予想印&買い目 - 競馬鹿の重賞レース予想

マーメイドステークス 予想と買い目

予想印&買い目
06 /14 2020
6/14(日)に阪神競馬場で行われるマーメイドステークス(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
リュヌルージュ5団野大成53(栗)斉藤崇史
2走前の中山牝馬Sでの好走を見る限り、
重馬場巧者の可能性が高そうです。
調教の動きも良く、状態面も申し分無さそうです。
スタートを決めて逃げ馬の後ろにつけることができれば、
残り目の可能性は十分ありそうな感じです。
1
2
サトノワルキューレ5幸英明54(栗)角居勝彦
休み明けだが仕上りは悪くなさそう。
ただ、古馬になってから結果が出ていない点がどうか。
走りきる気力が無くなっているかもしれない。
能力面はそれほど劣ってはいないはずなので、
気持ちが入っていれば走ってもおかしくは無さそう。
2
3
ナルハヤ6藤田菜七51(栗)梅田智之
好枠を引けたので、先手は楽に取れそう。
行ってどこまでといった競馬になりそうだが、
軽斤量なだけに押し切ってしまう可能性も。
前走は直線の長い新潟でも2着に粘っており、
楽に逃げると侮れない。
能力は厳しいが、重馬場と軽斤量を活かせば。
2
4
リンディーホップ5藤懸貴志50金成貴史
能力的にはかなり見劣り、軽斤量でも難しく見える。
良馬場なら切れる脚が使えたかもしれないが、
重馬場で今回の相手にどこまでやれるか。
流れに乗った競馬はできそうなので、
後方の馬が総崩れするような展開なら多少は。
3
5
フィリアプーラ4菊沢一樹54菊沢隆徳
後方に構える競馬になりそうだが、
決め手が活かせるかどうか。
渋った馬場で不発になる可能性も。
展開に大きく左右されるタイプで、
馬場もあまり合いそうになく、今回は微妙かも。
3
6
センテリュオ5福永祐一55(栗)高野友和
能力は確実に上位だが、トップハンデがどうか。
やや背負わされすぎた印象。
馬場が渋るのも持ち味が活かせなくなりそう。
頭では狙い辛い。
4
7
エアジーン4川田将雅52堀宣行
輸送競馬がどうかはあるが、能力は高い。
斤量もマズマズで、状態面も良さそう。
重馬場も特に問題無く、展開が向くようなら。
人気にはなっているが、この斤量なら逆らう必要は無さそう。
4
8
リープフラウミルヒ5国分優作54相沢郁
前走のG3で2着に入っている分斤量を背負わされた。
斤量を背負えるだけの力はまだ無いように見える。
使い詰めで状態面にも不安が残る。
輸送で馬体を減らすようなら危険かもしれない。
5
9
サラス5松若風馬54(栗)西村真幸
展開次第の馬だが、嵌れば末脚は強烈。
調子も上げていそうな感じで、
前走の大敗は気にする必要は無さそう。
何もできずに終わる可能性もあるが、
一発の期待も持てる取り捨てに難しいタイプ。
5
10
レッドアネモス4北村友一54(栗)友道康夫
調教の動きが良く、仕上りは良好。
近走の成績はあまり良くないが、
馬体を減らし続けていたことも影響していたかもしれない。
馬体が維持できていれば、能力的には見劣りしない。
人気が無いのであれば、抑えてみても良さそう。
6
11
オスカールビー5泉谷楓真49(栗)矢作芳人
前走2勝馬クラスを勝利しているが、
かなり展開に恵まれたもので、まだ力不足感がある。
最軽量でも通用するようには見えず。
同型馬との兼ね合いも気になるところ。
かなり苦しい競馬になることは間違いない。
6
12
パルクデラモール5川又賢治50鹿戸雄一
3勝馬クラスでスピード負けしているので、
馬場が渋って時計がかかりそうなのは良さそう。
ただ、能力的には重賞は厳しく、
相手がどれだけ力を出せないかに期待するしかない感じ。
斤量差を活かしたいところだが、
他にも軽斤量の馬がいる中で、強調材料は少ない。
7
13
サマーセント4酒井学50(栗)斉藤崇史
前走もハンデ戦だったが、斤量差を活かしきれず。
今回はさらに斤量が減るとはいえ、
押し切れるだけの力があるかは微妙。
馬場が渋るのも良くなさそうで、
よほど展開が向かないと上位進出は厳しく見える。
7
14
ミスマンマミーア5小崎綾也53(栗)寺島良
距離はもっと長い方が良さそうだが、
重馬場や阪神コースの相性は悪くない。
これまでの重賞では大敗しているが、
今回ぐらいのメンバーなら通用しても。
レースの流れに乗ることができれば、チャンスはありそう。
8
15
マルシュロレーヌ4高倉稜50(栗)矢作芳人
前走は不利があったとはいえ、やや負けすぎの印象。
50kgの斤量は魅力も、重賞でどこまでやれるか。
スムーズに走れれば多少はやれそうだが、
どちらかと言えばローカル向きのタイプ。
ここよりは夏のローカルの方が良さそうな感じ。
8
16
レイホーロマンス7鮫島克駿52(栗)橋田満
7歳馬になるが、衰えはそれほど感じられない。
馬格が無いので、軽斤量なら多少は。
経験豊富な馬なので、馬場への対応力もありそう。
今回ぐらいの相手関係なら3着ぐらいはあっても驚けない。

