エルムステークス 出走馬調教診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

エルムステークス 出走馬調教診断

調教診断
08 /07 2020
8/9(日)に札幌競馬場で行われるエルムステークス(G3)の出走馬調教診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アディラート評価A
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
66.151.237.512.0
脚を高く上げて力強い走りを見せていた。
ダート馬らしい馬体に仕上がっていて疲労感も無く、
いい状態で出走できそう。
アナザートゥルース評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
66.250.937.211.6
休み明けのせいか追ってからの反応がやや鈍い。
反応してからは良く伸びてきていたが、
好調時のデキにはまだ持ってこれていないかもしれない。
一度使ってからの方が良くなってきそう。
アルクトス評価A
8/5(水)
札幌ダート 重
6F5F4F3F1F
81.465.951.338.612.0
抑え込みながらの調教で多少行きっぷりが良すぎた感じはあるが、
キッチリ仕上がっていると見て良さそう。
状態面は全く問題無く、レースでの折り合い面がどうかだけ。
ウェスタールンド評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
72.556.641.512.1
馬ナリで時計は平凡だが、終い重点でラストは上々の伸びを見せていた。
絶好調とまではいかなそうな感じだが、
マズマズ動けるデキには持ってこれていそう。
エアスピネル評価C
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
73.957.141.612.6
動き自体は悪くはないが、軽い走りでダートが得意そうには見えず。
前走ダート重賞で2着とはいえ、ダート適性はあまり感じられない。
もう少し走りに力強さが欲しいところ。
サトノティターン評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
69.153.339.012.4
左回りを中心に使われている馬だが、
調教での右回りは問題無く走れており、手前替えもスムーズ。
特に問題は無さそうな感じ。
小回りがどうかはあるが、状態面は悪くなさそう。
タイムフライヤー評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
73.456.941.312.6
トビは小さいが回転の速い走りで小回りは良さそうな走り。
大きな変化は無さそうな感じで、前走時の状態は維持できていそう。
派手さは無いものの堅実な走りは期待できる。
ハイランドピーク評価A
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
65.751.638.512.8
やや抑え気味ながらもリズムよく走れており、
いい雰囲気に持ってこれている。
回転の速い走りでいかにも小回りが得意そうな走り。
得意の舞台に向けてキッチリ仕上げてきていそう。
バスカヴィル評価C
8/5(水)
美浦南W 良
5F4F3F1F
68.553.439.713.1
馬ナリとはいえ頭の高い走りで走りのフォームがイマイチ。
連勝中の馬ではあるが、勢いはそれほど感じられず。
重賞で通用するだけの力はまだ足りていないように見える。
ヒラボクラターシュ評価C
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
65.251.939.312.8
追われてからの反応がイマイチ。
気合いが入るようなことも無く、終始淡々とした走り。
長期休養明けでもあり、一度使ってからの方が良さそうに見える。
リアンヴェリテ評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
70.154.040.212.8
追われてスムーズに加速できており、雰囲気はマズマズ。
ローテーションも昨年と同じで、状態面に心配は無さそう。
力は出せそうなデキ。
ロードゴラッソ評価C
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
65.951.338.112.7
ビッシリ追われたが反応がイマイチで、併せ馬に脚色でやや見劣っていた。
直前の動きとしては物足りなさが残る内容。
多少デキ落ちも見ておきたい。
ワイルドカード評価B
8/5(水)
札幌ダート 重
5F4F3F1F
69.054.039.212.7
併せ馬との並走では頭が高く、ぎこちない走りだったが、
抜け出してからは徐々にスムーズな走りができていた。
気持ちの面で弱い部分はありそうだが、
追ってからの動きは悪くなかった。
ワンダーリーデル評価C
8/5(水)
札幌芝 やや重
5F4F3F1F
67.553.338.612.4
芝での追切で軽めの調教内容。
あまり力強さは見られなかったが、動きは軽やか。
やや負荷が軽すぎるようにも見える。脚質的にもどうか。

調教の動きが良かったのはアディラート、アルクトス、ハイランドピーク。
アディラートは叩き良化型なので、順調に調子を上げてきているように見えます。
今の出来なら重賞でも通用しそうな感じです。
アルクトスは気性面にやや不安が残るものの、状態面は抜群に良く見えました。
走りはトビが大きいので、小回りがどうかはありますが、デキや能力を考えれば力でねじ伏せるようなこともできそうです。
ハイランドピークはアルクトスとは逆に小回りでこその馬。
長期休養を一度使って、きっちりここに向けて仕上げてきた印象です。
3年連続馬券圏内も十分チャンスがありそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年8月結果
本命馬 (0.2.1.6)
回収率 13%

2020年累計
本命馬 (18.10.9.46)
回収率 64%