毎日王冠 出走馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

毎日王冠 出走馬前走診断

前走診断
10 /08 2020
10/11(日)に東京競馬場で行われる毎日王冠(G2)の出走馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>

アイスストーム評価C
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
12着
後方で脚を溜める競馬をするも、
スローペースで展開が向かず。
直線で出しどころも無く、内から脚を使ったが、
見せ場も作ることができなかった。
もっとタフな流れになってこその馬だけに、
今回の結果は仕方ない。
重賞で結果は出ていないが、
展開が向けばそれほど差は無いはず。
人気薄での一発には注意しておきたい。
カイザーメランジェ評価C
19/9/8
阪神芝1200m
セントウルS(G2)
10着
このメンバー相手では、追走するだけの競馬が精いっぱい。
使い詰めの面もあり、末脚もいまいち。
一度リフレッシュした方が良さそう。
カデナ評価B
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
6着
後方で脚を溜めて直線に賭ける競馬。
スローペースだったが決め打ちのような感じで、
じっくり構えて進んでいく。
直線で大外に持ち出して良く伸びてきていたが、
トップハンデの斤量もあってか、
ラスト150mほどでやや脚色が鈍ってしまっていた。
スパッと切れるタイプの末脚なので、
長い直線よりも小回りの方が良さそうな感じ。
ただ、斤量は今後も背負わされることになるので、
展開が向いても勝ち切ることは厳しそうで、
3着候補ぐらいに留めていた方が良さそう。
コントラチェック評価C
20/8/2
札幌芝1800m
クイーンS(G3)
10着
スタートがそれほど良くなく、好位のポジションから。
3番手まで上がっていくが、落ち着いて追走できていた。
直線で先頭に立つが、全く粘りを見せることなく、
ズルズルと後退。
ハナを切らないとやはりダメなタイプかもしれないが、
テンのスピードが落ちてきているのは気になるところ。
しばらく様子を見た方がいいかもしれない。
サトノインプレッサ評価B
20/5/31
東京芝2400m
東京優駿(G1)
4着
スタートでやや出遅れてしまい、後方から。
最内枠だったため、閉じ込められる形になったが、
折り合い面は問題無く走れていた。
インでじっと我慢できれば良かったが、
直線で進路を求めて外に出していこうとして、
進路が見つからず、内に戻して良く伸びてきており、
内で我慢できていれば3着はあったかもしれない。
とはいえやはり現状はスタートの悪さが目立ち、
軸向きのタイプでは無さそう。
能力はあるものの展開に左右される馬なので、
人気過剰の時は嫌いたい。
サリオス評価A
20/5/31
東京芝2400m
東京優駿(G1)
2着
距離不安からかいつものように積極的に前には行かず、
中段でじっくり進める。
向こう正面で動きがあったとはいえ、
スローで流れて上がり勝負になったのは良かったと思う。
直線は大外からいい脚を使って伸びてきており、
普通なら勝てるレベル。
今回も相手が悪かった。
この馬も世代屈指の力を持っており、
勝ち馬との差は距離適性の分のように見える。
マイルCS辺りに出てくるようなら面白そう。
サンレイポケット評価B
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
3着
勝ち馬の後ろにつけて、道中はいいリズムで運べていた。
直線も勝ち馬を目標にスムーズに大外に持ち出し、
この馬らしいキレを見せて良く追い込んできていた。
惜しくも届かなかったが、
初めての重賞でこれだけ走れていれば上々の内容。
今回はスムーズな競馬ができた点も大きかったが、
安定してキレのある末脚を発揮できる点は魅力。
距離はもう少し長い方が良さそうな感じなので、
東京の芝2400m戦を使うようなことがあれば面白そう。
ザダル評価A
20/8/2
新潟芝1800m
関越S(OP)
1着
逃げ馬が大逃げを打ち、かなりのハイペースになったが、
好位のポジションながらついていかず、
3着馬をマークするような形でマイペースの走り。
直線で鋭い伸びを見せて大逃げした馬をかわし、
そのまま突き抜けて完勝。
重賞でも十分好走できるだけの馬。
ここでは力が一枚上だった印象。
中距離が良さそうな感じなので、
これぐらいの距離で今後の活躍が期待できる。
ダイワキャグニー評価B
20/6/14
東京芝1800m
エプソムC(G3)
1着
前走から16kg馬体を減らし、キッチリ絞ってきていた。
スタートも良かったが、外の馬がかなり飛ばし、
無理せず2番手追走。
並走するとやはり馬を気にする素振りがあったが、
単独2番手になると落ち着いて走れていた。
直線で前を捕え、かなり鞭が入っていたが、
最後までしぶとい脚で後続を振り切っての勝利。
ハイペースだったが、馬場が悪く、
外を回した馬が伸びきれなかったのも功を奏した。
やや気性が悪くなってきているが、
左回りでは注意しておきたい。
トーラスジェミニ評価B
20/8/23
札幌芝2000m
札幌記念(G2)
8着
大外枠だったが特に行きたがる馬もおらず、
スムーズに先頭へ。
道中はマイペースで理想的な流れに持ち込めたが、
3コーナー半ば辺りから並びかけてこられ、
苦しくなってしまった。
それでも直線は踏ん張っており、
大崩れすることなく最後まで走れていた。
もう少しマイペースならもっと粘りこめていたかも。
行ききった時はしぶといので、
今後も同型馬不在の時は積極的に狙っても良さそう。
ワンダープチュック評価C
20/9/5
新潟芝1600m
長岡S(3勝)
1着
スタートはあまり速くなかったが、
大外枠から馬場の良い所を走らせ、
コーナーで内に入れて2番手追走。
直線で外に持ち出し、距離ロスを最小限にし、
馬場の良い所を走らせる完璧な騎乗。
スローペースということもあり、
直線でも脚色が鈍らず、後続の追撃を振り切り、
粘りこんで勝利。
馬の力というよりは鞍上の好騎乗での勝利に見え、
OPでは苦戦しそうな感じ。

前走良かった馬はサリオスとザダル。
サリオスは距離が長かったと思いますが、それでも強い競馬をしていました。
負けたのは相手が悪かっただけで、この馬も同世代では抜けた力がありそうです。
距離短縮で競馬はしやすくなると思うので、身体が作れていればここは勝ち負けする可能性は高そうです。
ザダルは前走骨っぽいメンバーが揃っていましたが、力の差を見せつけるかのような勝利でした。
今回ぐらいの相手なら十分勝負になりそうです。

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年9月結果
本命馬 (5.1.0.4)
回収率 83%

2020年累計
本命馬 (23.11.9.50)
回収率 66%