かなり人気がばらけており、荒れる重賞とはいえ、人気がかなり凝縮され、人気薄馬の妙味はあまり無さそうです。
人気馬同士の決着でも配当が期待でき、無茶はし過ぎない方がいいかもしれません。
本命は①リュヌルージュ。
重馬場はかなり得意だと思います。
逃げ馬が近くにいるので、スムーズに後ろにつけれれば楽に運べるはず。
今回の相手ぐらいなら押し切れそうです。
対抗は⑦エアジーン。
人気になりそうですが、これだけ人気が割れているのなら気にする必要は無さそうです。
能力と斤量のバランスは一番いいと思います。
輸送で馬体を大きく減らしたりしていなければ、好走する可能性は高いと見ました。
単穴は⑯レイホーロマンス。
若い世代の好走が多いレースですが、穴を空けるのは高齢馬。
今年は高齢馬が少ないですが、若い馬もそれほど強い馬がおらず、通用する力はありそうです。
抑えは⑩レッドアネモス。

買い目
馬連  ①-⑦⑩⑯
ワイド ①-⑦⑯

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

エプソムカップ 予想と買い目

予想印&買い目
06 /14 2020
6/14(日)に東京競馬場で行われるエプソムカップ(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ソーグリッタリング6藤井勘一57(栗)池江泰寿
昨年の3着馬でこのレース以降勝ち星から遠ざかっているが、
重賞でも掲示板は外しておらず、安定している。
勢いは昨年ほど無いかもしれないが、
能力の衰えは感じられず、
昨年と据え置きの斤量なら問題無さそう。
昨年に比べ、人気を落としそうではあるが、
侮ってはいけない一頭だと思う。
1
2
サトノガーネット5吉田豊54(栗)矢作芳人
末脚の切れ味は一線級だが使い詰めで、
やや状態面に不安が残る。
距離ももう少し長い方がじっくり脚を溜めれるタイプ。
渋った馬場で決め手が削がれる可能性も。
ここよりはリフレッシュ後の秋競馬で狙う方が良さそう。
2
3
ギベオン5戸崎圭太57(栗)藤原英昭
調教の動きは悪くなく、いくらか復調気配は感じられるが、
渋った馬場がどうか。
重馬場の経験は無いが、良馬場の方が良さそうなタイプ。
良馬場なら穴候補として良かったかもしれないが、
重馬場は合いそうには無い。
今回は様子を見たい。
2
4
サトノアーサー6レーン56(栗)池江泰寿
2年前の勝ち馬で渋った馬場の経験が豊富。
よほど馬場が悪くならない限り、対応はできそう。
ただ、2年前のこのレースを勝利して以降勝てておらず、
人気に応えられないレースが続いている。
調教で折り合いを欠いていた面も見せており、
体勢としては微妙。
人気で買うには不安が残る。
3
5
ピースワンパラディ4津村明秀56(美)大竹正博
過去8戦全て3着以内の安定した走りを見せている。
距離が長かった青葉賞でも良く走れているのは好感が持てる。
馬場を問わず走れるのもいい。
ただ、そこまで強い相手との対戦経験は無く、
やや相手なりに走る印象。
人気にはなっているが、
重賞で勝ち切るだけの力を持っているかは微妙。
3
6
ダイワキャグニー6内田博幸56(美)菊沢隆徳
7勝全て東京コースなので、舞台設定は問題無し。
ただ、前走は好位から進めるも、良いところなく大敗。
調教でも馬を横に置くと、スムーズさを欠いていた。
先手を取るしかなさそうだが、今回は同型馬が多数いる。
それほどテンが速くないので、先手を取れず、
何もできずに終わってしまう可能性も。
4
7
サラキア5石橋脩54(栗)池添学
昨年の2着馬。
前走はスムーズさを欠く競馬ながら、
休み明けでも良く走れていた。
状態面は上向きに見え、前進は期待できる。
昨年より人気が無さそうなので、配当妙味はあるが、
かなり悪くなりそうな馬場への適性がどうか。
4
8
マイネルファンロン5三浦皇成56(美)手塚貴久
馬場が渋って高速決着にならなそうな点はプラス。
ハナに立ちそうな馬が何頭かいるが、
折り合いはつくので好位には楽に付けれそう。
力のいる馬場は向いていそうなので、
穴候補としては面白いかもしれない。
5
9
