ターコイズステークス 登録馬前走診断 - 競馬鹿の重賞レース予想

ターコイズステークス 登録馬前走診断

前走診断
12 /16 2020
12/19(土)に中山競馬場で行われるターコイズステークス(G3)の登録馬前走診断になります。
予想の参考にしてみて下さい。

<広告>
競馬情報サイト『Gallop Japan』のご紹介です。
無料で予想だけでなく、以下のような情報も手に入れることができます。

◆鉄板(火曜日更新)
厳選した鉄板レース、鉄板馬の一部を紹介しているコンテンツ。

◆データオブマスターホース(水曜日更新)
データから有力馬を選出しているコンテンツ。

◆穴 超注目馬!(木曜日更新)
予想師による注目馬を紹介するコンテンツ。

◆ダートホース(不定期)
ダートで注目すべき馬とそのポイントを紹介しているコンテンツ。

◆BOSSの目線(不定期)
レースの注目馬とそのポイントを最高級の心眼BOSSの目で紹介しているコンテンツ。

◆大穴狙いヤスの今週の注目馬(不定期)
レースで大穴に繋がる馬を紹介するコンテンツ。

無料情報でも的中実績があり、直近では

12/13 阪神9R オリオンステークス   3連複  8.0倍

を的中させており、無料でも侮れない情報が提供されております。

ご興味のある方は以下のリンクから無料登録してみて下さい。

※メールアドレスを入力するだけで無料登録の完了です。


アロハリリー評価B
20/10/4
中京芝1600m
ポートアイランドS(L)
4着
外の馬が飛ばしていき、スムーズに好位につける。
ペースはやや速かったが、道中はリズムよく走れていた。
4コーナーから前を捕えに動いていき、
直線入口で先頭に立って押し切りを図るが、
決め手のある馬にかわされて4着まで。
敗れてしまったが止まっているわけではなく、
良く踏ん張って走れていた。
これだけ走れていれば展開次第でチャンスはありそう。
アンドラステ評価C
20/9/13
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
10着
中段内目に入れて追走も、
向こう正面でやや折り合いを欠いてしまい、
かなりポジションを落としてしまっていた。
直線に入ると前が壁になって詰まってしまい、
まともに追い出せたのはラスト1ハロン程度。
かなりチグハグなレースになってしまっていた。
全く力を出せていないので度外視でも。
イベリス評価C
20/12/12
阪神芝1600m
リゲルS(L)
6着
他の馬が先手を主張せず、楽な感じで先頭へ。
道中はマイペースの逃げができ、理想的な展開だったが、
直線での叩き合いでもう一つ伸びきれず、
後続にかわされてしまっていた。
このクラスだとややワンパンチ不足かもしれない。
距離ももっと短い方が良さそう。
インターミッション評価B
20/10/3
中山芝1600m
秋風S(3勝)
1着
中段外目を追走。
2着馬にピッタリマークされる形で、
4コーナー辺りから被されないよう早めに動いていき、
直線も最後まで粘り強い走りで勝利。
切れる脚というよりは長くいい脚が使えそうなタイプ。
やや華奢な感じに見えるので、
もう少し馬体が大きくなってこればOPでも。
クリスティ評価B
20/10/24
京都芝1600m
トルマリンS(3勝)
1着
スタートを決め先頭へ。
道中かなりのスローペースに持ち込み、
直線は脚色が鈍らずそのまま押し切り勝ち。
小頭数で展開が向いたこともあるが、
ここでは力が違っていた印象。
地力はありそうなので、OPでも経験を積めば通用しそう。
サトノダムゼル評価B
20/9/6
新潟芝2000m
新潟記念(G3)
5着
スタート良く好位につけ、
流れに乗った競馬ができていた。
スローペースで絶好のポジションから、
直線馬場の良い所に持ち出せたが、
鞭が入るとやはりふらついてしまい、
内にヨレてしまったのがもったいなかった。
立て直してもふらつきは収まらず、
後続の決め手に屈してしまった。
能力はあるが、追ってから真っ直ぐ走れない点が致命的。
