エルムステークス 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

エルムステークス 登録馬前走診断

前走診断
08 /05 2020
8/9(日)に札幌競馬場で行われるエルムステークス(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アッシェンプッテル評価C
20/6/20
阪神ダ1800m
三宮S(OP)
5着
スタートがあまり速くなく後方から。
先行集団から置かれ気味で、
流れに乗り切れていない感じ。
上位の馬は4コーナーで動いていったが、
この馬は直線で追い出し、やや離されてしまった。
追い込み一辺倒のところがあり、
展開の恩恵が無いとこのクラスでは厳しく見える。
アディラート評価B
20/7/12
函館ダ1700m
マリーンS(OP)
3着
ゲートでやや出遅れてしまい、後方から。
あまりいいスタートでは無かったが、
向こう正面に入ると外から上がっていき、
直線入口では2番手まで逃げ馬を捕まえに行けていた。
結果的には早めに脚を使ってしまって、
直線で決め手のある馬にかわされてしまったが、
強い内容のレースはできていたように見える。
この出来を維持できるようならチャンスはありそう。
アナザートゥルース評価B
20/4/19
阪神ダ1800m
アンタレスS(G3)
2着
初めての58kgの斤量だったが、
全く苦にすることなく走れていた。
久々の1800mのペースにも戸惑うことなく、
流れに乗った競馬ができていた。
勝ち馬には離されたものの、
2着争いの叩き合いで負けなかったのは評価できる。
良馬場よりは多少渋った馬場の方がいいのかもしれない。
今後も息の長い活躍が期待できそう。
アルクトス評価B
20/5/5
船橋ダ1600m
かしわ記念(G1)
4着
今回は出たなりのスタートで、
馬のリズムで3番手からの競馬。
小頭数ということもあってか道中は動きも無く、
淡々とした流れ。
最後のコーナーから仕掛けていくが、
前には完全に逃げられ、
直線で後続にかわされてしまった。
一線級相手にはまだ力が足りなさそうだが、能力は高い。
このまま成長していければ、いずれチャンスはありそう。
ウェスタールンド評価A
20/4/19
阪神ダ1800m
アンタレスS(G3)
1着
先行争いが激しかったとはいえ、
ペースはそこまで速くなかった。
それにもかかわらず、
後方から一気に差し切ったのは立派。
一頭だけ別次元の末脚で、豪快な差し切り勝ち。
G1級の相手とも互角に戦ってきた馬だけに、
この相手には完勝の内容。
展開に左右されるのでスローだと期待できないが、
まだまだ衰え知らず。
ペースが速くなりそうな時には注意しておきたい。
エアスピネル評価B
20/7/12
阪神ダ1400m
プロキオンS(G3)
2着
1年ぶりのレースで初めてのダート戦だったが、
しっかり流れに乗った競馬ができ、
直線も最後までしっかり伸びてきていた。
敗れてしまったが、
勝ち馬はダートの一線級馬なので仕方なし。
外を回していたので砂を被ってどうかはあるが、
ダートは全く苦にせず走れていた。
今後のローテーションはわからないが、
元々一線級の馬なのでダートであれ芝であれ、
注目しておいた方がいいかもしれない。
サトノティターン評価B
20/6/6
東京ダ2100m
スレイプニルS(OP)
3着
いつものように後方で脚を溜める競馬。
ペースがあまり流れずに、
スローで展開は向かなかったが、
直線ではいつも通り良い脚を使って良く伸びてきていた。
前の馬をかわすところまではいかなかったが、
展開次第では十分着順が入れ替わってもおかしくない。
7歳馬になるがまだまだ元気いっぱいといった感じで、
今後の活躍は期待できる。
タイムフライヤー評価B
20/7/12
函館ダ1700m
マリーンS(OP)
1着
前が飛ばす流れの中、
中段につけていいリズムで走れていた。
4コーナーでアディラートを目標に動いていき、
直線できっちりかわして完勝。
良い目標があった点や流れが向いた点などあったが、
強い勝ちっぷりを見せていた。
これまで決め手に欠けるところがあったので、
変わってこれば今後も期待できそう。
デザートスネーク評価B
20/7/12
函館ダ1700m
マリーンS(OP)
6着
マズマズのスタートから中段内目につけ、
先行馬を見ながら進めていく。
位置取りは悪くなかったが、ペースが速く、