エメラルファイト4石川裕紀56(美)相沢郁
重馬場経験が無いので走るかどうかはわからないが、
良馬場での決め手勝負よりはマシかもしれない。
別定戦の重賞では多少見劣りするので、
どれだけ重馬場への適性があるかがカギ。
状態面には不安は無さそうなので、
人気薄なら一発狙う価値はありそう。
5
10
マイネルハニー7野中悠太56(美)栗田徹
休み明けを一度叩いたが良くなっているようには見えず。
7歳馬でもあり、衰えが出ているのかもしれない。
3年前の3着馬だが、その時の力はもう無さそう。
ここは見送りが妥当。
6
11
アトミックフォース4武藤雅56(美)武藤善則
勝ち星全てが左回りなので今回のコースは良さそうだが、
勝ったのは全て2000mのもの。
1800mの未勝利戦で勝てなかったが、
距離を延ばしてアッサリ勝てており、
2000m以上あった方がいいのかもしれない。
重賞でこの距離では少し厳しいかもしれない。
馬場が渋るのも良くなさそうだが、
勢いだけでどこまでやれるか。
6
12
シャドウディーヴァ4M.デム54(美)斎藤誠
前走は大敗しているが、G1だったことを考えれば仕方なし。
今回は大分相手関係が楽になり、引き続き得意の左回り。
前進を期待したいところだが、調教の動きは今一つ。
舞台設定は良いと思うが、肝心の状態面が気になるところ。
走ってもおかしくないが、やや信頼には欠ける。
7
13
アイスストーム5武豊56(栗)吉村圭司
後方から決め手を活かす競馬が得意だが、
このレースは追い込み馬には厳しいレース。
渋った馬場で末脚が削がれそうな点も気になるところ。
状態は良さそうなだけに期待したいが、
末脚が不発する可能性も見ておきたい。
7
14
インビジブルレイズ6田辺裕信56(栗)吉村圭司
休み明けだった前走から良くなっているようには見えず。
調教の動きはかなり物足りなかった。
また、東京コースは2戦2勝しているが、
1600mと2000mでのもの。
非根幹距離の適性はどうか。
今の状態では重賞は厳しいかもしれない。
7
15
ゴーフォザサミット5北村宏司56(美)藤沢和雄
調教では今回出走するレイエンダに完敗の内容。
距離もこの距離は短いように見え、追走に苦労しそう。
ここで激走する可能性は低いように感じる。
もっと長い距離でこその馬だと思うので、
距離延長した時に狙いたい。
8
16
アンドラステ4岩田望来54(栗)中内田充
関東圏のレースが初めてなので、輸送がどうかはあるが、
わずか6戦でオープン入りした実績は評価できる。
脚質の幅も広がっており、どんな競馬もできるはず。
左回りや重馬場の経験はあるので、馬体さえ維持できれば。
前走の状態通り走れれば、ここでも好走できそう。
8
17
レイエンダ5ルメール57(美)藤沢和雄
この距離ならポジションは取りやすいはずなので、
位置取りは悪くはならないはず。
マイルよりはこの距離の方が合っていそう。
昨年の勝ち馬でもあり、連覇する力は持っている。
そろそろ走りそうな感じはあり、ノーマークは怖い一頭。
8
18
トーラスジェミニ4木幡育也56(美)小桧山悟
先手を取りたい馬なので、大外枠はマイナス。
他にも先手を主張しそうな馬もいて、マイペースは厳しそう。
自分の競馬ができてこそのタイプなので、
今回は相手や枠に恵まれていないように見える。
よほど上手くいかないと好走は難しい。

かなり馬場が悪くなりそうで、抜けた馬もおらず、難解な一戦。
思いもよらない馬の激走があるかもしれません。
本命は⑯アンドラステ。
前走の勝ちっぷりを見る限り、いきなり重賞でも通用するだけの器はあると思います。
調教の映像が見れなかったので、最終的な状態はわかりませんが、状態の維持ができていれば好勝負できそうです。
対抗は①ソーグリッタリング。
重馬場の最内枠なので、荒れた馬場を走らされる可能性があるのはマイナスですが、器用さのある馬なので、スムーズに外に出せればチャンスはあると思います。
今回も安定感のある走りを見せて欲しいです。
単穴は⑦サラキア。
調教の動きが良く、状態面は一番いいと思います。
馬場さえこなせれば十分好走できるはずです。
抑えは⑤ピースワンパラディ、⑰レイエンダ。