この辺りが良くなってこれば重賞でも活躍できそうなので、
調教の動きには注目しておきたい。
サンクテュエール評価C
20/10/18
京都芝2000m
秋華賞(G1)
16着
位置取りは悪くなかったが、
4コーナーで手応えが無くなってしまっていた。
直線はほとんど追っていないので、
着順の悪さは気にしないで良さそう。
距離は合わなかったかもしれないので、
マイル戦ならもっとやれても。
シャインガーネット評価B
20/5/10
東京芝1600m
NHKマイル(G1)
6着
中段の内目でじっくり脚を溜め、
ロスの無い競馬ができていた。
内容的にはほぼ完ぺきなレース運びができていたので、
単純に力負けしてしまったような感じ。
G1ではまだ力不足だったかもしれない。
G1はまだでも重賞ではやれるレベルにはあるので、
今後の成長に期待したい。
シーズンズギフト評価C
20/10/24
東京芝1600m
富士S(G2)
12着
スタートから行きたがってしまい、
あまり抑え込まずに馬の気のまま走らせ直線で失速。
ラストはほぼ追ってもおらず、
気性の悪さだけが出てしまった内容。
距離はもっと短い方が気性的にいいのかもしれない。
ちょっと危うさを見せてしまったので、
当面は様子を見た方が良さそう。
スイープセレリタス評価C
20/9/13
中山芝1600m
京成杯AH(G3)
14着
道中は折り合いもついて、
中段からいい雰囲気で追走できていたが、
4コーナー辺りから手応えが無く、
直線で内を突くも全く伸びず。
初めての中山コースだったが、
あまり適性は無さそうな感じ。
もっと広いコースの方が持ち味が出せそう。
気性面は改善されてきているので、
コース替わりで見直したい。
スマイルカナ評価B
20/11/15
東京芝1400m
オーロカップ(L)
2着
外枠から先手を取りに行くが、内の馬も速く、
2番手からの競馬。
道中は頭を上げてやや折り合いを欠いて走っていた。
それでも直線で先頭に立ち、
粘り強い走りで2着は確保。
距離短縮のおかげで上位には来れたが、
やはり同型馬がいると厳しく見える。
マイルまでなら重賞でもこなせそうだが、
同型馬や枠次第のところがありそう。
テーオービクトリー評価B
20/11/28
東京芝1600m
キャピタルS(L)
5着
後方に構えて直線に賭ける競馬。
直線は馬群の中を割って良く伸びてきていた。
それほど切れる感じは無いものの、
最後まで脚が使えており、上々の内容。
クラス慣れも見込めてきているので、
展開が嵌ればそろそろ一発あっても。
トロワゼトワル評価B
20/10/17
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
4着
この馬らしいスピードを見せており、
ハイペースの単騎逃げ。
いつも通りの競馬ができていたが、
渋った馬場と距離が長かった分、
最後の粘りが甘くなってしまったかもしれない。
ただ、敗れはしたものの、
同型馬不在の時は強気の走りを見せる馬。
今後も相手関係次第では十分粘りこみが期待できる。
ドナウデルタ評価B
20/10/4
中京芝1600m
ポートアイランドS(L)
1着
先行馬を見る形で、好位の内目を追走。
道中は馬場の悪いところを走らされてしまったが、
問題無く追走できており、
直線も狭いところを割って良く伸びてきて、
後続を凌いで勝利。
勝ちっぷりは悪くないものの、
2,3着馬は重い斤量を背負っており、
同斤量だと厳しかったかもしれない。
即重賞で通用するような感じはなく、多少慣れが必要かも。
パッシングスルー評価C
20/7/12
福島芝2000m
七夕賞(G3)
6着
スタートを決め、どの馬も先手を主張せず、
自然と先頭に立って逃げの形。
内を大きく空けて走っていたが、
やや力んだような走りで落ち着きに欠けた感じ。
直線に入ると一杯になってしまい、
一気に後続に飲まれてしまった。
重馬場はあまり良くなさそうな感じの走り。
休み明けも良くなかったかもしれない。
