スプリンターズステークス 過去5年データ分析 - 競馬鹿の重賞レース予想

スプリンターズステークス 過去5年データ分析

過去データ分析
09 /30 2020
10/4(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズステークス(G1)の過去5年データ分析になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

年齢別データ
年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3歳0- 1- 1- 9/110.00%9.10%18.20%0113
4歳1- 1- 2- 9/137.70%15.40%30.80%2260
5歳2- 2- 1-16/219.50%19.00%23.80%5776
6歳2- 0- 0-14/1612.50%12.50%12.50%4720
7歳0- 1- 1-11/130.00%7.70%15.40%0154
8歳~0- 0- 0- 5/ 50.00%0.00%0.00%00
4,5歳馬が馬券の中心も3歳や7歳馬も回収率ベースでは悪くない数字。
年齢だけで判断するのは危険かもしれない。
斤量別データ
斤量着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
53kg0- 1- 1- 4/ 60.00%16.70%33.30%0208
55kg1- 2- 2-23/283.60%10.70%17.90%1553
57kg4- 2- 2-37/458.90%13.30%17.80%4071
55kgで好走しているのはすべて牝馬。
3歳牡馬は人気薄のケースが多いので仕方のない部分はあるが、
一頭も馬券に絡んでいない。
古馬を中心に考えた方が良さそう。
馬体重別データ
馬体重着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
420~439kg0- 1- 0- 3/ 40.00%25.00%25.00%0127
440~459kg0- 0- 2- 9/110.00%0.00%18.20%0159
460~479kg4- 0- 3-16/2317.40%17.40%30.40%8595
480~499kg0- 3- 0-16/190.00%15.80%15.80%063
500~519kg1- 1- 0-13/156.70%13.30%13.30%1920
520~539kg0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
近年は馬格の無い馬の好走が目立ってきており、小柄な牝馬でも通用している。
当日大きな増減のある馬は嫌いたいが、馬格は気にする必要は無さそう。
枠別データ
枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠1- 1- 2- 6/1010.00%20.00%40.00%44200
2枠0- 1- 1- 8/100.00%10.00%20.00%0135
3枠0- 0- 2- 8/100.00%0.00%20.00%084
4枠3- 1- 0- 6/1030.00%40.00%40.00%8960
5枠0- 1- 0- 8/ 90.00%11.10%11.10%056
6枠0- 0- 0-10/100.00%0.00%0.00%00
7枠1- 0- 0- 9/1010.00%10.00%10.00%9238
8枠0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%029
はっきりと内枠有利の傾向が見られる。
コース形態自体が外に振られるとかなり不利になるので、
ポジションを取りに行けない馬が外枠に入った時は割引き。
人気別データ
人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気3- 0- 1- 1/ 560.00%60.00%80.00%208118
2番人気1- 1- 0- 3/ 520.00%40.00%40.00%5884
3番人気1- 1- 0- 3/ 520.00%40.00%40.00%184112
4~6人気0- 1- 0-14/150.00%6.70%6.70%020
7~9人気0- 0- 3-12/150.00%0.00%20.00%0105
10~人気0- 2- 1-31/340.00%5.90%8.80%074
1番人気が優秀な成績。
特に前年好走したリピーターが1番人気になった時はかなり信頼度が高い。
ダノンスマッシュ、モズスーパーフレアの人気には注目しておきたい。
ただ、相手は堅い決着もあれば大荒れもあり、相手探しは難解なレース。
間隔別データ
間隔着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3週3- 1- 1-23/2810.70%14.30%17.90%3684
4週0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
5~ 9週0- 1- 4-28/330.00%3.00%15.20%056
10~25週2- 2- 0-11/1513.30%26.70%26.70%8295
半年以上0- 1- 0- 1/ 20.00%50.00%50.00%0145
好走馬はセントウルSを中心にサマースプリント戦を使ってきた馬か、
春のG1からのぶっつけ本番の馬がほとんど。
それ以外のローテーションの馬は大きく割引したい。
脚質・上がり別データ
脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
逃げ0- 2- 1- 2/ 50.00%40.00%60.00%0164
先行0- 1- 2-14/170.00%5.90%17.60%0155
中団5- 2- 1-24/3215.60%21.90%25.00%7062
後方0- 0- 1-24/250.00%0.00%4.00%019
上り着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
3F 1位0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%098
3F 2位2- 0- 0- 6/ 825.00%25.00%25.00%9540
3F 3位2- 0- 0- 1/ 366.70%66.70%66.70%19093
3F ~5位0- 2- 1-12/150.00%13.30%20.00%068
3F 6位~1- 3- 3-40/472.10%8.50%14.90%1981
展開次第の部分はあるが、後方一気は決まりにくい。
追い込み一辺倒の馬は割引き。
上がりの速さよりもポジション取りが重要。
前走着順別データ
前確定着順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着3- 0- 3-11/1717.60%17.60%35.30%8795
前走2着0- 2- 0- 9/110.00%18.20%18.20%072
前走3着1- 0- 0- 6/ 714.30%14.30%14.30%4520
前走4着1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%73183
前走5着0- 0- 1- 4/ 50.00%0.00%20.00%0280
前走6~9着0- 0- 0-18/180.00%0.00%0.00%00
前走10着~0- 2- 0-13/150.00%13.30%13.30%060
前走G1を使っていた馬は前走の着順は不問だが、
夏に叩いている馬は最低でも掲示板を確保するぐらいでないと通用しない。
叩き台でもある程度のパフォーマンスを見せれる馬でないと厳しい。
前走クラス別データ
前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
OPEN特別0- 0- 1- 1/ 20.00%0.00%50.00%0175
G31- 1- 3-32/372.70%5.40%13.50%2451
G23- 1- 1-23/2810.70%14.30%17.90%3684
G11- 3- 0- 4/ 812.50%50.00%50.00%40167
海外0- 0- 0- 4/ 40.00%0.00%0.00%00
前走G1を使ってきた馬は半数が馬券内に絡んでおり、久々でも侮れない。
ただ、夏競馬で好走を見せ、好調をキープできている馬にも注意しておきたい。
前走距離別データ
前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1200m4- 3- 4-55/666.10%10.60%16.70%2969
1400m0- 0- 1- 3/ 40.00%0.00%25.00%087
1600m1- 2- 0- 4/ 714.30%42.90%42.90%45150
1700m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
2400m0- 0- 0- 1/ 10.00%0.00%0.00%00
今年はグランアレグリア以外の登録馬は全て前走芝1200mの馬。
グランアレグリアは高松宮記念2着の実績があり、
スプリント適性については心配する必要は無さそう。

今年は登録馬の多くが、夏のスプリント重賞からの参戦。
また、昨年のスプリント2~4着馬も出走予定で、昨年勝ち馬のタワーオブロンドンが不在ではありますが、かなりの好メンバーが揃った印象です。
予想は難解ですが、スプリントNo1を決めるのにふさわしい面白いレースになりそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%