買い目
単勝  ⑯
馬連  ⑯-①⑤⑦⑰
ワイド ①-⑯

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

安田記念 予想と買い目

予想印&買い目
06 /07 2020
6/7(日)に東京競馬場で行われる安田記念(G1)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
ダノンプレミアム5レーン58(栗)中内田充
昨年は大きな不利があって大敗してしまっているが、
その後のG1では好走できているので度外視でも。
海外帰り初戦にはなるが、雰囲気は良く、
昨年のようなことにはならないはず。
また、前走で59kgを経験しており、
斤量面に不安が無いのも心強い。
今回の上位人気の馬に敗れているとはいえ、
逆転できる力は十分ある。
2
2
ダノンキングリー4戸崎圭太58(美)萩原清
近走はスタートが良すぎる感じで、
逃げ馬不在の今回のメンバーではハナを切る可能性も。
逃げて粘りこむ競馬よりは、
目標を捕える競馬の方が上手なタイプ。
レースは難しくなってしまいそう。
また、調教の動きがイマイチだったので、不安も大きい。
G1で通用する力はあるが、今回は展開的にどうか。
3
3
ノームコア5横山典弘56(美)萩原清
前走のVMがピークのデキかもしれない。
調教からはややデキ落ち感が感じられた。
ただ、東京コースはかなり得意で、
差しが決まるような展開なら侮れない。
状態面には不安が残るが、それほど人気は無さそうなので、
抑えぐらいなら入れてもいいかもしれない。
3
4
クルーガー8石橋脩58(栗)高野友和
8歳馬と高齢になるが、年齢的な衰えは気にしないで良さそう。
ただ、G1で戦えるほどの力は無く、
今回はメンバーレベルがかなり高い。
自分の力は出せそうな感じだが、どこまでやれるか。
高速馬場では歯が立たないと思うが、
天気が悪化して馬場が渋るようなら多少やれるかもしれない。
4
5
アーモンドアイ5ルメール56(美)国枝栄
能力は文句なしで、東京コースも大得意。
一番勝つ可能性が高いのはこの馬で間違いないと思う。
ただ、人気が前走のVMを上回りそうな勢いだが、
相手関係はVMほど甘くは無く、
前走のように圧勝できるかは微妙。
マークが厳しくなる分、楽な競馬とはいかないかもしれない。
絶対視しすぎるのは危険に見える。
4
6
インディチャンプ5福永祐一58(栗)音無秀孝
昨年のこのレースの勝ち馬で、昨年と同じローテーション。
58kgの斤量も背負い慣れており、
万全のレースができる可能性は高い。
ただ、昨年は外枠が全滅し内有利を活かしての勝利で、
恵まれた展開もあったように思う。
今年はかなりメンバーレベルが高く、
抜けた存在とまではいかないかもしれない。
実力の割に取りこぼしも多いので、
人気ほどの信頼性はどうか。
5
7
ペルシアンナイト6田辺裕信58(栗)池江泰寿
マイルCSでは3年連続馬券になっている馬だが、
このレースは2年連続掲示板にも入れていない。
東京コース自体がそこまで合っていないような感じで、
重賞では一度も馬券に入れず。
スタートの出も悪くなってきており、
このメンバー相手に出遅れは致命的。
今回よりも右回りで狙う方が良さそうな感じ。
5
8
ケイアイノーテック5津村明秀58(栗)平田修
今回のメンバー相手では終いに賭ける競馬に徹してきそう。
まともにぶつかっても厳しいが、
末脚勝負ならこの相手でも遜色ない。
ただ、逃げ馬不在でスローペースの可能性が高く、
単純な上がり勝負では位置取りの差で難しくなりそう。
かなり展開には注文がつきそうだが、
嵌りさえすれば激走の期待は持てるので、
人気薄の穴馬としては一番面白いタイプ。
6
9
アドマイヤマーズ4川田将雅58(栗)友道康夫
前走の香港Mで強敵相手に勝利しているのは評価できる。
今回は久々と斤量58kgを克服できるかがどうか。
能力的には上位人気馬とはそれほど差は無いはず。
不安要素もあるが、期待も持てるだけの力はある馬。
実績の割に人気していないので、今回狙う価値は十分ある。
6
10
ミスターメロディ5北村友一58(栗)藤原英昭
前走は久々のダート戦だったので度外視でも。
芝に戻るのは良さそうだが、
軽い馬場よりは力のいる馬場の方が向いている馬。
ただ、左回りは得意で距離もこの距離なら問題は無さそう。
馬場が渋って上がりがかかるような流れになれば、
残り目の可能性はありそう。
7
11
グランアレグリア4池添謙一56(美)藤沢和雄
前走は初めてのスプリント戦で好内容のレース。
ペースに戸惑っていた感はあったが、ラストの末脚は圧巻。
慣れない距離だったことを考えるとかなり強いように見える。
気性面に不安はあるものの、
距離はこれぐらいあった方が走りやすいはず。
上手く折り合いをつけて走ることができれば、
このメンバー相手でも勝ち負けは期待できる。
7
12
セイウンコウセイ7内田博幸58(美)上原博之
マイル戦は2歳時以来と距離適性に疑問。
距離短縮して好走してきた馬なので、
ベストの条件では無いはず。
ここなら先手を取る競馬もできると思うが、
相手が流石に厳しく見える。
好走するイメージが湧かず、ラビット役になってしまうかも。
8
13
ヴァンドギャルド4岩田望来58(栗)藤原英昭
重賞級の力はあるものの、
重賞未勝利でここに入ると流石に厳しく見える。
決め手があるものの、スタートが安定しないのもマイナス。
斤量も56kgまでの経験しか無く、一気に重くなるのもどうか。
ここは経験を積むだけの一戦になる可能性が高い。
8
14
ダノンスマッシュ5三浦皇成58(栗)安田隆行
56kgを背負った時はかなり強い競馬をするが、
57kgになると途端に脆くなってしまう馬。
相手が厳しかったのもあると思うが、
さらに斤量が増える今回は斤量負けする不安が大きい。
距離の延長もプラスでは無く、大外枠も良くない。
力は認めるものの今回の舞台設定には合いそうな感じは無い。