良馬場ならもっとやれるはず。
ビッククインバイオ評価B
20/11/21
東京芝1400m
奥多摩S(3勝)
1着
スタート良く飛び出していき、逃げ馬に並走。
やや行きっぷりが良すぎて、道中は抑え気味。
直線で先頭に立ち、そのまま押し切って勝利したものの、
気性面には課題がありそうな感じ。
現状は1400mまでの方がいいかもしれない。
フェアリーポルカ評価C
20/10/17
東京芝1800m
府中牝馬S(G2)
8着
左回りがあまり得意でないかもしれない。
追ってから全く伸びておらず、加速できていなかった。
ちょっと負けすぎな印象。
右回りになればもっとやれると思うが、
55kg以上を背負わされる時は危険かも。
当面は様子を見た方がいいかもしれない。
ホウオウピースフル評価C
20/10/18
京都芝2000m
秋華賞(G1)
18着
ややイレコミ気味で制御が効かなくなってきている。
距離はもっと短くないと厳しいかもしれない。
調教でのダートの走りが悪くなかったので、
ダートを使ってくるようなことがあれば面白そう。
マルターズディオサ評価B
20/10/18
京都芝2000m
秋華賞(G1)
7着
スタートを決めて先頭に立って逃げたが、
後ろから突かれるような形で、
ペースを落とせなかったのが痛かった。
また、前走勝っているとはいえこの距離は少し長そうで、
直線は脚が上がってしまっていた。
牝馬3冠全て結果は出ていないが、重賞級の力はあるはず。
距離短縮してこれば見直せそう。
モルフェオルフェ評価C
20/10/4
中京芝1600m
ポートアイランドS(L)
15着
好スタートを決め、飛び出していくが、
内のディアンドルが先手を主張し2番手まで。
並走するような形になり、ややハイペースの流れ。
マイペースの走りができず、直線入口で後続に捕まり、
そのまま失速。
逃げてこその馬なだけに、同型馬がいると厳しく見える。
ランブリングアレー評価A
20/11/1
京都芝1800m
カシオペアS(L)
1着
スタート良く好位につけ、道中は前に馬を置き、
折り合いをつけて流れに乗った走りができていた。
直線で前の馬の外にスムーズに持ち出し、
最後までしっかり伸びてキッチリ勝利。
大きく馬体を増やしていたが、
重さも無く体が出来上がっていたように見える。
この出来なら重賞でも。
レイホーロマンス評価C
20/11/21
阪神芝2000m
アンドロメダS(L)
3着
中段内目につけ、流れに乗って走れていた。
直線は前が壁になったが、鞍上が上手く捌いて、
内へ持ち出し馬の間を割って良く伸びてきていたが、
この馬の力というよりは鞍上の判断や、
斤量の恩恵が大きかったように見える。
1,2着馬には完敗の内容だけに、
ハンデ戦でも勝ち切るところまでは難しそう。
レッドレグナント評価C
20/10/18
新潟芝1400m
信越S(L)
15着
スタートして馬群に包まれてしまい、
落ち着きを失い、後方からの競馬。
全くこの馬の競馬ができずに、
後方で回ってきただけになってしまっていた。
今回は度外視でも良さそうだが、
OPではややスピード負けしているようにも見える。
もう少し経験を積んでからかもしれない。

前走良かった馬はランブリングアレー。
かなり安定した走りを見せていて、危なげない勝利だったと思います。
前々走の小倉記念では人気を裏切る結果になってしまいましたが、能力的には重賞でも通用するだけの力は持っていそうです。
今回は久々のマイル戦で流れに乗れるかどうかはありますが、スムーズなら勝ち負けまで期待できそうです。


<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************
関連記事

コメント

非公開コメント

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2021年9月結果
本命馬 (3.2.1.6)
回収率 35%

2021年累計
本命馬 (17.15.13.60)
回収率 101%