この馬には厳しい流れだったかもしれない。
直線はこの馬なりにはしっかり走れていたが、
鋭く伸びるようなことは無く、
そのままなだれ込む感じになってしまった。
爆発力に欠けるようなところはあるが、
割と安定感はありそうな走り。
このクラスで勝ち切れないまでも、
好走する可能性は十分ありそう。
ナイママ評価B
20/7/11
函館芝2000m
五稜郭S(1600万)
1着
スタートをしっかり決めて2番手追走。
ゆったりとした流れになり、
理想的なポジションで運べていた。
終始力強い足捌きで走れており、
直線は後続に詰め寄られたが、
しっかり凌ぎきっての勝利。
2歳時以来の勝利になるが、
洋芝への適性がかなり高いかも。
函館や札幌に出走するときは注意しておきたい。
ハイランドピーク評価B
20/6/28
函館ダ1700m
大沼S(L)
3着
休み明けで大きく馬体を増やしていたが、
行きっぷりは良く、スンナリと3番手につける。
大外枠だったので外を回らされたが、
特に堪えることも無く、しっかり追走できていた。
直線入口では先頭に立ち、粘りこみを図ったが、
勝ち馬にはアッサリかわされ、
逃げた馬に差し返されての3着。
一度使われて次走は調子を上げてきそうな感じ。
バスカヴィル評価C
20/5/24
東京ダ2100m
丹沢S(1600万)
1着
スンナリと好位からの競馬ができたが、
小頭数でレベル的にもやや疑問が残る。
距離延長のせいか、やや前向きすぎるような感じで、
あまり抑え込めきれず、直線手前で先頭に立つ。
直線は後続がそれほど伸びてこなかったので、
凌ぎきることができたが、相手に恵まれた感じ。
OP入りしてすぐは厳しいかもしれない。
ヒラボクラターシュ評価C
19/9/23
船橋ダ1800m
日本テレビ盃(G2)
6着
3番手につけ流れに乗った競馬ができていたが、
最後のコーナーで失速。
全く鞭にも反応できず、
何かトラブルがあったような大敗。
途中までは普通に追走できていたので、
能力的な問題では無さそうな感じ。
状態面で何か問題があったのかもしれないので、
次走しっかり立て直せるかがカギになりそう。
リアンヴェリテ評価C
20/7/12
函館ダ1700m
マリーンS(OP)
13着
スタートから出鞭を入れて先手を主張していくが、
内の馬が速く、3番手まで。
自分の形に持ち込めず、苦しい形になってしまった。
3コーナー手前で既に脚色が悪くなり、
コーナーでは鞭が入っても反応なし。
直線は完全に脚が止まってしまっていた。
脆いタイプの逃げ馬なので、
逃げられなかった時点で大敗は仕方ない。
先手を取れる相手関係ならまだ見限れない。
ロードゴラッソ評価C
20/4/19
阪神ダ1800m
アンタレスS(G3)
8着
好位で追走できており、いい感じで走れていたが、
4コーナー辺りから脚色が悪くなってしまっていた。
直線も本来の走りができなかったような感じ。
使い詰めなので、疲労が溜まっているのかもしれない。
もっとやれていいレベルの馬。
一度休養を挟めば、また活躍できるはず。
ワイルドカード評価C
20/4/19
阪神ダ1800m
アンタレスS(G3)
13着
今回も二桁着順になってしまったが、
前走のように途中で止めてしまっているわけではなく、
急遽の乗り替わりで能力を引き出せなかった可能性も。
重賞で周りのレベルが上がっているとはいえ、
もっと走れてもいい馬。
前走と今回の大敗で人気を落とすようなら、
次走は狙ってみるのも面白いかもしれない。
ワンダーリーデル評価B
20/7/12
阪神ダ1400m
プロキオンS(G3)
9着
末脚を活かす競馬に徹し、道中は後方で脚を溜める。
4コーナー辺りから追い出していくが、
左回りの方がスムーズかもしれない。
直線は外から良く伸びてきていたが、
前の馬もそれほど止まる馬がおらず、上位までは届かず。
休み明けで状態面がパッとしなかったが、
自分の走りはしっかりできていた。
距離はもう少しあった方が競馬がしやすそう。
調子を上げてこれば、今後も期待できる。

前走良かった馬はウェスタールンド。
8歳馬と高齢になりますが、今が一番いい状態のように見えます。
展開に左右される面はありますが、過剰人気するようなタイプでは無く、
まだ狙っていっても妙味がありそうな感じです。
札幌のダートは初めてで展開面は厳しいかもしれませんが、
高齢を理由に評価は下げる必要は無さそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%