かなりの豪華メンバーが揃った一戦。
アーモンドアイがダントツの1番人気になりそうですが、他のメンバーもそれほど遜色は無いぐらい強いと思います。
迫力のあるレースが期待できそうです。
本命は⑨アドマイヤマーズ。
前走海外G1を勝利している割にはかなりなめられた人気になっていると思います。
久々のレースということで評価が下がっているのかもしれませんが、調教の動きからは全く問題は無いように見えます。
アーモンドアイとの格付けも済んでおらず、この距離は無類の強さを見せています。
鞍上が上手くエスコートできればチャンスは十分あるはず。
対抗は⑪グランアレグリア。
牝馬限定戦は桜花賞のみと積極的に牡馬相手に戦ってきた馬。
それでも結果を出してきている辺り、かなりの能力を秘めていると思います。
折り合い面さえ問題無ければ勝ってもおかしくない。
単穴は①ダノンプレミアム。
ダノンの大将格はこの馬だと思います。
昨年の大敗は度外視できる内容で、他に崩れたのも距離が合わなかったダービーのみ。
昨年は上位人気馬2頭に完敗しているとはいえ、十分巻き返しは期待できそうです。
抑えは⑤アーモンドアイ、⑥インディチャンプ。


買い目
単勝  ⑨
馬連  ⑨-①⑤⑥⑪
ワイド ⑨-①⑪

<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

鳴尾記念 予想と買い目

予想印&買い目
06 /06 2020
6/6(土)に阪神競馬場で行われる鳴尾記念(G3)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
1
1
パフォーマプロミス8福永祐一56(栗)藤原英昭
レース間隔が1年以上開いており、息が持つかが微妙。
距離ももう少し長い方がいいタイプで、
流れに乗った競馬が難しそう。
長期休養明け前なら実績面では見劣りしないが、
休み明けでいきなりはどうか。
今回は様子を見たい。
1
2
トリコロールブルー6和田竜二56(栗)友道康夫
半年ぶりのレースになるので、久々がどうかだが、
距離2000mはピッタリで、阪神コースも得意。
一昨年の3着馬でもあり、軽視するのは怖い一頭。
パドックでの馬体の確認はしっかりしたい。
軸には不向きだが、抑えには入れておいても良さそう。
2
3
アドマイヤジャスタ4西村淳也56(栗)須貝尚介
近走の成績はパッとせず、早熟馬の可能性はあるが、
調教の動きは抜群に良く、復調気配が見られた。
距離はこれぐらいが良さそうで、
阪神は好走していたコース。
流れに乗った競馬ができれば、一変があってもおかしくない。
2
4
テリトーリアル6藤岡康太56(栗)西浦勝一
休み明けを一度使われたが、
そこまで良くなっているようには見えず。
また、重賞では少し足りない印象で、
使いつつ良くなってくるタイプ。
もう1,2戦走って調子を上げてからの方が良さそう。
3
5
ブラックスピネル7松若風馬56(栗)音無秀孝
好枠に入ったが、隣の馬が先手を主張しそう。
マイペースで行ってこその馬なので、
同型馬が隣にいてはかなり厳しく見える。
相手が出遅れでもしない限り、ノーチャンス。
ここは見送るのが妥当。
3
6
キメラヴェリテ3岩田望来52(栗)中竹和也
ダービーの出走は叶わなかったが、古馬重賞に早くも参戦。
斤量52kgでの出走はかなり有利に映る。
2走前に同コースで好タイムで走れており、
同じような競馬ができればチャンスはある。
同型馬がスンナリ引いてくれるかがカギになりそう。
上位か惨敗かのどちらかになると思うので、
勝負するかバッサリ切るかハッキリ決めたいタイプ。
4
7
ラヴズオンリーユー4M.デム54(栗)矢作芳人
