競馬鹿の重賞レース予想

クイーンステークス 予想と買い目

予想印&買い目
08 /01 2020
8/2(日)に札幌競馬場で行われるクイーンステークス(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
 
1
1
レッドアネモス4吉田隼人55(栗)友道康夫
前走の2000mはやや距離が長い印象で、
距離短縮はプラスに出るはず。
ゲートが安定しないので、
スタートが上手く出れるかがカギになりそう。
最内枠なので、スタートで後手を踏んでしまうと厳しい。
重賞で走れる力はあるはずなので、
流れに乗った競馬ができれば、善戦してもおかしくない。
2
2
スカーレットカラー5岩田康誠56(栗)高橋亮
手の合う鞍上に戻り、期待が持てる。
後方から進める馬なのでインで構えた時に、
直線で前が壁になるリスクはあるが、
スムーズならアッサリ突き抜けるだけの力はある。
イン突きの上手い鞍上でもあり、
詰まるリスクはそれほど気にしなくていいかもしれない。
昨年の2着馬でもあり、展開は昨年より向きそうなので、
ノーマークは怖い一頭。
3
3
ナルハヤ6藤田菜七55(栗)梅田智之
スンナリと先手を取れそうな好枠に入ったものの、
同型馬多数で先行争いが激しくなりそうな点がどうか。
行った行ったで決まるような展開ならチャンスは大きいが、
ペース的には厳しくなりそうで、
そこまで能力が抜けている馬には見えず。
展開利の見込めそうにない今回は見送っても良さそう。
3
4
タガノアスワド6西村淳也55(栗)五十嵐忠
スタートがいい馬なので、おそらくハナを切るのはこの馬。
同型馬が多いが、先手を取り切れれば多少は残り目も。
枠は良い所に入り、調子はかなり良さそう。
今回の逃げ馬の中では一番ハイペース耐性がありそうで、
相手強化で厳しいとは思うが、
穴馬候補としては面白いかもしれない。
4
5
アロハリリー5池添謙一55(栗)高野友和
近走結果が出ていないが、荒れた馬場が合っていなかった。
2週目の内が荒れていない馬場ならこの馬の走りはできそう。
周りに速い馬が多く、先行争いに巻き込まれる可能性もあるが、
スムーズに逃げ馬の後ろにつけれればチャンスはありそう。
人気は無いがベストの位置取りを取れそうな馬でもあり、
有利な流れからの残り目には注意しておきたい。
4
6
カリビアンゴールド6藤岡康太55(栗)鮫島一歩
昨年の3着馬で洋芝適性はかなり高い。
器用なタイプで小回りのコースも得意で、
レースに一番嵌っているのはこの馬のように見える。
重賞ではやや力不足感はあるものの、
コース適性で多少の差は埋めれるはず。
ペースが速くなりすぎる展開だと能力的に厳しいが、
普通に流れれば大崩れする心配は無さそう。
5
7
コントラチェック4ルメール55(美)藤沢和雄
コーナー4つの1800mは得意だと思うが、
同型馬が多数いて先手を取れそうにない点が不安。
能力上位は間違いないが、気性面に難しいところがあり、
気持ちが切れると惨敗の可能性も。
ただ、他の上位人気馬に比べて1kg斤量が軽い点は有利。
ピンかパーの結果になりそうなので、
重い印かバッサリ切るかハッキリ決めたいタイプ。
5
8
フェアリーポルカ4和田竜二56(栗)西村真幸
重賞2連勝で勢いは一番だが、斤量56kgをこなせるかどうか。
これまで大敗した2戦はいずれもG1だが55kgを背負っており、
それ以外のレースで掲示板を外していないことを考えると、
やや負けすぎな印象。
相手関係というよりも斤量負けしてしまっている可能性も。
馬格は3歳時よりも大きくなっているので、
今は問題無いかもしれないが、やや不安が残る。
枠ももう少し内の方が良く、取りこぼしは見ておきたい。
6
9
ビーチサンバ4福永祐一55(栗)友道康夫
ゲートが安定しておらず、直線の長いコースが良いタイプ。
距離はこなせそうな感じはあるが、
小回りの洋芝でこの馬の末脚が活きるかは疑問。
あまり器用なタイプでは無いので、
後方から差して届かずも見ておきたい。
6
10
リープフラウミルヒ5丹内祐次55(美)相沢郁
機動力の高い馬なので展開を問わず走れそうな点は魅力。
また、相性の良い鞍上替わりもプラスに見える。
ただ、馬格の無い馬なので、馬体の維持がどうか。
これ以上減るようだと厳しく見えるので、
当日の馬体重には注意しておきたい。
7
11
モルフェオルフェ5柴田善臣55(美)大江原哲
前向きすぎる気性なので、
この枠からでも積極的な競馬になりそう。
抑えて走れるようなタイプでは無いので、
同型馬多数で飛ばしてしまう可能性が高い。
距離がもう少し短ければ押し切れるかもしれないが、
この距離で絡まれると直線で失速してしまいそう。
展開や距離が向きそうになく、
今回は見送った方がいいかもしれない。
7
12
オールフォーラヴ5横山武史55(栗)中内田充
半年ぶりのレースで、休み明けで結果が出ていない点が、
気になるところ。
調教の動きからも落ち着きがなく、
使いつつの方が良くなってきそうな感じ。
ローカル競馬も初めてで不安要素が多い。
今回は様子を見て、次走以降に期待したい。
8
13
サムシングジャスト4武豊55(栗)松田国英
末脚がしっかりしていてチャンスはありそうだが、
乗り替わりで慣れた鞍上から手が離れていきなりはどうか。
勢いはあるがやや癖のある馬のように見え、
鞍上によっては決め手を活かせないこともある様子。
調教での動きからもまだ乗りこなせていないような感じ。
決め手は重賞でも通用すると思うが、
小回りで脚を上手く引き出せるかがカギになりそう。
8
14
シャドウディーヴァ4内田博幸55(美)斎藤誠
前走大敗しているが、不良馬場が合わなかったので、
度外視でも良さそう。
ただ、直線の鋭い末脚を武器にしている馬だけに、
小回りのこのコースが合うかは微妙に見える。
展開待ちのところもあり、流れ次第では出番が無いことも。
条件が合うコースでこその馬なので、ここは見送りたい。

4頭の逃げ馬の出方次第で流れが大きく変わりそうです。
人気もかなりばらけているようで、意外な馬の激走があるかもしれませんが、
本命は②スカーレットカラー。
G1では力不足の馬ですが、G3なら能力上位は間違いないです。
鞍上も元に戻って秋に向けて恥ずかしいレース内容にはならないはず。
昨年のようなスローペースにはなりそうにないので、
今年はしっかり差し切ってくれると思います。
対抗は⑩リープフラウミルヒ。
小回りコースはかなり得意そうに見え、洋芝適性は高いはず。
相性の良い鞍上に戻れば前走のような負け方はしないと思います。
馬体面がやや気になりますが、減らなければチャンスはあると思います。
単穴は⑦コントラチェック。
能力だけならこのメンバーでは抜けていると思います。
気性面に難がある馬でしたが、調教では問題無く走れており、成長があるかもしれないです。
控える競馬で落ち着いて走れるようなら圧勝まであっても驚けないです。
抑えは⑤アロハリリー、⑥カリビアンゴールド。

買い目
馬連  ②-⑤⑥⑦⑩
ワイド ②-⑤⑩

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年7月結果
本命馬 (0.0.1.7)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.8.40)
回収率 71%