混合戦は新馬戦以来になるが、実績はここでは抜けている。
G1馬が54kgで出走できるのはかなり有利。
宝塚記念に出走できるレベルの馬が、
ここを使ってきたのは確実に賞金を稼ぎにきたように思う。
調教を見る限り、まだピークの時ほどではないが、
一度使われて前走よりは良さそうな感じ。
ここは負けられない一戦。
4
8
レッドジェニアル4酒井学56(栗)高橋義忠
近走は結果が出ていないが、
一線級相手とばかり戦ってきているので仕方ない。
今回はこれまでに比べるとかなりレベルの落ちるメンバー。
強い相手でも大崩れしていないので、底力はここでは上。
先行馬が揃っているので、流れが速くなりそうなのも、
この馬にはプラス。
タフな流れになれば好走してもおかしくない。
5
9
サトノフェイバー5古川吉洋56(栗)南井克巳
同型馬が内にも外にもいるのがどうか。
ハイペースに巻き込まれてしまう可能性も。
また、重賞勝ち馬ではあるが、3歳時のもので、
それ以降のOP特別ではパッとしない成績。
ここでいきなりは期待できそうになく、
もう少し楽な相手関係でないと厳しそう。
5
10
サイモンラムセス10川須栄彦56(栗)梅田智之
ここでラストランとなるベテラン馬。
流石に衰えが目立っており、
先手を取りきるのも厳しくなってきている。
ここも前目には付けると思うが、どこまでついていけるか。
もう重賞で走れるだけの力は残っておらず、
シンガリ負けでなければ御の字だと思う。
6
11
ジェシー5坂井瑠星56(栗)石坂公一
阪神コースは比較的好走しているが、
好走しているのは全て条件戦のものでOP特別では惨敗。
単純にまだ重賞で戦えるだけの力は無いように見える。
ハンデ戦なら多少可能性はあるが、別定戦では厳しい。
もう少しクラス慣れが必要かもしれない。
6
12
ドミナートゥス5松山弘平56(栗)宮本博
崩れたのは長期休養明けの1戦だけで、
それを除くと連対率100%。
重賞経験が無いので、通用するかどうかは未知数。
ただ、ここで好走すると次走以降は人気しそうな感じ。
今回はそこまで人気にはならなさそうなので、
狙うならここかもしれない。
7
13
レッドガラン5北村友一56(栗)安田隆行
相性のいい北村友騎手への乗り替わりはプラス。
前走は消極的な乗り方で敗れてしまっており、
力負けでは無いはず。
ただ、2000mという距離はこの馬にはやや長い気も。
典型的なロードカナロア産駒といった感じなので、
距離短縮した方が良さそうな感じ。
重賞で好走するだけの能力はあると思うが、
この距離では狙い辛い。
7
14
アメリカズカップ6幸英明56(栗)音無秀孝
古馬になってから一度も勝てておらず、
能力的に見劣りする。
色々と脚質を変えていたりしているが、
全く結果が伴っていない。
オープンレベルで通用するだけの走力は無いと見て良さそう。
基本的には馬場が渋った時だけ注意しておく馬。
8
15
エアウィンザー6川田将雅56(栗)角居勝彦
ここ2戦は良い所なく敗れているが、
いずれも長期休養明けのレース。
力を発揮してのレースでは無いので、見直しは可能。
今回は前走から間隔を詰めて出走できており、
状態は上向きと見て良さそう。
長期休養明け前の力を出せれば、ここでは上位の存在。
アッサリ勝つぐらいの力は持っているので、
軽視するのは危険かもしれない。
8
16
サトノルークス4武豊56(栗)池江泰寿
骨折明けの初戦ということで、久々のレースでもあり、
馬体が気になるところ。
大幅の馬体増の可能性もあり、一度叩いてからかもしれない。
クラシック3戦すべてに出走しているので、
能力は間違いないと思うが、いきなりはどうか。
人気して買えるだけの信頼は持てない。

先行馬有利のコースで開幕週。
前が止まらない可能性はありますが、先行馬が多数いてペースが速くなる可能性も。
展開読みが難しい一戦です。
本命は⑦ラヴズオンリーユー。
前走のヴィクトリアマイルでは良いところなく負けていますが、
力を発揮しきれずに負けているようにも見えます。
前走以下の相手関係でここは流石に落とせないはず。
キッチリ結果を出してくれると思います。
対抗は⑮エアウィンザー。
復活していれば、ここで凡走するようなレベルの馬では無いと思います。
斤量56kgも魅力的。
本命馬を倒せるとしたらこの馬。
単穴は③アドマイヤジャスタ。
大敗続きの馬ですが、馬体が安定しなかったり、距離が合わなかったり、
敗因が明確なレースが多いです。
本来はもっと走れていいはずの馬で、今回は調教の動きも抜群。
一変に期待したいです。
抑えは⑧レッドジェニアル、⑫ドミナートゥス。

買い目
馬連  ⑦-③⑧⑫⑮
ワイド ③-⑦

 
<広告>

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

目黒記念 予想と買い目

予想印&買い目
05 /31 2020
5/31(日)に東京競馬場で行われる目黒記念(G2)の予想と買い目になります。
馬券の参考にしてみて下さい。

<広告>

馬番馬名馬齢騎手斤量調教師
 
1
1
タイセイトレイル5M.デム55(栗)矢作芳人
前走は展開が合わなかった割には良く走れていたが、
スタートが悪くなってきているのは気になるところ。
元々好位からの競馬が良かった馬だけに、
今の脚質はあまり向いていないように思う。
今回もデムーロ騎手なので、後方からの競馬になりそうで、
最内枠を活かせない可能性が高い。
ワンパンチ不足の馬でもあり、差して届かずも見ておきたい。
1
2
ノーブルマーズ7高倉稜56(栗)宮本博
休養明けにはなるものの、仕上りはマズマズ。
叩き良化型ではあるが、走れる態勢はできている。
今回鞍上が久々高倉騎手に戻るのはプラス。
一番この馬のことをわかっているはずなので、
仕掛けどころのミスは無いはず。
2年前の2着馬でもあり、侮れない。
2
3
ポポカテペトル6北村友一55(栗)友道康夫
昨年の長期休養明け以降、結果が出ないレースが続いている。
直線半ばでバテていることもあり、ピークが過ぎた印象。
今回も前走から間隔が空いており、
状態の維持ができていないのかもしれない。
何かきっかけが無い限り、厳しく見える。
2
4
アイスバブル5レーン55(栗)池江泰寿
昨年の2着馬だが、昨年ほどの勢いは感じられない。
展開が向いていないこともあるが、
調子自体落としているのかもしれない。
今回は鞍上にレーン騎手を乗せてきているが、
馬は大きく変わってきているようには見えず、
騎手人気するようなら危険。
3
5
キングオブコージ4横山典弘54(栗)安田翔伍
距離を延ばして3連勝中で充実期。
ロードカナロア産駒ながら、
長い距離が向いていそうな走りの馬。
今回は格上挑戦にはなるが、この距離ならチャンスはありそう。
54kgでの出走ができ、G1級の馬は不在。
これぐらいの相手になら好走してもおかしくない。
3
6
メートルダール7浜中俊56(美)戸田博文
前走は反応が鈍くて敗れているが、
休み明けだったので仕方ない。
ただ、調教の動きを見ても、良くなっている感じは無く、
平行線といったところ。
もう少し使ってからかもしれない。
4
7
ミュゼエイリアン8横山和生54(美)黒岩陽一
マイルぐらいの距離を中心に使われてきており、
長距離は3歳時以来。
先行力はあるが、スピードについていけなくなってきており、
距離延長で活路を見出そうとしているのかもしれない。
ただ、すでに8歳馬で上積みは見込めず、
長距離が向いているような感じも無い。
見送りが妥当。
4
8
アフリカンゴールド5福永祐一55(栗)西園正都
叩き2走目で状態面は上向き。
前走以上のレースはできそうな感じ。
東京コースも得意で、舞台はピッタリ。
本来の力が出せれば、このメンバーなら十分やれるはず。
5
9
サトノクロニクル6武藤雅56(栗)池江泰寿
力のある馬ではあるが、長期休み以降精彩を欠いている。
なかなか変わってくるような感じは見られず、
良くなるのはまだ先になりそうな感じ。
実績があるので、斤量を背負わされるが、
好走していたころのデキには程遠い。
しばらく様子を見たい。
5
10
ミライヘノツバサ7木幡巧也56(美)伊藤大士
前走からデキは多少上がってきていそうだが、
基本的には重賞では足りない馬。
重賞勝ちがあるので、56kgを背負わされるのもマイナス。
長い距離を苦にすることは無いと思うが、
切れる脚は使えず、スタミナ勝負にならないと厳しい。
6
11
ステイフーリッシュ5坂井瑠星57.5(栗)矢作芳人
このレベルの相手なら実力は上だと思うが、
東京コースとこの距離がどうか。
切れる脚は無いので、決め手勝負になると厳しい。
斤量を背負ってもいるので、勝ち切るところまでは難しそう。
好走してもおかしくないが、不安要素も多く、
取り扱いが難しい。
6
12
ゴールドギア5三浦皇成53(美)伊藤圭三
ここは格上挑戦になるが、軽ハンデならそれほど差は無い。
やや流れに左右される面はあるが、末脚は確実。
今回も展開が嵌れば、斤量差もあるので、
好走してもおかしくない。
前が潰れる展開は必須だが、そうなればチャンスはある。
7
13
ウラヌスチャーム5松山弘平54(美)斎藤誠
いい状態をキープできていそうではあるが、
前走の勝利は騎手の好騎乗によるところが大きい。
また、重賞でやれるだけの力があるかは微妙なところ。
距離は問題無いと思うが、
前走の結果を過大評価されるようなら嫌いたい。
7
14
パリンジェネシス6石橋脩54(栗)清水久詞
去勢明けで調教の動きもイマイチ。
いきなりは厳しく見える。
重賞では一枚劣る印象で、ここは見送りが妥当。
7
15
バラックパリンカ4和田竜二54(栗)平田修
前走は逃げて勝っており、展開利が大きかった。
レースレベルが上がって同様の競馬ができるかは疑問。
また、調教の動きから折り合い面にも不安が残る。
絡まれてしまって抑えが効かなくなると、
大敗の可能性もありそう。
8
16
オセアグレイト4ルメール55(美)菊川正達
長距離への適性が高く、東京コースの相性もいい。
大外枠に入ってしまったのはマイナスだが、
力は上で、鞍上も強化。
スムーズな競馬ができれば、勝ち負けしてもおかしくない。
8
17
ボスジラ4武豊54(美)国枝栄
前走は距離が長すぎた感じなので、度外視でも。
今回ぐらいの距離がベストのように見える。
ただ、走りはまだ未熟な感じで、
本格化は先になりそうな感じ。
やや人気先行型で実力以上に人気しているように見える。
穴馬としてなら面白いが、人気馬としての信頼性は無い。
8
18
ニシノデイジー4田辺裕信56(美)高木登
これまで戦ってきた相手関係を考えると、
今回はかなり恵まれた印象。
距離がどうかはあるが、この馬の本来の力を出せれば、
好走してもおかしくない。
ただ、古馬になってから行き脚がつかなくなっており、
ポジションが悪くなってしまいそうなのがどうか。
後方で何もできずに終わってしまう可能性も。

混戦模様の一戦。
ハンデ戦ということもあり、多くの馬にチャンスがありそうです。
展開も読みづらく、難解なレースだと思います。
本命は⑤キングオブコージ。
東京替わりがどうかはありますが、本格化してきており、重賞でも遜色ないと思います。
今の勢いそのままここも突き抜けてもらいたいです。
対抗は②ノーブルマーズ。
7歳馬になりますが、全く衰えは感じられません。
絶好枠を引いたので、十分好走する下地はありそうです。
単穴は⑯オセアグレイト。
大外枠はマイナスも、長距離戦は安定しており、能力は上。
鞍上強化で力が最大限出せれば勝ち切っても。

買い目
馬連  ⑤-②⑯
ワイド ⑤-②⑯

 
<リンクのご紹介>
地方競馬、中央競馬、海外競馬の買い目配信を行っているLINE@のご紹介です。
中央の重賞レース以外にも興味のある方はご覧になってみて下さい。
↓↓↓

**********************************

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 

↓↓↓

 
**********************************

でぃーぷ

中央競馬の重賞レース予想をしています。

2020年6月結果
本命馬 (0.1.2.4)
回収率 0%

2020年累計
本命馬 (18.8.7.33)
回収率 83%